場所ごとの洗剤は不要!100均の「重曹」と「クエン酸」だけで大掃除

3687.jpg

このレシピを実行して

2300貯まる!
<材料>

・100均の重曹

・100均のクエン酸

・スプレー用の容器

<How to>

1「重曹スプレー」を作る ペットボトル1本(500cc)程度のぬるま湯に、大さじ2杯の重曹を混ぜる

2「重曹ペースト」を作る 300ccの水に片栗粉大さじ2杯を入れ、冷めてから大さじ2杯の重曹を混ぜて固める

3「クエン酸スプレー」を作る ペットボトル1本(500cc)程度のぬるま湯に、小さじ2杯のクエン酸を混ぜる

※場所ごとに洗剤を購入すると2500円程度。重曹とクエン酸のみだと2300円オトク!

気になってはいたけど、なかなか手が出せなかった網戸や換気扇の汚れ。年末の大
掃除で一気に洗浄したいものです。

「よし!」と一念発起して、まずは洗剤を購入しようとする人も多いでしょう。薬局には、キッチン用、お風呂用など細々と用途が分けられた洗剤が販売されています。しかし、これを一通り購入していると、あっという間に2000円、3000円と散財してしまいます。
もちろん、このような洗剤は場所ごとに使い分けられる便利なグッズですし、大掃除でおおいに効果を発揮してくれるでしょう。
ですが、もし節約したいのなら、100均で「重曹」「クエン酸」を購入しましょう(薬局でも購入できます)。使い方は、これらと水を混ぜたスプレーなどを作るだけ。簡単です。そして、少しの知識があれば、薬局で売られている洗剤同様、もしくはそれ以上の効果が得られます。
「重曹」「クエン酸」は、お掃除好きの間にはすでに定着しているナチュラル系洗剤。天然素材なので、人や環境に優しいことも嬉しいところです。使用するときのポイントは、アルカリ性・酸性という成分に注目し、汚れの種類を把握してしっかりと
使い分けること。ここでは、「重曹」と「クエン酸」の特性と、場所ごとの使い分け
について紹介します。

<<重曹とは?>>

「弱アルカリ性」で、酸性の汚れを落とすのに有効。酸性の汚れとは、油汚れや手垢など。「重曹スプレー」のほかに、しつこい汚れや“溝”の掃除には「重曹ペースト」を使用。粉のまま振りかけても使用できる。消臭効果もアリ。

<<クエン酸とは?>>

「酸性」で、アルカリ性の汚れを落とすのに有効。アルカリ性の汚れとは、水回りの汚れなど。主に「クエン酸スプレー」として使用。重曹と混ぜると、泡状の洗剤になる。防菌効果もアリ。

▼▼▼▼▼

さっそく大掃除に活用!場所ごとに使い分けよう

1) キッチン……重曹スプレー

ガスコンロ・換気扇・流し台のしつこい汚れは、重曹スプレーをしてからスポンジでこすり落とします。ついでに、鍋の裏側にこびりついた汚れもスプレーでこすり落としましょう。汚れが激しい場合は粉そのものを振りかけてゴシゴシと。冷蔵庫や電子レンジについた手垢は、重曹スプレーをした後、固く絞った布巾で拭き取ります。電気ポットは、少量の重曹を入れて湯を沸かせばキレイに。ゴミ箱は、重曹スプレーで磨けば生ゴミの臭いまで取り去ってくれます。

2) 玄関……重曹スプレー・重曹ペースト

タイルの溝には、重曹ペーストをこすりつけます。靴箱は、水拭きなどの後に重曹スプレーを振りかけておくと消臭効果が。

3) 網戸……重曹スプレー

重曹スプレーを振りかけ、固く絞った雑巾で汚れごと拭き取ります。汚れがひどい場合は、スプレーの後にブラシでこすると、より効果的。

4) 窓……クエン酸スプレー

窓ガラスにスプレーをして、固く絞った布巾で汚れごと拭き取ります。その後、スクイジーで水を切ると、より効果的。水気が残っていたら乾ぶきを。

5) お風呂……重曹スプレー・クエン酸スプレー

両方のスプレーが使えます。皮脂の汚れは酸性なので、アルカリ性の重曹を。石けんやシャンプーの汚れはアルカリ性なので、酸性のクエン酸を使います。まず、浴槽・洗面台・排水溝を重曹スプレーでこすります。次に、洗い場・鏡をクエン酸スプレーでこすります。なお、黒カビには重曹を振りかけた後、酢水(酢1:水3)をスプレーしてキッチンペーパーなどで押さえ、2〜3時間後にブラシでこすると落ちやすいです。

