「お金を貯めたい!〜ギャル2016年の抱負」マネギャルのケツ論

3931.jpg

2000年に入ってから16年と考えるとだいぶ時間が経ちました。
TK時代(今の若い人はご存知ですか?)ももうかなり過去?
そろそろドラえもんができててもおかしくない?(藤子)不二雄の思考に追いついてない?

そんなことを頭に入れながら、マネギャル(きょん、ふうか、まゆ)の3人に2016年の抱負を語ってもらいました。

きょん「遊びを充実したい、結婚は当分いい、女子遊びがしたい!」と遊びたいがメインだったのに対し、
ふうか「飛躍していくための環境づくりがしたい!」まゆ「この見た目で仕事ができるようになりたい。」と以外に真面目!?ちゃんと未来のことも考えているんです。

マネーゴーランドということでお金、マネーに関する抱負もいただきました。

ふうか「貯金したい!とりあえずしておかなきゃ。何か欲しいわけでもない、だけど今年とか来年とかの規模ではなく、先のことを考えて目標を決めたら意味ができるかなって。」
まゆ「貯金する額が少ないから、増やす何かに回そうって頭になってきた。お金増やしたい!ばらまいたりとか、お金風呂とか、汗拭いたり、札束をマネークリップで持ち歩きたい、俺財布とか持たないからとか言ってみたい!」
きょん「ワンチャン増やしたい、今競馬が気になってる!」と3人それぞれの抱負となりました。

共通するのは、「基盤固めてチャレンジ、稼ぐだけなく、増やす!
色々なことにトライして素敵な1年にしたいですね。

本年度もマネギャルをよろしくお願いします。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

マネーゴーランド 編集部

「お金」にこれまであまり興味のなかったメンバーが自分たちが興味の持つようなネタを日頃から探し、自らが愛せるような記事作りを目指し、試行錯誤の日々。

マネーゴーランド 編集部

関連記事

特集

関連記事

「ギャルの2015」マネギャルのケツ論

マネギャル、第12回は「ギャルの2015年 」。

色々なことがあった2015年を振り返るために、マネギャルそれぞれ漢字一文字で表しました。世間では「安」でしたが、マネギャルは??

いつもとは違い(?)、真剣にこの1年を振り返るマネギャルの3人。3人にとって2015年はどうだったのか!?

最後はまさかのパクリ!?まで飛び出す結末に!
マネギャルたちのケツ論は??

「ギャル理想のクリスマス」マネギャルのケツ論

マネギャル、第11回のテーマは「ギャル理想のクリスマス」。

いよいよ迎えた今年の「クリスマス」。

女子になにをあげたらいいかわからない、男性必見!マネギャルがお答えします。

アメリカ的なクリスマス、デッカいクリスマスツリー、身長の高さくらいある紙包み、夜景見て、豪華なご飯食べて、シャンパン開けて、泡風呂入って、クイーンサイズのベッドで寝る・・・

でも、クリスマスプレゼントってそもそもなに!?

男子がよくあげがちなプレゼント、それいらない!目からウロコのクリスマス編、どうぞご覧ください!

「ギャル流の投資術」マネギャルのケツ論

マネギャル第10回のテーマは「ギャル流の投資術」。

ギャルとしてのプライドは何に投資することで保たれる??

円安、美容・ネイル代、旅行、株、パチンコ、ギャンブルまでマネギャルだからころ語れる幅広い話が!?

でもやっぱりギャルだし、結論はもちろん!?

そして、ファイナンシャルプランナー高橋さんによる、真面目な投資の話はこちら!

「マイナンバーやれんのか?」マネギャルのケツ論

マネギャル第9回のテーマは「マイナンバー」。

来年から始まる「マイナンバー」。
なんとなくみんな聞いて知ってはいるものの本当のところはどうなの?

「領収書みたいのきた!」
「副業とかしている人はバイヤーって聞いた」
「過去に払ってないものがバレる!?」
「ウシジマくんくる?」

色々な不安が錯綜する中、マネギャルが出した結論は!?

お金を貯めるのが苦手な人には・・・「目的貯蓄」のススメ

ボーナスの季節がやってきましたね。今年のボーナスの使い道はもう決まりましたか?

これまで、金利でお得な銀行の選び方、ATM利用手数料や振込手数料の節約方法、銀行のキャンペーンやおすすめサービスなど、お金を貯めるために役立つ情報をご紹介してきました。

お得な情報を積極的に取り入れてしっかり貯蓄を増やしている人、「わかってはいるけど、面倒・・・」と放置している人、あれこれやってもお金が貯まらない人など色々かもしれません。臨時の収入が入るこの季節に、「お金を貯める」ということについて改めて考えてみましょう。

そもそもなぜお金を貯める必要があるのでしょうか?お金を貯める(金融資産を持つ)ための目的についてのデータがあります。(※金融資産とは預貯金のほか、生命保険、株式、投資信託等を含みます。)

預貯金だけではありませんが、何らかの金融資産を持つ目的としてどの世代にも共通して多いのが、「病気や災害への備えとして」です。次いで、20歳〜40歳代は「こどもの教育資金」、単身世帯や二人以上世帯の50歳以上になると「老後の生活資金」となっています。「特に目的はないけれど、金融資産を持っていれば安心だから」いう人も結構いますね。

年齢や家族構成などによって、お金を貯める目的はさまざまです。家族がいる人の場合は、子どもの教育費やマイホームのためにお金を貯めたいといった具体的な目標が立てやすいですよね。でも若い人やシングルの場合、お金を貯めるというハードルは結構高いのかもしれませんね。

みなさんは将来やってみたいことや欲しいものがありますか?海外旅行に行きたい、ホノルルマラソンに参加したい、ロードバイクが欲しい、お店を開きたいなどなど・・・・いろいろあると思います。せっかくやりたいことがあるのに、「お金もないし・・・」とあきらめていてはもったいないですよね。

お金を貯めるのが苦手な人には、「目的貯蓄」がおススメです。具体的な目的や目標に向かってお金を貯めるということです。

やりたいことや欲しいものを手に入れるためには、どれくらいのお金が必要でしょうか?まずは必要な金額を出してみましょう。その金額を目標として、「余ったら貯蓄する」のではなく、給与天引きや銀行の積立貯蓄など「先取りで貯蓄」することがポイントです。こうした仕組みができればあなたもきっと「貯め上手」になれると思いますよ。

ランキング