お年玉で、こども口座を開こう!

3649.jpg

お正月、子どもたちにとって一番のお楽しみといえるのがお年玉。

お年玉の合計が数万円になった…という子も少なくないでしょう。一方大人にとってはお金が出ていくばかりで、「子どもの頃はよかったなあ・・・」と思わずにはいられませんよね。
さて、お子さんのいる方に質問です。もらったお年玉、どう管理していますか?「ママ(パパ)が預かっておくね〜」といいながら、使ってしまったりしていませんよね?子どもにとっては大きな金額なので、全部渡してしまうのは心配だという人も多いかもしれません。でも、お年玉は子どもの金銭教育のチャンスでもあります。お年玉をきっかけに、親子でお金のことを話し合ったり、一緒にお小遣い帳を付けたりするのもいいですが、私のおススメは子ども専用の口座を開くこと。私自身も2人の子どもが小さいときに銀行に口座を開き、お年玉や入学などのお祝いでいただいたお金を預けるようにしていました。

もちろんもらったお金全部というわけではなく、その中からいくら預けるのかを話し合って決めるようにしていました(全部取り上げてしまうと、子どものテンションがかなり下がってしまうので・・・)。
子どもたち自身、その口座にあるのは自分のお金という意識が持てる上、お金が貯まっていくのを見るのはとてもうれしいことだったようです。
今年20歳になった娘に「自分のお金だから好きに使っていいよ」と通帳を渡しましたが、コツコツ貯めた自分のお金、パーッと使ってしまおうという気にはならないようです。
お金の管理というのは、大人にとっても結構大変なことですが、小さいころから自分の通帳を持たせることで、「お金を貯める」ことが自然とできるようになる気がします。「お金がないからあきらめる」のではなく、「お金を貯めてやりたいことをする」と考えられるようになるのです。

では子どもの口座、どこに開設すればいいでしょう。
ネット銀行などでも子ども口座は開設できますが、通帳に記帳することでいくら貯まっているか見ることができるため、できれば自宅の近くの銀行がおススメです。近ければ、子どもと一緒に通帳を持ってお金を預けに行くことができ、「自分のお金」という意識も持つことができます。
子どもの口座は、窓口に来店者(親)と子どもの本人確認書類(健康保険証や免許証)と印鑑を持参して申し込みをすれば開設できます。ただし、銀行によって必要な書類や年齢などの条件が違うため、口座を開こうと考えている銀行に一度足を運んで、確認してみるようにしましょう。
年に一度のお年玉の季節を、ぜひ子どもの金銭教育に役立ててくださいね。

画像一覧

執筆者

白子里美 ファイナンシャル・プランナー

大学卒業後、大手総合商社に勤務。退職後、二人の子どもを育てながら、ファイナンシャル・プランナー資格を取得。 現在は自身の経験をもとに、個人相談のほか、生命保険や子どもの教育費、住宅ローン、老後資金などに関するコラム執筆やセミナーの講師活動などを行っている。

白子里美

関連記事

関連記事

ゆうちょ銀行で賢くお金を貯める!

ゆうちょ銀行は、もともと郵便局の貯金を取り扱っている部門が民営化され、2007年に誕生した銀行です。

全国どこにでもATMがある上、ATMを使ってゆうちょ銀行の総合口座同士で送金すると手数料は無料なので、転勤の多い人や大学生の子どもに仕送りをするというような人などにとっても、使い勝手がいいといえるでしょう。

少し話はそれますが、先日子どもに「預金と貯金はどう違うか知っている?」と聞いてみたところ、「預金は銀行にお金を預けること、貯金はお金を貯めること」と即答。うーん、確かに貯金箱はあるけれど、預金箱はないですよね。ではみなさんは「預金」と「貯金」の違い、ご存じですか?

この二つの違いは、お金をどこに預けるかです。都市銀行や地方銀行、信用金庫、信用組合などに預けるのは「預金」、一方郵便局や農協、漁協などに預けるのが「貯金」です。

今回はゆうちょ銀行を取り上げているので、「貯金」について、詳しく見ていきましょう。ゆうちょ銀行では、通常の貯金のほかに、定期貯金、定額貯金、自動積立貯金などを扱っています。

定期貯金は一般の銀行の定期預金とほぼ同じものです。預入期間は、1か月、3か月、6か月、1年、2年、3年、4年、5年(最長)から指定でき、金利は3年未満のものは単利、3年、4年、5年のものは半年複利で計算されます。複利は、元本に利子を組み込んで次の利子を計算するので、利子に利子がつくことになるため、期間が長い方がおトクです。ただし満期前の解約はできないので(解約の場合、解約利率が適用される)、計画的に預けるようにしましょう。

定額貯金はゆうちょ銀行独自の貯金。1,000円からスタートでき、一口の預入金額は1,000円5,000円、1万円、5万円、10万円、50万円、100万円または300万円の8種類。口数を分けて預ければ、必要な額だけ払い戻しが可能です。金利は、預入後3年までは6か月ごとに上昇(金融情勢による)し、4年目以降は同じ金利が適用。預入期間は最長10年ですが、半年複利で利子が計算されます。6か月が過ぎればいつでもお金を払い戻すことができるので、預入期間が決まっていない資金を置いておくにはいいでしょう。

自動積立貯金は月々1,000円から積み立てができ、あらかじめ決めた金額を一定月(毎月)とボーナスなどの特別月の併用で、最長6年間、計108回まで定期貯金または定額貯金に積み立てられます。手間をかけずに、着実にお金がたまるのがいいですね。

金利が高かった時代、定額貯金に10年間お金を預けて利子をたくさん受け取ったという人も多くいましたが、低金利の現在それほどおトク感はないかもしれません。とはいえ、「ゆうちょ銀行に口座を持っているけれど、貯金がなかなかできない」という人には、自動積立などを利用することで、着実にお金が貯まる仕組みをつくることをおすすめします。

ネットバンクで楽して貯金、ローンでも金利優遇!

