おうちに眠っていませんか? 余った年賀状の再活用法

3736.jpg

このレシピを実行して

4500貯まる!
<材料>

・余った年賀はがき

<How to>

1余った年賀はがきを懸賞に使う

2余った年賀はがきは手数料を払えば郵便局で交換できる

3服喪で不要になったはがきは無料で交換できる

4余った年賀はがきで国際貢献をする

※ 1ヶ月:約4500円~(余った年賀はがき100枚を5円引きで交換した場合)

今年も届いた年賀状。ネットが発達した社会でももらうとやっぱりうれしいのが年賀状。

ところで、年賀状の余りってどうしてますか?
張り切って購入したものの、結局使い切れずに年賀はがきが余っちゃった……なんてことはありませんか。年賀はがきは、お正月を過ぎたらもう使えない?! そんなことはありません! 今回は余った年賀はがきのおトクな活用法をお伝えします。

1.余った年賀はがきを懸賞に使う
年賀はがきは、「年賀」という部分を消せばふつうのはがきとして活用できます。でも、一般のお便りに使いまわすのは抵抗があるという方も多いでしょうから、懸賞用にするのがおすすめ。
懸賞に使うときでも、必ず「年賀」という部分を消してくださいね。さもないと、来年の元日に届くように配達されてしまう可能性もあるようです。
本当に懸賞が好きな人は、年賀はがきをわざと多めに買ってまずはお年玉くじを楽しみ、そのあと余ったはがきを懸賞にまわすそうですよ。

2.余った年賀はがきは手数料を払えば郵便局で交換できる
余った年賀はがきは、未使用なら5円を払えば郵便局でふつうのはがきと交換できます。これなら一般のお便りに使いまわせるようになりますが、5円分損をしてしまいます。もし金券ショップで3~5円引きで買った年賀はがきだとしても、トントンか2円程度の損です。
ふつうのはがきのほかに、切手やエクスパックにも交換できるので、ネットオークションなどでこれらをたくさん使うという方は、5円引きになってしまいますがこちらに交換してもいいかもしれませんね。

3.服喪で不要になったはがきは無料で交換できる
張り切って年賀状を用意して、さあ書こう! としたときに、近しい人の不幸があって喪中になったしまった……。服喪の場合であれば、未使用の年賀はがきは手数料を払わずに無料交換ができます。無料での交換期間は、その年賀はがき、年賀切手の発売日からその年の12月28日までです。服喪であることを申し出て、所定の手続きをとりましょう。

4.余った年賀はがきで国際貢献をする
NPO「シャプラニール」では、未使用や書き損じの年賀はがきを回収して郵便局で切手シートに交換したのち、専門業者で現金化。バングラデシュやネパールに暮らす恵まれない子どもたちの教育資金としています。また、ユニセフやほかの福祉団体でも同様の活動をしているので、今年の締めくくりに福祉活動に参加してもいいかもしれません。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

新部若菜

4年間、資生堂に勤務、アメリカ留学などを経てフリーライターとなる。 ビジネスから美容、フード、トレンド系もフォロー。

新部若菜

関連記事

特集

関連記事

生活の無駄のたな卸し・知ってますか?時間帯割引契約で電気代がお得に!

寒い冬は暖房が必須です。毎月の電気代の請求額に驚いた経験のある方も多いのではないでしょうか。

総務省の統計によると2014年の2人以上の家庭での電気代支出は月平均11,203円。家計を圧迫しますね。電気料金が簡単にお得になる、そんな方法をご紹介します。

1. ライフスタイルに合わせた電気料金の契約プランがある

ライフスタイルの多様化が進み、人によって家庭で電気を使用するシーンも様々かと思います。たとえば早起きが得意で家事は朝に済ませてしまい、すぐ外出してしまうような方もいれば、または夜にドラマや映画、インターネットを楽しみたい、仕事で帰りが遅くて家事をするのが夜遅くになってしまう方など。
そんな様々なライフスタイルにあわせて、電力会社も各種プランを提供しています。
特に契約を変更していない家庭では、時間帯や曜日に関係なく、使用量に応じた従量制の料金設定で契約されていると思います。しかし、ライフスタイルにあわせて契約を見直すことで、電気代が今よりもっと安くなるかもしれません。

