「ワークライフバランス」「待遇」「社内文化」・・就活学生の企業選びのポイント!

8961.jpg

 ディスコは18日、就職意識調査「キャリタス就活 学生モニター調査」の結果を発表。就職先企業を選ぶ際に重視する点として「将来性がある」、「給与・待遇が良い」、「福利厚生が充実している」、「職場の雰囲気が良い」が上位に挙がった。

 この調査は2017年卒業予定者を対象に、1月1日時点で実施したもの。昨年同時点の調査とよく似た傾向が見られるが、順位や割合を細かく比較すると、今年の就活学生の特徴が見えてくる。

 調査では「将来性がある」が一番人気となったが、割合は昨年の47.9%から46.4%へと1.5ポイント減った。逆に、今年2位の「給与・待遇が良い」は37.3%から41.9%へ4.6ポイント、3位の「福利厚生が充実している」は36.1%から39.4%へ3.1ポイント増加している。

 また、雰囲気が良いと思える職場の要素を尋ねると、「ワークライフバランスを重視している」、「役職や年齢に関係なく自由に物が言える」、「アットホーム」、「部門間の交流やコミュニケーションが盛ん」が上位となった。この傾向も昨年同様だが、1位は昨年の「ワークライフバランスを重視している」から、「役職や年齢に関係なく自由に物が言える」と入れ替わっている。

 こうした結果から、今年、就活に臨む学生は昨年と比べ、給与・待遇や福利厚生を重視し、ワークライフバランスに積極的な企業を志向する傾向が見られる。企業の人事担当者は、特にこれらを強くPRすることで、より多くの就活学生を集められそうだ。

画像一覧

  • 就職先企業を選ぶ際に重視する点
  • 雰囲気が良いと思える職場

提供元

関連記事

関連記事

仕事を休んだ時に労災保険からは賃金の約8割が支給される

仕事中または通勤途上でのケガや病気で会社を休まざるを得なくなった時には、賃金が支給されません。しかし、反対に働けなくなって賃金が支給されない場合には、労災保険から休業(補償)給付が受けられます。

業務上の場合は休業補償給付、通勤途上の場合は休業給付と呼ばれます。では、いくらもらえるのか、いつまでもらえるのかをみてみましょう。
休業(補償)給付が支給されるための要件は、下記のようになります。
1.療養していること
お医者さんなどの指示の範囲で通院して、自宅療養していることも含まれます。
2.労働することができないこと
実際に働いていないことです。
3.賃金を受けていないこと
平均賃金の6割以上の会社からの補償や有給休暇取得等がないことです。

有給を使ってしまうと、その分だけ休業(補償)給付は支給されませんので、考えて利用することをお勧めします。

休業(補償)給付は、休業が4日以上にわたる場合に4日目以降の休業について、休業(補償)給付と休業特別給付金が支給されます。また、休業初日から第3日目までを「待期期間」といい、休業(補償)給付と休業特別支給金は支給されません。ただし、業務災害の場合は、この待期期間については、会社が休業補償(1日につき平均賃金の6割)を行うことになります。

支給される額は
休業(補償)給付=(給付基礎日額×0.6)×休業日数
休業特別支給金=(給付基礎日額×0.2)×休業日数

給付基礎日額とは、平均賃金に相当する額のことです。
平均賃金=直前3ヶ月間の賃金/3ヶ月間の歴日数
例:直前3ヶ月の賃金が25万円、23万円、24万円であれば、歴日数92日で割って、平均賃金は、7,826円となります。

この休業(補償)給付を受けられる期間の上限はありません。休業(補償)給付の3つの要件に該当していれば「休業する日」となり、支給されることになります。また、休業(補償)給付を受けている間は、会社は辞めさせることができませんので、覚えておいてください。

しかし、まだ直っていないのに自己都合で会社を辞める場合も3つの要件に該当していれば、給付を引き続き受けることができます。ただし、この場合は、今まで会社が行ってきた労働基準監督署への申請を自分で行うことになりますので注意をしてください。

