株式投資の資金っていくら必要?月に数万円稼ぐ方法とは

3803.jpg

このレシピを実行して

円貯まる!
<材料>

・株式投資で稼げる資金とは

<Point>

1少ない資金額では得られるリターンも小さい

2分散投資でリスクを回避する方がベター

3株式投資には100万円程度準備するのが良い

株主優待で長期投資するのもいいけれど、株式を売買することで利益を上げたい!と思う方もいらっしゃるでしょう。中には株で得た利益を生活の足しにしたいと思う人もいるかもしれませんし、ちょっとした娯楽に使いたいと思われる人もいるでしょう。

今回は株式投資で月に数万円の利益を出すためには、いくら程度資金が必要なのかということをお話していきます。
この答えとしては一般的に100万円といわれています。10万円でも上手くやれば、数万円の利益を上げることももちろんできるのですが、以下のような理由で100万円くらいが良いといわれているのです。

・利益を大きくするため
株式投資は投資額によってリターンの大きさが異なります。例えば1株1万円で買った株が1ヶ月後に1万1000円になっていたとすると、1000円の利益を出すことができます。
しかし、これは1万円投資した場合の話です。もし100万円投資して100株買っていたとすればどうでしょうか。100万円で買った株の価値は1ヶ月後には110万円になっており、10万円の利益を出すことができるのです。
このようにして投資金額を大きくすることによって大きな利益を生み出すことができるのです。

・分散投資を行う資金を増やすため
株式投資の一つの方法として分散投資という方法があります。分散投資とは簡単に言えば複数の銘柄に投資することです。分散投資のメリットとは、自分の資金が大きく下がることを防ぐことができます。
例えば一つの銘柄に集中して投資した場合、その銘柄の株価が0円になってしまえば、あなたの投資資金は0円となり、それ以上株式投資をしようとすることはないでしょう。
しかし投資資金を分散することによって、一つの銘柄の株価が下がっても他の銘柄の株価が上がればあなたの資金全体としてはバランスが取れるのです。

・資金不足によるチャンスを逃さないため
最後のポイントとして資金不足によるチャンスを逃さないということです。資金が少なければ、複数の銘柄を購入することもできません。ですから、もし自分が狙っていた銘柄の株価が購入したい株価になったと考えても投資資金が足りずに投資できないという状況になりかねないのです。
これを防ぐためには、やはりある程度の資金を準備しておく必要があります。そのための一つの目安として100万円という基準があるということを覚えておくといいでしょう。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

特集

関連記事

株主優待がもらえない!?そんなときに見直す3つのポイント

株主優待がもらえる条件を満たしているはずなのに、優待品がもらえなかった!

そのようなことがあれば、かなり辛いですよね。年に1回しか優待がもらえないのであれば、優待がもらえる来年まで再び待たなければなりません。
来年まで待つとなると、今持っている株の資金を別の株を買う資金に充ててまた別の優待品をもらうこともできるけど、今持っている株は権利日確定直後だから株価も安いし、優待ももらえないので踏んだり蹴ったりだと考えることになるでしょう。
ですから優待品をもらえるルールを頭に入れておくことによって、逃すことなく優待品をもらうようにしましょう。

最小単元株は優待がもらえる株数とは限らない
これが一番初心者の人が引っかかりやすいポイントではないでしょうか。多くの企業は最小単元株を100株と設定しており、優待品をもらうために必要な株を100株と設定している企業が多いのも事実です。
しかし、例を挙げてみると日本ハウスホールディングスでは優待品をもらうために必要な株数が最小単元である100株ではなく、1000株からしか優待がもらえないのです。このような落とし穴があるので、最小単元株ではなく、優待が貰える株数を必ずチェックしておくようにしましょう。

信用取引買いでは優待はもらえない
続いて信用取引買いでは優待品はもらえません。配当金については配当調整金として受け取ることができるので、混同している人がいるようですが、信用取引買いでは優待品は受け取れないということを覚えておきましょう。

購入日が権利確定日では遅い
最後に引っかかりやすいポイントとして、目当ての優待品がもらえる企業の権利日が今日だったというような場合で、慌ててその企業の株を購入したとしても優待品をもらうことができません。
なぜならば、優待品をもらうためには企業の株主名簿に名前が載る必要があるのですが、この株主名簿に名前が載るためには一般的に3営業日必要とします。つまり株主優待が欲しいと思う企業の株は権利確定日の3営業日前に購入しなければならないのです。
優待品がもらえる条件というのをもう一度見直してみましょう!

