ライバルから抜きに出るために、わかりやすい差をつけろ!

4043.jpg

バレンタインデーといえば…やっぱり王道はチョコだ。

そもそも、チョコを贈る…という風習は日本(のお菓子メーカーが作った)独自のもので、さらに、大人(?)になると、いろんなしがらみがあって、ただの「恋愛イベント」じゃなくなってるけど、この時期限定の特別なラッピングをされた、宝石箱のようなチョコを見ると、やっぱりテンション上がる。

大人女子の恋愛力アップ術 2  『ライバルから抜きに出るために、わかりやすい差をつけろ!』 

<恋愛力アップ術>
出会いを制する「好印象のサンドイッチ」とシーディング
お水の花道から学ぶ、相手の心の縄張りに自然に入り込むためのテクニック

本命/義理チョコの相場。

そこで、みんなはいったい本命/義理チョコにいくらかけているのか調べてみた。

MGRの読者である“大人女子”に対する、あるバレンタインデーに関するアンケートによると、義理チョコの予算は平均1,000円強。それに対して本命チョコの予算は3,000円強と約3倍…2,000円程度の差があるわけだ。さらに、本命に対してはチョコだけでなく、洋服や小物、お酒などを一緒にプレゼントする人も多い。

ちなみに…元本保証(?)もなく、どうなるかわからない相手に3,000円強+αの投資をするなんてもったいない…なんて思う人もいるかもしれない。でも大丈夫。だって、その一ヶ月後の3月14日には、少なくとも倍になって返ってくるわけだからね。もし返ってこないようだったら…相手はそれまでの男だったってことで、さっさと新しい男を探すといいんじゃないかな?

男は鈍感。だからこそ。

もちろん、人の心の営みである恋愛を、金額で計ることはできないけど…ほかの人とは明らかに差があるパッケージや、自分だけ他とは違うシチュエーションで渡されるチョコ(やプレゼント)は、やっぱり意識するものだ。

特に、女性に比べて男性は鈍感で単純だから、どうせだったら分かりやすいくらいの差をつけたほうがいい。そこそこ気の利く男だったら、ネットでチョコのブランド(や値段)を調べたりするからね。ただし、いくら差をつけるのがいいと言っても、会社などの公共の場で渡すのはご法度だ。相手の立場を考えて、タイミングや場所を見計ろう。

告白はするな。「お願い」をしろ。

ところで、バレンタインデーといえば、(女性が)男性に告白する日…というイメージが今でも強いけど、実は告白の機会と捉えてる人は、ほんの数パーセント(2〜6.4%)しかいない。なので、ボクがオススメするのは、相手に“告白させる”ための「種まきの日」にするってことだ。

先ほどお話ししたとおり「自分だけ特別」という雰囲気が伝わると、当然男は意識し始める。そこでついつい「好きです」と伝えたくなるけど、それをグッとがまんする。そして、チョコとともに、あえて何かをしてもらう「お願い」をしてみるわけだ。

たとえば、お返しのプレゼントを先におねだりするとか、食事に連れて行ってほしい…とか、少し冗談がてらちいさなお願いをして、何らかの行動を起こさせるんだ。

ずいぶん図々しいように思うかもしれないけど、心理学者のレオン・フェスティンガーが提唱した認知的不協和理論によると、人は自分自身の下した決断や行動を間違ってる(不協和)とは思いたくない。そこで、それを解消するために「プレゼントをする/食事に連れて行く」という行為を正当化するために「自分は彼女に好意を持っている」と、思うようになる。

つまり、行為(何かをしてもらう)が先、思い(好きかも)が後で、言うなれば「行為が好意を生む」わけだ。相手に何かを“させたら”、ライバルよりも一歩リード。ぜひ試してみてほしい。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

黒岩弘幸 (くろいわひろゆき)

メンタルコーチ/恋愛戦略家。 心理学や催眠など、恋愛コミュニケーションに関係する理論やスキル、テクニックの研究を重ねる。その過程で、コーチングの基礎となるNLP(神経言語プログラミング)のトレーナー資格を取得。 現在は、NLPやヒプノセラピー(催眠療法)、コールドリーディングなどをベースにした、潜在意識にダイレクトにアプローチするコーチングや、セミナー/講座などを開催している。 ブログ(http://ameblo.jp/lovestrategist/)にて、当初は男性向けの恋愛記事を書いていたが、歯に衣着せぬ物言いからか、女性からの相談も多い。

