もうすぐ引っ越しシーズン!不要な家具、どうやって処分しよう? 家具のオトクな処分方法まとめ

このレシピを実行して

2800貯まる!
<材料>

・不要な家具

<How to>

1自治体に有料で引き取ってもらう

2不用品回収業者に依頼する

3家具の処分費用の相場ってどれくらい?

※タンスを処理する場合、自治体と不用品回収業者の差額

3877.jpg

年末年始の大掃除や、新居への引っ越しで不要になった家具はどうしていますか?

多くの方がご存じの通り、大型の家具は普段のゴミとして出せません。もちろん、捨てる前にのこぎりでバラバラにしておけばゴミとして出すことも可能ですが、なかなか手間がかかります。今回は、不要な家具の処分法を紹介します。

1. 自治体に有料で引き取ってもらう
まずは、住んでいる粗大ゴミとして自治体に回収してもらうという方法があります。自治体なのでそれほど料金は高くありませんが、多少手間がかかります。
まず、自治体に収集を依頼し、スーパーやコンビニなどでゴミ処理券を購入します。そして、ゴミ処理券に受付番号などの必要事項を記入し、不用品に貼り付けて、回収日当日の朝に指定の場所へと運びます。
筆者が以前住んでいた自治体では、処分場への持ち込みが可能でした。これなら事前に登録せずとも都合のつく日時に自家用車で持ち込めますし、費用も回収してもらうより割安だったので、引っ越しの前にはせっせと自家用車に家具を積んで、処分場と自宅を往復しました。

2.不用品回収業者に依頼する
最近増えているのが、不用品回収業者やリサイクル業者に依頼して、引き取ってもらう方法です。
なんといっても最大のメリットは、自宅まで引き取りにきてくれることです。タンスやベッドは重いし大きすぎて、個人的に回収場所まで運ぶのは大変なので、引き取りにきてくれると好都合でしょう。
デメリットは、基本料に加えて運搬費などの諸経費が加算されるので、回収料金が割高になってしまう点です。

3.家具の処分費用の相場ってどれくらい?
タンスを処分する場合を一例として考えてみます。自治体に依頼して処分する場合、相場はだいたい1200円~1500円程度。不用品回収業者なら、4,000円程度といわれます。ただし、業者によって買い取り価格が異なることがあるので、いくつかの業者をあたって見積もりを出してもらうとよいでしょう。

画像一覧

執筆者

新部若菜

4年間、資生堂に勤務、アメリカ留学などを経てフリーライターとなる。 ビジネスから美容、フード、トレンド系もフォロー。

新部若菜

関連記事

関連記事

使わなくなった家具をDIYで大変身

最近流行りのDIYですが、実は意外と簡単にできるのです。結婚して子供ができ、ベビーベッドを使っていたという人も多いかと思います。しかし赤ちゃんはすぐに大きくなってしまいますよね。

そうするとすぐにベビーベッドは使えなくなってしまいます。意外と高くて、決してコンパクトともいえないベビーベッド、実はDIYで子供用家具にすることができるのです。今回はその方法を紹介します。

1. ベビーベッドの構造を把握する
市販されているベビーベッドの構造はほとんど同じで、柵の前部分が上下にスライドできたり開いたりする構造になっています。また、寝る部分の板の高さが調節できる部分があります。まずはこの構造を把握することでDIYがしやすくなるのです。ちなみに、大きさはだいたい標準サイズ、小型サイズ、ハーフサイズの3種類程度があります。材質は木材が多く、家具と同様、パイン材、ブナ材などが使われています。DIYを前提に長期間使うのであれば、ブナ材を購入しておくことをお勧めいたします。

2. 家具としてほしいものを再確認する
ベビーベッドのDIYで作れるのは、たとえば「ベビーサークル」、「ベビーカー」、「子供用家具」、「椅子」などです。主に子供の成長に合わせて、今、自分たちの家に何が欲しいかを再確認しましょう。

3. 100円ショップなどで追加の材料を購入、作成
欲しいものが決まったら、次は工具やペンキなど、DIYに必要な工具を集めましょう。多少のものであれば100円ショップで購入することができます。また、少ししっかりしたものが欲しければ専門店に足を運んでみるのもいいでしょう。DIYで大抵使うものは、カッターナイフ、キリ、のこぎり、かなづち、など多くて10点、100円ショップであれば小さいものが置いてあるため、1000円程度で買い集めることができます。

ベビーベッドは大切な子どもの眠りを見守り続けてくれた家具です。捨てるよりも、最大限に活用して、その思い出をまた新しい家具に吹き込んでみてはいかがですか?