6) トイレ……クエン酸スプレー

便器に染み付いた汚れにスプレーをしてこすります。トイレの床にも吹きかけて、固く絞った雑巾で拭き取りましょう。なお、便器に重曹とクエン酸の両方を落とし、泡を出して掃除をする方法もあります。

※注意すること…重曹はアルミに使うと黒ずみの原因になることがあります。また、クエン酸は鉄・大理石には使わないように。また、どちらも塩素系洗剤と混ぜないように、くれぐれも注意しましょう。
このように、家中の大掃除に効果的な「重曹」と「クエン酸」。ここで紹介したのは、使い方のほんの一部です。もし「重曹」が余ったら、入浴剤として使ってみては?
残り湯は洗剤として再利用できますし、流すたびに排水溝が洗浄され、ぬめりや臭いを取り除きます。また、洗濯槽のお掃除や、洗濯物の黄ばみ防止や柔軟仕上げにも使えますよ。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

麻布たぬ

映画・演劇・音楽・アニメなどエンターテイメント系の雑誌編集歴13年。 現在は雑誌やWebサイトで執筆。最近は走ることで心身を鍛え、物やコトに執着しない“エネルギーの断捨離!?”を実践中。

麻布たぬ

関連記事

特集

関連記事

冬支度・年末の年越しに備え、おすすめ掃除グッズで車内を掃除しよう

年末年始、自宅の大掃除をするときに忘れてはならないのが、愛車のお掃除です。今回は、安くておすすめな車内用お掃除グッズを紹介します。車内をピカピカにして、すがすがしく新年を迎えてみてはいかがでしょうか。

1.ホコリ取りなら「ホコリ取りグローブ」や「小型モップ」でかんたんお掃除
手にはめて拭くだけで、ホコリのたまりやすいナビやパネルの塵・ホコリがキレイにとれる「ホコリ取りグローブ」。ふわふわの繊維が細かいホコリを吸着させます。
気づいたときにさっとひとふきできるのがホコリ取り用の小型モップ。お迎えの待機時間や信号待ち、渋滞のときなどにささっと掃除しておけば、年末の大掃除がラクですよ。

2.布シートの汚れは「布製シート&マットクリーナー」で
「布製シート&マットクリーナー」なら、布シートやマットについた手アカや皮脂、タバコのヤニ、飲食物のシミなどを簡単お掃除。ブラシが付属しているので、頑固な汚れも簡単に落とせます。爽やかなミントの香りで、お掃除後は車内をリフレッシュする効果も。ダニやカビの発生も防止するので、小さなお子さんを乗せているご家庭も安心ですね。

3.車内のお掃除はどれくらいの頻度ですべき?
ネット上のアンケート調査を見ると、車内のお掃除は「気が付いたとき」「乗るたび、降りるときにささっと掃除をする」など、ちょっとしたときにさっとやってしまうという人が多いよう。ついで、半年に1~2回程度とけっこう皆さんマメに掃除をしているよです。中には、「窓を全て開けて走って車内のホコリを飛ばす」「人を乗せる前に掃除する」「汚れていても走行に支障がないので気にしない」なんて豪快な人もいるようですが。

たしかに、マメに掃除をしておけば、年末の大掃除のときの負担も軽くなりますよね。上記で紹介した車内のお掃除グッズは、どれも1000円以内で気軽に購入できるものばかり。こうしたグッズを活用して、愛車はいつも清潔に保っておきましょう。

年末年始のパーティ後のドレスはおトクにおうちでクリーニング!

年末年始は、なにかとイベントの多い時期です。ばっちりおしゃれしてお出かけする方も多いのでは。でも、おしゃれをした後の大切なお洋服、どうやってケアしていますか?

