今からでも間に合う!子どもと一緒にいきたい節分イベント

4011.jpg

このレシピを実行して

500貯まる!
<材料>

・節分イベント

<How to>

1無料のイベントや、クーポンを利用したイベント参加をする

※・無料イベントの場合
豆まきセット(福豆+お面)代 約500円 節約

2月3日は“節分”です。お子さんがいらっしゃる方は、節分も大事な家族イベントですよね。恵方巻きや炒り豆、おにのお面の準備はもう済ませましたか?

ちなみに、どうして2月3日が節分なのかご存知ですか?節分とは、「季節を分ける」という意味。実は、節分とは春夏秋冬の季節が変わる前日のことで、みなさん良くご存知の立春・立夏・立秋・立冬がそれにあたります。では、なぜ2月3日だけ節分として呼ばれているのかというと、一年のはじまり、季節のはじまりは「春」ということから、1年のはじまりを迎える立春が主立って受け入れられたということなのです。

■子供と一緒に節分を楽しもう!
さて、なんだか少し地味なイメージの節分ですが、各地でイベントが行われるのをご存知ですか?無料で楽しめるイベントが盛りだくさん。おうちで豆まきをすると後片付けが大変・・・なんて方は、イベントに参加して思う存分豆まきを楽しむのも良いかもしれませんね!

・おもちゃ王国の仲間と遊ぼう~節分豆まき会~
軽井沢おもちゃ王国で、1月29日(金)~2月1日(月)の期間で開催されます。おもちゃ王国のキャラクターたちや、インストラクターのお兄さん、お姉さんと豆まきやダンスを楽しめるイベントです。
子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」で入場料が100円引きになるクーポンを配布していますので、ご活用されるとお得です。

・第3回ふじさわ子ども豆まき
神奈川県藤沢市の白旗神社で行われる、小学生以下の子供たち対象の豆まき大会(参加無料)です。午前11時と午後3時30分の2回実施され、各回300名限定で豆が入った特製の枡が渡されます。子供たちが思う存分豆まきを楽しめるイベントです。

・下神明天祖神社 節分祭
東京都品川区にある下神明天祖神社での豆まきイベント。撒方衆が、集まった人々に向かって福豆やお菓子などを撒きます。小さいこどもには、社殿から赤鬼、青鬼が撒いてくれます。また、さる年生まれの小学生であれば2000円で撒方衆を務めることもできます。

今回は3つのイベントをご紹介しました。探してみると意外にお住まいの地域での節分・豆まきイベントも多いのではないでしょうか?是非チェックしてみてくださいね。子供達と元気いっぱい楽しみましょう!

<関連記事>

画像一覧

執筆者

みなみめぐみ (みなみ めぐみ)

大手雑誌社勤務後、フリーに転身。 旅行の国家資格を持つ。美容、トレンドから旅行、観光関係まで幅広くカバー。

みなみめぐみ

関連記事

特集

関連記事

【マネーギャグアニメ動画】ワイドショーでよく聞く「○○金」って?

鷹の爪団を生み出したDLEによるマネーゴーランドオリジナルアニメ「わんわんわんコイン」。

その第4話は…ワイドショーネタの登場!コンビニのレジで繰り広げられる金男くんとの激しいバトルは、ワイドショーやニュースでよく耳にする「保釈金」に関する鬩ぎあい。見事正解して、わんわんわんコインはこのピンチから逃れられるのか!それとも… !?

犬でコインな「わんわんわんコイン」は飼い主の「金田金男」くんが大好き!! …が、金男くんは500円なんて端金(はしたがね)とばかりに、わんわんわんコインをすぐにお金として使おうとするよ! この“すれ違い劇”の先に待つのは、絶望か!? 悲劇か!? …それとも愛か!?

気になる第4話はこちら!

〜ジュニアNISAって?〜【第24回】高橋先生の教えて経済ニュース

〜ジュニアNISAって?〜

一般のNISAであれば親が自分自身の名義で投資をしていきますが、ジュニアNISAというのは子供名義で口座を開設して子供名義のお金を親が代わりに投資していく制度になります。

投資期間についてはNISAもジュニアNISAも同じで5年間。5年間の利益に対する税金はかからないということになっております。
ジュニアNISAについては年間80万円までの投資が対象です。
ジュニアNISAを利用する際の最大の注意点は、18歳までは引き出すことができない点です。
資金がどうしても必要であれば引き出すことはできますが、その場合には非課税のメリットが利用できなくなってしまいます。

NISAが導入された背景には、個人個人が資産運用に取り組むサポートをしていこうという考えがあります。
貯蓄から投資へというスローガンで示されるように、個人が将来の資産形成を個人の責任でやっていかなくてはいけない時代になってきています。

動画はこちら

ジュニアNISAを利用するメリット

お正月はどのように過ごされましたか?
凧あげ、かるた取り、または何にもしないゴロゴロ派?
これからは、ご家族で「ジュニアNISA会議」は、いかがでしょうか。

というのも、今年から子ども用の少額投資非課税制度「ジュニアNISA」がスタートしました。お子さんの成長とともに資産の成長も期待できるこの制度、利用しない手はありません。今回は、筆者が考えるジュニアNISAを利用するメリットをお伝えします。

メリット1:株式や投資信託を使って非課税で長期間運用できる
このジュニアNISAでは、0歳の赤ちゃん名義でも口座を保有できます。また18歳まで引き出しが制限されていることから、お子さまの年齢が低ければ低いほど、長期投資をすることになります。
長い期間をかけて、適切な対象に投資すれば、資産を大きく増やせる可能性があります。

