冬のセールは電子マネーでお支払いをするとお得になるケースが!

このレシピを実行して

5000貯まる!
<材料>

・WAON

・楽天edy

<How to>

1イオンでWAONを使用

2GAPで楽天edyを使用

※お買い物金額合計10万円を電子マネーで購入した場合

3903.jpg

冬のバーゲン期間中にお得にお買い物。安いなら安いだけうれしいですよね。

そんなセール期間も電子マネーでお支払いをするとお得になるケースがあります。お会計は、お店においてある、専用の読み取り機にタッチするだけなので、お会計時は現金不要でストレスフリー。現金払いが面倒な人にピッタリなだけでなく、少しでも節約してお買い物したい方にもピッタリなのが電子マネーでのお支払いなんです。今回はそんな電子マネーで支払うとどれくらいオトクにお買い物ができるかをご紹介したいと思います。

1. バーゲン期間中にWAONでの支払いでさらに5%OFF
スーパーマーケットから大型ショッピングモールまで幅広く展開するイオン。電子マネー機能のWAONがあり、バーゲン期間中にWAONで支払うとセール価格からさらに5%OFF価格でお買い物することができます。また、WAONでは、5のつく日はポイント2倍、10日はポイント5倍といったボーナスキャンペーンがあります。このタイミングでポイントをたくさん貯めて、後々のお買い物時にポイントで買い物を楽しむことができますので、お近くにイオン系のショッピングセンターがある方にはおススメです。

2. 楽天edyで家族の冬物をGAPでオトクに
名前のとおり、楽天が運営する電子マネー楽天Edy。コンビニやスーパー、ドラッグストア、家電量販店、ショッピングモール、ネットショップなど、全国40万カ所以上の加盟店で利用できるため、旅行先や急な支払いのときにもとても便利です。この楽天edyを利用するとオトクにお買い物できるケースとして、大手アパレルのGAPがあります。GAPでのお支払いに使用できる電子マネーには、iD、WAON、楽天edyがありますが、楽天edyを使用すると、チャージ0.5%プラス、クレジットカード還元率1.75%で合計2.25%も安く商品を購入することができます。GAPではキッズ・赤ちゃん向けの洋服も取り扱っていますので、家族全員の冬物を、バーゲン中にさらにオトクに購入したい方には楽天edyでのお支払いが断然おススメです。

画像一覧

執筆者

篠田和也 (しのだ かずや)

雑誌社勤務後、フリーライター転身。主に、カルチャー、音楽系のWEB媒体、雑誌など中心に活動する。

篠田和也

関連記事

関連記事

利用店舗拡大中!電子マネーをうまく使って、ポイントをコツコツ貯めよう!

コンビニのレジで財布から小銭をジャラジャラ。意外と見る光景です。そこはやはり「サッと電子マネーで支払完了」、がスマートですよね。

しかも、電子マネーを使うことでよりお得にポイントがもらえてしまうならば、使わない手はないのではないでしょうか。そんなお得な電子マネーのポイントをご紹介します。

1. 電子マネーのメリットは?

プリペイド型電子マネーは残高がなくなる前にチャージは必要ですが、とにかく簡単でスピーディーに買い物ができます。なかにはクレジットカードと連携してオートチャージができるものもあります。それに加えてお得なポイントも貯まるとなれば、利用しない手はありません。メジャーなところだと以下のような種類があります。

・Edy(楽天)
・SUICA(JR東日本)
・PASMO(パスモ)
・nanaco(セブン&アイHD)
・WAON(イオン)

また、利用可能店舗も楽天Edyなどは40万店に迫る勢いで増えています。また、ポイント還元は、それぞれ100円で1ポイントと決まっているものから、カードや利用店舗によって異なるなど変動タイプもあります。それぞれの電子マネーの特徴を調べ、身近なコンビニやスーパーなど、まずはご自身のライフスタイルに合った電子マネーを選んでみてはいかがでしょうか。

2. 電子マネーでポイントを貯める!

