日々の仕事の通勤・仕事の定期代を安くするお得情報

3411.jpg

このレシピを実行して

2750貯まる!
<材料>

・定期券、定期代の検索ウェブサイト

<How to>

1定期代を安くするためのコツとは

2乗り換えで定期が安くなる?

※1ヶ月: 約2750円~(八王子~東京間での1カ月と6カ月定期の差)

年末といえば冬のボーナスです。交通費の支給は月割や半年ごとなど会社によってさまざま。

ボーナスを支給されたら、まとめて定期代を支払おうと考えている人はいませんか。今回は、日々の仕事の通勤・仕事の定期代を安くするお得情報についてお知らせします。

1.定期代を安くするためのコツとは

通勤用の定期は、1カ月で買うよりも6か月買うほうがおトクになります。たとえば、八王子~東京間のJRの通勤定期の場合。1カ月は2万1880円ですが、6か月買うと11万4780円です。1回の出費は大きいですが、1カ月当たりの値段は2万円を切り、かなり安くなります。
これをさらに安くする方法として、分割購入があります。東京駅〜新宿駅、新宿〜八王子駅までと分割して購入した場合、一括して購入するよりもかなり安くなるのです。
電車の料金は、距離で決まるのが基本のため、たとえ同じ距離であっても、購入区間の距離を分割することで運賃体系の枠組みが変わって、同じ区間でも安くなるという摩訶不思議な現状が起こるのです。
ただし、中には並行する他社路線に対抗するための「特定区間」を設定している場合もあるので、どの区間で購入するとどのくらい安くなる、というのは一概には言えません。どう分割して購入すればどのくらい安くなるのか、というのは煩雑な計算が必要になってくるので、「乗車券分割プログラム」を提供しているウェブサイトで調べてみるのがいいでしょう。

2.乗り換えで定期が安くなる?

上に挙げた八王子~東京間の場合、八王子から荻窪までJRで、荻窪から東京駅まで東京メトロの丸の内線に乗り換えてみてはどうでしょうか。
この場合、1カ月の定期代は2万2470円とJRの通し定期券に比べて割高ですが、6か月で比べるとなんと、11万2980円と2000円近くも安くなります。ただし、乗り換えの手間を考えると、定期代の節約をとるか、時間の節約をとるかはその人しだいといえます。

このように、定期券代はいろいろなやり方をすることで節約できるようになるので、一度ゆっくり見比べてみるとよいかもしれません。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

新部若菜

4年間、資生堂に勤務、アメリカ留学などを経てフリーライターとなる。 ビジネスから美容、フード、トレンド系もフォロー。

新部若菜

関連記事

特集

関連記事

定期券を少しでも安く入手して交通費を抑えるポイント

電車通学や電車通勤をなさっている方の必須アイテム「定期券」。いつもそのままの値段で購入していませんか? そんなあなたは実はちょっと損をしているかもしれません。定期券は、ちょっとしたコツで少しお得に利用することができます。

・同じ運賃でも降りられる駅を増やす

まずは路線図を用意して、自宅最寄り駅と職場・学校の最寄り駅をチェックしましょう。
仮に自宅が「品川」駅、職場が「東京」駅で、山の手線を利用するとします。通常の運賃は170円となります。ここで、路線図を見ながら隣の駅「大崎」駅で降りた場合を調べてみましょう。実は、「東京」駅から「大崎」駅間も170円で行き来することができます。さらにその隣の「五反田」駅まで行っても170円です。
このような場合は、「東京」駅から「五反田」駅までの区間で買うと2駅分の運賃をお得に利用できることになります。

・定期券は期間が長い方がお得

定期券には「1ヵ月」「3ヵ月」「6ヵ月」の3種類がありますが、期間の長い定期券を購入する方がお得です。
先ほどの「東京」駅から「品川」駅で調べてみると、1ヵ月の定期券(5,170円)を6回購入するよりも6ヵ月の定期券(24,810)を1回購入した方が、半年で6,210円も節約することができます。
 ただし、長期的に見ると節約になるものの、一時出費の金額が大きいことなどデメリットもあります。

・クレジットカードで購入してポイント還元を利用

 定期券代は数万円~十数万円にもなることが多いため、クレジットカードで購入するとポイント面で結果的に節約になります。高額のものの購入では出来るだけクレジットカードを使うようにしましょう。
 また、東日本の場合はSuicaと提携しているビューカードを使って定期券を購入すると、ポイントが3倍に。1,000円の利用で6ポイント(15円相当)が還元されます。
 先ほどの「東京」駅から「品川」駅で6ヵ月定期を購入した場合、半年で360円分のポイントがたまります。