あなたは大丈夫?株主優待と確定申告の話

年度末には自分の所得を申告する確定申告があります。確定申告は会社が行ってくれることも多く、一般的な人にはあまり意識する機会が少ないかもしれません。

しかし、会社以外で何かしらの収入を得ている人は追加で確定申告をする必要があります。つまり、考えなければならないのが、株主優待は確定申告する必要があるのかどうかということ。
株主優待で優待品もらうことはもちろん嬉しいことですが、税金の話はどうしても後回しにしがちです。ですからここでしっかりと税金の話を理解するようにしましょう。

・そもそも株主優待に税金ってかかるの?
株主優待はお金ではないので、税金がかかることはないと思われる人もいるようですが、株主優待にも税金はかかります。個人としての収入にあたるので、ある意味当然ですよね。
しかし、税金はかかるといってもそれほど所得がないのに税金がかかるわけではなく、株主優待などの本業以外で得た収入が合計で20万円以下であれば税金がかかることはありません。
このような所得をまとめて雑所得と言いますが、20万円以下までは大丈夫と覚えておきましょう。

・割引き券の税金って?
株主優待には金品相当のものだけでなく、送られてくる代表的な商品の一つとして自社製品や飲食代の20%オフなどといったような割引券が送られてくる場合もあります。
このような場合は、実際にレシートなどを保有しておき、実際に引かれた金額を申告すれば問題ないようです。じゃあ使わなければ、税金はかからないのかということになりますが、株主優待はこのあたりが少し曖昧になっているのが現状です。

・確定申告ってしないとばれる?
上記でも少し触れたように、株主優待は正確な金額計算が難しいのが現状です。ですから相当に大きな金品相当の商品をもらっている人は確定申告も行っているでしょうが、実際のところきちんと確定申告を行っている人は少ないでしょう。
そもそも20万円を超えるほど優待品をもらっている人が少ないので、株を実際にしている人でも税金を払う必要が少ないのかもしれません。しかし、優待の所得が20万円を超えると課税対象に当たるので、必ず確定申告を行うようにしてもらえたらと思います。

お得だと話題!ふるさと納税と株主優待はどっちがいい?

株主優待とふるさと納税ということばをそれぞれ聞いたことがあるでしょうか。

どちらもお得だということは聞いたことがあっても、正直どちらがどのようなものなのか詳しく知らないという方が多いのではないでしょうか。
そこで今回はそれぞれの特徴をふまえて、どちらがお得なのか調べてみました。

まず、ふるさと納税とは、地方の自治体に寄付を行うことで、個人が一定の金額以上を寄付した場合、地方から特産品を受け取ることができるのです。
地方への寄付金は、手数料が引かれて自分の市民税から控除されるために、実質的に手数料だけで、地方の特産品を受け取ることができるというわけなのです。

例えば3万円地方に寄付し、地方が1万5000円分の特産品を送ってくれたのに、税金から2万8000円分控除されるために、実質2000円で1万5000円分の特産品を手に入れることができたということになるのです。

しかし、控除される市民税には上限があるため、お得に特産品を受け取るには上限がありますし、人気の特産品はなくなりやすいというデメリットもあります。

一方、株主優待とは企業が発行している株を一定数持っていると、企業からお礼の形として金品相当の商品を受け取ることができる制度です。

株主優待には様々な種類があり、食品から施設の利用券、クオカードや商品券など多岐にわたります。
株主優待だけで生活するという人もいるように、株主優待を受け取るには上限がありませんし、毎年株を持っているだけで企業から金品相当の自社製品がもらえるというメリットがあります。

しかし、株を買うということは株価が下がれば損をする恐れもありますし、あまり投資にお金をかけたくないという人は不向きです。
株主優待は毎年もらえますし、特に手続きもいらないですが、ある程度まとまった資金が必要となるのです。

ですから、結論としては、一般的な人にはふるさと納税、資産運用をしたり、上限なく金品相当のものを受け取りたいという人には株主優待をおすすめします。
もちろん同時に行うことも可能ですので、どちらも少し興味があるという方は
ぜひどちらも挑戦してみてください。

投資は怖くない!少額投資で始める株主優待生活

突然ですが、あなたは将来のための投資をしていますか?

