おしゃれは指先から!共同購入を利用して安く本格ネイルを体験しちゃおう!

このレシピを実行して

5660貯まる!
<材料>

・インターネット

・共同購入サイト

<How to>

1ネイルサロンの相場をチェック

2共同購入サイトで格安プランを探す

※通常価格12900円のプラン→69%OFFの4000円=8900円節約
通常価格8640円のプラン→65%OFFの2980円=5660円節約

3996.jpg

指先が綺麗だと全体の印象も良くなるものです。今年は指先のケアや、サロンで本格的なネイルに挑戦してみませんか?

「でも、ネイルってよくわからないし高いから簡単には始められない…。」そんなあなたにオススメなのが、共同購入サイト。破格のお値段で本格ネイルを体験できます!

1ネイルサロンの相場
ネイルサロンで行う工程はざっくり以下のとおりです。
カウンセリング→爪の下処理(ネイルオフ込)→デザインの決定
→ネイルの施術→アフターケア
爪の状態をみながらどういったデザインにするかなどを聞いてくれますので、そこでデザインのイメージや希望することを伝えていき、実際に施術してもらうのですね。上記の工程をすべて含むネイル施術の相場は、通常のカラーなどで約6000円~7000円、ジェルネイルともなると10000円以上するプランも多いです。初めて挑戦するにはちょっと高い印象ですよね。

2共同購入サイトで格安プランを探そう
ポンパレ、ルクサ、グルーポンなどの共同購入サイトには、グルメや通販品のお得チケット以外にも「ビューティー」ジャンルが豊富なことをご存知ですか?最近ではジェルネイルなどの流行から、ネイルサロンもたくさん格安チケットを出しています。注目すべきはその割引額です!
<例1>
通常価格12900円のプラン→69%OFFの4000円に
こちらはルクサでみつけたプラン。ネイルオフ、ジェルフレンチネイルと40種から選べるアート4本、さらにハンドマッサージつきという贅沢なプランでした。
<例2>
通常価格8640円のプラン→65%OFFの2980円に
ドライケア(甘皮処理・ファイリング)、デザイン・アート、ジェルコーティングのプラン。こちらはネイルオフがオプション(別料金)で選べます。ネイルをしていな自爪の方はこちらのプランでも良さそうですね。

いかがですか?今回ご紹介した2つの例では5000円以下で本格ネイル体験ができちゃいます。これなら飲み会や豪華ランチを1回我慢すれば捻出できる金額。指先が綺麗だと、普段の仕事も気合が入って良い方向に進むかもしれませんよ。

画像一覧

執筆者

みなみめぐみ (みなみ めぐみ)

大手雑誌社勤務後、フリーに転身。 旅行の国家資格を持つ。美容、トレンドから旅行、観光関係まで幅広くカバー。

みなみめぐみ

関連記事

関連記事

彼とクリスマスデート!爪先までバッチリネイル決めちゃいましょ

年末年始のイベントシーズン。楽しい予定が目白押しという方も多い季節。中でももっと
も気合が入るのが、クリスマス本番の彼とのデート。最高にキレイにして迎えたいですよ
ね。

女性は、頭やつま先など、身体の先端部分をキレイにしているほど、女っぷりがあがると
よくいいます。おしゃれをするなら、爪先までバッチリネイルを決めたいもの。
今回は、安くできるクリスマスにぴったりのセルフネイル術を紹介します。

1.100円のネイルラップでネイルサロンのアートを実現!

爪にワンポイントをプラスするネイルシールはもう古い?!
ネイル全体を覆うフィルムタイプのシール「ネイルラップ」です。
ネイルサロンでプロにしてもらうような凝ったデザインが初めからシールに印刷されてい
て、台紙からはがして貼るだけなので簡単。
ネイルサロンに行く時間がないママや、お金がない学生さんも手軽にプロっぽいネイルアートが実現できます。
100均のダイソーでは、クリスマスツリーやサンタクロース、雪だるま、雪の結晶などクリスマスにぴったりのモチーフをあしらったネイルラップを販売しています。ほかにも、セリアやキャンドゥにも取り扱いがあるので、チェックしてみましょう。

2.ネイルラップを長持ちさせるには

せっかくネイルラップでアートしても、肝心のクリスマスデート中にはがれてしまったり、ネイルが気になって食事などデートが楽しめなかったりしては意味がありません。
ネイルラップを長持ちさせるには、シールを貼る前に爪の油分をしっかりふき取ること!
ハンドクリームの油分が手に残っていることも多い季節なので、アートをする前に手をせ
っけんでしっかり洗っておきましょう。
また、仕上げには透明なトップコートを塗るのもお忘れなく。トップコートは、はがれやすい爪の先端部分からぬっていくのがポイントです。
このちょっとした手間をかけるだけで、もちが全然ちがいますよ!かわいいネイルでぜひ
楽しいクリスマスを迎えてください。

ハロウィーンネイルもセルフで楽しみたい!仮装に合わせたかわいいネイルデザイン

10月の一大イベントといえばハロウィーン。日本では、大人も子どもも仮装やコスプレを楽しむイベントとして定着しつつあります。

そんなイベント時期には、ぴったりのネイルで爪をかわいく飾って、パーティ気分を盛り上げたいですよね。でも、ネイルサロンに行くとお金もかかるし、時間もない……そんな方のために、ハロウィーンパーティでの仮装にぴったりのかわいいセルフネイルのやりかたを紹介します。

1.ジャック・オ・ランタンのかぼちゃネイル
いちばんかんたんなのはかぼちゃネイルかもしれません!

