短期投資で大儲け?今流行のIPOってなに?

このレシピを実行して

円貯まる!
<材料>

・IPO投資法

<Point>

1IPO株は非常に利益が出しやすい

2短期投資でも高価率で利益を出せる

3リスクが小さい

3945.jpg

株式投資をやっている人で稼ぎたい!という思いがない人はいないでしょう。長期投資で少しずつ確実にという投資スタイルも悪くありませんし、このような投資スタイルで長期的な資産運用を行っている人がいることも疑いようのない事実です。

逆に短期投資といわれる投資スタイルでは、どうしてもリスクが頭で先行してしまうために、なかなか踏み切れないという人も少なくないのではないでしょうか。今日はそんなあなたのために、当選したらかなりの高確率で利益を獲得できるIPOについてお話します。
IPOってなんだ?と思われる方もいるかもしれないので、一応簡単に説明しておくと、今まで上場していなかった企業が証券取引所に上場することを指します。つまり新たに投資先が増えるということです。

このIPOの何が特別なのか?ということですが、企業が新たに上場するためには株価を決めなければなりません。IPOは抽選で公募価格という価格で株が販売されます。そして実際に株価がつけられる初値があるのですが、この初値は多くの場合、公募価格よりも高いです。つまり、公募価格で購入したIPOを上場日に初値で成り行き売り注文を出しておくだけで、公募価格と初値の差分だけ利益を確定させることができるのです。
例えるのであれば、東京駅の100周年記念のSuicaが1500円分で購入できましたが、あまりにも人気殺到だったため、ヤフオクでは一時期20万円もの価格がつき、利益を得たという方もいました。そのように上場したての企業株の初値には儲けるチャンスが潜んでいるのです。

しかしリスクも少なからずあります。というのも100%公募価格よりも初値の方が高いかと言われるとそうではありません。やはり、初値が公募価格よりも低く、損をするリスクはもちろんありますし、IPO投資法は有名な投資法なので、そもそも抽選が当たらないということも十分に考えられます。それでもIPOで儲ける可能性は非常に高いので、一度試してみてはいかがでしょうか。

画像一覧

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

関連記事

株式投資の資金っていくら必要?月に数万円稼ぐ方法とは

株主優待で長期投資するのもいいけれど、株式を売買することで利益を上げたい!と思う方もいらっしゃるでしょう。中には株で得た利益を生活の足しにしたいと思う人もいるかもしれませんし、ちょっとした娯楽に使いたいと思われる人もいるでしょう。

今回は株式投資で月に数万円の利益を出すためには、いくら程度資金が必要なのかということをお話していきます。
この答えとしては一般的に100万円といわれています。10万円でも上手くやれば、数万円の利益を上げることももちろんできるのですが、以下のような理由で100万円くらいが良いといわれているのです。

・利益を大きくするため
株式投資は投資額によってリターンの大きさが異なります。例えば1株1万円で買った株が1ヶ月後に1万1000円になっていたとすると、1000円の利益を出すことができます。
しかし、これは1万円投資した場合の話です。もし100万円投資して100株買っていたとすればどうでしょうか。100万円で買った株の価値は1ヶ月後には110万円になっており、10万円の利益を出すことができるのです。
このようにして投資金額を大きくすることによって大きな利益を生み出すことができるのです。

・分散投資を行う資金を増やすため
株式投資の一つの方法として分散投資という方法があります。分散投資とは簡単に言えば複数の銘柄に投資することです。分散投資のメリットとは、自分の資金が大きく下がることを防ぐことができます。
例えば一つの銘柄に集中して投資した場合、その銘柄の株価が0円になってしまえば、あなたの投資資金は0円となり、それ以上株式投資をしようとすることはないでしょう。
しかし投資資金を分散することによって、一つの銘柄の株価が下がっても他の銘柄の株価が上がればあなたの資金全体としてはバランスが取れるのです。

・資金不足によるチャンスを逃さないため
最後のポイントとして資金不足によるチャンスを逃さないということです。資金が少なければ、複数の銘柄を購入することもできません。ですから、もし自分が狙っていた銘柄の株価が購入したい株価になったと考えても投資資金が足りずに投資できないという状況になりかねないのです。
これを防ぐためには、やはりある程度の資金を準備しておく必要があります。そのための一つの目安として100万円という基準があるということを覚えておくといいでしょう。

格差!中小企業82%が「WEBをビジネスに活かしてない」

 9日に発表された「WEBを活用した販売促進活動に関する調査」によると、82%の会社で”WEB販促をビジネスに活用できていない”現状が明らかになった。中小企業を対象に調査を行ったのは、ニフティ株式会社(東京都新宿区)。