自分にぴったりな医療保険を選ぼう~タイプ別おすすめ保険

若いシングルの人が保険を検討する場合、まず考えたいのが“医療保険やがん保険”という話は、「社会人1年目、保険どうする?」でお話した通りです。

そこで、今回は医療保険の具体的な選び方をご紹介します。
医療保険は、病気やケガの医療費をカバーするための保険です。入院日数や手術の種類によって、あらかじめ決められた金額がもらえるのが一般的。ベーシックな医療保険では、以下のような保障がベースになります。
入院1日あたり : 5000円  ※1回の入院60日、通算の入院日数約1000日
健康保険が使える手術1回あたり:(入院中)5万円、(外来での手術) 2.5万円

一生同じ保険料で保障が続く“終身タイプ”の場合、これだけの保障なら毎月の保険料は30歳で1400~1700円程度(入院1日あたり1万円にすると、保険料は約2倍になります)。これに数百円程度の保険料を上乗せして、“気になる病気”に手厚く備える方法があります。親族の病歴などからどんな病気が多い家系なのかや、日本人が一般的にかかりやすい病気も参考になるでしょう。がん(悪性新生物)、脳血管疾患、心疾患は三大疾病※と呼ばれ、入院患者数の約3割を占めます(表1)。また、特に脳血管疾患は平均の入院日数が長くなっています。三大疾病にかかると、治療費がかさみがちなため、医療保険で手厚く備えたいというニーズも高くなっています。
(※脳血管疾患のうち脳卒中だけ、心疾患のうち急性心筋梗塞だけを指す場合もあります)

国は医療費を抑えるために早く退院させるしくみを導入。つまり入院日数は短くなる傾向にあります。そのため、医療保険も通院や短期入院の保障を手厚くする商品が増加。世の中の方向性に合った商品を選ぶのもいいでしょう。

似たような保険でも、保障の対象となる病気や治療法が商品によって微妙に異なります。タイプ別におすすめの医療保険をまとめましたので、選ぶ際に参考にしてください(表2)。また、加入する際は自分が選んだ保険の内容をしっかり理解しておきましょう。実際に入院や通院するなどして、保障対象となった場合でも、自分から請求しなければ給付金はもらえません。請求漏れがないようにしましょう。

社会人1年目、保険はどうする?

働き始めて、経済的にも自立できた社会人1年目。日々のお金をやりくりするだけでなく、病気やケガなど、もしものことがあっても生活が立ち行くために、リスクへの備えも必要になってきます。

そこで役立つのが保険。しかし生命保険にはたくさんの種類があり、どんな保険には入ればいいか迷うことでしょう。そもそも保険は、さまざまなお金の不安に対して、みんなでお金を出し合い、助け合いによって備えるもの。健康保険や介護保険、年金制度など、国の社会保障制度によってある程度は支援してもらえるものの、それで足りない部分を補うのが民間保険や共済です。目的別に大きく4つに分けることができます。

●病気やケガに備える医療保障:医療保険、がん保険、傷害保険 など
●万一のときの遺族の生活に備える死亡保障:定期保険、収入保障保険、終身保険 など
●将来必要になるお金を準備する貯蓄保障:個人年金保険、学資保険 など
●その他:介護保険、就業不能保険 など
(共済にも類似の商品があります)

保険に共済に加入する前に、まず自分が国や勤め先からどのような保障を受けられるのか確認しましょう。医療費が高額になった場合に負担を減らしてくれる高額療養費制度や、会社員や公務員の人が病気やケガで休んでももらえる傷病手当金、重い障害を負ったときにもらえる障害年金など、思いのほか充実した保障を受けられます。公務員や大企業に勤めている人は、保障が上乗される場合もあります。

国や勤め先の保障で不足すると思えば、医療保障を検討しましょう。特に、国民健康保険や国民年金に加入しているフリーランスや自営業の人は、公的な保障が少ないため、民間保険の必要性が高くなります。医療保険はさまざまな病気やケガによる入院や手術の費用に備えられるのに対して、がん保険はがんだけを手厚く保障、傷害保険はケガだけに特化した保険です。