普段の買い物でポイントがつく、という電子マネーのメリットを最大限に生かすにはどうしたら良いでしょうか。もしかすると電子マネー各社の特徴を理解し、自身のライフスタイルに照らし合わせてみることで、何倍も効率よくお得なポイントが獲得できるかもしれません。
多くの人が利用するコンビニやスーパー、駅ですが環境や好みによって様々なパターンが存在するかと思います。
たとえば、通勤時の買い物はSUICA、セブンイレブンをよく利用する方はnanaco
を作る、週末の買い物はイオンで、という方はWAONも作る、など。
何枚も電子マネーを持つのは手間かもしれませんが、それに見合った見返りとして各社とも還元率の高いポイント付与が待っています。
さらに、ボーナスポイントの付く日を狙って買い物をする、チャージの際にクレジットカードを利用するなどでさらにお得なポイントがつくなど、日常生活のなかでコツコツ貯めることができるのが電子マネーのポイントのメリットです。

あるデータによると、男性の23%がほぼ毎日コンビニエンスストアを利用するそうです。

また、1回の買い物額で最も多い価格帯は600円弱とのこと。単純に考えて月額およそ17,000円コンビニで買い物する人は、たとえばnanacoを利用すると170円得をすることになります。もちろん、コンビニ以外でもコツコツたまっていきますので、知らないうちにへそくりが!なんてこともあるかもしれません。

冬にかけての出費は電子マネーやクレカをうまく活用して、ポイントゲットしよう!

年末にかけて、なにかと出費が多くなる季節です。年末商戦でのお買い物や、年末年始のご挨拶の贈答品、帰省の費用、大掃除のときに入れ替える家具や家電、防寒グッズなど。

できれば節約していきたいところですが、どうしても必要なものもあるでしょう。大きな出費があるときこそ、ポイントカードやクレジットカードのポイント獲得のチャンスです。今回は、冬にかけての出費で電子マネーをうまく活用して、ポイントを集める方法について紹介します。

1. お買い物で強みを発揮するのは流通系のクレジットカード
流通系クレジットカードとは、大手の百貨店やコンビニ、スーパーマーケットなどが発行しているクレジットカードです。代表的なものとしては、イオンカードやセゾンカード、セブンカード、OMCカードなどがあります。流通系のクレジットカードは、系列店でのお買い物特典がついているものが多いので、年末商戦でのお買い物や、年末年始のご挨拶の贈答品などで買い物が多いときにはぴったりです。

また毎月大抵数日間、系列店舗でのお買い物がオトクになるカード会員限定のセールがあり、5~10%程度割り引きになることが多いようです。

2.電子マネー一体型カードでおトクにポイントゲット
流通系クレジットカードのなかでも、セブンアンドアイホールディングスが運営する「nanaco」やイオンのグループであるイオンリテールが運営する「WAON」など、電子マネーと一体になったカードがあります。これらのカードは、1ポイントを1円に換算できるので、還元率がオトクになります。

イオンのクレジットカード「イオンカードセレクト」では、WAONのオートチャージ利用200円ごとに、WAONが1ポイントつきます。このやり方だとクレジットカードのポイントとWAONのポイントが両方つくのでさらにおトク。WAONを持っていれば、毎月20日・30日はイオンでの利用が5%オフになりますし、毎月5日・15日・25日にイオングループのお店でお買物するとWAONポイントが2倍、毎月10日には対象になっている店舗でのWAON支払いで、WAONポイントがなんと5倍になっちゃいます。年末年始のお買い物にイオンを利用するという方は、ぜひWAONを利用してみてください。

バーゲンや帰省・レジャーには電子マネーの利用がお得

帰省に旅行、お祭り、バーゲンなど、夏はお金を使う機会がたくさんあります。なんとなく現金やクレジットカードで支払うことが多いと思うのですが、支払い方によってはお得になるものとそうではないものがあることをご存知でしょうか?