  ”全国の18歳以上かつ従業員規模が100名以下の企業の経営者”と、”全国の18歳以上かつ従業員規模が100名以下の企業のWEB担当者”のそれぞれ150名を対象に行われた同調査。「あなたの会社は、WEB販促をビジネスで活用できていますか」との問いに「活用できている」と回答したのは僅か18.0%。「活用したいができていない(34.7%)」、「活用したいと思わない(47.3%)」との回答が合わせて82%を占めた。

 また「1か月あたりのWEB販促の予算」に関する問いでは、「予算はない」と回答した企業が51.0%と半数以上。WEB担当者のみに聞いた「WEB販促を行う上での悩み」についても、「予算がない」が36.1%でトップとなるなど、予算面の事情で中小企業がインターネットを販促に活用できない現状が浮き彫りとなった。

じじばばのポケットに熱いまなざし!2016年1月ジュニアNISA開始

 2015年の投資について約5割の投資家が「プラス」着地を予想していることが、スパークス・アセット・マネジメントが行った「日本株式市場の振り返りと展望に関する意識調査2015」により明らかになった。調査では2015年の振り返りと2016年の展望を示している。

 日本株式市場の振り返りと展望に関する意識調査は、2015年の日本株式市場の総括と2016年以降の見通しについて探ることを目的に11月9日~11月10日の2日間、全国の20~79歳の投資経験者を対象にインターネット調査により実施したもの。1,000名から有効回答を得た。

 2015年の投資に関しては、現役投資家の49.7%がプラス着地になると予想。マイナス着地予想は19.5%だった。株式投資家に限定して見ると53.0%と過半数がプラス着地を予想した。2015年の日本株式市場を表す漢字の1位は「乱」、2位「迷」に。15年ぶりの日経平均株価2万円突破や8月のチャイナショックによる世界同時株安など、株価が乱高下したようすをイメージした回答が多く上がった。

 また、調査では2016年1月からスタートするジュニアNISAに関しても意識調査を実施。通常のNISA同様投資した年から5年間非課税で口座開設対象が0歳から19歳までのジュニアNISAは、年間投資枠が上限80万円で原則親権者などが代理で資産運用する新たな制度。ジュニアNISAを利用したいと回答したのは26.5%、73.5%は利用したいと思わないと回答し、制度開始前の段階では利用意欲はまだ低い状況が見られた。

 ジュニアNISAが子どものマネー教育につながると思うかという質問では、34.2%が「そう思う」と回答。年代別にみると20代女性の48.0%はマネー教育につながると考えている傾向が見られた。子どもの大学進学や留学を促進すると思うかとの質問では「そう思う」が26.7%と、全体としてマネー教育の材料や教育費の備えとして捉えている投資経験者は少ない印象。一方、祖父母世代から孫世代への資産贈与の手段として有効だと思うかとの問いには50.1%が「そう思う」と回答。祖父母世代から孫世代への資産贈与としてはジュニアNISAが有効な手段になると考えられているようだ。

 そのほか調査では、個人投資家の投資先や2015年の投資を動かしたニュース、2016年以降の日経平均株価予想、長期保有したい銘柄などをまとめている。調査結果は、スパークス・アセット・マネジメントのWebサイトで確認できる。

勉強いらず、経験いらず?初心者でもリスクを最小限にする株式投資の方法とは

投資は損をしないためには多くの勉強や経験を必要とします。

株も例外ではなく、月に数十万円、あるいはそれ以上を稼ぎだすような人は、人一倍多くの知識や経験があるという人ばかりです。勉強をしないまま株に投資するなんて、今にもロープが切れそうな吊り橋をジャンプしながら渡るようなものです。

それほど勉強をしないまま投資をすることは危険であり、するべきではないと考えられます。しかし、それではいつまでも投資の経験値を上げることはできません。しかし正直なところ、つまらない勉強をせずに投資で軽く儲けたいと思うのが本音ではないでしょうか。

今回の記事では、「勉強なし、経験なし」の人が株式投資でも損をするリスクを最小限にするための方法についてお話していきたいと思います。この方法を知っているとあなたの投資金はわずかではありますが確実に増えて行くでしょう。

実践しているうちに、いつの間にか自分の生活で必要なお金がどんどんと投資した株から生み出され、その生み出されたお金をあなたは自由に使えます。定年を迎える前に早期退職、なんてことも現実に起こりえるのです。ですからしっかりと次の方法に目を通してください。

それは、“株主優待銘柄”に“長期投資”をするという方法です。

株で利益を出す方法は主に2パターンあり、頻繁に株式の売買を行い、株価の差額で利益を出す人と、あまり株式の売買をすることなく優待などで利益を出す人の2パターンです。そして株式初心者ほど勉強しないまま楽に儲けるだけのために短期投資を行う人が多いのが現実です。しかし、前者の投資方法は数日後、もしくは数時間後に株価がどのように変動しているのか見極めなければならず、これにはニュースや経済状況など様々な要素を頭に入れた上で投資を行わなければなりません。

