2016年、家を買う人へ!住宅ローンを減額する4つのポイント

3753.jpg

結婚や出産など、人生の節目で購入を考える人が多いマイホーム。

30年、35年と生涯をかけてつきあっていく住宅ローンですから、毎月の支払いはできる限り抑えたいもの。そこで知っておきたいのが、住宅ローンを減額するための4つのポイントです。
「手数料」や「減税」などの知識が身につけば、自分なりの減額方法を見つけることができるはずです。減額できる金額も大きいため、「購入する家は決めたが、予算をあと数百万減らしたい」「ローンを減額できるなら購入に踏み切りたい」という人にもおすすめします。ただし、それぞれ条件や注意点がありますので、あわせてチェックしましょう。

金利でトクしても手数料でおトク減?! 金利と手数料
住宅ローンを選ぶ時に気になるのが金利。金利が低ければ、毎月の返済額が少なくなります。ところで、ある金融機関が提示する金利が2種類あったら、あなたは金利の低いほうを選びますか? この場合、気をつけたいのが手数料です。金利が低いと、そのぶん手数料が高く設定されていることがあるのです。

住宅ローン減税を受けられない!? マイホームの広さに注意
「住宅ローン減税」とは、住宅ローンを利用してマイホームを買う時に、一定の条件を満たすことで所得税などの控除を受けること。しかし、誰にでも受けられるわけではなく、住宅の床面積(登記簿に表示されている面積が基準)が50平方メートル以上であることが条件です。

借りたら終わり、じゃない! 住宅ローンの「繰上返済」でビックな節約
住宅ローンは、組んだ後でも「繰上返済」で大きく見直しすることができます。「繰上返済」とは、まとまった金額を追加で支払うこと。利息ではなく元金に充当されるので、10 年後や15年後の支払いに大きな差がでます。なおかつ、できるだけ早く行ったほうが効果が大きいと言えます。ただし、金融機関や繰上する金額によって手数料がかかることがありますので、事前の確認を忘れずに。

重い病気にかかったら返済が免除される住宅ローンって?!
民間の金融機関でローンを組む場合、契約者が亡くなったら残債が一括返済される「団体信用生命保険」に加入することになります。一方、重い病気やけがで返済が困難になった時の補償として最近注目を浴びているのが、「疫病補償付き住宅ローン」。「将来の安心を買う」ための心強い商品ですが、その分の支払い総額は増えますので、途中解約ができるタイプを利用するのがおすすめです。

画像一覧

執筆者

麻布たぬ

映画・演劇・音楽・アニメなどエンターテイメント系の雑誌編集歴13年。 現在は雑誌やWebサイトで執筆。最近は走ることで心身を鍛え、物やコトに執着しない“エネルギーの断捨離!?”を実践中。

麻布たぬ

関連記事

関連記事

800万戸を超える空き家!いったいどうなるの?

人口減少で世帯数が減り、だれも住まない空き家が増えています。昨年、政府が発表した住宅・土地に関する調査結果によりますと、全国の空き家戸数は820万戸、住宅数に占める空き家の比率(空き家率)は過去最高の13.5%となりました。

家が100軒あれば、そのうち13軒が無人!ショックな数字です。空き家の放置で建物の破損が進み、樹木や雑草が生い茂るなど隣地に迷惑がかかります。不法投棄の格好のポイントとなり、ゴミ屋敷と化すことも心配です。不審者の侵入で街の治安が悪化することも考えられなくはありません。

空き家増加の背景を供給面と需要面で見ていきましょう。
まず供給面つまり家を建てる事情ですが、政府は住宅着工を景気対策として重視してきました。手厚い税制優遇や給付金を配付するなど新築住宅着工を促進する施策は、日本の高度経済成長を支え、今も過去の政策から抜け出せません。
一方、需要面つまり家に住む人の数ですが、人口ピークを過ぎ、長期的な人口減少トレンドを迎えることから減り続けています。こうした供給と需要のミスマッチが大量の空き家を生んでいます。

政府や自治体は、空き家を増やさないための対策に力を入れています。空き家を解体する動きと、活かして流通させる動きに分けられます。
まず解体する動きとして自治体による解体費補助があります。通常であれば50~100万円程度かかる解体費用のほとんどを補助するものです。老朽化が進み、放置すると倒壊の危険性がある建物は、隣家などに損害を与え、損害賠償責任を負う可能性もあります。訴えられるリスクを無くし、周辺住民の安全を守るためにも老朽化した建物は解体し更地にすることが求められます。