黒岩弘幸

関連記事

特集

関連記事

出会いを制する「好印象のサンドイッチ」とシーディング

今年も…もうすぐあの季節がやってくる。そう、バレンタインデーだ。

最近では、友チョコだの義務チョコだの、より一層お菓子メーカー策略感が増してるけど…それでもやっぱり“堂々と”女性から男性にアプローチができる日ということには変わりがない。

そんなわけで、MGRでは珍しい、大人女子の恋愛力を高めるために、これは使えると思ってもらえる、いくつかの心理テクニックやマインドについて、数回に分けてお話ししたいと思う。

ところで、恋愛をするために「絶対に必要なこと」…それは、その恋愛をする相手との「出会い」だ。

そして、この出会いを制するものが、恋愛を制すると言っても過言ではない。

大人女子の恋愛力アップ術 1 『出会いを制する「好印象のサンドイッチ」とシーディング』

初頭効果をうまく使え。

心理学者のアッシュが行った実験によれば、ある人に関して「良い情報⇒悪い情報」の順と「悪い情報⇒良い情報」の順で伝えたところ、前者のほうが好印象を抱く結果になった。
つまり、相手に対する印象がまっさらな初対面の段階では、最初に与えた情報によって印象を決定するということだ。
じゃあ、そのタイミングで何をアピールするのかといえば…ズバリ、見た目だ。

「見た目」は、唯一距離が離れていても、相手に何らかのアピールができるもの。
特に女性は、着るものやアクセサリー、メイクはもちろん、しぐさや態度、表情(笑顔)に至るまで…簡単に印象を変える方法がいくらでもあるわけで、ぜひあなた自身の魅力を最大限に引き出すオシャレに気を配ってほしい。

「異性との出会いは第一印象で決まる。」

新近効果で、相手の心に置き土産を残す。

…と、ここまでは、いろんなところでよく言われていること。
実は、人の印象に残りやすいタイミングがもう一つある。それは…別れ際だ。

これは「新近効果」(親近ではない)と呼ばれるもので、人は複数の情報を処理するときに、時間的に現在に近い時点、つまり最後に触れた情報ほど記憶に残りやすい…というものだ。
終わりよければすべてよし…なんて言うけど、スッと背筋を伸ばした凛とした佇まい、最高の笑顔で、爽やかに

「今日は、○○さんとお話ができて、すごく楽しかったです。」

そう言いながら、手を伸ばして握手をする…。
それは、相手の心に残す置き土産のように、五感を刺激する、強烈な印象を残すことになるんだ。

「異性との出会いは最後の印象で決まる。」

オフビートのタイミングでシーディングする。

つまり、最初と最後を「好印象」でサンドイッチすることができれば、その出会いはきっと次につながるってわけだ。

ところで、ここまで読んでくれたあなたは、実際の恋愛のなかでどう使おうか…なんて考えてくれてるんじゃないだろうか?
そして、もしそれがボクに「そう思わされてた」としたら…あなたは信じられるだろうか?

この記事の最初を読み返してほしいんだけど、

「恋愛力を高めるために、これは使えると思ってもらえる…」

なんて言ってるけど、こんな説明をしなければ、きっと忘れて気づかなかったはず。
これは、ボクがいろんな場面で使ってきた「シーディング」というテクニックで、実は今回一番お話ししたかったことなんだ。

人は、本題に入ると、それが正しいのか、必要なのか、価値があるのか…などなど、意識っていう“フィルター”で、情報をふるいにかけている。
けれども、本題の前後は、文字どおり「本題」じゃないので、意識のフィルターを外して油断してる状態。
そして、そのときこそが、本当に相手に伝えたいことを、相手の心の奥底(潜在意識)に刻み込むための、絶好のタイミング(オフビートのタイミング)なわけだ。

同じように、合コンやパーティなどでの待ち合わせや終了間際(オフビートのタイミング)に刻まれたあなたの好印象は、心の奥底に種のように植え付けられて、やがて相手のなかで「自分の思い」として発芽する。

つまり、初頭効果と新近効果を利用することで、あなたとの出会いが好印象だったと「自然に」思わせることができるってことなんだ。

お水の花道から学ぶ、相手の心の縄張りに自然に入り込むためのテクニック

動物の世界では「縄張り」というものがあるけど、実はボクらにも心理的・物理的な縄張りがあるのをご存知だろうか?