2. 契約プランを見直してお得に 

では実際にどうすればよいか。電気料金は首都圏であれば東京電力、東北であれば東北電力などお住いの地域によって契約する電力会社が違ってきます。しかし、どの電力会社も複数の契約プランを用意しているようなので、ぜひ調べてみましょう。各社で名称や詳細は様々ですが代表的な内容ですと、

・ 朝方プラン
・ 夜型プラン
・ 半日お得プラン
・ 土日お得プラン

・朝方プラン 
・夜型プラン 
深夜から朝の電気料金がお得で夜が割高なプラン。朝方の生活で日中不在にすることが多い方向け。日中は割高な料金ですが夜から深夜にかけてお得なプラン。夜型の生活で日中不在にすることが多い方向け。

・ 半日お得プラン 
1日を日中と朝晩の2つに分けて、日中は割高ですが夜から朝にかけてはお得なプラ
ン。日中不在で朝晩ともに電気を多く使用する方向け。

・ 土日お得プラン 
平日は割高ですが土日が終日お得なプラン。平日はお仕事等で在宅していないことが多く、土日は家事などまとめて電気を利用する方向け。

といった内容が多いかと思います。電力会社によってはWebサイトで料金シミュレーションができたりもするので、ぜひご自身のライフスタイルに合った契約プランに変更してみましょう。なお試しにシミュレーションをしてみたところ、月300W程度使用する完全夜型の家庭で、従量プランから夜型プランに変更したシミュレーションですと、年間約14,000円安くなる、と試算できました。毎日の生活になくてはならない電気。オール電化も進んでこれからもより身近なものであり続けると思うからこそ、最適なプランでお得に利用してみてはいかがでしょうか。

年末前に半端に期限の切れる定期!いつから買ったらお得?

ボーナス時期に合わせて、定期券を購入しようという方も多い時期です。また、定期券代が6カ月ごとに支給されるという会社もあるでしょう。

しかし、年末年始に長期の休暇となる場合、定期券が年内に切れてしまったら、休み前に買うよりも年明けまで買うのを待った方がオトクだと感じる方もいるかもしれません。
今回は、そんな悩ましい年末の定期券購入について、紹介します。

電車の定期はいつ買っても同じ

結論から言うと、今後も会社に勤務する限り買い続ける電車の定期券は、いつ購入してもあまりお得度は変わらないようです。
それよりも、通勤用の定期は短期間より長期間で買った方が断然おトクになります。たとえば、八王子~東京間のJRの通勤定期の場合、1カ月で買うときより6か月買うほうがどれくらいおトクか見てみましょう。
1カ月は2万1880円ですが、6か月買うと11万4780円です。1回の出費は大きいですが、1カ月当たりの値段は2万円を切り、かなり安くなります。
また、区間によっては分割購入やルートを変えたほうがオトクになることもあります。この辺の計算は複雑なので、専門サイトを参照してください。
電車の定期券が切れてしまった場合は、年内でもすぐに購入しましょう。

バスの定期券は、使用日数を確認してから買おう

バスの1ケ月の通勤定期券代は、往復料金×30日×0.75で計算されます。
30日×0.75は22.5日なので、バスの一か月通勤定期券は、ひと月に23日以上、そのバスに乗らないと損する計算になります。
年末の休みが12月24日から始まるという方がいれば、今月はバスの定期券を買わないほうがベターです。
なお、バスの定期券もやはり長期間で買った方がオトクになります。日数で言うと、1か月定期券は、23日分の往復乗車、3か月定期券の場合は、月間22日分の往復乗車となります。
バスの定期券を買うかどうか迷った場合は、年末にお休みとなる日数をまず確認し、どちらがオトクになるかチェックしてみてください。

お得だと話題!ふるさと納税と株主優待はどっちがいい?