クリアなベースコートを塗る
つま先側にオレンジ色のネイルで半円を描く
オレンジ色が乾いたら、細い筆やつまようじをつかってジャック・オ・ランタンの顔を描く
茶色のネイルでヘタをつけるのも忘れずに!
ほかの指は、オレンジ色×黒のドット柄にしたり、ゴールドのラメなどで塗り分けるとアクセントになってキュートですよ!

2.ネイルシールを活用する
おばけや魔女のモチーフ、細かな文字などは、セルフネイルだと難しいもの。そんなときは、ネイルシールを活用してみましょう。
なんと最近では、ダイソーやセリア、キャンドゥなどの大手100円均一で、かわいいハロウィーンモチーフのネイルシールがたくさん用意されています。安いのに出来栄えは本格的に見えるので、毎年大人気。早めに買わないと在庫切れになってしまうかも。見つけたら、即ゲットがベストです。
ネイルシールは、モチーフをポイントとしてひとつ貼り付けるのもよいですし、フレンチネイルをした爪先にぎゅっと重ねて貼るのもカワイイ。ご自身のセンスで工夫してみてください。

3.ベースの色でハロウィーン気分を盛り上げる
ハロウィーンネイルのポイントになるのはネイルのカラー。ジャック・オ・ランタンの濃いオレンジ色、ゴーストや闇夜を連想する白や黒、魔女のイメージがある真紅や濃いパープル、緑色など。アクセントとしてゴールドやホログラムのラメなどもあると引き立ちます。

普段はあまり使わない色ばかりという方は、安くて質のいい100円均一のネイルカラーを活用しましょう。

クリスマスパーティーに参加!気合を入れて美容院でスタイリング!

もうすぐ待ちに待ったクリスマス。

クリスマスは年に一度の特別な日。クリスマスパーティーの予定があるなら、今年は美容院でとびっきりおしゃれにスタイリングしてみませんか?可愛くヘアアレンジすれば気分もアップ。パーティーで楽しく盛り上がれることまちがいなし!そこでおススメなのが、安く利用できるインターネットのクーポン。ネット検索・予約サイトには、お得なクーポンがいっぱいです。そこで、安くかしこく利用できるサイトを紹介します。

たとえば、美容院の検索・予約サイトなら、ホットペッパービューティー、オズモール、かみまど、ビューティーナビなどが人気です。行きたいお店は、エリア、日付、料金、ヘアスタイル、人気順などから検索できます。パーティーだからこんな髪型にしたいという希望があれば、ヘアスタイルからお店を検索するのもいいですね。では、ネット予約サイトはどのようなことがお得なのでしょうか?

1. ネット限定のクーポンは種類が豊富で電話予約よりもお得

ヘアサロンに行くとき、いつも電話で予約をしていますか?それなら、これからはネットで予約するのがおススメです。実は、同じヘアサロンで同じメニューを利用しても、電話予約よりネット予約の方が安い場合があるんです。それは、ネット限定のクーポンがあるから。クーポンを使えば、お店によっては、通常4,000円のヘアセットが500円引きになったり、10,000円のカット&パーマコースが2割引きになったりすることも。これはとってもお得ですよね。ネットで予約するときだけ使えるクーポンは、種類も豊富。たとえば、ヘアセットだけの予約から、カット・カラー・パーマ・トリートメントのコースなど自由に選べます。電話で予約する前に、ネット予約サイトでクーポンがあるかどうかチェックしてみましょう。

2. ネット予約サイトのポイントがたまってさらにお得に

予約を入れてお店を利用すると、ポイントがたまるネット予約サイトがあります。中には、付与率2%というサイトも。その他には、期間限定ポイントや新規に会員登録するともらえるポイントもあります。数回予約すれば、あっという間に数百ポイントたまりそう。このように、ポイントをためてかしこく利用すれば、さらにお得になりますね。

【小さな倹約】♂♂ほぼ夫婦「明日は明日の風が吹く」vol.4

みなさま、こんにちは。作家・まんが家の歌川たいじです。

うちには猫が3匹おります。もともとは1匹だけ飼っていたのですが、その猫が老いてきまして、「この猫が死んだら、猫バカな相方が深刻なペットロスになるに違いない」と思ったワタクシ。なんでも、ペットロスになると次の猫が飼えないまま、ずっと傷心のままでいるのだとか。
「この猫が生きているうちに新しい猫を飼ってしまおう、ほかの猫がいるからといって飼い猫が死んだ時の悲しみは減らないだろうけど、とりあえず次の猫が飼えないなどとは言っていられなくなる」と、ワタクシは一念発起して子猫を2匹、愛護団体からもらいうけたのでした。