そんなわけで、最終回の今回は、とくに女性が使うことでバツグンの効果を発揮する、相手の心の縄張りに自然に入り込むためのテクニックを伝授しよう。

<これまでのテクニック>
出会いを制する「好印象のサンドイッチ」とシーディング
ライバルから抜きに出るために、わかりやすい差をつけろ!

物理的な距離は心の距離。

この縄張りは、通称「パーソナル・スペース」と呼ばれるもので、動物の縄張りは、巣や行動エリアなど、特定の場所に固定されるのに対して、パーソナル・スペースは、それを所有する人の周りに存在する、目に見えない境界線のある空間のことで、その人が移動すると一緒に移動するというもの。

相手に対して信頼感や安心感がある場合は狭く、不信感がある場合は広くなり、さらに、相手に魅力を感じていたり、親密な場合は、その距離は短くなるわけだ。

単純に言ってしまえば「距離が遠い≒親密度が浅い」「距離が近い≒親密度が深い」ということで、逆を言えば、この距離を違和感なく縮めることができれば、文字どおり親密度を深めることができるんだ。

秘密の共有。

ところで、“擬似”恋愛のプロといえば“お水のお姉さま”だけど、彼女たちは男たちを惹きつけるために、さまざまなテクニックを駆使している。彼女たちは「源氏名」という、言わば“ニックネーム”を使うんだけど、気に入った相手(つまり優良顧客)には、「ほかのお客さんには内緒ですよ」なんて言いながら、こっそり本名を教えたりするんだ。(実際には、その“本名”も偽名だったりするんだけど…。)

源氏名なんて…って思うかもしれないけど、このテクニックの本質はそこじゃなくて、「秘密」を共有するってところ。“彼女の秘密”を自分だけが知っている…これは、男からしたら「自分だけは特別」という優越感に浸ることができるので、かなり効果的だ。

この「秘密」はどんなに小さなことでもいい、たとえば、初対面の合コンで、隣りに座ったお気に入りの男性に「ちょっとお化粧直してくるね」と、彼だけに伝える…。たったこれだけでも「2人だけの秘密」になるわけで、「え?なんでオレだけ?」と思わせたら、一気に親密度が深まるわけだ。

相手に意識させる、究極のテクニック。

…さて。最初にお話しした、パーソナル・スペースについて。一般的に、女性は自分を中心にして正円形であるのに対し、男性は前方に広い楕円形の場合が多い。ということは、男性にアプローチする場合は、正面に対峙するよりも、横からのほうがいいわけだ。

また、文化人類学者のエドワード・ホールはこの対人距離を4つに分類して、そのうち、一番近い距離(45cm以内)を「親密距離」と定義づけた。45cm…なんていうとわかりにくいけど、だいたい腕を伸ばした距離だと思ってもらえばいい。そして、相手との関係を恋愛に発展させるためには、いかに違和感なくこの領域に踏み込むかがカギになる。

そのために、お水のお姉さまたちが、意識的・無意識的に使ってるテクニックが…ズバリ「相手に触れる」

というものなんだ。座るときは、膝がくっつくように横に座り、相手の話を聴くときは、じっと見つめながら、さり気なく相手の膝に手をのせる、 面白いことを言ったら、笑いながらポンッと肩をたたく…などなど。相手に触れるわけだから、必然的に親密距離(45cm以内)に入ることになる。さらに、先ほどお話した、秘密を共有するときも、さりげなく二の腕に触れながら「ちょっと…行ってくるね」と言えば、男は直接的な触覚刺激に弱いので、これをやられたら…ボクら男は意識せざるを得なくなるわけだ。

さて、いかがだっただろうか?3回に渡って、いろいろな心理テクニックをお伝えしてきたけど、まずは一番自分が実践しやすいものから試してみよう。どんなに素晴らしい理論やテクニックも、知ってるだけでは宝の持ち腐れ。バレンタインデーというイベントをキッカケに、つま先ひとつ分でもいいので、新たな一歩を踏み出して、素敵なパートナーをゲットしてほしい。

「ホワイトデーは3倍返し」という都市伝説~バレンタインデーの費用対効果~

あげる立場の女性だけではなく、もらう男性にとっても気になるバレンタインデー。今年は2月14日が日曜日なので、「義理チョコに悩まされなくていい」とひと安心している女性も多いのではないでしょうか。