デリケートな素材でできたおしゃれ着は、ドライクリーニングが基本になります。でも、シルク素材ややファー、ビジューのついたおしゃれ着は、追加料金を請求されることもあって、1着でもけっこうばかにならない金額になりますよね。今回は、おしゃれ着のクリーニングのコツをお伝えします。

1.おしゃれ着をすべてクリーニングに出しているのは1割
インターワイヤードが今年3月に実施したおしゃれ着洗いに関するアンケートによると、モニター5,389名にニットやデリケート素材の“おしゃれ着”をどのようにお手入れしているか尋ねたところ、「全てクリーニングに出している」人は9.4%と約1割しかおらず、「家での洗濯とクリーニングの組み合わせ」38.2%という人が最も多かったそうです。
クリーニングに出さない理由を自由回答で尋ねたところ、多く挙げられたのは「クリーニング代がかかる」「お金がもったいない」「クリーニング代が高い」など、費用に関するものが大多数でした。なかには、「ボロボロにされた事が何度もあった」と回答した人も。

2.衣類トラブルを防止するためのホームクリーニングのコツ
衣類トラブルを防止するためには、洗濯のプロであるクリーニング店に依頼するのがベターです。でも、やむおえず自宅で洗濯する場合は、おしゃれ着洗い洗剤を使って、ていねいに洗濯します。
洗濯機には、水→洗剤→衣類、の順番で入れます。洗剤が水によく溶けたあとで、衣類を入れます。ネットに入れたおしゃれ着は、最後に入れます。
洗いの時間は超短時間が原則。品によっては、1~2分でやめておいたほうが良い場合も。脱水も機械まかせではなく超短時間で済ませます。お風呂の残り湯を洗濯に使っている人も、おしゃれ着は水洗いします。
とくにデリケートな衣類は、つけおき洗い→手絞りがおすすめです。

年末の大掃除に向けて、お掃除家電を揃えておこう!低予算で便利な掃除家電3選

今年もあと残すところ2か月ほど。年末の大掃除であわてないように、いまから少しずつ断捨離をすすめたり、家の気になる部分のお掃除をしていくといいかもしれません。

大掃除はめんどうだし憂鬱……という方も、便利なお掃除家電をそろえるとやる気が出るかもしれませんよ。今回は、比較的低予算で手に入るお掃除家電を紹介します。

1. ケルヒャー窓用バキュームクリーナー
インパクト大のコマーシャルとともに日本で話題になったお掃除家電のケルヒャーから、片手で簡単に窓や鏡をお掃除できる、窓用のバキュームクリーナーが登場です。

冬場に悩まされる窓の結露や浴室の壁についた水滴もタイルの汚れも、簡単に除去してカビを予防します。気になるガラステーブルのホコリも、拭きあとがつかず簡単キレイに。乾拭きなしで綺麗に仕上がり手間いらず!
こんなに便利で「使える」家電なのに、価格は8000円程度お手頃です。満タン充電で20分程度継続利用できます。

2. マイクロファイバーモップボールモコロ
自動でコロコロ転がって、部屋のホコリをキャッチしてくれるミニロボット掃除機「モコロ」。ルンバがほしいけど高くて……という方におすすめ。15分タイマー付きで、ベッドの下や床に落ちた綿ボコリやペットの毛をしっかりキャッチ。キャッチしたゴミは専用ブラシで簡単お掃除。マイクロファイバーでできたモコモコのカバーは、取り外してお洗濯も可能です。

希望小売価格は3,790円(税抜)とお手頃。モコモコのカバーも別売りで販売しています。

3. 電動パワフルお掃除ブラシ「SonicScrubber®(ソニックスクラバー)」
洗面所やキッチンの細かい汚れってお掃除するのがめんどうですよね。古い歯ブラシや金たわしでごしごし……考えるだけでも憂鬱になりそう。
ソニックスクラバーなら、ブラシが1分間に5,500回も回転して、角や溝などの細かい場所にたまった汚れをピカピカに落としてくれます。防水性能が高いので、お風呂やお手洗い、キッチンシンクなどの水回りのお掃除で活躍してくれそうです。

マイナンバー制度で何が変わる?

