「買いたい株があるのにお金が足りない!」でも、あきらめないで。

このレシピを実行して

10000貯まる!
<材料>

・1万円

<Point>

1株は100株あるいは1000株という単元で売買する。

2証券会社によっては、10分の1単元あるいは1株単位で売買できる。

3単元未満株取引には通常の株取引と異なる点がある。

※ ある会社の株を1万円で購入。株価が2万円になったところで売ると、1万円おトク(税金、売買手数料は考慮せず)。

3696.jpg

「株を買いたい」と思ったとき、気になるのは「いくらあれば買えるのか」ということですよね。
株の値段は「株価」なので、その値段で買えるのかというと、そうではありません。

株には100株あるいは1000株という売買単位(単元)があって、それに株価を掛けた金額で売買します。
例えば、Aという銘柄の売買単位が100株で、現在の株価が2500円だったら、

  2500円×100株=25万円

となり、この株を買うには25万円必要です。
A株を「今買いたい!」と思っても、株式投資に回せるお金が10万円しかなかったら買え
ないということになります。でも、あきらめないで。少ない金額でも株を買える方法があるのです。
それは、証券会社が設けている「単元未満株取引制度」。言葉は難しいですが、要するに100株、1000株という単元より少ない単位で株を売買できる仕組みです。
例えば、「ミニ株」は、売買単位の10分の1単位で株の売買ができます。A株の例でいうと

、100株単位の10分の1、つまり、10株単位ということになります。株価が2500円でも

 2500円×10株=2万5000円

あれば買えるというわけ。これなら予算が10万円でも大丈夫ですね。

ネットで取引するネット証券会社の中には、もっと少ない金額で買えるところもあります。
SBI証券の「S株」、マネックス証券の「ワン株」、カブドットコム証券の「プチ株」は、いずれも1株単位で売買ができます。A株の例だと

     2500円×1株=2500円

ミニ株よりもさらに少ない金額でOKということになります。

こうした仕組みを使えば、少ない金額で複数の銘柄を買うこともできます。株式投資に回
せる資金が10万円だと、通常であれば買えるのはせいぜい1銘柄でしょう。でも、単元未
満株取引を使えば10万円で数銘柄から十数銘柄に分散投資が可能。分散すれば、そのうちのどれかが値下がりしても、ほかの銘柄が値上がりしていれば、投資した資産全体の値下がりを抑えることができます。

単元未満株は、保有していても株主優待は受けられないケースが多く、株主総会への参加もできませんが、配当は、保有している株数に応じて受け取れます。例えば、100株単位の株を1株保有していると、受け取れる配当も100分の1となります。

単元未満株取引には、通常の株の取引と違う点があります。指し値注文(株価を指定してする注文)はできず、成り行き注文(いくらでもいいから買う・売るという注文)のみであることや、注文を出せる時間が限られていることなどです。S株、ワン株、プチ株はほぼすべての銘柄が買えますが、ミニ株は証券会社が決めた銘柄しか売買でききないことも
あるので、あらかじめ確認したうえで利用するようにしてください。

画像一覧

執筆者

馬養雅子 ファイナンシャル・プランナー(CFP®)

千葉大学人文学部卒業。出版社勤務、フリー編集者を経て、ファイナンシャル・プランナーの資格を取得。 以後、個人のマネーのアドバイザーとして、家計管理や保険の見直し、金融商品や資産運用などに関する記事を新聞・雑誌に多数執筆しているほか、ネット上で資産運用やNISAに関する情報を発信している。

馬養雅子

関連記事

関連記事

株に向いている人、向いていない人ってあるの?

株式投資は、いろいろな情報を集めて分析するというきわめて知的な作業をともないます。

一方で、株を売買するときは、誰でも「儲けたい」とか「損したくない」という気持ちが働くため、メンタルな要素も強いもの。そのため、性格的に株式投資に向いている人、向いていない人というのはあるといえるでしょう。

では、どんな人が向いていて、どんな人が向いていないのでしょうか。

・面倒くさがりの人は×、調べたり比較したりするのが好きな人は○

投資する銘柄を選ぶためには、自分で情報を収集し比較することが欠かせません。そうした作業が好きな人は銘柄選びも楽しめるはず。逆に、ネットや雑誌、口コミなどで手っ取り早く「儲かる銘柄」に投資しようとする人は、たいてい失敗します。