そんなバレンタインデーの季節が訪れると、どこからともなく聴こえてくるのが「ホワイトデーは3倍返し」という都市伝説。男性はもらったチョコレート代金の3倍相当を贈り返すという暗黙のルールは、はたして事実なのでしょうか。そこでマネーゴーランド編集部では独自のアンケート調査をおこない、都市伝説を検証してみました。

今どきのバレンタインは「友だち」が主役(同じ調査結果より)

●9割の女性がバレンタインにお金を使っている
バレンタインのプレゼント代金は、1,000円~5,000円未満(49%)がいちばん多く、次いで1,000円未満(29%)、お金はかけない(10%)という順番になりました。ちなみに5,000円~1万円未満と答えた女性は9%も存在します。つまりたとえ1,000円未満だったとしても、バレンタインにお金を使っている女性は全体の9割にも上っているのです。

●13%の女性が損をしている!?
そして気になるホワイトデーのお返し総額。はたして「3倍返し」は本当なのでしょうか。こちらも1,000円~5,000円未満(37%)がいちばん多かったのですが、注目したいのは、お返しをもらっていないと答えた女性が23%もいるという事実。3倍どころか、1円ももらっていない女性が約2割も存在しているのです。最初からお金をかけない女性が10%いることを差し引いても、13%の女性は損をしていることになります。

●バレンタインの主役はさらに…!
ホワイトデーにお返しをもらっていないと答えた女性が23%だったというなかで、最もその比率が高かったのが20代。この年代はアンケートにご協力いただいた女性層でいちばんアンケート数の多い年代です。バレンタインの主役ともいえるこの年代が、いちばんお返しをもらえてないというのも皮肉な結果です。

●バレンタインを贈る”本命”のお相手は?
ホワイトデーは3倍返しというキャッチフレーズが空しく聴こえる今回のリサーチ結果。では、女性たちはいったい誰にバレンタインをプレゼントしているのでしょうか。意外なことに、第1位は恋人でも旦那さまでもなく、いまや義理チョコを上回る「友チョコ」の友だちがランクイン。次いで旦那さん、父親、恋人と続きます。バレンタインにも草食○○の流れが…。

●結論:バレンタインは費用対効果が低いのか?
3倍返しを期待してチョコレートを贈っても、3倍どころか等倍のお返しすらもらえない人が多いという衝撃の事実。もちろんお金がすべてではありませんが、チョコレートを贈る女性は、その点は十分に考慮するべきでしょう。さらに男性諸兄は、金額にかかわらずもっときちんとホワイトデーに参加するべきです。もらったらきちんと返す。そんな当たり前の対応すら怠っている男性が多い今こそ、ライバルにしっかり差をつけておきたいものです。


※上記集計は2015年12月にマネーゴーランド編集部が行なったインターネットによるアンケートの集計結果になります。(対象:全国の10代~60代の女性、回答数960名)また、ホワイトデーのお返し総額はもらった女性が独自に金額を想定し判断した金額となります。

(リサーチ&まとめ マネーゴーランド編集部)

「シャンパンゴールド」の夜景、2/14まで【夜景空間〜夜景の全てを活用するコラム〜第十二回】

【今がチャンスのイルミネーション】

2月に入り、世間のイルミネーション熱が冷めている今こそを見に行くチャンスです。

少し時間が経ってしまいましたが、現在のイルミネーションは年末よりも人が少ないので、個人的には見に行きやすい時期がやっと来たと思っています。
なによりみんなが忙しい年末に気合いを入れて誘うよりかは重くもないし、意外と女性も誘いに乗ってくれたりするのではないでしょうか。

イルミネーションは年末で終わりと思っている方もいらっしゃいますが、実は最近は年を明けてもやっている所が多いです。

その中でも私がよく見に行くのは「丸の内イルミネーション」です。

一番の特徴はイルミネーションそのものの光。
ここだけしか見られないオリジナルカラーの「シャンパンゴールド」という色が本当に綺麗です。

私の稚拙な文章では伝える事がとても難しいのですが、他のイルミネーションで使用しているゴールドのイルミとは明らかに違う、上品でとても透き通っていて、遠目から見てもとても印象に残る綺麗なゴールドのイルミなのです。

※よく民家のベランダ等でLEDを付けてちょっと「?」なデコレーションをしている方がいますが、すべてこのLEDで飾れればスベらないと思うくらい素敵な光です。丸の内だけの特注品だと思うのですがとても手に入れたい一品です。情報知っている方、教えて下さい。