2015.6.15更新

電車やバスなど公共交通費を節約する3つの裏技を紹介

日々の移動で積み重なってしまう交通費。1回1回は小さな額なのですが、何も考えずに使っていると思いのほか大きな出費になってしまうもの。そんな交通費の節約方法をご紹介します。

・ICカードを利用してプチ節約

SuicaやPASMOなどのICカードを利用せずに「切符」を使って乗車した場合、ICカード利用時よりも少し高くなることをご存知でしょうか。

たとえば、「東京」駅から「品川」駅の移動。切符を購入した場合は1回170円ですが、ICカードを利用すると5円安い165円で乗車することが可能です。
たとえば同区間を週2回往復乗車した場合、1ヵ月で80円の節約になります。少額に見えるかもしれませんが、年間では960円と約1,000円近い差が出てきます。

・定期券は必要ないけど…という場合は回数券を

定期券の購入がお得になるのは、当該区間を週に4回以上往復する場合がほとんどです。では、週2回だけ往復する場合の節約方法はないのでしょうか?

定期券を購入すると損になってしまうものの、その区間を定期的に利用するという場合は、回数券の購入がおすすめです。

運賃10回分の価格で1回分の切符がおまけでついてくるのです。たとえば上記の区間ですと、10回回数券を購入した場合1,700円の節約になります。

・1日乗車券で中距離移動がお得に

複数の路線を組み合わせて移動する場合などは、1日乗車券を購入すると節約になります。

鉄道会社によって提供しているサービスが全く異なります。学生用など年齢・所属による割引があるものや、東京メトロと都営地下鉄のように指定された路線全線を定額で利用できる乗車券、休日のみ利用できる乗車券などさまざまな種類があります。

また、「東京フリーきっぷ」を利用すると、1日限定で東京メトロ全線、都営地下鉄全線、都電、都バス、日暮里・舎人ライナー、JR(都内のみ)が乗り降り自由になります。発売金額は大人1,590円、小児800円。

目的地までの合計金額(往復)を算出したあと、その金額より安く利用できる一日乗車券がないかを探すのがおすすめ。用途に応じて使い分けるのがベストでしょう。

2015.6.15更新

秋はそろそろ定期券の購入時、お得な購入方法教えます

会社に勤めていると、定期代が支給されますね。毎月一定額が支給される企業、半年分が一気に支給される企業などさまざまです。

定期代は、長期間購入した方がオトクなのはよく知られた話です。4月の年度初めの購入した定期が、そろそろ購入時期となる方も多いのでは。
今回は、さらに定期代を節約する方法を紹介します。

1.私鉄なら株主優待証を購入する!
ほとんどの私鉄では、株主向けに優待証を発行しています。これはなんと、半年間全線無料で乗り放題になるという素晴らしいもの。
ただし、これを手に入れるためにはかなり大口の株主にならないといけないのでは? と思うかもしれませんが、実はヤフオクや金券ショップに出品されていることがあるんです。
オークションで落札するとしても、定期券代に比べると2万円以上おトクになることも。

さらに、全線乗り放題ということは、会社に行くときだけでなく、休日に遊びに出かける日の交通費の節約にもつながります。こう考えると、かなりコスパがいいと言えるのではないでしょうか。
たいていの私鉄は6/1~11/30と12/1~5/31までを利用期間に設定しています。そのため、5月と11月が株主優待証が多く出回る時期になります。関心のある方は、1カ月間は通常定期でしのいで、ヤフオクなどをまめにチェックしてみてください。

2.JRは複数区間に分割して購入する
電車の料金は、距離で決まるのが基本ですが、同じ距離であっても距離を分割することで運賃体系の枠組みが異なり、たとえ同じ区間であっても安くなるというという現象が発生します。
例えば、東京駅〜八王子駅間のJRの通し定期券の1ヶ月の料金は「2万4,630円」です。しかし、東京駅〜新宿駅、新宿〜八王子駅までとで定期券を分割して購入した場合は、なんと「2万1,970円」となり、半年なら大幅に安くなります。
しかしながら、どう分割すれば一番安くなるのか、というのを確認するには細かな計算が必要になってくるので、「乗車券分割プログラム」を提供しているサイトを通じてチェックしてみましょう。

年間●万円も節約?!定期券は分割購入でオトクになる!

