あなたは大丈夫?信用取引の“借金を抱える”リスクとは

このレシピを実行して

3000貯まる!
<材料>

・PC、スマホ、早割、クーポン

<How to>

1PC、スマホで早割、クーポンを確認

2クーポン利用で予約

※1ヶ月:約3,000円~(クーポンで幹事1名無料の場合)

3588.jpg

株式投資には信用取引という制度があります。

信用取引とはいわば株の借金のようなもので、一時的に株を借り、数日後、借りた分だけの株を企業に、返済するという制度です。その信用取引という制度を使うことによって、株価が下がりそうな株を空売りし、利益を上げることも可能ですし、株主優待のタダ取りで有名なクロス取引にも信用取引を利用します。

使い方さえ間違えなければ信用取引は、あなたの投資の幅を広げる有効な手段になりえます。しかし、株式投資始めたての人にはこの信用取引はあなたの投資生活に大きな損をもたらす恐れがあります。今回は信用取引において注意すべき点をお話ししていきます。

信用取引において初心者の方が最も勘違いしやすいポイントというのは、信用取引を利用した株式の売買は、現物取引よりも圧倒的に利益が出にくいということです。
というのも、まず信用取引には株を企業から借りているので金利が発生します。金利は売買手数料に加えて払う必要があり、借りている期間や借りる証券会社によって異なります。しかし、少なからず金利が発生するということは、それだけ現物取引に比べると儲けにくいということになります。

しかも一般的に信用取引を利用する人は自分が持っている資産以上に信用取引を行うために、レバレッジをかけて自分の資産以上に信用取引を行う人が多いのです。当然レバレッジをかければ、それだけリスクも大きくなる上に、単純に毎日かかる金利も大きくなるのです。
そして信用取引における最大のリスクとも言えるのが追証です。そもそも信用取引では自分を信用してもらい、株を借りるわけですが、株を借りるためには、株か現金での担保が必要になります。
追証について簡単に説明すると、自分が信用取引で買った、あるいは空売りしている株が一定の損を出してしまった場合、追加で担保(現金)を預け入れる必要があるのです。この追証が払えれば問題ないのですが、追証が高額である場合、信用取引株が強制的に売却され、含み損が実際の損へと確定してしまうのです。
信用取引でレバレッジをかけていて、損が巨大なものになっていた場合、自分の資産以上の金額を請求されることもあるのです。信用取引は便利な側面もありますが、利用するときは計画的に利用しましょう。

画像一覧

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

関連記事

株主優待がまだもらえる?例外的に追加で優待をもらう方法とは

前回の記事では“隠れ優待”ということで株主優待ではないけれど、株主優待相当の商品がもらえるということについてお話しました。実はこの株主優待相当の商品を受け取ることができるのは、“隠れ優待”だけではないのです。

株主優待をもらった上で、さらに株主優待相当の商品ももらえる方法なので、この情報を知っておくだけで年に1度だけではなく数回株主優待相当の商品をもらえる権利を獲得することができるのです。「株主優待を受け取るだけでなくもっとお得に商品をゲットしたい」そのように思われるのであれば、今からの記事を例え仕事出勤前の5分間でも目を通してください。

先に結論から言ってしまうと、隠れ優待以外に株主優待相当の商品を受け取る方法とは株主総会に出席するという方法です。

株主総会とは簡単に説明すると株式を発行している会社の取締役や会社の合併・解散などの重要事項を取り決める会のことです。この株主総会には前もって決められた日までに一定数以上の株を持っている株主には全員参加する権利が与えられます。

この株主総会に参加すると上記のような重要決定事項について1人の株主として意見を言ったりすることができるのですが、多くの企業はこの株主総会を終えたあとにお土産として株主優待相当の商品を株主に配ることも多いのです。