1.電子マネーを利用するとポイントが貯まる
たとえば、帰省や旅行などにかかる費用は数万円単位に登ります。これを普通に現金で支払うとなんのキャッシュバックもありませんが、電子マネーを利用すると1万円あたり50~100円のポイントが付くのです。
「たったそれだけ」と思われるかもしれませんが、たとえば10万円の旅行代金を支払うと500~1,000円のポイントになります。コンビニ弁当で言うと1~2個分、場合によってはカフェなどでのランチ代程度になるのです。

2.お得に利用するためのポイント
電子マネーにはさまざまな種類があります。やみくもに集めるのではなく、「自分のライフスタイルに合った電子マネー」を厳選する方がポイントを貯めやすくなります。
たとえば、あなたがよく利用するコンビニはどこでしょうか? セブン-イレブンならばnanaco、ローソンならばPontaを利用すると普段の買い物からポイントを貯めることができます。逆に、近くにローソンしかないのにセブン-イレブンを持つと、そもそもカードを利用することができません。
このように、「自分がよく利用する店」を基準に考えると選びやすくなります。

3.電子マネーのおすすめ2選
最後に、電子マネーのおすすめを2種類ご紹介したいと思います。

◆ Viewカードをお持ちの方におすすめ「モバイルSuica」
Viewカードをお持ちの方は、スマホアプリの「モバイルSuica」を入れておくのがおすすめです。Suica単体ではポイントは貯まりませんが、Viewカードと連結させることでポイントを貯められますし、オートチャージも出来るようになります。つまり、スマートフォン1台があればお財布がなくても出掛けられるのです。

◆ セブン-イレブンを利用するなら「nanaco」
セブン-イレブンをよく利用する方には「nanaco」がおすすめ。イトーヨーカドー(ネットスーパー含む)でもポイントを貯められますし、公共料金をコンビニで支払う場合は毎月の料金をnanacoにチャージしてから支払うとポイントを貯めることができます。

このようにご自分が「どの店をよく利用するか?」「何にお金を使っているか?」を把握すると、自分にとってお得な電子マネーが見つかります。

コンビニで使える「電子マネー」節約術

忙しい現代人にとって電子マネーは使える機能でしょう。

例えば使用頻度の高いコンビニで考えてみましょう。コンビニ各社の提携によって使用可能の電子マネーは異なりますが、事前にカードに現金をチャージしておき、カードリーダーにくっつけるだけで清算することが出来るカードである「コンビニ専用電子マネー」が主流です。

こういった電子マネーの多くは、利用した金額に応じてポイントが付与されるという機能であり、溜まったポイントをお金として使用することが出来ます。コンビニで毎日、細かいお買い物を続けるという人も多いでしょう。金額は安くても、毎日支払いを続けていれば、ポイントだけで商品を購入するという形で節約することができます。

■セブンイレブンの場合:「ビュー・スイカ」
セブンイレブンには専用電子マネーカード「nanaco」がありますが、所持者限定の割引商品があるという点ではメリットがありますが、ポイントを貯めるという点ではオススメできません。では何が良いか?実はセブンイレブンでは北海道から九州までの全店舗でSuicaが使えるんです。そこで、クレジット機能と電子マネーがひとつになった「ビュー・スイカ」を使うのです。VIEWプラス対象商品であるSuicaへのオートチャージをおこなうと、ポイントが3倍までアップするため、nanacoだと1%であった還元率がビュー・スイカを使うことで1.5%までアップします。また、利用可能な店舗数でもSuicaの方が上のため、ビュー・スイカでポイントを貯め、Suicaにそのポイントをチャージするとお得です。

■ファミリーマートの場合:「ファミマTカード」
このカードは、TSUTAYAのTポイントを導入しています。使用可能なコンビニはファミリーマートのみですが、Tポイント加盟店でお得さを発揮します。なお、裏技ですが、「ファミマTカードを提示しつつ、清算はビュー・スイカで行う」ということをすれば、通常1%の還元率のところを1.5%までアップさせることができるのです。ちなみに、全店舗がスイカカードに対応しているわけではないので注意しましょう。

■ミニストップの場合:「WAON」
最初にレジでカード代の300円を払わなければなりませんが、ミニストップだけでなく、ジャスト、サティなどイオン系、全国2万店舗以上で利用することができます。ただし、ポイント還元率は上野のファミマTカードの1%と比べて、0.5%とあまり良い数字ではありません。ただ他店と同様に、スイカを同時に利用する事で、還元率を1.5%まで向上させることができます。

■ローソンの場合:「ローソンポンタ」
ローソンの場合はローソンポンタカードです。Tカードと同様、1%還元ですが、クレジット機能付きの「ローソンPontaカードVisa」であれば、Visa加盟店での買い物は、クレジット払いで1,000円(税込)につき5ポイント貯まる仕組みがあります。このように、それぞれの電子マネーには、それぞれの還元率やお得ポイント、裏技的使い方もありますので、ぜひ活用してみましょう。

2016年 庶民生活はどうなる? ~家計大予想~

2016年の家計を全般的に見ると、2015年に引き続いて家計の貧富の格差が開きそうです。

前半は選挙睨みで明るい”アメ”ムード。後半は反動でツライ”ムチ”の嵐!?