お金とネットの関係でいえば、多くの人が「得しそうだけど、セキュリティは安全なのか不安」「良くわからない」ということが多いのではないでしょうか。ですが、例えばインターネット銀行などを使えば、ほぼ確実にお金を多く増やし、節約する事が出来まるのです。

■インターネット銀行やインターネット証券がなぜ高金利なのか
銀行というのは通常、「○○支店」という実際の営業所が存在しますよね。まず、通常の銀行とインターネット銀行の違いとして大きいのは、この実際の営業所がないことです。ただ、通常の振込や引き出し、普通預金、定期預金などで利用するとすれば、はっきりいって実際に支店があるかどうかは問題になりません。インターネット銀行のビジネスモデルとしては、この支店の運営コストを省き、その資金をお客様に還元するということがあるので、純粋に預金金利は高まり、その分節約が出来るというわけです。

■証券会社と同時に使うことで金利がさらにお得
たいていのインターネット銀行では、銀行の口座と、同グループ運営の証券会社の口座と連携するだけで、普通預金金利が5倍になるということもあります。ハイブリット預金などと呼ばれますが、こういった金利で得をしたいという場合、投資家でなくとも、証券口座を作っておくという節約方法もあります。銀行に比べて証券口座は作るまでに時間がかかりますが、一度作ってしまえば、維持費も必要ないですし、当然ながら取引しなければ損もしませんので、作っておき、連携させるというひと手間の節約術をおすすめします。

■口座を作るときはかならず「もれなく」キャンペーンに応募を
なお、各ネットバンクは常にキャンペーンを行っています。たとえば、口座開設でもれなく1000円プレゼントや、お買い物のポイントが通常1%のところが5%になるなど様々です。節約という意味でおすすめするキャンペーンは「抽選で○○名様」というような不確実性の高いものより、「もれなく」と称した“確実にもらえる”キャンペーンを利用することです。応募出来るキャンペーンは当然一つだけではないので、併用して応募することで、ちりも積もれば山となるという意味で、ある程度のお金を節約することに繋がります。

「ギャル流の投資術」マネギャルのケツ論

マネギャル第10回のテーマは「ギャル流の投資術」。

ギャルとしてのプライドは何に投資することで保たれる??

円安、美容・ネイル代、旅行、株、パチンコ、ギャンブルまでマネギャルだからころ語れる幅広い話が!?

でもやっぱりギャルだし、結論はもちろん!?

そして、ファイナンシャルプランナー高橋さんによる、真面目な投資の話はこちら!

【マネーギャグアニメ動画】ラブホテル相場を制する者はクリスマスを制する!?

犬でコインな「わんわんわんコイン」は飼い主の「金田金男」くんが大好き!! …が、金男くんは500円なんて端金(はしたがね)とばかりに、わんわんわんコインをすぐにお金として使おうとするよ! この“すれ違い劇”の先に待つのは、絶望か!? 悲劇か!? …それとも愛か!?

第2話は…クリスマスムードで盛り上がる街で金男くんとゲームを楽しむわんわんわんコイン。そんな2人の前に″魅力的な”景品が…! また端金として使われてしまうのか… !? ピンチ! わんわんわんコイン!! 金田くんは「クリスマス限定」という釣りコピーに釣られてしまうのか…それとも… !?

気になる第2話はこちら!

非公開: 無職有識者の近吠えっ!! 第1回「ハロウィンに金を捨てるな」

 皆様、初めまして。ほぼ無職の自称有識者…無職有識者の市橋と申します。以後、お見知りおきになられても、何の得もないのでスッカリ忘れて下さい。

 さて早いモノで今年も師走を迎えます。そしてこの時期になると、日本人が急に色めき立つのがクリスマスですね。無宗教を謳(うた)いながら、キリストの生誕を祝う筈のその日を、無節操に騒ぎ立てるだけの国民の姿に、私は長年違和感を感じておりました。

 日頃は省エネを是としながら、クリスマスになると家の周りをイルミネーションでピカピカに飾る一般住宅も少なくなく、この狂乱振りには寒気さえ覚えるほどでした。そんなにピカピカが好きなら、最愛の我が子や恋人でも連れて、夜の工事現場でも見学に行きなさい。そうすれば必要に迫られたピカピカが、より明るく、激しく皆さんを照らすでしょう。

 しかしながらココまで日本人に浸透してしまったクリスマスを、今更止める事はできません。コレはもう末期です。手の施しようがないのです。病気でも何でも大切なのは予防です。予め防ぐ事が大切なのです。そう考えた時、このクリスマスに続く存在として危惧されるのがハロウィンであろう事には、皆様も異論はないでしょう。

 ハロウィンと言う存在が日本に上陸したのがイツかまでは正式に思い出せませんが、私が子供だった30年程前には、既にその言葉はありました。しかし昨今のこの狂乱とは全くの別物でした。良い年齢の大人たちが仮装をして、渋谷などの大都市に集結するなどと言う意味不明のイベントと化したのは何故でしょうか?

>>ハロウィンってみんなどれくらい参加しているの?(次ページ)

ランキング