受験の塾代は年間いくらかかる?安く抑えるポイントは?

3878.jpg

このレシピを実行して

30000貯まる!
<材料>

・塾

<How to>

1費用の安い塾を選ぶ、4年生からではなく5年生から通うようにする

2究極の節約は、塾に通わない

3ネットで大学の受験勉強ができるサービスを利用

※まったく塾に通わずに高校受験する場合

子どもが受験するときに利用するのが学習塾。

受験と言っても、中学受験、高校受験、大学受験では、かかる費用も異なってきます。家計において大きな割合を占める塾代は、できるだけ安く抑えたいもの。では、どのようにすれば塾代が抑えられるのか、中学、高校、大学受験別に見ていきましょう。

1.中学受験の場合
中学受験は、高校受験や大学受験に比べて最も費用がかかります。どの塾に通うかによって異なりますが、小学校4年生から6年生までの3年間塾に通うとすると、合計で塾代は200~230万円ほどかかります。この30万円の差は、各塾の顧客戦略の差によります。たとえば、教材の量や授業数、オプションのコースの数などが関係します。中学受験の場合、4年生のときが一番安くて約45万円。学年が上がるごとに高くなっていき、5年生では約65万円、6年生では約90万円~120万円になります。このように学年によって年間の塾代が変わってくるので、一概に年間いくらかかると見積もるよりは、通う年数に合わせて見積もる方がより具体的になるでしょう。中学受験の塾代を抑えるには、費用の安い塾を選ぶ、4年生からではなく5年生から通うようにする、オプションのコースはできるだけ受講しないようにするなどが挙げられます。

2.高校受験の場合
高校受験は、中学受験よりも安くすむ傾向にあります。「JS日本の塾」サイトの調べによると、中学生が学習塾に1年間に支払う費用は、中学1年生から3年生までの平均が、公立で約175,000円、私立で約130,000円となっています。ただし、公立の中学校から難関高校を受験する家庭では、年間に40万以上かけているところもあります。これとは反対に、まったく塾に通わずに受験する中学生が、公立では29.8%、私立では47.2%います。究極の節約は、塾に通わないことかもしれませんね。

3.大学受験の場合
いまや2人に1人は大学に進学する時代。文部科学省の「子供の学習費調査(平成24年度)」によると、高校生の通塾率は、公立高校で33.8%、私立高校で37.3%。3人に1人は塾や予備校に通っていることになります。多くの塾・予備校は、希望する科目を選んで受ける単科式の形態をとっています。選択する科目の数が多いと費用も上がりますので、年間の費用の目安は、40万~100万円程度になります。大学受験の塾・予備校代を抑えるには、やはり受講する科目を少なくすることでしょう。また、成績優秀者は学費が免除になる「スカラシップ制度」を取り入れているところもあるので、対象者になれればお得ですね。さらに、最近ではネットで大学の受験勉強ができるサービスも格安で出ています。たとえば、リクルート社が運営している「受験サプリ」など。月額980円で利用できます。これなら、塾代を安く抑えることができますね。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

Maiko (まいこ)

大手タウン誌等で執筆。子育て講座、講演会の講師の経験をいかし、子育てやコミュニケーションに関する記事を多く執筆している。

Maiko

関連記事

特集

関連記事

親の努力次第?!学習塾の費用を節約するワザ

人生最大出費の一つが、子どもの教育費であることは間違いありません。できればここは節約せず、存分に費用をかけてあげたいところですが、無い袖は振れないとお悩みのご家庭も多いでしょう。今回は、子どもの塾代や習い事を節約するワザを紹介します。

■通信教材に切り替える

高校受験の場合、塾代だけでも、入学金・授業料・夏期講習・冬期講習・模試代を含めて1年間で60~80万円かかります。大学受験であれば、さらに年間10万ずつプラスされると言われます。さらに、小学3年生の2月~6年生の1月までの3年間通うことが多い中学受験なら、3年間で200万円ほどかかるといわれます。これにプラスして、塾への送迎代や交通費、お弁当などの費用もかかります。

