株を買わずに株主優待を手に入れる!主婦の上手な生活術とは

4088.jpg

このレシピを実行して

円貯まる!
<材料>

・株主優待を買う

<Point>

1株主優待は金券ショップで手に入る

2株主優待券には様々な種類がある

3大体の株主優待はオークションか金券ショップで手に入る

たまに夫婦で旅行するときに交通費が50%オフになり、普段の買い物を格安で買うことができる。ちょっとした外食のときにもほとんどお金を払うことなく食べることができ、毎月のケータイの通信費までもがお得な価格で利用することができる。

なんだその夢のような生活は!と思われたかもしれませんが、これは全て株主優待でもらえる商品を利用することで実現できます。株主優待には様々な種類があるため、株主優待さえあれば、生活を成り立たせることもできるという人もいるほどです。

しかし、株主優待をもらうためには一単元株という100株、場合によっては1000株もの株を手に入れる必要があります。それだけ株を買おうと思えば、安い株でも2万円程度、価格が高い株であれば50万円以上にもなります。このような株主優待生活を手に入れたいとは考えていても、一単元株を買うことを考えると、やっぱり遠慮しておこうと思う気持ちもわかります。
今回はそんなあなたのために、リスク0で株主優待をお得に手に入れる方法についてお話します。この方法は株価に一切左右されることはありませんし、株の取引を行うための証券口座も開く必要がありません。というのも株を購入せずに株主優待だけを手に入れるという、裏技のような方法だからです。

その方法とは金券ショップやオークションで株主優待券を購入するという方法です。
金券ショップで買うので、結局お金がかかるではないかと思われた方も多いかもしれません。しかし、金券ショップで買える株主優待をあなどってはいけません。例えば人気のANAの株主優待では航空機の国内営業全路線の片道普通運賃が50%割引という太っ腹な優待です。これは沖縄から北海道までの飛行機の価格がおおよそ2万円代後半ということを考えると、オークションで株主優待を手に入れたとしても1万円程度は旅費が浮く計算になります。

オークションや金券ショップで買える株主優待はANAの株主優待だけではありません。上記に書いたような様々な種類の株主優待をお得に購入することができるのです。株式投資をせずとも株主優待を上手に手に入れることで、お得な生活を送っていただけたらと思います。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

特集

関連記事

リスク0、必要経費0円で株式トレードを体験する方法

実際の株式トレードは怖い!
株式投資初心者の人は、証券口座は作ってみたけれど実際に取引をするまでに壁を感じるという人もいるのではないでしょうか。

やっぱり損をする可能性があると考えると、なかなか手を出しづらいという気持ちもわかります。明日やってみよう、今度の休日にやってみようと後回しにしていると、いつまで経っても開いた証券口座を使う機会がなくなってしまいます。
今回はそのような人のためにリスク0、必要経費0円で株式トレードを体験する方法についてお話しします。

そもそも株式トレードを一度してみないと、実際の必要経費はどれくらいなのか、自分の資金ではどれくらい損をする可能性があるのかを判断することができません。
毎月の給料を年収ほどに増やすことができるかもしれません。逆に年収ほどの金額がほぼ0になってしまう可能性もあります。しかし、それらの経験はどれだけ知識を蓄えたとしても、実際に株式取引をしてみなければわからないのです。
ネットや本で勉強した知識があったとしても、稼ぐようになるためには経験値を稼ぐことが必要です。リスクが0なので、100%リアルな株式トレードというわけではありませんが、株式投資のリスクが怖いと感じている人にとっては十分な練習になります。ですからこの方法をぜひ実践していただけたらと思います。

それは株式投資のバーチャルトレードを利用するという方法です。

バーチャルトレードって何だ?と思われたかもしれませんが、一言で言うと株式取引の疑似体験です。証券会社からこのようなサービスが出ているわけではなく、インターネット上で利用できるサービスなので、証券口座を持っていないという人でも株式取引を体験できるということも大きなポイントです。
このようなサービスを行っている有名サイトにトレダビというサイトがあります。操作も実際の株式取引をしているような感覚でトレードできるので、まずはここから始めるという人も少なくないようです。このようなバーチャルトレードを利用して、実際の株式投資を体験してもらえたらと思います。