死亡保障の保険は遺族の為の保険ですから、自分が亡くなって経済的に困る人がいなければ、必要ありません。つまり、独身のうちは親や兄弟の生活費をサポートしていなければ、原則不要です。子どもの教育資金を準備する学資保険は、子どもが生まれるタイミングで検討するものですし、年金保険や介護保険は、高齢期に必要な保険ですから、20代のうちは優先順位を落としていいでしょう。

貯蓄が充分にあれば、保険は不要ですが、貯蓄ができていない若いうちは保険で備え、貯蓄ができたら解約するという合理的な考え方もできます。いずれにしても、保険料を払い過ぎて、貯蓄ができないという状況にならないように注意しましょう。

非公開: 「あなたは、AさんとBさん、どちらから商品を買いたい?」これを考えると就活が超わかる

これ、ほんとにすごいなと思うんですけど、人事の人ってどこの会社の人もほっとんど同じこというんですよ。

「すごい経験とかいらない」
「何をしてきたか、は興味がない」
「なぜ、それをやりたかったのか、どうして頑張れたのかを知りたい」

これ、みんな言う。本当にみんな言う。

あとは、きれいにがんばって大人っぽく喋ろうとしてると全然キャラが見えないし、中途半端なビジネス会話がしたいだけに見える。

「素のあなたがみたい」

これ、これですよこれ。みんな言う!

おもしろいくらいみんな同じこと言うんです。でもこれよくよく考えたら当たり前のことだったりする。

◆あなたはどんな営業マンから商品を購入したいか?

 これがすぐに腹落ちできる例として営業マンの例をよくあげます。あなたがお客さんだった場合、どちらの営業マンから商品を買いたいか。というお話

 Aさんはとにかく会社や商品の良いところをたくさん伝えてくる。途中ちょっと大げさじゃない?と思うことを言ってきたり、あまり確証がないようなことも話してくる。背伸びしてる感じが見え見えでちょっと大丈夫かな。という感じ。オマケにかしこいのか何かわからないけどとても他人行儀で難しい単語ばかりを使ってくる。

 Bさんは、やたら正直。会社の内情や商品の欠陥部分についても伝えてくる。でもきちんと良いところも伝えてくれる。これだけは本当に良いのでオススメなんです。と話してくれる。話し方もなんか自然というか、普通に会話してるみたいに話してくれる。

 同じ商品を同じ値段で売ってくる営業マンがいたとき、あなたはどちらから買いますか?

 大げさなようですが、面接ではこうしたことが平気で起こっています。あなたはどちらのタイプになろうとしていますか?

 大抵の学生が、自分が今までしてきたことのハイライトを伝えようとします。一番良かった成績、優勝した大会、もらった賞や、務めたすごそうな役割。でも相手にとってするとそれは話題でしかなく、あなたを測るものにはなりません。

 理由は簡単です。ラグビーで優勝した、という話を聞いても別に会社でラグビー大会をするために採用をしているわけではないからです。相手が聞きたいのは、ラグビーを通してあなたがどんなことを身につけたのか、あなたがどんな考えでラグビーを始めて、それがどう仕事に活かせるのか。この点です。別に、タックルしてほしいわけではありません。他のことでも同じです。別に海外でヒッチハイクしてほしいわけでもないし、ピアノを弾いてほしいわけでも、踊りを踊ってほしいわけでもないんです。

 そして何より、起こったことを正直に素直に話してくれている姿にこそ好印象を持つわけです。その瞬間目に見えるその姿が過去の話なんかよりもよっぽど説得力があるからです。都合の良い人だな、と思った人を私だったら客先に送りたくありません。それだけでリスクがあるからです。「この営業マンができるって言ったから契約したのに」なんていうクレームが来た日にはたまったもんじゃありません。そして、小難しい話をする人は相手の気持ちに立てていない人だと判断します。難しい言葉で賢くなった気分に満足しているのは自分だけです。

 採用をするということは一緒に働く人をとるということです。そのイメージを持てるかを判断するために面接をするとしたら、どのようにふるまうべきかはおのずと決まってくるのではないでしょうか。

ランキング