こうした費用を切り詰めるためには、通信教材の活用を検討してみましょう。子どもの自立心や勉強内容への親の関与も必要になりますが、費用的には節約になるはずです。

■受講期間・科目を減らす

両親が忙しく自宅学習が難しい、塾に通わなければ志望校に受からない……という場合は、塾に通う期間や科目を見直してみましょう。
塾に言われるままになるのではなく、「苦手な科目だけ通う」「受験前の追い込みシーズンだけ通う」などで、コストも削減できるはずです。

■「なんとなく」はやめる

塾以外の習い事については、「なんとなく」での受講をやめましょう。「ママ友や仲のいい同級生に誘われた」や「みんなが習っているから」などではなく、家庭の教育方針に従って、「これを身に付けさせたい」というものだけに絞りましょう。友達付き合いと習い事は切り離して考えたほうがよさそうです。

■単発の講座などを利用する

「水泳が苦手」という子どもに泳ぎを習わせたいなど、「苦手を克服したい」「ちょっとやってみたい」という場合は、夏休みの間だけなどの単発講座を活用してみましょう。

また、自治体の広報には、1日や数回限りのさまざまな体験教室が紹介されていることがあります。分野も、芸術系やスポーツなど多彩で、子どもだけのもの、親子で参加できるものなどさまざま。ぜひこういった機会も活用してみましょう。

勉強の秋が到来!2学期から気合いを入れて頑張るための学習塾キャンペーン

「●●の秋」のひとつに「勉強の秋」があります。夏の暑さが終わり、朝晩を中心に涼しくなったこの季節は、何かに集中して取り組むのには最適な気候です。

とくに、受験生をかかえる家庭では、年明けの本番に向けて、ぐっとアクセルを踏み込んでいく時期ではないでしょうか。今回は、勉強の秋に向けた学習塾のキャンペーンなどを紹介します。

1.なぜ「勉強の秋」なのか?
夏休みが終わり秋から冬にかけて、1年の総まとめと次の学年にむけて学習の内容がぐっと難しくなっていきます。また、大学受験を控えた高校3年生にとっては、センター試験まであと120日を切り、そろそろ勉強の集大成としていかなくてはいけません。
また、夏休み中に崩してしまった生活のリズムをうまく切り替えられず、家にいるとついついマンガや雑誌を手にとってしまったり、テレビの新番組が気になったり……と、勉強に身が入らない時期でもあります。新学期になったことで、「よし、やるぞ」とうまく気持ちを切り替えられるようにしたいものです。

2.夏休み明けのゆるんだ気持ちを切り替えよう
全国で展開する個別指導塾「明光義塾」ではこの時期、「勉強の秋!サボロー撃退キャンペーン」を実施しています。
サボローは明光義塾オリジナルのキャラクターで、
■ 勉強中、ふとした拍子に現れる。
■ あの手この手を使って勉強をさぼらせようとする。
■ 勉強の邪魔をしたり、誘惑する目的で、マンガ、お菓子、ゲームなどを所持している。
……などの困った特徴を持っています。このサボローを撃退して、勉強のやる気を出そうというキャンペーンです。
このほかにも、さまざまな学習塾では秋の特別キャンペーンを実施中です。とくに生徒一人一人にあわせたきめ細かい指導を受けることができる個別指導塾は、秋のキャンペーンに力を入れているようです。市進予備校などを展開する学習塾大手の市進グループの個別塾「個太郎塾」でも、「“たくさん”“しっかり”勉強する秋」と銘打ってキャンペーンを実施しています。
お近くの学習塾に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

お受験戦線本格化!小学校受験は家庭学習で塾代をカットする!