引っ越ししても家具いらず!お手軽な雑貨を使ってオシャレに収納

年末は大掃除の時期。また、新年からの新生活に向けて引っ越しをした人も多かったことでしょう。12月と3月は1年でいちばん引越しが多い時期だそうです。

大きな家具は持っていくけれど、小さいモノはできるだけ捨てていって、新しいものが買いたい。でも、それなりにお金がかかる…そんな風に思っている方も意外と多いかもしれません。今回は、お手軽でおしゃれ、そしてお手頃な収納グッズと工夫をご紹介します。

1.カラーボックスをフル活用
収納といえばカラーボックスです。100円均一などにもたくさん売っていますので、どこでも手に入る気軽な収納雑貨といえるでしょう。コツとしては、細かく、見えづらいものは透明のボックスなどを使うなどでしょう。

2.ドア裏を利用して、長いものを収納しよう
かわいいウッドクリップなどをドア裏につけ、そこにベルトやネックレスなど、長めのアクセサリーなどを収納するのも手です。収納もできつつ、無機質なドアの裏が華やかになります。

3.ワイヤーかごを壁に取り付け、立体的な収納を
ワイヤーかごをネジで壁に取り付けることで、通常あまり収納できない壁部分を無駄にしない収納ができるようになります。ワイヤーかごはいろいろな色が出ていますので、自分の部屋にあった色を見つけてみましょう。

4.マグネットボード
収納にはマグネットも意外に使えるのです。たとえば、ヘアピンやその他のこまごましたもの、また、包丁などもマグネットで壁やドアの内側に収納することができます。壁に取り付ければ部屋の見た目も一気に変わります。

5.はしごでハイヒールを収納
ハイヒールは靴箱に収納すると意外に幅を取ります。形を崩すわけにはいかないので、無理やり押し込むこともできませんよね。そんな時は梯子を利用しましょう。小さなはしごにハイヒールをかけるだけで、靴箱ががらがらになり、他の靴を入れることができるようになります。

今回ご紹介した雑貨は、全ていろいろな形や色のものが販売されている類のものです。自分の気分や部屋の感じに合わせて、組み合わせを考えてみてはいかがでしょうか。

引越しの衣類の荷造りの方法やコツ、いらない服の効率が良い処分方法

秋の異動シーズンで、引っ越しをされる方も多い時期です。短期間の急な引っ越しでは、新居についてすぐに梱包を開けなくてはいけないことも。

そんなときに、どこに何が入っているのかわからないのでは、イライラが倍増しますよね。
そこで今回は、引っ越しの荷物のうち大きな部分を占めるであろう洋服の詰め方と処分のコツをお伝えします。

1.軽い洋服は大きな段ボールにつめる!
引っ越し荷物の梱包の鉄則は、「手で運べる重さにとどめておく」ということです。そのため、重い物はできるだけ小さな段ボール、軽いものは大きな段ボールに詰めていきます。
洋服はかさばりますが重たくはないので、大きな段ボールに詰めます。できるだけしわにしないことも大切なので、その点でも大きな段ボールにつめるのが正解です。
詰めるコツとしては、すぐに着ないシーズン違いの洋服から先に詰めます。すぐに着る物は取り出しやすいように上のほうにつめておきます。
また、シーズン外の洋服を衣装ケースに保管している場合は、衣装ケースのふたをガムテープで閉じてしまえば、そのまま引っ越し荷物として運べるので便利です。

2.しわにしたくないスーツなどはハンガーボックスに
しわをつけたくない、型崩れさせたくないスーツ類などを運ぶときは、ハンガーにかけたまま収納できるハンガーBOXという便利な箱があります。引っ越し業者からもらえますので、荷造り前に声をかけておきましょう。

日ごろから衣類の断捨離を!
引っ越し作業をはじめると、衣類のあまりの多さに愕然としてしまうかもしれません。特に女性は、似たような洋服が何枚もあったりして、無駄遣いしてしまったな……と感じる方も多いことでしょう。
日ごろからクローゼットやタンスを見通しやすくしておくことで、こうした無駄な出費をふせぐことができます。そのためのコツは、いらない服を捨てる断捨離にかかっています。3年着なかった流行おくれの服や、シミがついた服などは、もったいないと思うかもしれませんが、思いきって捨ててしまいましょう。
全てのシーズンの洋服を見通せるようにしておくと、衣替えも必要ないので、その手間も省けて楽ですよ!

冬に向けて、家具の配置換えでお金を極力掛けずに部屋のイメージチェンジしよう

年末の大掃除に向けて、そろそろ部屋の断捨離を始めたい時期です。部屋がすっきりしたら、模様替えで気分もすっきりしたいですよね。

でも、家具を買い替えたり、壁紙や照明を取り替えたりするのはお金がかかるもの。今回は、大掛かりなことはせず、家具の配置換えなどだけで極力お金をかけずに模様替えをする節約ワザの紹介です。

1.模様替えのコツはベッドの位置にあり?!
模様替えをするときにカギになるのは、ソファやベッドなど大型の家具の配置です。これが変わるだけで、がらっとイメージが変わります。

ワンルームの場合、窓に対して並行になるようにベッドをおくと、部屋に幅ができて大き目の家具などが置きやすくなります。ソファを置きたい場合は、こういう配置が良いですね。逆に、ソファを壁側に、入り口から見て縦になるように置くと、奥行きがあるように見えて部屋が広く感じられます。いっそベッドを真ん中に置いて、ベッド中心に部屋づくりをするという方法も。なんだか海外のドラマに出てくるおしゃれな寝室のようなイメージになるかもしれません。