株主優待とふるさと納税ということばをそれぞれ聞いたことがあるでしょうか。

どちらもお得だということは聞いたことがあっても、正直どちらがどのようなものなのか詳しく知らないという方が多いのではないでしょうか。
そこで今回はそれぞれの特徴をふまえて、どちらがお得なのか調べてみました。

まず、ふるさと納税とは、地方の自治体に寄付を行うことで、個人が一定の金額以上を寄付した場合、地方から特産品を受け取ることができるのです。
地方への寄付金は、手数料が引かれて自分の市民税から控除されるために、実質的に手数料だけで、地方の特産品を受け取ることができるというわけなのです。

例えば3万円地方に寄付し、地方が1万5000円分の特産品を送ってくれたのに、税金から2万8000円分控除されるために、実質2000円で1万5000円分の特産品を手に入れることができたということになるのです。

しかし、控除される市民税には上限があるため、お得に特産品を受け取るには上限がありますし、人気の特産品はなくなりやすいというデメリットもあります。

一方、株主優待とは企業が発行している株を一定数持っていると、企業からお礼の形として金品相当の商品を受け取ることができる制度です。

株主優待には様々な種類があり、食品から施設の利用券、クオカードや商品券など多岐にわたります。
株主優待だけで生活するという人もいるように、株主優待を受け取るには上限がありませんし、毎年株を持っているだけで企業から金品相当の自社製品がもらえるというメリットがあります。

しかし、株を買うということは株価が下がれば損をする恐れもありますし、あまり投資にお金をかけたくないという人は不向きです。
株主優待は毎年もらえますし、特に手続きもいらないですが、ある程度まとまった資金が必要となるのです。

ですから、結論としては、一般的な人にはふるさと納税、資産運用をしたり、上限なく金品相当のものを受け取りたいという人には株主優待をおすすめします。
もちろん同時に行うことも可能ですので、どちらも少し興味があるという方は
ぜひどちらも挑戦してみてください。

【アイデアを金に変える】♂♂ほぼ夫婦「明日は明日の風が吹く」vol.3

みなさま、こんにちは。作家・まんが家の歌川たいじです。

リスクの低い金融商品などの広告を見ますと、結果的には1円とか2円程度安くなるのを謳いあげ、「超オトク!」などと宣伝していたりしますが、そのたびにビミョーな気持ちになってしまいます。「かといってバクチみたいに高リスクな金融商品には手を出せないし、老後資金を増やすことはムリなのだろうか…」そんなふうに頭を抱える人が、ワタクシのまわりにたくさんいらっしゃいますし、ワタクシだって、財政の厳しい国で老後を送ることになるひとりとして、まったく不安を感じないと言えば嘘になります。

ワタクシの知人に、60代のゲイがいるのですが、彼はHIVの感染拡大予防運動に身を捧げた人で、感染してしまった人へのケアも非常にきめ細かく動いてきた人でした。身寄りもなく、私財もすべて活動に捧げてしまったので、ほぼ裸一貫。そんな彼が今年、大病を患ってしまいました。
「もう、生きていたって路頭に迷うだけだから死んじゃってもいいかな」と、彼は思ったそうなのですが、彼が世話してきた人たちが連絡を取り合い、看病や身の回りの世話を少しずつ分担し、カンパを募り、さらに弁護士に相談して生活に困らないだけの行政制度の利用の道筋をつけました。
「そんなことされたから、死ねなくなっちゃった」と、冗談まじりに話す彼の笑顔を見ながら、ワタクシは、「人は財産」という言葉の意味を目の当たりにした気がしたのでした。

お金はもちろん大事ですが、資産の増減に一喜一憂するよりも、人とのつながりを大事にすることのほうが大切なのではないか…思わず、そんな気持ちにさせられた出来事でした。

「マイナンバーやれんのか?」マネギャルのケツ論

マネギャル第9回のテーマは「マイナンバー」。

来年から始まる「マイナンバー」。
なんとなくみんな聞いて知ってはいるものの本当のところはどうなの?

「領収書みたいのきた!」
「副業とかしている人はバイヤーって聞いた」
「過去に払ってないものがバレる!?」
「ウシジマくんくる?」

色々な不安が錯綜する中、マネギャルが出した結論は!?

ランキング