もちろん鑑賞するのは無料ですし、夜景の天敵である雨さえも路面が濡れてイルミネーションが反射してより味わい深い雰囲気になります。
このイルミネーションが1.2km続く丸の内仲通りのおしゃれな町並みを歩かない手はありません。このイルミネーション、まだ残っていてくれてありがとうと思う事間違いないです。(ちなみに2月14日までやっています。)

そのあとは丸の内にあるKITTEの展望台でライトアップされた東京駅を上から眺めるのも良し。いつも評判がいいTOKIAの「きじ」なんかで安くて美味しいお好み焼きを食べるのも良し。

もちろん丸の内は東京駅周辺なので、ここから将棋で言うと成った飛車のようにどこへでも移動できます。是非デートで困っている時はプランに入れてみてください。

参考URL: http://www.marunouchi.com/event/detail/2401

無料でもムード満点!冬のデートならイルミネーション散歩で決まり

冬本番、外を歩くのもいやになるくらい空気の冷たい季節ですが、そんなときでも楽しみなのがクリスマスのイルミネーション。

日本各地で開催されるイルミネーションは、見学だけなら無料なのにムード満点で、女性も大喜び。冬の節約デートに欠かせません。
キラキラと光り輝く街並みやクリスマスツリーを眺めて感動したら、2人の距離もぐっと縮まるはず。今回は、イルミネーションデートを楽しむコツを紹介します。

1. こんなにあるイルミネーションデートのメリット

冬の定番イルミネーションデート。こんなメリットから、「恋に落ちやすい」と評判のようです。

話題のスポットなので誘いやすい

期間限定イベントなので今見逃すとまた1年先になると押せる

「夜だからひとりで行くのは不安」と誘い出しやすい

周りはカップルばかりで、ロマンチック

混んでるし寒いのでぴったりくっつけて、自然に手もつなげる

「キレイだね」と言っていれば話題に困らない

寒くなったら、暖かい場所に移動するなど次の展開に持ち込みやすい

お金がかからない

待ち合わせを口実に番号&メルアドも聞きやすい

2 イルミネーションデートでは写真撮影がマスト

イルミネーションデートでは、テンションが上がっているので写真撮影のハードルも下がります。女性なら、「イルミネーションがキレイに撮れない」といいながら男性に撮影をお願いすると、男性はそういうシチュエーションが好きですから、よりポイントアップ。
男性なら、スマホカメラでイルミネーションをキレイに撮影してあげると、彼女の好感度がアップすること間違いなしです。
うまく撮影するコツは、スマホカメラのオプション機能「HDR」をオンにすること。自動でイルミネーションを綺麗に撮ってくれます。
HDRモードをオンにして、シャッターを押したらすぐにはスマホを動かさないようにします。また、「夜景」モードがあれば、それを利用してもOK。
2人で自撮りをするなら、セルフタイマーを使えばきれいにとれますね。

保険料をクレジットカード払いにして、ポイントを貯めよう

毎月や年1回口座から引き落とされるさまざまな保険料。生命保険や医療保険、自動車保険、住宅の保険などまで入れると、年間でかなりの金額を払っている人も多いでしょう。

これをクレジットカード払いにするだけで、年間数万~数十万円程度のカード利用料が増えて、その分のポイントがたまります。クレジットカード払いは、一部を除いて、多くの保険会社で対応できるようになってきました(表参照)。すでに加入済の保険でも、途中からの変更できる契約もあります。まずは加入している保険会社のカスタマーセンターに電話して、クレジットカード払いにしたいことを伝え、利用できるカードの種類や手続きの方法を確認しましょう。インターネットの契約者専用サイトから必要書類を取り寄せられるケースもあります。

いずれにしても、保険の「証券番号」が必要です。証券番号は、保険証券や毎年届く「契約内容のご確認」または、「口座振替のお知らせ」などに記載されています。カード払いができる保険会社でも、一部の商品のみを対象としているケースや、カード払いできる金額を制限している会社もありますので、よく確認しましょう。また、クレジットカードの有効期限を過ぎて、新たな期限が設定された場合、手続きが必要な会社と、不要な会社がありますので、これも合わせて確認しておくといいでしょう。

口座振替なら配偶者の銀行口座から引き落とすことも可能ですが、カード払いで利用できるのは契約者本人名義のカードのみです。自分名義のカードがなければできませんので、この点には注意しましょう。

ランキング