「猫が3匹もいたら、お金がかかって仕方がないでしょう」と、心配してくださる方が大勢いらっしゃいました。たしかに、エサ代、トイレ砂代などなど、コストはだいぶ嵩みます。ただでさえワーキングプアなこの身に、大きな負荷となりました。

ところが、我が家の猫の画像を表紙カバーにした「僕は猫好きじゃない」という本を出版したところ、都内の猫本専門店で好調に売れまして、昨年、一昨年は、この本の売上げで糊口をしのぐことができました。「表紙カバーの猫ちゃんが可愛くて、ジャケ買いが多いんです。この猫ちゃん、優秀なセールスマンですね」と、猫本専門店の店長さんはおっしゃったのでした。人間万事塞翁が馬ですね。

2016年 庶民生活はどうなる? ~家計大予想~

2016年の家計を全般的に見ると、2015年に引き続いて家計の貧富の格差が開きそうです。

前半は選挙睨みで明るい”アメ”ムード。後半は反動でツライ”ムチ”の嵐!?

一握りの人にとっては収入が増えるうれしい年になるでしょうが、大部分の人にとっては、今年に引き続き、「なんとなく苦しい」という状況が続くことでしょう。一握りの人とは、株や不動産などの資産をたくさん持っている人や大企業にお勤めの方なとどです。
それでも、年の前半は多少なりとも明るいムードがただよいそうです。というのも、7月の参院選挙があるので、財布に辛い増税などの話は引っ込み、景気の良さそうなバラまきの話などが先行する可能性があるからです。特に、衆参同時選挙ということになったら、自民党が勝つためには、なり振りかまわず消費税増税のさらなる先送りなどというウルトラCが出てくるかもしれません。
ただ、税も社会保障も、選挙に勝つために痛みを先送りするので、その反動は、選挙後に何倍にもなって出てくる可能性があります。選挙で勝つために後回しにした配偶者控除の廃止や酒税、タバコ税などの増税メニューが、年の後半にはいっきに出てくるでしょう。また、社会保障についても、医療費負担を軽減するための高額療養費制度の限度額を上げるなど、財布に痛い政策が次々と打ち出されてくる可能性があります。
つまり、来年前半は、選挙のための“アメ”のオンパレードですが、後半は選挙に大勝したことをいいことに、“ムチ”がビュンビュン飛んでくるということになりそうです。
それでも、給料が増えればいいのですが、全般的には手取り給与の増加はあまり見込めなさそうです。

給料はなかなか上がりそうにない。

給料は、人手不足になっている業種では多少上がることも予想されますが、そうでないところは横ばいかもしくは下がる可能性もあります。給料は横ばいでも、税金や社会保険料負担が増えていますから、手取りは減るかもしれません。
給料が上がらない最も大きな要因は、消費の低迷です。2014年の消費税の引き上げ以降、消費は低迷し続けています。日銀は、2年でデフレを脱却すると宣言しましたがうまくいかずに、3年に伸ばしました。けれど、それでもデフレ脱却は難しいかもしれません。モノが売れないから、企業も人を雇ったり給料を上げたりできない。給料が上がらないから、消費が増えない。こうした、悪循環に対して、政府は有効な手を打てないままでしょう。

国内の消費の停滞に加えて、海外でのテロや中国の景気減速など、先の読めない不確定要素が増えています。そのため、企業は、積極的に投資などに打って出るというよりも、守りに入って様子を見るという状況になっています。
実際に、12月に発表された日銀短観でも、現状の景気は横ばいですが、3ヶ月先の景気については、ほとんどの企業が悪化すると予測しています。
3ヶ月先と言えば春闘の時期ですから、景気が悪化すると予想している企業が春闘で給料を大幅アップするとは考えにくいでしょう。
しかも、中小、零細企業にとっては、さらに深刻な問題が加わります。1月からスタートするマイナンバー制度に対応するために、それなりの人やお金をさかなくてはならないことです。
マイナンバー制度のスタートで、今まで使っていた源泉徴収票などかなりの帳票類が使えなくなるので刷新しなくてはならず、その経費がかかります。また、マイナンバーにはセキュリティー保護が義務づけられるので、管理者ポストを新設置したりシステムを外部委託するなどで経費がかかることが予想されます。これは、企業にとっては何か生み出すための投資でも将来につながるものでもなく、負担だけを負うということになりますから、そのぶん、給料の値上がりも見込めないということです。
ちなみに、この冬の大企業の冬のボーナスは、平均で3%ほど上がりました。けれど、そもそも夏と冬のボーナスは、多くの企業が今年の春の労使交渉で決めています。2015年の春先までは、まだ、景気の先行きは明るかったので、この冬のボーナスも比較的良かったのですが、2016年になると、大企業でもそんなに給料の大盤振る舞いはできなくなるので、夏、冬とも、ボーナスもそれほど期待できないかもしれません。

ランキング