・人と同じでないと安心できない人は×、あまのじゃくは○

株は、安いときに買って高いときに売ることで利益が得られます。でも中には、株を買う
人が増えて株価が上がってくると安心して買い、株価が下がってくると心配で売ってしま
うという人がいます。これでは、いつまでたっても株式投資で利益を得ることができませ
ん。株価が下がって多くの人が買うのをためらっているときに買い、みんなが買い始めて株価が上がってきたところで早めに売る、というふうに、大多数の人と逆のことをする、いわゆる「あまのじゃく」の人のほうが、株式投資に向いているといえるでしょう。

・決断力がない人は×、思い切りのいい人は○

株を売るときは思い切りが必要。決断力がないと、株価が上がっているときに「もっと上
がるのでは」と思っているうちに値下がりしたり、株価が下がっているときに「また上がるのでは」と思っているうちにさらに値下がりしたりします。ある程度値上がりしたところで思い切りよく売る、予想に反して値下がりしたら損失覚悟で売るといった思い切りのいい人のほうが向いています。

・過去にこだわる人は×、切り替えの早い人は○ 

「あのとき買えばよかった」「あのとき売ればよかった」といつまでもくよくよする人は株式投資には向きません。利益が出ても、損失が生じても、それにこだわらずに次の売買ができる切り替えの早い人のほうが向いています。

どうでしたか。あなたは株式投資に向いているでしょうか。もし性格的に向いていなかっ
たとしても、あきらめないでください。投資信託を利用すれば、間接的に複数の日本株に
投資することができます。
投資信託は、多くの人から資金を集めて“ファンド”を作り、それを運用の専門家が株や債券などで運用する金融商品。どの株をいつ売買するかを専門家に任せられるので、自分で銘柄や売買タイミングを判断したり、株価の上がり下がりにハラハラドキドキしたりしないですみます。

買った株はいつどうやって売るの?

株を買ったら、いつかは売ることになります。売って初めて利益が得られる、あるいは損失が確定することになります。

株を売るときは証券会社に「売り注文」を出します。要領は株を買うときと同じで、次の4つを伝えます。

・どの株を売るか
・何株売るか
・指し値か成り行きか、
指し値の場合はいくらか
・注文の有効期限

売り注文が証券取引所に送られて売買が成立する、つまり「約定」すると、その日を含めて4営業日目に、売却代金から売買手数料を差し引いたものが証券総合口座に入金されます。売却代金には税金がかかりますが、特定口座の「源泉あり」を選んでいれば、計算や納税は証券会社がしてくれます。

株は「買い」より「売り」のほうが難しいといわれます。株価が上がっていれば「もっと上がるかもしれない」と思いがちだし、株価が下がっていれば「また上がるかもしれない」と思いがちで、なかなか売れないのです。特に個人投資家は、値下がりした株を売る勇気がなくて、下がった状態で株を保有し続け「塩漬け」にしてしまう傾向があります。

株価が下がったときは、その理由を考えることが大切です。株式市場全体が下がっている、あるいは同じ業種の他社の値下がりに引きずられて下がっている、といった場合で、その会社の財務状態や将来性に変わりがなければ保有し続けてもOKです。でも、その会社自身に問題がある場合、例えば、業績や財務状態の悪化、不祥事などが理由で下がっている場合は、損を覚悟で売却する「損切り」が必要です。思い切って売却することで、それ以上、損失が大きくならないようにするのです。

株価が上がっているとき、その会社が今後も成長しそうであれば株を保有し続けてもよいでしょう。ただ、株価がいつまでも上がり続けるということはないので、自分として、この程度の利益が得られれば十分という水準まで上がったら、売却して「利益確定」することも大切です。PERやPBRが高くなり割安感がなくなったときも、売り時です。

とはいっても「売り」の判断はなかなか難しいので、数字で売り時を決めるという方法もあります。例えば、買った価格より○%上がったら(下がったら)売る、というふうにあらかじめ決めておくのです。株価が下がったときは特に、この方法が有効です。

株価チャートの曲線は何をあらわすの?