一方、中古住宅の流通市場を充実させる動きもあります。日本における新築と中古を合わせた住宅流通における中古の割合は13%強程度(国土交通省の資料)。9割の米国や8割を超える英国に比べると圧倒的に低い状況です。日本の家はすでに量的には足りていますので、人口減少を考えれば、新しく家を建てるよりも既存の家の活用に注力すべきフェーズに入りました。家を巡る市場は、ゆっくりですが中古住宅市場、リフォーム市場、賃貸住宅市場に向かっています。終の棲家を決める際には、こうした構造変化を捉えることも大事です。

鍋の季節!家でお得に出来るちょっぴり変わったお鍋レシピ

木枯らしがきつい季節。身体の芯から温まる鍋料理が恋しくなりますよね。お鍋は、冷蔵庫にある食材で作れる節約料理の代表格ですが、もっとおトクにできる鍋料理のレシピを紹介します。

1.余った餃子の皮の新しい使い方!
家で餃子を作った時、余った皮はどうしていますか? 餃子の皮ピザにしたり、チーズを挟んで揚げ餃子にしたり……などでしょうか。それよりもっと簡単に餃子の皮を消費する方法があります。それは「鍋の具にする」です。鍋の具材に餃子の皮をプラスすることで、スープを吸ってボリュームもアップ。節約にもつながります。

人気の豚肉と白菜のミルフィーユ鍋。ミルフィーユのあいだに餃子の皮をはさんでみましょう。ぐつぐつとスープのなかで煮ることでワンタンのようにモチモチに。

餃子のあんを皮で包んで餃子鍋……という工程がめんどうなときは、「包まない餃子鍋」はいかがですか。

土鍋に白菜を敷いて、次にひき肉をしょうがやニンニクで味付けをして団子状に丸めたものをおき、ニラを重ねます。水・料理酒を加えてしばらく蒸したら、その上に餃子の皮を重ねて加熱します。手間も省けて餃子の皮も消費できる簡単レシピです。

2.あんかけでボリュームアップ
鍋の残りスープはどうやって〆ていますか? 雑炊やリゾット、うどんが定番ですが今年はスープを「あんかけ」にしてはいかがでしょうか。あんかけにすることで、ボリュームもアップして、満足感があがりますよ。
お鍋の残りスープにきのこや白菜などの野菜を加えてあんかけを作り、ごはんにかけたらおいしいあんかけごはんに。うどんであんかけうどんにしてもいいですし、焦げ目をつけた中華そばであんかけ焼きそばにしても。
本格的に作る時は、残りスープにオイスターソースやXO醤などを加えると、本格的な中華あんかけになります。
鍋の〆に食べても良いですが、翌日まで取っておけば、立派なランチの一品になります。節約できて手間もかからない優秀メニューです。

使わなくなった家具をDIYで大変身

最近流行りのDIYですが、実は意外と簡単にできるのです。結婚して子供ができ、ベビーベッドを使っていたという人も多いかと思います。しかし赤ちゃんはすぐに大きくなってしまいますよね。

そうするとすぐにベビーベッドは使えなくなってしまいます。意外と高くて、決してコンパクトともいえないベビーベッド、実はDIYで子供用家具にすることができるのです。今回はその方法を紹介します。

1. ベビーベッドの構造を把握する
市販されているベビーベッドの構造はほとんど同じで、柵の前部分が上下にスライドできたり開いたりする構造になっています。また、寝る部分の板の高さが調節できる部分があります。まずはこの構造を把握することでDIYがしやすくなるのです。ちなみに、大きさはだいたい標準サイズ、小型サイズ、ハーフサイズの3種類程度があります。材質は木材が多く、家具と同様、パイン材、ブナ材などが使われています。DIYを前提に長期間使うのであれば、ブナ材を購入しておくことをお勧めいたします。

2. 家具としてほしいものを再確認する
ベビーベッドのDIYで作れるのは、たとえば「ベビーサークル」、「ベビーカー」、「子供用家具」、「椅子」などです。主に子供の成長に合わせて、今、自分たちの家に何が欲しいかを再確認しましょう。

3. 100円ショップなどで追加の材料を購入、作成
欲しいものが決まったら、次は工具やペンキなど、DIYに必要な工具を集めましょう。多少のものであれば100円ショップで購入することができます。また、少ししっかりしたものが欲しければ専門店に足を運んでみるのもいいでしょう。DIYで大抵使うものは、カッターナイフ、キリ、のこぎり、かなづち、など多くて10点、100円ショップであれば小さいものが置いてあるため、1000円程度で買い集めることができます。

ベビーベッドは大切な子どもの眠りを見守り続けてくれた家具です。捨てるよりも、最大限に活用して、その思い出をまた新しい家具に吹き込んでみてはいかがですか?