つまり長期投資よりも多くの知識、経験、状況判断力を必要とされ、それだけ難しく損を出しやすい投資法とも言えます。ですから株式初心者ではこちらの投資法ではなく、優待や配当金などを目的とした細々と投資金を回収して利益を上げるような長期投資がいいでしょう。

あまり株式の売買をしないのは投資をしている気分にならないかもしれませんが、長期投資で堅実に投資金を回収していきましょう。

2016年 庶民生活はどうなる? ~家計大予想~

2016年の家計を全般的に見ると、2015年に引き続いて家計の貧富の格差が開きそうです。

前半は選挙睨みで明るい”アメ”ムード。後半は反動でツライ”ムチ”の嵐!?

一握りの人にとっては収入が増えるうれしい年になるでしょうが、大部分の人にとっては、今年に引き続き、「なんとなく苦しい」という状況が続くことでしょう。一握りの人とは、株や不動産などの資産をたくさん持っている人や大企業にお勤めの方なとどです。
それでも、年の前半は多少なりとも明るいムードがただよいそうです。というのも、7月の参院選挙があるので、財布に辛い増税などの話は引っ込み、景気の良さそうなバラまきの話などが先行する可能性があるからです。特に、衆参同時選挙ということになったら、自民党が勝つためには、なり振りかまわず消費税増税のさらなる先送りなどというウルトラCが出てくるかもしれません。
ただ、税も社会保障も、選挙に勝つために痛みを先送りするので、その反動は、選挙後に何倍にもなって出てくる可能性があります。選挙で勝つために後回しにした配偶者控除の廃止や酒税、タバコ税などの増税メニューが、年の後半にはいっきに出てくるでしょう。また、社会保障についても、医療費負担を軽減するための高額療養費制度の限度額を上げるなど、財布に痛い政策が次々と打ち出されてくる可能性があります。
つまり、来年前半は、選挙のための“アメ”のオンパレードですが、後半は選挙に大勝したことをいいことに、“ムチ”がビュンビュン飛んでくるということになりそうです。
それでも、給料が増えればいいのですが、全般的には手取り給与の増加はあまり見込めなさそうです。

給料はなかなか上がりそうにない。

給料は、人手不足になっている業種では多少上がることも予想されますが、そうでないところは横ばいかもしくは下がる可能性もあります。給料は横ばいでも、税金や社会保険料負担が増えていますから、手取りは減るかもしれません。
給料が上がらない最も大きな要因は、消費の低迷です。2014年の消費税の引き上げ以降、消費は低迷し続けています。日銀は、2年でデフレを脱却すると宣言しましたがうまくいかずに、3年に伸ばしました。けれど、それでもデフレ脱却は難しいかもしれません。モノが売れないから、企業も人を雇ったり給料を上げたりできない。給料が上がらないから、消費が増えない。こうした、悪循環に対して、政府は有効な手を打てないままでしょう。

国内の消費の停滞に加えて、海外でのテロや中国の景気減速など、先の読めない不確定要素が増えています。そのため、企業は、積極的に投資などに打って出るというよりも、守りに入って様子を見るという状況になっています。
実際に、12月に発表された日銀短観でも、現状の景気は横ばいですが、3ヶ月先の景気については、ほとんどの企業が悪化すると予測しています。
3ヶ月先と言えば春闘の時期ですから、景気が悪化すると予想している企業が春闘で給料を大幅アップするとは考えにくいでしょう。
しかも、中小、零細企業にとっては、さらに深刻な問題が加わります。1月からスタートするマイナンバー制度に対応するために、それなりの人やお金をさかなくてはならないことです。
マイナンバー制度のスタートで、今まで使っていた源泉徴収票などかなりの帳票類が使えなくなるので刷新しなくてはならず、その経費がかかります。また、マイナンバーにはセキュリティー保護が義務づけられるので、管理者ポストを新設置したりシステムを外部委託するなどで経費がかかることが予想されます。これは、企業にとっては何か生み出すための投資でも将来につながるものでもなく、負担だけを負うということになりますから、そのぶん、給料の値上がりも見込めないということです。
ちなみに、この冬の大企業の冬のボーナスは、平均で3%ほど上がりました。けれど、そもそも夏と冬のボーナスは、多くの企業が今年の春の労使交渉で決めています。2015年の春先までは、まだ、景気の先行きは明るかったので、この冬のボーナスも比較的良かったのですが、2016年になると、大企業でもそんなに給料の大盤振る舞いはできなくなるので、夏、冬とも、ボーナスもそれほど期待できないかもしれません。

ランキング