株価の動きを見るためのグラフを「株価チャート」といい、代表的なのが「ローソク足」です。

一定期間の始値・終値・高値・安値を長方形や線で表したもので、その期間中、株価がどのように動いたかがわかります。また、それを並べることによって、より長い期間の株価の流れがつかめます。

ローソク足のチャートに色の違う2本の曲線が重なっているのもよく目にするのではないでしょうか。この曲線を「移動平均線」といいます。移動平均線は、過去のある期間の終値の平均値を表しています。
例えば、平均をとる期間を25日とすると、

   1日~25日までの平均値

   2日~26日までの平均値

   3日~27日までの平均値

   4日~28日までの平均値

というふうに、1日ずつずらしながら25日間の平均値を並べて線で結んでいきます(実際にはその間の土日祝日を除いた25日分となります)。これを25日線といいます。同様に、75日間の平均値を並べていったものが75日線です。このほか、13週線、26週線などが使われます。

移動平均線からは、株価のトレンドが読み取れるといわれています。基本的には、株価のラインより移動平均線のほうが上にあれば、株価が上がると考えている人が多く、移動平均線のほうが下にあれば、株価が下がると考えている人が多いと判断されます。また、株価が移動平均線から大きく離れると、移動平均線のほうへ戻ることが多いようです。

期間の違う移動平均線(中期線と長期線)を重ねたときのパターンから株の買い時、売り時を判断する方法もあります。例えば、25日線と75日線の組み合わせでは、25日線が中期線、75日線が長期線となります。

長期線が上昇しているときに、中期線がこの長期線を下から追い越したところを「ゴールデンクロス」といい、その後、株価が上昇するポイント、つまり「買い時」と判断されます。逆に、中期線が下がってきているところに上から長期戦が突き抜けたポイントを「デッドクロス」といい、そこから株価が下がると予想される「売り時」と判断されます。

この程度を押さえておけば十分ですが、移動平均線から売買タイミングを読み取る方法はいろいろ研究されていているので、興味のある人は本やネットでチェックしてみてください。

株の銘柄選びは、基本的にはその企業のビジネスモデルや成長の見通し、業績や財務状況などの基礎的な条件で判断しますが、実際の買い・売りに際しては、移動平均線などのチャートも参考になるでしょう。

株価チャートの白黒はなにを表すの?

株式投資では、売買のタイミングを計るより銘柄選びに時間をかけたいもの。とはいえ、どんなによい銘柄でも、実際に買うとなったら株価がどういう状況にあるのかをチェックしなければなりません。

そのためのツールが「株価チャート」です。株価の動きをひと目でわかるようにしたグラフで、証券会社や株式関連のサイトで見ることができます。

株価チャートは、単純な折れ線グラフのこともありますが、上下に線のある白と黒の長方形が並んだグラフもとてもよく使われています。一つ一つの長方形と線で表されたものを「ローソク足」といいます。ローソク足は、ある期間の4つの株価を表しています。

長方形の上の辺と下の辺は、その期間の取引で最初についた株価(始値)と最後についた株価(終値)です。白い長方形(陽線)は、始値より終値のほうが高かった、黒い長方形(陰線)は始値より終値のほうが低かったという意味です。
長方形の上下にある線を「ひげ」といい、その先端がその期間で最も高かった株価(高値)と最も低かった株価(安値)を表します。

ローソク足の意味がわかれば、その期間の株価の動きを読み取ることができます。
例えば、
・ひげのない長い陽線:その期間に株価が大きく上昇して、最も高い株価で取引が終了した
・長方形がなく十文字のようになっている:期間中、株価が上下に動いたが、始値と同じ株価で終わった
・ひげの長い陰線:期間中、株価が大きく上下したが、始値より低い価格になった

という具合です。

ローソク足は、期間が1日の場合を「日足」、1週間の場合を「週足」、1カ月の場合を「月足」といいます。またローソク足の4つの価格(始値・終値・高値・安値)は「4本値」と呼ばれます。

ローソク足は、過去の株価の動きを見るだけでなく、その形から次の期間の株価を予測するのに使われることもあります。その手法はいろいろと研究されているので、興味のある人は株式関連サイトや関連の書籍などで調べてみるとよいでしょう。

「ギャル流の投資術」マネギャルのケツ論

マネギャル第10回のテーマは「ギャル流の投資術」。

ギャルとしてのプライドは何に投資することで保たれる??

円安、美容・ネイル代、旅行、株、パチンコ、ギャンブルまでマネギャルだからころ語れる幅広い話が!?

でもやっぱりギャルだし、結論はもちろん!?

そして、ファイナンシャルプランナー高橋さんによる、真面目な投資の話はこちら!

ランキング