ここでいう投資とは貯金のことではありません。投資とは将来、あなたの資産を増やすためにお金を投じる行動のことを言います。

「貯金はしているけれど投資はしていないなー」
「投資したいけれど、損をするのは怖いなー」

というような感じなのではないでしょうか。投資と聞くと、株やFXなどを思い浮かべ、そのようなものを思い浮かべては、怖いからと手を引いてしまう人が多いのも事実です。

しかし投資は将来の不安を抱える人であればあるほどするべきであると考えます。というのも将来、お金がなくなったとしても、もう一度稼げるだけのスキルさえあれば、また一から稼ぎなおすことができるからです。

そんなスキルを手に入れたいと思う人は、まずは投資に手を出してみるべきなのです。その投資額が大きい必要は全くありません。今回は株主優待株を購入するという投資方法の元、小さい投資額で買えるような株主優待株を紹介していきます。

・コジマ(3万円前後)
コジマは一般家庭用電化製品から健康食品まで非常に幅広いジャンルの商品を取り扱っています。わずか3万円程度の投資金額で株主優待を受け取れ、500円券が年に2枚もらうことができます。コジマはビックカメラの傘下に入ったので、ビックカメラでも株主優待券を使うことができます。優待相当金額 ÷ 投資金額で算出される優待利回りも3%を超えるなど優待利回りという視点から見ても優秀な株であると言えるでしょう。

・山喜(3万円前後)
山喜はシャツの生産・販売をしている会社です。あまり聞いたことがないという人もいるかもしれませんが、山喜は年間1200万枚以上の販売実績と国内で2割のシェアを誇っています。ここも優待商品として年に2回、合計1000円分の商品券を受け取ることができます。シャツをよく着るビジネスマンの方は持っていて損のない優待株です。

いかがだったでしょうか。投資と一口に言ってもお金が多大にかかるものばかりではありません。まずはこれらのような少額投資から始めてみてはいかがでしょうか。

【アイデアを金に変える】♂♂ほぼ夫婦「明日は明日の風が吹く」vol.3

みなさま、こんにちは。作家・まんが家の歌川たいじです。

リスクの低い金融商品などの広告を見ますと、結果的には1円とか2円程度安くなるのを謳いあげ、「超オトク!」などと宣伝していたりしますが、そのたびにビミョーな気持ちになってしまいます。「かといってバクチみたいに高リスクな金融商品には手を出せないし、老後資金を増やすことはムリなのだろうか…」そんなふうに頭を抱える人が、ワタクシのまわりにたくさんいらっしゃいますし、ワタクシだって、財政の厳しい国で老後を送ることになるひとりとして、まったく不安を感じないと言えば嘘になります。

ワタクシの知人に、60代のゲイがいるのですが、彼はHIVの感染拡大予防運動に身を捧げた人で、感染してしまった人へのケアも非常にきめ細かく動いてきた人でした。身寄りもなく、私財もすべて活動に捧げてしまったので、ほぼ裸一貫。そんな彼が今年、大病を患ってしまいました。
「もう、生きていたって路頭に迷うだけだから死んじゃってもいいかな」と、彼は思ったそうなのですが、彼が世話してきた人たちが連絡を取り合い、看病や身の回りの世話を少しずつ分担し、カンパを募り、さらに弁護士に相談して生活に困らないだけの行政制度の利用の道筋をつけました。
「そんなことされたから、死ねなくなっちゃった」と、冗談まじりに話す彼の笑顔を見ながら、ワタクシは、「人は財産」という言葉の意味を目の当たりにした気がしたのでした。

お金はもちろん大事ですが、資産の増減に一喜一憂するよりも、人とのつながりを大事にすることのほうが大切なのではないか…思わず、そんな気持ちにさせられた出来事でした。

ランキング