通勤用の定期券は、長期間買ったほうがオトクになるというのは、以前ご紹介しました。

実は、同じ区間の定期でも、通しで1枚買うよりも、複数枚に分けて購入したほうがオトクになる可能性があるというのはご存知ですか?
今回は、定期券の節約できる購入法として、分割して買う方法を紹介します。お盆休みで時間がある間に、検討してみて下さい。

1.分割購入で月数千円も違う?!
電車の料金は基本的に、距離で決まります。そのため、同じ距離でも、距離を分割することで、運賃体系の枠組みが異なり、同じ区間でも安くなるという不思議なことが起こるのです。

例えば、八王子から東京まで通勤している人の例を見てみましょう。
東京駅〜八王子駅まで、JRの通し定期券の1ヶ月の料金は「2万4,630円」です。しかして、東京駅〜新宿駅、新宿〜八王子駅までと分割して購入のした場合は、なんと「2万1,970円」と、その差は2,660円にもなるのです。これは驚きですよね。

ただし、並行する他社路線に対抗するために「特定区間」を設けていることもあり、どの区間がどのくらい安くなる、というのは一概に言えません。どうやって分割すればどのくらい安くなるのか、というのは煩雑な計算が必要になるので、「乗車券分割プログラム」を提供しているウェブサイトで調べてみましょう。

2.複数枚の定期もSuicaにできる!
定期券を2枚にするときは、Suica定期券にはできないので2枚持ちする必要があるといわれていましたが、JR東日本のウェブサイトによると、分割購入した2枚の磁気定期券でも、条件によっては1枚のSuica定期券にまとめることができるようです。
条件は以下の通りです。
・2区間ともJR東日本のSuicaエリアで完結する区間であること(ただしSuica一部対応駅を含まないこと)
・定期券有効期間(開始日および終了日)が同一であること
・定期券有効区間が各区間の発駅または着駅で接続しており、かつ経路が重複していないこと
・2区間とも通勤定期券で、かつ割引種別(無割引の場合を含む)が同一であること
・購入者が同一であること
・2枚の磁気定期券がいずれも現金で購入されたものであること 
※「2区間分割購入のSuica定期券」を新たに(または継続で)購入する場合は、クレジットカードも可能。
(JR東日本ウェブサイトより)

ただし、3枚以上の定期券の取扱いはないとのことです。この条件を満たせれば、定期券を2枚持つわずらわしさから解放されますね!

東京観光の交通費を節約する!

日本の文化がギュッと凝縮された浅草、様々なエンターテイメントが堪能できるお台場など、東京の観光スポットを挙げたらキリがないほど。2020年にはオリンピックの開催を控え、外国からの旅行者も着実に増加しています。

日本政府観光局(JNTO)の調査によると、2015年1月〜6月までに日本を訪れた外国人の旅行者は、約900万人。前年同月比46%という伸び率に。この波に乗って東京の観光スポットは今後ますます充実し、旅行者も増加することでしょう。
もちろん、日本人であっても、まだまだ知らない東京の魅力はあるはず。この夏、新たな東京を見つけに出かけるのも一興です。東京の観光巡りをするなら、都内に張り巡らされた電車を使うのが便利! フリーパスなどを利用して、オトクに東京を堪能しましょう。

▼日本政府観光局(JNTO)
http://www.jnto.go.jp/jpn/reference/tourism_data/visitor_trends/pdf/2013_15_tourists.pdf

■人気スポットのスカイツリーも回れる「下町日和きっぷ」
「下町日和きっぷ」は、京成線の都内エリアが1日乗り放題に! 柴又などディープな下町や、今や東京観光では欠かせない観光スポット・スカイツリーなどがエリア内にあります。料金は大人500円と格安! しかも、エリア内にある上野の森美術館などの施設、レストランやお土産店などで使える優待特典もついています。上野を探索した後、各駅でおいしいものを食べ歩きして、最後はスカイツリーで夜景を眺める…といったコースはいかがですか?

「東京メトロ一日乗車券」は、家族ならスタンプラリーもオススメ
都内の移動で何かと便利なのが、「東京メトロ一日乗車券」。今年2月に価格を値下げし、大人710円から600円、小児360円から300円と、さらにオトクになりました。夏休みに家族で利用するなら、スタンプラリーもオススメ。同じ料金で、今年は「仮面ライダードライブ」と「プリンセスプリキュア」のスタンプラリーを行っています。ただし、スタンプラリーの販売は枚数限定なので、購入はお早めに。

都営地下鉄で使える「夏のワンデーパス」はパワースポット巡りにも!
期間限定発売でオトク感が高いのが、都営地下鉄の大江戸線、浅草線、三田線、新宿線の乗り降りが自由になる「夏のワンデーパス」。大人500円、8月30日まで販売中です。エリア内には、大手町駅の皇居や、芝公園駅の増上寺など、都内中心部の観光スポットも充実。各駅のパワースポット巡りにも使えるかもしれませんね。ただし、平日の使用日は限られているので、ホームページなどをチェック!

ランキング