株主優待がもらえない!?そんなときに見直す3つのポイント

3723.jpg

このレシピを実行して

円貯まる!
<材料>

・株主優待がもらえないときに見直すポイント

<Point>

1最小単元株は優待がもらえる株数ではない

2信用取引買いでは優待はもらえない

3権利確定日に購入した株の優待はもらえない

株主優待がもらえる条件を満たしているはずなのに、優待品がもらえなかった!

そのようなことがあれば、かなり辛いですよね。年に1回しか優待がもらえないのであれば、優待がもらえる来年まで再び待たなければなりません。
来年まで待つとなると、今持っている株の資金を別の株を買う資金に充ててまた別の優待品をもらうこともできるけど、今持っている株は権利日確定直後だから株価も安いし、優待ももらえないので踏んだり蹴ったりだと考えることになるでしょう。
ですから優待品をもらえるルールを頭に入れておくことによって、逃すことなく優待品をもらうようにしましょう。

最小単元株は優待がもらえる株数とは限らない
これが一番初心者の人が引っかかりやすいポイントではないでしょうか。多くの企業は最小単元株を100株と設定しており、優待品をもらうために必要な株を100株と設定している企業が多いのも事実です。
しかし、例を挙げてみると日本ハウスホールディングスでは優待品をもらうために必要な株数が最小単元である100株ではなく、1000株からしか優待がもらえないのです。このような落とし穴があるので、最小単元株ではなく、優待が貰える株数を必ずチェックしておくようにしましょう。

信用取引買いでは優待はもらえない
続いて信用取引買いでは優待品はもらえません。配当金については配当調整金として受け取ることができるので、混同している人がいるようですが、信用取引買いでは優待品は受け取れないということを覚えておきましょう。

購入日が権利確定日では遅い
最後に引っかかりやすいポイントとして、目当ての優待品がもらえる企業の権利日が今日だったというような場合で、慌ててその企業の株を購入したとしても優待品をもらうことができません。
なぜならば、優待品をもらうためには企業の株主名簿に名前が載る必要があるのですが、この株主名簿に名前が載るためには一般的に3営業日必要とします。つまり株主優待が欲しいと思う企業の株は権利確定日の3営業日前に購入しなければならないのです。
優待品がもらえる条件というのをもう一度見直してみましょう!

<関連記事>

画像一覧

関連記事

特集

関連記事

お得だと話題!ふるさと納税と株主優待はどっちがいい?

株主優待とふるさと納税ということばをそれぞれ聞いたことがあるでしょうか。

どちらもお得だということは聞いたことがあっても、正直どちらがどのようなものなのか詳しく知らないという方が多いのではないでしょうか。
そこで今回はそれぞれの特徴をふまえて、どちらがお得なのか調べてみました。

まず、ふるさと納税とは、地方の自治体に寄付を行うことで、個人が一定の金額以上を寄付した場合、地方から特産品を受け取ることができるのです。
地方への寄付金は、手数料が引かれて自分の市民税から控除されるために、実質的に手数料だけで、地方の特産品を受け取ることができるというわけなのです。

例えば3万円地方に寄付し、地方が1万5000円分の特産品を送ってくれたのに、税金から2万8000円分控除されるために、実質2000円で1万5000円分の特産品を手に入れることができたということになるのです。

しかし、控除される市民税には上限があるため、お得に特産品を受け取るには上限がありますし、人気の特産品はなくなりやすいというデメリットもあります。

一方、株主優待とは企業が発行している株を一定数持っていると、企業からお礼の形として金品相当の商品を受け取ることができる制度です。

株主優待には様々な種類があり、食品から施設の利用券、クオカードや商品券など多岐にわたります。
株主優待だけで生活するという人もいるように、株主優待を受け取るには上限がありませんし、毎年株を持っているだけで企業から金品相当の自社製品がもらえるというメリットがあります。

しかし、株を買うということは株価が下がれば損をする恐れもありますし、あまり投資にお金をかけたくないという人は不向きです。
株主優待は毎年もらえますし、特に手続きもいらないですが、ある程度まとまった資金が必要となるのです。

ですから、結論としては、一般的な人にはふるさと納税、資産運用をしたり、上限なく金品相当のものを受け取りたいという人には株主優待をおすすめします。
もちろん同時に行うことも可能ですので、どちらも少し興味があるという方は
ぜひどちらも挑戦してみてください。

投資は怖くない!少額投資で始める株主優待生活

突然ですが、あなたは将来のための投資をしていますか?

ここでいう投資とは貯金のことではありません。投資とは将来、あなたの資産を増やすためにお金を投じる行動のことを言います。

「貯金はしているけれど投資はしていないなー」
「投資したいけれど、損をするのは怖いなー」

というような感じなのではないでしょうか。投資と聞くと、株やFXなどを思い浮かべ、そのようなものを思い浮かべては、怖いからと手を引いてしまう人が多いのも事実です。

しかし投資は将来の不安を抱える人であればあるほどするべきであると考えます。というのも将来、お金がなくなったとしても、もう一度稼げるだけのスキルさえあれば、また一から稼ぎなおすことができるからです。

そんなスキルを手に入れたいと思う人は、まずは投資に手を出してみるべきなのです。その投資額が大きい必要は全くありません。今回は株主優待株を購入するという投資方法の元、小さい投資額で買えるような株主優待株を紹介していきます。

・コジマ(3万円前後)
コジマは一般家庭用電化製品から健康食品まで非常に幅広いジャンルの商品を取り扱っています。わずか3万円程度の投資金額で株主優待を受け取れ、500円券が年に2枚もらうことができます。コジマはビックカメラの傘下に入ったので、ビックカメラでも株主優待券を使うことができます。優待相当金額 ÷ 投資金額で算出される優待利回りも3%を超えるなど優待利回りという視点から見ても優秀な株であると言えるでしょう。

・山喜(3万円前後)
山喜はシャツの生産・販売をしている会社です。あまり聞いたことがないという人もいるかもしれませんが、山喜は年間1200万枚以上の販売実績と国内で2割のシェアを誇っています。ここも優待商品として年に2回、合計1000円分の商品券を受け取ることができます。シャツをよく着るビジネスマンの方は持っていて損のない優待株です。

いかがだったでしょうか。投資と一口に言ってもお金が多大にかかるものばかりではありません。まずはこれらのような少額投資から始めてみてはいかがでしょうか。

成功するためには成功者から学べ!人気株主優待ブログを一気に紹介!