11月に入り、小学校・幼稚園受験の本格シーズンに入りました。自分の子どものころはそんなことやってなかったし……と、子どもより見守るパパママのほうが緊張してしまうかも。

小学校受験の受験対策を専門にやっている幼児教室や塾もありますが、これからの子どもの学費を考えるとできるだけ余計な出費はカットしたいところですよね。今回は、小学校受験のための家庭学習のコツと、メリット・デメリットなどを紹介します。

1.受験対策を始める前に、お子さんの実力をチェックしよう!
小学校の入学試験は一般的に、ペーパー試験、実技、行動観察、面接などが実施されます。勉強に入る前に、まずはお子さんの実力をきちんと見定めておくことが大切になります。

まずは、志望する小学校の過去問題を解かせてみましょう。でもここで、得点のよしあしで一喜一憂するのはまだ早いです。対策のスタートラインに立ったばかりなのですから。

そして、志望校の過去問題を見比べて、どういう傾向があるのかをチェック。たいていの学校は、出題されやすい範囲やあまり出題されない範囲、去年の問題から数値を変えて出題している……などの傾向があるもの。お子さんが苦手な分野があるとしたら、そこを重点的に対策していくようにします。ただ、2~3年で出題傾向をがらっと変える学校もあるので要注意です。

2.家庭学習のメリット・デメリット
家庭学習の最大のメリットは、経済的であることです。小学校受験専門の塾や家庭教師、幼児教室などは授業料がとても高くなります。その点、家庭学習であれば過去問題や問題集アプリなどを購入しても数千円で済むでしょう。また、のんびりやのお子さんやせっかちな子など、お子さんも個性豊か。家庭学習なら、その子のペースに合わせて受験対策ができます。また、習い事で忙しく塾に通う時間がとれない子にも家庭学習が向いています。

一方で、家庭学習のデメリットは、勉強をみるパパママの負担です。お子さんとパパママの双方に「今日は勉強するぞ!」という強い意志や時間がないと難しいもの。とくに、共働きをしている家庭などでは、時間に追われて家庭学習が難しくなるかもしれません。また、親子マンツーマンで勉強していると、客観的にお子さんの成績を把握することが難しくなります。ただ、小学校受験は大学受験と違って受験者自体が少ないので、相対的な学力で合否が決まるというより、ある一定の水準に達していることが重要になるようです。

生活の無駄の見直し!授業料が安い塾ってどう?選び方のポイント

子どもの成績が心配だから塾に通わせたい。

そう思っているご家庭は多いですよね。そこで気になるのが、なんといっても塾代。家計に響く塾代は、できるだけ安く抑えたいところです。でも、塾代とひとことで言っても、その料金体系はちょっと複雑。これは、入塾金、教材費、施設費、資料印刷費、オプション講習など、授業料以外にかかる費用が塾によってさまざまだからです。ではどうしたら塾代が安く抑えられるのか、今回は授業料の点から考えてみましょう。

1.授業スタイルによって金額に差が出ます
塾の授業スタイルには、大きく分けて「集団指導」「個別指導」「家庭教師」があります。「個別指導」にも、講師と生徒が1対1の完全個別指導と、1対多の個別指導があります。週に同じ回数指導を受けるとしたら、「集団指導」「個別指導」「完全個別指導」「家庭教師」の順に、授業料が高くなる傾向にあります。これは、先生にどれだけ専任で見てもらえるかによるのかもしれません。塾によっては、集団指導と個別指導では、月に1万円以上の差があるところも。少しでも塾代を安くしたいなら、まずは授業スタイルを見直すところから始めるといいですね。また、個別指導の場合は、回数を減らすことで授業料が安くなります。先生と相談して、子どもの成績にも影響なく回数を減らせるなら、この方法を検討してみましょう。

2.必要な教科だけを最低限の回数で受講するのがポイント
子どもの成績が上がるのなら、教科はあれもこれも受けさせたいと思うのが親心。でもそれだけ費用もかさんでしまいます。かしこく家計を節約するなら、子どもにとって本当に必要な教科だけを選び、必要最低限の回数で受けるといいですね。