冬に向けて、家具の配置換えでお金を極力掛けずに部屋のイメージチェンジしよう

年末の大掃除に向けて、そろそろ部屋の断捨離を始めたい時期です。部屋がすっきりしたら、模様替えで気分もすっきりしたいですよね。

でも、家具を買い替えたり、壁紙や照明を取り替えたりするのはお金がかかるもの。今回は、大掛かりなことはせず、家具の配置換えなどだけで極力お金をかけずに模様替えをする節約ワザの紹介です。

1.模様替えのコツはベッドの位置にあり?!
模様替えをするときにカギになるのは、ソファやベッドなど大型の家具の配置です。これが変わるだけで、がらっとイメージが変わります。

ワンルームの場合、窓に対して並行になるようにベッドをおくと、部屋に幅ができて大き目の家具などが置きやすくなります。ソファを置きたい場合は、こういう配置が良いですね。逆に、ソファを壁側に、入り口から見て縦になるように置くと、奥行きがあるように見えて部屋が広く感じられます。いっそベッドを真ん中に置いて、ベッド中心に部屋づくりをするという方法も。なんだか海外のドラマに出てくるおしゃれな寝室のようなイメージになるかもしれません。

2.お金をかけずに人気の北欧風インテリアにチャレンジしよう
今人気でオシャレなインテリアの代名詞になっているのが北欧風。北欧風インテリアのキーワードとして、「ナチュラル」「差し色」「シンプル」などがあります。ナチュラルカラーの木材が素材の家具や白を基調とした家具・インテリアにファブリックでピンクや赤などのビビッドカラーのクッションやソファカバーなどのを取り入れて、コーディネートするとぐっと北欧っぽくなります。

一般的に知られているスエーデンのイケアや人気が出てきているフィンランドのマリメッコ、デンマークの100円ショップフライングタイガーコペンハーゲンなどの北欧ブランドも続々日本に進出しているので、こういうショップに足を運んでみると、お金をかけずに模様替えするためのヒントが見つかるかもしれませんよ。

【アイデアを金に変える】♂♂ほぼ夫婦「明日は明日の風が吹く」vol.3

みなさま、こんにちは。作家・まんが家の歌川たいじです。

リスクの低い金融商品などの広告を見ますと、結果的には1円とか2円程度安くなるのを謳いあげ、「超オトク!」などと宣伝していたりしますが、そのたびにビミョーな気持ちになってしまいます。「かといってバクチみたいに高リスクな金融商品には手を出せないし、老後資金を増やすことはムリなのだろうか…」そんなふうに頭を抱える人が、ワタクシのまわりにたくさんいらっしゃいますし、ワタクシだって、財政の厳しい国で老後を送ることになるひとりとして、まったく不安を感じないと言えば嘘になります。

ワタクシの知人に、60代のゲイがいるのですが、彼はHIVの感染拡大予防運動に身を捧げた人で、感染してしまった人へのケアも非常にきめ細かく動いてきた人でした。身寄りもなく、私財もすべて活動に捧げてしまったので、ほぼ裸一貫。そんな彼が今年、大病を患ってしまいました。
「もう、生きていたって路頭に迷うだけだから死んじゃってもいいかな」と、彼は思ったそうなのですが、彼が世話してきた人たちが連絡を取り合い、看病や身の回りの世話を少しずつ分担し、カンパを募り、さらに弁護士に相談して生活に困らないだけの行政制度の利用の道筋をつけました。
「そんなことされたから、死ねなくなっちゃった」と、冗談まじりに話す彼の笑顔を見ながら、ワタクシは、「人は財産」という言葉の意味を目の当たりにした気がしたのでした。

お金はもちろん大事ですが、資産の増減に一喜一憂するよりも、人とのつながりを大事にすることのほうが大切なのではないか…思わず、そんな気持ちにさせられた出来事でした。

ランキング