一握りの人にとっては収入が増えるうれしい年になるでしょうが、大部分の人にとっては、今年に引き続き、「なんとなく苦しい」という状況が続くことでしょう。一握りの人とは、株や不動産などの資産をたくさん持っている人や大企業にお勤めの方なとどです。
それでも、年の前半は多少なりとも明るいムードがただよいそうです。というのも、7月の参院選挙があるので、財布に辛い増税などの話は引っ込み、景気の良さそうなバラまきの話などが先行する可能性があるからです。特に、衆参同時選挙ということになったら、自民党が勝つためには、なり振りかまわず消費税増税のさらなる先送りなどというウルトラCが出てくるかもしれません。
ただ、税も社会保障も、選挙に勝つために痛みを先送りするので、その反動は、選挙後に何倍にもなって出てくる可能性があります。選挙で勝つために後回しにした配偶者控除の廃止や酒税、タバコ税などの増税メニューが、年の後半にはいっきに出てくるでしょう。また、社会保障についても、医療費負担を軽減するための高額療養費制度の限度額を上げるなど、財布に痛い政策が次々と打ち出されてくる可能性があります。
つまり、来年前半は、選挙のための“アメ”のオンパレードですが、後半は選挙に大勝したことをいいことに、“ムチ”がビュンビュン飛んでくるということになりそうです。
それでも、給料が増えればいいのですが、全般的には手取り給与の増加はあまり見込めなさそうです。

給料はなかなか上がりそうにない。

給料は、人手不足になっている業種では多少上がることも予想されますが、そうでないところは横ばいかもしくは下がる可能性もあります。給料は横ばいでも、税金や社会保険料負担が増えていますから、手取りは減るかもしれません。
給料が上がらない最も大きな要因は、消費の低迷です。2014年の消費税の引き上げ以降、消費は低迷し続けています。日銀は、2年でデフレを脱却すると宣言しましたがうまくいかずに、3年に伸ばしました。けれど、それでもデフレ脱却は難しいかもしれません。モノが売れないから、企業も人を雇ったり給料を上げたりできない。給料が上がらないから、消費が増えない。こうした、悪循環に対して、政府は有効な手を打てないままでしょう。

国内の消費の停滞に加えて、海外でのテロや中国の景気減速など、先の読めない不確定要素が増えています。そのため、企業は、積極的に投資などに打って出るというよりも、守りに入って様子を見るという状況になっています。
実際に、12月に発表された日銀短観でも、現状の景気は横ばいですが、3ヶ月先の景気については、ほとんどの企業が悪化すると予測しています。
3ヶ月先と言えば春闘の時期ですから、景気が悪化すると予想している企業が春闘で給料を大幅アップするとは考えにくいでしょう。
しかも、中小、零細企業にとっては、さらに深刻な問題が加わります。1月からスタートするマイナンバー制度に対応するために、それなりの人やお金をさかなくてはならないことです。
マイナンバー制度のスタートで、今まで使っていた源泉徴収票などかなりの帳票類が使えなくなるので刷新しなくてはならず、その経費がかかります。また、マイナンバーにはセキュリティー保護が義務づけられるので、管理者ポストを新設置したりシステムを外部委託するなどで経費がかかることが予想されます。これは、企業にとっては何か生み出すための投資でも将来につながるものでもなく、負担だけを負うということになりますから、そのぶん、給料の値上がりも見込めないということです。
ちなみに、この冬の大企業の冬のボーナスは、平均で3%ほど上がりました。けれど、そもそも夏と冬のボーナスは、多くの企業が今年の春の労使交渉で決めています。2015年の春先までは、まだ、景気の先行きは明るかったので、この冬のボーナスも比較的良かったのですが、2016年になると、大企業でもそんなに給料の大盤振る舞いはできなくなるので、夏、冬とも、ボーナスもそれほど期待できないかもしれません。

ランキング