費用が安いから悪い塾ということはありません!
費用が安いと悪い塾なのではないかと心配することもあるでしょう。しかし、塾の数が多く競争が激しい現在では、塾も安い授業料で質の高い授業を提供する努力をしています。必ずしも、費用が高い塾の方が良い塾ということはありません。大切なのは、子どもがその塾に合っているかということ。塾を選ぶポイントは、まず費用が安い塾を探して、資料を請求したり、無料で体験授業を受けたりして、子どもに合った塾を選ぶことです。

お年玉って何に使えば良いの?〜親子で話そう!おかねのこと 子どもに伝えたい!おかねの大切さ【第2話】〜

親子で話そう!おかねのこと 子どもに伝えたい!おかねの大切さ 第2話
【お年玉って何に使えば良いの?】

子どもにお金の大切さを伝えるためには、親子の日頃のコミュニケーションが欠かせません。つづみくん一家の日常の一部を切り取って、どんな風にお金の話をしているか覗いてみましょう。

<登場人物>

つづみくん:小学1年生。都内で両親と妹と住んでいる。どんなことにも興味を持つ好奇心旺盛な元気な男の子

パパ:会社員。大好きな家族のために毎日仕事をがんばるパパ。つづみくんと一緒にサッカーをするのが大好き

ママ:専業主婦。つづみくんの「どうして?」攻撃にどう答えれば良いか悩むママ。下の子が小学校に入ったらパートに出たいと思っている。

かのんちゃん:幼稚園年少。お兄ちゃん大好きの明るい女の子。

【お年玉って何に使えば良いの?】

つづみ:パパ、この間はボーナスで美味しい焼肉連れていってくれてありがとう!

パパ:いつもつづみも「パパがんばって」って応援してくれるからな。お礼も兼ねてだ。

つづみ:今年もいっぱいお仕事がんばってね!

パパ:有難う!そうだ、つづみはこの間の元旦の日におばあちゃんからもらったお年玉はどうした?

つづみ:そのまま引き出しに入ってるよ。

▪お年玉の意味?

パパ:そうか。お年玉って一体どんな意味があるか知ってるか?

つづみ:新しい年で嬉しいからおこづかいがもらえるってこと?

パパ:惜しい!「新しい年」っていうキーワードはあってるぞ!つづみはお正月に鏡餅の中に入っていたお餅を食べただろう?

つづみ:うん!美味しかった!

▪かみさま?

パパ:鏡餅はな、お正月におうちにやってくる神様「年神様」を大切にお迎えするために飾るものなんだよ。この神様は、新しい年を幸せに過ごせるように守ってくれる神様なんだ。そして、僕たち家族に、神様が持っている「生きるパワー」を分けてくれるって考えられていたんだよ。

つづみ:へー。でもどうしてそのパワーがお年玉に関係するの?

パパ:この「生きるパワー」は「」なんて呼ばれるんだ。年神様の魂・・・略して「としだま」。この「としだま」を分けてもらうために、お餅が登場するんだ。年神様にお供えしたお餅を、みんなで分け合って食べるようになったのがお年玉の由来さ。

つづみ:なんだか難しいなあ。

▪感謝の気持ち?

パパ:要するに「お年玉」には今年1年分のパワーが詰まっているってことだよ。感謝していただけば、楽しく幸せに過ごせるっていうことだ。もらうものが、いつの間にかお餅じゃなくてお金に変わったけれど、お金でも同じことが言えると思うよ。

つづみ:同じこと?

パパ:今年1年のパワーが詰まっているお年玉なんだから、大切に感謝しながら使うのが大切ってことさ。2016年も笑顔で楽しく過ごせるような使い道だったら、つづみの好きなことに使っていいとパパは思うよ。ただ、買う前に「今年も良い年になりますように。1年間大切に使おう」と意識することが大事だね。

つづみ:よくわかったよ!早速ぼくがうれしくなること、考えてみる!

<お年玉を使うときの注意ポイント>
・ くれた人にありがとうと思おう
・ 自分がうれしくなることに使おう
・ 1年間大切に使おう
・ パパやママと相談して決めよう
・ お友達と遊ぶときは持ち歩かない

ランキング