30代必見!あなたが今、株式投資を始めるべき理由とは

最近どんな大企業にも安定はない、だとか年金はこれから減る一方で増える見込みなんてないだとか、とにかくお金に関するニュースを聞く機会が増えてきたように感じます。

そんな中でも自分は毎日会社にきちんと出勤さえしていれば、毎月給料はもらえるし、もう少しお金があったらいいと感じることはあっても、それほど切羽詰まっているわけでもない。よくわからないけど、損をする可能性もある株のような資産運用をする理由があるのかわからないという方がいることも事実です。
確かに現状30代でバリバリ働いている人はもちろん、40代、50代の人も老後の自分について実感するということは、なかなかないでしょう。今回はあなたが株式投資をするべき理由についてお話していきます。

まず誰もが最も不安を抱えるであろう老後について考えてみます。最近生活保護基準よりも低い収入で生活している老後破産という言葉が使われる機会が増えていますが、老後破産と呼ばれる高齢者が全体の何割いるかご存知でしょうか。
実は高齢者世帯の約4割が老後破産状態といわれています。このような高齢者は年金だけで人並みの生活をすることすら難しく、着ているジャージはぼろぼろで、食事は1日にわずかに1食。どこかに出かけるとお金がかかるので、家で1日中テレビを寒さに震えながら見ているだけ。あまりにも惨めで家族にも連絡を取らず孤独な状態で何十年も過ごして行く。
サラリーマン時代にどれだけ稼いだとしても、このような未来が誰にでも待っている可能性があるのです。大手企業であろうが関係ありません。今のうちに何か手を打たなければ、10年後や20年後にこんな悲惨な状態になりかねないのです。
ですから現在株式投資を始めることで、自分の力でお金を稼いでいくことが必要となります。遅かれ早かれ資産運用は避けては通れないので、どうせするなら早い方がいいのは言うまでもありません。

株式投資には損をするかもしれないというマイナス面があることは事実です。しかし、株式投資は自分でリスクマネジメントができます。今日投資して明日に全財産を失っていたというようなことはありません。
少額で投資を始めて、慣れてきたら大きな額で投資する、投資の予備知識を身につける、運に頼る投資はしない、そういった投資の基礎を固め、自分のノウハウを確立することで必ず勝てるようになります。
10年後に泣きを見ないためにも今から資産運用を始めてみましょう。

金利100%!?銀行や保険より高利率で資産運用する方法とは?

銀行の金利を見て、なんだこの利率は?と思ったことはありませんか?
0.01%だとか0.02%だとか、かなり巨額の富を持っていたとしても雀の涙程度の金額でしか金利を得ることはできません。

このような金利では貯金で現状維持することはできても到底自分の資産を増やすことは望めないというのが現実ではないでしょうか。
日本の経済状況はお世辞にも安定しているとは言えません。少しでも景気がよくなればインフレで物価が上がり、以前なら1000円程度で購入できたバッグすら1500円の価格で販売されているなど日本の経済状況によって、お金の価値も変わるのです。
例え老後のために30代で500万円もの貯蓄があったとしても、その500万円の価値が下がり続けると、500万円が紙切れになる可能性すらあるのです。(実際にそこまで価値が下がることはなかなかありませんが)
ですから貯蓄という選択は一見安全のように見えて経済状況に大きく依存することになり、実は安全と言い切ることはできないのです。

最近は少し考え方が見直されつつあり、随分と資産運用という言葉が叫ばれるようになりました。しかし、一言に資産運用といっても、膨大な種類の方法が存在します。今回はその中でも銀行や貯蓄型保険とは比にならない利率であるせどりというネットビジネスをお話しします。
せどりというネットビジネスは簡単に言うと商品を安く仕入れて、ネットなどで高く売り、その差額で儲けるネットビジネスです。
商品には相場というものが存在するため、おおよその価格はどこで買っても変わらないのですが、ヤフオクやフリマアプリといった、個人が出品している商品は格安で出品されているものもあるため、そこで仕入れてネットで売るのです。
この商品の見つけ方などは別の記事に書いてあるので参照してほしいのですが、せどりの利益率はなんと年率100%にもなります。(1つの商品の利益率20%、1回転を3ヶ月とした場合)

銀行の年率が0.01%で貯蓄型保険などの返戻率が数十年単位で10%程度であることを考えると、かなり大きな数字と言えるでしょう。
老後のために貯金ではなく、老後のために資産運用というのも一つの選択肢として用意してみてはいかがでしょうか。

時間の取れないサラリーマンでも株式投資で儲かる方法とは?