10月からマイナンバーの通知が始まっていますが、自治体によってかなりバラつきが
あり、配達がかなり遅れているようです。

12月でいまだに手元に届いていないという人は一度確認した方が良いです。(個人番号カード総合サイトで郵便局への差出し状況が確認できます)
 さて、ゴタゴタ続きのマイナンバー制度ですが年明けのH28年1月から運用が始まり、所得税などの税務申告や社会保険手続きなどの場面で必要になります。
 また、自治体によって異なりますが、来年以降マイナンバーカードのICチップの民間
開放によって住民票、課税証明、印鑑証明といった公的書類がコンビニで受取れたり、病院の診察券、運転免許証、健康保険証との一体化、そしてさらにはクレジットカードや銀行のキャッシュカードとしての利用も可能になっていくようです。
 一方デメリットとして、マイナンバーで所得がガラス張りになって税金をたくさん取られるとか、副業がバレる(これに関連してキャバクラからホステスがいなくなる)といったことを見聞きしたことがありますが、これらはマイナンバー制度とは全く関係ありません。番号がなくても税務署はその人の所得や預金残高を調べられますし、副業についても住民税の金額や支払調書によって会社にバレるときはバレます。そもそもデメリット云々以前に、所得を隠せば犯罪(脱税)ですし、会社で禁止されている副業をすれば就業規則違反になりますので、これはこれ、別問題です。
 番号の用途が広がるということはそれだけ大事な情報になりますので、番号の厳格な管理が求められます。個人が自分の番号を大切に管理することは当たり前ですが、カードを失くしてしまった場合は設置が予定されている24時間対応のコールセンターに連絡して利用停止の手続きをする必要があります。失くしたカードでの不正利用が心配ですが、個人カードのICチップには税金、資産、年金、病歴といった情報は格納されませんので、落としてしまっただけでこうした情報が漏れるということはありません。(カードに記載されている氏名、住所、顔写真、個人番号は漏れてしまいます)
 一方、従業員などから番号の提供を受ける会社側も厳格な管理の意識を持たなくてはなりません。番号の収集、利用、保管、廃棄、安全管理の各段階にルールがあり、それらが守られず放置されていた場合や情報漏えいした場合は、懲役もしくは罰金という重い罰則が待っています。個人事業主や会社経営者は運用開始までに事前対策をきちんとしておきましょう。

ゆうちょ銀行で賢くお金を貯める!

ゆうちょ銀行とは

もともと郵便局の貯金を取り扱っている部門が民営化され、2007年に誕生した銀行です。

全国どこにでもATMがある上、ATMを使ってゆうちょ銀行の総合口座同士で送金すると手数料は無料なので、転勤の多い人や大学生の子どもに仕送りをするというような人などにとっても、使い勝手がいいといえるでしょう。

少し話はそれますが、先日子どもに「預金と貯金はどう違うか知っている?」と聞いてみたところ、「預金は銀行にお金を預けること、貯金はお金を貯めること」と即答。うーん、確かに貯金箱はあるけれど、預金箱はないですよね。ではみなさんは「預金」と「貯金」の違い、ご存じですか?

「預金」と「貯金」の違いとは

この二つの違いは、お金をどこに預けるかです。

  • 都市銀行や地方銀行、信用金庫、信用組合などに預けるのは「預金」
  • 郵便局や農協、漁協などに預けるのが「貯金」

です。

今回はゆうちょ銀行を取り上げているので、「貯金」について、詳しく見ていきましょう。

ゆうちょ銀行では

通常の貯金のほかに、定期貯金、定額貯金、自動積立貯金などを扱っています。

定期貯金は一般の銀行の定期預金とほぼ同じもの

預入期間は、1か月、3か月、6か月、1年、2年、3年、4年、5年(最長)から指定でき、金利は3年未満のものは単利、3年、4年、5年のものは半年複利で計算されます。
複利は、元本に利子を組み込んで次の利子を計算するので、利子に利子がつくことになるため、期間が長い方がおトクです。
ただし満期前の解約はできないので(解約の場合、解約利率が適用される)、計画的に預けるようにしましょう。

定額貯金はゆうちょ銀行独自の貯金

1,000円からスタートでき、一口の預入金額は

  • 1,000円
  • 5,000円
  • 1万円
  • 5万円
  • 10万円
  • 50万円
  • 100万円
  • 300万円

の8種類。
口数を分けて預ければ、必要な額だけ払い戻しが可能です。
金利は、預入後3年までは6か月ごとに上昇(金融情勢による)し、4年目以降は同じ金利が適用。
預入期間は最長10年ですが、半年複利で利子が計算されます。
6か月が過ぎればいつでもお金を払い戻すことができるので、預入期間が決まっていない資金を置いておくにはいいでしょう。

自動積立貯金は

月々1,000円から積み立てができ、あらかじめ決めた金額を一定月(毎月)とボーナスなどの特別月の併用で、最長6年間、計108回まで定期貯金または定額貯金に積み立てられます。
手間をかけずに、着実にお金がたまるのがいいですね。

金利が高かった時代、定額貯金に10年間お金を預けて利子をたくさん受け取ったという人も多くいましたが、低金利の現在それほどおトク感はないかもしれません。
とはいえ、「ゆうちょ銀行に口座を持っているけれど、貯金がなかなかできない」という人には、自動積立などを利用することで、着実にお金が貯まる仕組みをつくることをおすすめします。

ランキング