株主優待株に投資してみよう!と考えても、
いざ株式の購入画面に行ってみては、やっぱり
こっちの株の方がいいのではないか・・・
直前で株の購入をやめてしまうという方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

今日はそんな人のために、実際に株主優待で
数多くの優待を獲得し、雑誌に掲載されるような
株式投資、株主優待のプロとも言えるような
人のブログを紹介していきたいと思います。

・かすみちゃんの株主優待日記(http://blog.livedoor.jp/setuyaku999/)
執筆者が実際に自分がもらった優待を
余すことなく画像つきで紹介しています。

このブログのいい点はオススメの株主優待株を
読者が迷うほど多く載せているということです。
何気なく眺めているだけでも、自分好みの優待が
見つかることも十分にありえるでしょう。

しかも、まだ証券口座を開いていない!という方は
こちらのページからお得なキャンペーン付きで
口座開設をすることもできるので要チェックですよ!

・株主総会お土産日記(http://www1.parkcity.ne.jp/mtips/)
株主優待以外で追加で優待をもらう一つの方法として
株主総会に出席するという方法があります。

しかし株主総会に出席してもらえるお土産は
あまり公にされることは少なく、いちいち
インターネットを使って調べなければなりません。

しかし、このブログでは株主総会に年100~200回
出席し、そこでもらったお土産をまとめています。

もちろん全てのお土産を網羅しているわけではないですが、
株主総会のお土産はどんなものがもらえるのか見てみたい!
と思われたときに非常に便利なブログです。

・株主優待と高配当株を買い続ける株式投資ブログ(http://kibinago7777.blogspot.jp/)
長ったらしい名前と思われるかもしれませんが、
株主優待の人気ブログランキングでは常に上位に
顔を出す有名なブログです。

一般的に株主優待ブログでは優待紹介であったり
執筆者の収支の報告のブログが多いのですが、
このブログでは株主優待に限らず、株式投資で
成功する方法までも公開しています。

株式投資初心者の人にもわかりやすく、また、
経済の流れなども説明に加えながら投資について
コメントしているので、読む価値があると思います。

ケータイ大手三社の株主優待比較!どこが最もお得?

株主優待株を購入する人は毎日の生活に少しの贅沢や節約をするために、自分はどんな優待が欲しいのか、またどんな株があるのかをチェックするという方もたくさんいらっしゃると思います。

その中で今日は生活に欠かせない携帯電話を販売しているソフトバンク・KDDI・ドコモの3社を比較してどの株主優待が最もいいのかということについて
お話していきたいと思います。

・ソフトバンク
ソフトバンクの株主優待ではソフトバンクで契約した携帯電話の基本使用料から6ヶ月間980円の割引、また、タブレットも基本使用料から6ヶ月間500円の割引があります。株主優待の権利確定日は3月と9月の年に2回あるので、ソフトバンク株を保有している限り、毎月基本使用料が割引されるというお得な優待内容になっています。

さらに大きいのがインターネットの基本料も6ヶ月間無料になるという優待。最もベーシックなSoftbank光では毎月1200円の割引となるので、上の2つの優待と合わせると毎月2780円の割引、年間で言えば3万円以上の割引となります。これだけの割引を受けられるならば、ソフトバンクで契約している方は検討してみてはいかがでしょうか。

・ドコモ
大手3社のうち、評判の高さでトップクラスのドコモですが、実はドコモには株主優待が存在しません。というより以前は存在していたのですが、廃止されたようです。株主優待はありませんが、ドコモ株の優れているところは配当金の高さにあります。NISAランキングでも常に上位に食いこんできますし、株主優待はなくても高い配当利回りに目をつける人も多いようです。

・KDDI
KDDIでは優待として100株でau端末購入時に使える5000円分のクーポンをもらうことができます。ソフトバンクのような毎月の割引はありませんが、KDDIは株数に応じて、また保有期間に応じてクーポン額が大きくなります。これからau端末の購入を検討している人やau以外の端末を購入したことのない人にオススメです。

以上が3社の株主優待の紹介になります。それぞれの企業に特徴がありますが、まずは自分の契約しているキャリアの株を買ってみてはいかがでしょうか。

【マネーギャグアニメ動画】ラブホテル相場を制する者はクリスマスを制する!?

犬でコインな「わんわんわんコイン」は飼い主の「金田金男」くんが大好き!! …が、金男くんは500円なんて端金(はしたがね)とばかりに、わんわんわんコインをすぐにお金として使おうとするよ! この“すれ違い劇”の先に待つのは、絶望か!? 悲劇か!? …それとも愛か!?

第2話は…クリスマスムードで盛り上がる街で金男くんとゲームを楽しむわんわんわんコイン。そんな2人の前に″魅力的な”景品が…! また端金として使われてしまうのか… !? ピンチ! わんわんわんコイン!! 金田くんは「クリスマス限定」という釣りコピーに釣られてしまうのか…それとも… !?

気になる第2話はこちら!

ランキング