株式投資と聞くと、日中はパソコンとにらめっこをして株の売買をリアルタイムで行っているデイトレーダーを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

彼らは株式取引が行われている午前9時から午後3時までの間に、1日50~100回もの取引を繰り返すことによって、収入を得ており、中にはデイトレードだけで年収が1000万円を超えているような人も存在します。そのような人は、日中はデイトレードし、夕方からは優雅な時間を過ごすという人もいるようです。
しかし、毎日朝から晩まで仕事をこなすサラリーマンにとって、このような生活はあまりにも非現実的です。家族のために毎日仕事をし、日中に時間を取ることなんてできません。今回はそのような人でも株式投資で稼ぐ方法についてお話していきます。
この方法は世間でよくあるような、ある特定の人だけが稼げるというわけではありません。必要なものは株式が売買できる取引の証券口座とスマホやパソコンといった取引をするためのツールのみです。この方法を実践すると、あなたの証券口座残高がどんどんと増えて行くでしょう。

その方法とは周りの投資家と逆の動きをするということです。
どういうことか説明する前に、株の相場変動はどのようにして発生するのか考えてみることにします。株価の相場は簡単にいうと、その株を求める人数に比例します。人気の高いものでしたら株価は上がりますし、人気の低いものは株価が下がります。
つまり株価が上がっているときに便乗しようと株を購入しても、実は既に手遅れとなっている場合が多く、どんどんと株価が下がっていくでしょう。そして結局購入した株を損切りして売ることになり損を重ねてしまうのです。
ですから、株価が上がり始めたときに買うのではなく、株価が下がっているときにこそ株を購入するタイミングなのです。株価が現状も下がり続けている株を購入するのが怖いと思われるのであれば、少額で株を購入し、上手く行きそうなら買い足し、株価がまだ下がり続けそうなら一旦売却してしまえばいいのです。
目先のチャートだけに目を奪われることなく、長期的な視点を持つようにしましょう。

これであなたも投資家?主婦がプロの投資家よりも稼ぐ理由

株で儲けるためにはどうすればいいのかという疑問は誰にでもあるでしょう。やはり株で儲けているのは一部の投資のプロと呼ばれる投資家だけで、一般人はそんな投資家の10分の1も稼げず、本当に株式投資で稼ぐことができるのか疑問に思う人も少なくないのではないでしょうか。

しかし、このような予想に反して、実は特別な能力もなく、プロの投資家ほどの知識も経験もないような一般の主婦が株で儲けているという話は実は少なくありません。株の知識がそれほど豊富にあるわけでもないのに、プロの投資家のように稼ぐなんてどんな裏技を使っているのか気になるでしょう。
今回は特定の分野において、プロの投資家よりも一般人の方が稼ぐ方法についてお話しします。

この方法は特別な主婦だけ利用できるといったものではなく、もちろん誰にでも応用することができます。例え毎日通勤のために電車に揺られるサラリーマンであっても、学校でつまらない講義を聞いている大学生であっても、家で子守をしている主婦でも稼ぐことができます。
その方法とは自分が普段利用している商品の企業に投資するということです。

どういうことだ?と思われたかもしれません。例をあげて考えてみると、毎年多くの企業からヒット商品と呼ばれるアイデア商品が多く出されます。一般の人からは何気ない商品であっても主婦や学生、サラリーマンから見ればこれは便利だと思う商品もあるのです。
そのような商品を購入し、やはりヒットしそうだと感じたらその企業の株を購入するのです。もしその商品が予想通りヒットすれば、その企業の株価は上がり利益を出すことができるのです。
投資家で実際に商品を買って試すというケースは非常にまれですし、人それぞれ便利だと感じる商品には差があります。ですから誰にでもチャンスがある投資方法ですし、アンテナをしっかり張っておけば利益にも繋がりやすいでしょう。
毎日の何気ない生活の中で稼ぐヒントを見つけてもらえればと思います!

「2016年の経済予測?」マネギャルのケツ論

今回のテーマは2016年の経済予測。
マネギャルたちが気になるのは消費税、そしてタバコ税、生活者の視点で考えた場合、毎月最低限払っていかなきゃいけないものが上がるのはデカイですね。

それらを統括し、

お金使わない
お金しまっちゃう
お金動かない

と予測。

そして話は経済予測から、日本の目指す方向の話に。
やはり今回もドラえもんだより?

そしてタケコプターに、空飛ぶ車、未来が広がりますね。

さらに、
iPhone(外国製)じゃなくて日本製のケータイ、パスタではなく米!
など日本がまたバブルになるような提言がされました。

イケメンファイナンシャルプランナー高橋先生による2016年の注目点はこちら

ランキング