メリット2:子どもの金融教育につながる
ジュニアNISAへの投資を機会に、家族で経済の勉強をしてはいかがでしょう。
子どもも小学校高学年になれば、社会への興味や関心を持ち始めます。毎年、家族で「ジュニアNISA会議」を開き、運用方針を話し合ってみるのも良いかもしれません。ご家庭で話し合いの場を持つことで、子どもの経済や社会の仕組みに対する理解が深まり、自然な形での金融教育を進めることにつながります。

メリット3:祖父母からの贈与資金で投資すれば、確実な相続対策になる
祖父母から孫の口座に資金を移して預けておくだけでは、名義預金として認定されてしまい相続対策にならない可能性があります。
ジュニアNISAを使えば、管理者である親権者などがお子さんに代わって投資をすることで、確実にお孫さんの資産として認められて相続対策を進めることが可能です。

もちろんジュニアNISAの利用には、投資で損をしてしまうリスクや、制度自体が複雑で理解しにくいなどのデメリットもあります。しかし、少額でも利用できる制度ですので、お子さんがいる方は是非上手に活用してみてはいかがでしょうか。

義理チョコ、友チョコ…「バレンタイン」で人間関係を壊さない方法4選

もうすぐバレンタイン。最近は、義理チョコを禁止している学校や会社もありますが、街を歩けばチョコ、チョコ、チョコ…。まだまだ根強い行事と言えます。

「自分には関係ない」という人もいますが、贈って喜んでくれる相手がいるのなら、この行事を賢く使って、人間関係を円滑に進めるのもひとつの方法。
本命チョコはもちろん、義理チョコも友チョコも、賢い気配りで人気者になれること必至! タブーを避けた上で、相手の気持ちを考えてチョイスすることが成功の鍵です。

・相手の好みを探って贈る「本命チョコ」
彼女からプレゼントされる「本命チョコ」は、「どんなものでも嬉しい。それが“重い!”と言われがちな手作りチョコであっても…」というのが男性の本音。ただし、「できれば、自分の好みを知っていてほしい!」という声もチラホラ。自分を喜ばせるために、女性がチョコ探しに奔走する姿を想像して、独占欲を満たす男性も少なくないようです。甘口なのかビターなのか、高級志向か面白さ優先か——。食べ物の好みや言動などから探ってみましょう。中には、「手作りチョコは苦手」というタイプの男性もいるので注意!

・上司への「献上チョコ」は、女性同士の和を大切に
女性社員がお小遣いを寄せ合って上司へのチョコを購入、というのはバレンタイン前によく見る構図。これらの「献上チョコ」は、上司の機嫌をうかがいながら、業務に差し支えない時間に渡すのが鉄則です。オススメは、ふ〜っと一息つける、昼休みに突入したタイミング。
ちなみに、同じ上司へのチョコでも、昇進や昇給を目的とした「抜け駆けチョコ」には要注意。仲間との和を重んじる女性のことですから、バレてしまっては、同僚同士で溝を作ってしまう結果になることも。もはや昇給どころではありません。

・「義理チョコ」とはいえ、同僚や男友達にも気を使おう
「義理でチロルチョコをもらったけど、あれはちょっと…」という声を聞いたことがあります。義理チョコだって、もらったら返すのがルール。もらって楽しめるものじゃないと嬉しくない!というのが本音だとか。たとえば、同じチロルチョコでも、1ダースがセットになったプレゼント用なら、選んで食べる楽しみも。同僚や男友達には、男性同士の話のネタになるチョコ、巷で話題のB級チョコなど、「さすが!」と言われるような気の利いたチョコがベターと言えそうです。

・その場で食すこともある「友チョコ」は、手作りチョコに注意
仲が良い女性同志で贈りあう「友チョコ」は、“親しき中にも礼儀あり”が大前提。その場でワイワイと試食することも多いため、特に手作りチョコには気をつけましょう。「友達からもらった生チョコを食べたら、お腹を壊しちゃった」というエピソードもあるのです。「友達だからいいか」ではなく、友達だからこそ細やかな気配りをして、楽しいイベントにしましょう!

【小さな倹約】♂♂ほぼ夫婦「明日は明日の風が吹く」vol.4

みなさま、こんにちは。作家・まんが家の歌川たいじです。

うちには猫が3匹おります。もともとは1匹だけ飼っていたのですが、その猫が老いてきまして、「この猫が死んだら、猫バカな相方が深刻なペットロスになるに違いない」と思ったワタクシ。なんでも、ペットロスになると次の猫が飼えないまま、ずっと傷心のままでいるのだとか。
「この猫が生きているうちに新しい猫を飼ってしまおう、ほかの猫がいるからといって飼い猫が死んだ時の悲しみは減らないだろうけど、とりあえず次の猫が飼えないなどとは言っていられなくなる」と、ワタクシは一念発起して子猫を2匹、愛護団体からもらいうけたのでした。

「猫が3匹もいたら、お金がかかって仕方がないでしょう」と、心配してくださる方が大勢いらっしゃいました。たしかに、エサ代、トイレ砂代などなど、コストはだいぶ嵩みます。ただでさえワーキングプアなこの身に、大きな負荷となりました。

ところが、我が家の猫の画像を表紙カバーにした「僕は猫好きじゃない」という本を出版したところ、都内の猫本専門店で好調に売れまして、昨年、一昨年は、この本の売上げで糊口をしのぐことができました。「表紙カバーの猫ちゃんが可愛くて、ジャケ買いが多いんです。この猫ちゃん、優秀なセールスマンですね」と、猫本専門店の店長さんはおっしゃったのでした。人間万事塞翁が馬ですね。

ランキング