2.お金をかけずに人気の北欧風インテリアにチャレンジしよう
今人気でオシャレなインテリアの代名詞になっているのが北欧風。北欧風インテリアのキーワードとして、「ナチュラル」「差し色」「シンプル」などがあります。ナチュラルカラーの木材が素材の家具や白を基調とした家具・インテリアにファブリックでピンクや赤などのビビッドカラーのクッションやソファカバーなどのを取り入れて、コーディネートするとぐっと北欧っぽくなります。

一般的に知られているスエーデンのイケアや人気が出てきているフィンランドのマリメッコ、デンマークの100円ショップフライングタイガーコペンハーゲンなどの北欧ブランドも続々日本に進出しているので、こういうショップに足を運んでみると、お金をかけずに模様替えするためのヒントが見つかるかもしれませんよ。

2016年 庶民生活はどうなる? ~家計大予想~

2016年の家計を全般的に見ると、2015年に引き続いて家計の貧富の格差が開きそうです。

前半は選挙睨みで明るい”アメ”ムード。後半は反動でツライ”ムチ”の嵐!?

一握りの人にとっては収入が増えるうれしい年になるでしょうが、大部分の人にとっては、今年に引き続き、「なんとなく苦しい」という状況が続くことでしょう。一握りの人とは、株や不動産などの資産をたくさん持っている人や大企業にお勤めの方なとどです。
それでも、年の前半は多少なりとも明るいムードがただよいそうです。というのも、7月の参院選挙があるので、財布に辛い増税などの話は引っ込み、景気の良さそうなバラまきの話などが先行する可能性があるからです。特に、衆参同時選挙ということになったら、自民党が勝つためには、なり振りかまわず消費税増税のさらなる先送りなどというウルトラCが出てくるかもしれません。
ただ、税も社会保障も、選挙に勝つために痛みを先送りするので、その反動は、選挙後に何倍にもなって出てくる可能性があります。選挙で勝つために後回しにした配偶者控除の廃止や酒税、タバコ税などの増税メニューが、年の後半にはいっきに出てくるでしょう。また、社会保障についても、医療費負担を軽減するための高額療養費制度の限度額を上げるなど、財布に痛い政策が次々と打ち出されてくる可能性があります。
つまり、来年前半は、選挙のための“アメ”のオンパレードですが、後半は選挙に大勝したことをいいことに、“ムチ”がビュンビュン飛んでくるということになりそうです。
それでも、給料が増えればいいのですが、全般的には手取り給与の増加はあまり見込めなさそうです。

給料はなかなか上がりそうにない。

給料は、人手不足になっている業種では多少上がることも予想されますが、そうでないところは横ばいかもしくは下がる可能性もあります。給料は横ばいでも、税金や社会保険料負担が増えていますから、手取りは減るかもしれません。
給料が上がらない最も大きな要因は、消費の低迷です。2014年の消費税の引き上げ以降、消費は低迷し続けています。日銀は、2年でデフレを脱却すると宣言しましたがうまくいかずに、3年に伸ばしました。けれど、それでもデフレ脱却は難しいかもしれません。モノが売れないから、企業も人を雇ったり給料を上げたりできない。給料が上がらないから、消費が増えない。こうした、悪循環に対して、政府は有効な手を打てないままでしょう。

国内の消費の停滞に加えて、海外でのテロや中国の景気減速など、先の読めない不確定要素が増えています。そのため、企業は、積極的に投資などに打って出るというよりも、守りに入って様子を見るという状況になっています。
実際に、12月に発表された日銀短観でも、現状の景気は横ばいですが、3ヶ月先の景気については、ほとんどの企業が悪化すると予測しています。
3ヶ月先と言えば春闘の時期ですから、景気が悪化すると予想している企業が春闘で給料を大幅アップするとは考えにくいでしょう。
しかも、中小、零細企業にとっては、さらに深刻な問題が加わります。1月からスタートするマイナンバー制度に対応するために、それなりの人やお金をさかなくてはならないことです。
マイナンバー制度のスタートで、今まで使っていた源泉徴収票などかなりの帳票類が使えなくなるので刷新しなくてはならず、その経費がかかります。また、マイナンバーにはセキュリティー保護が義務づけられるので、管理者ポストを新設置したりシステムを外部委託するなどで経費がかかることが予想されます。これは、企業にとっては何か生み出すための投資でも将来につながるものでもなく、負担だけを負うということになりますから、そのぶん、給料の値上がりも見込めないということです。
ちなみに、この冬の大企業の冬のボーナスは、平均で3%ほど上がりました。けれど、そもそも夏と冬のボーナスは、多くの企業が今年の春の労使交渉で決めています。2015年の春先までは、まだ、景気の先行きは明るかったので、この冬のボーナスも比較的良かったのですが、2016年になると、大企業でもそんなに給料の大盤振る舞いはできなくなるので、夏、冬とも、ボーナスもそれほど期待できないかもしれません。

ランキング