お土産は多くの場合はそれぞれの企業の自社商品を配っています。キリンホールディングスは「一番搾り」や「午後の紅茶」など、食肉加工会社の米久も2000円相当の自社商品など、たった2時間程度の会に出席するだけでも気前のいいお土産をもらうことができます。食品メーカーではない丸紅リースやぴあなどでは自社の商品ではなく、クオカードをお土産として株主総会の出席者に配っているようです。このように株主総会では自社製品に限らず、様々な株主優待品のようなお土産を配っています。

株主総会は平日の昼に行われることも多く、なかなか出席することは難しいかもしれません。しかし上記にあげたように2時間程度株主総会に出席すれば
株主優待相当の商品をもらうことができるので、時間が許せば参加してみてはいかがでしょうか。

株主優待がない企業にも実は存在する“隠れ優待”の正体とは

“隠れ優待”というものをご存知でしょうか。おそらく証券会社や優待について書かれているサイトを見ても、あまり書かれていないので初めて聞いたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

隠れ優待とは優待があるというように企業は公表していないけれど実は株主優待のように商品がもらえるという美味しい話があるのです。この隠れ優待を知っていると、株主優待だけではなく通常の株式投資をすることも楽しみがどんどんと増えて行くので、ぜひ知っておいていただけたらと思います。

さて、隠れ優待は優待同様の商品がもらえるというようにお話しましたが、それでは一体普通の株主優待とは何が違うのでしょうか。それは隠れ優待は株主優待のように株を持っていれば無条件に優待の商品がもらえるというわけではないという点です。

どのようにすれば優待がもらえるのかと言うと企業によって様々ですが、アンケートであったり、商品を抽選で受け取ることができるといったように株を保有している+αの条件がつけられることが多いです。つまり株主優待のように持っているだけというわけにはいかないけれど、ほんの一手間を加えるだけで優待相当の商品が手に入るというわけなのです。

しかしこの隠れ優待にはデメリットもあります。そのデメリットとは隠れ優待は株主優待のように公表されているわけではありません。ですので、隠れ優待は毎年必ずもらえるわけではないですし、なくなったからといって特に文句を言える訳でもありません。今年もらえたから来年も同じように優待がもらえるかといえばそのようなわけではないのです。

しかし、もし配当利回りが高くて隠れ優待ももらえるとなればなにも優待がないよりは、お得感を感じることができますし、なにより何ももらえないと思っていたのに突然優待が届くと嬉しいものがありますよね。

隠れ優待を大きな目的として数万円もの投資をするのは少しおかしいですが、株の売買の目安のひとつくらいにはなるでしょう。隠れ優待を好んで株を選ぶ投資家もいますし、隠れ優待の一覧なども一度調べてみてはいかがでしょうか。

株主優待でお金を受け取る方法

これまで株主優待を実際に自分が利用するという前提で、株主優待を実際にできるだけリスクを少なくしながら獲得する方法をお話ししてきました。

しかし実際のところ、興味のある優待を提供しているところが少なくて、イマイチ株主優待のお得感を感じにくいと思う方がいるのも事実だと思います。そこで今回は株主優待をさらにお得に感じてもらうために、株主優待をお金に換えるという方法についてお話していきます。

株主優待はその会社の商品の詰め合わせであったり、商品券などが配られることが多いです。「商品じゃなくてお金がもらえたら・・・」と思うかもしれませんが、実際のところ、そうは上手くいきません。しかしこの方法を知っているとあなたが受け取った株主優待をお金に換えることが出来てしまうのです。

その方法とは、株主優待で得た商品を売るという方法です。株主優待は商品券や割引券等、自分ではあまり使わないようなものが優待でついてくる場合があります。しかし、そのような自分では使わない商品券や割引券でも他の人にとっては重宝するというものがたくさんあります。

例えば航空会社のANAやJALが株主優待で提供している優待は、搭乗する1人辺りの片道運賃を50%割引するというものなのですが、旅行が好きな方や、実家が遠い人にとっては重宝します。店頭や時期によっても買い取り価格は異なりますが、おおよそ1枚辺り4000円で売れることが多いようです。航空の割引券でなくても、株主優待は特定の店の商品券であったり、クオカードであったりと金券ショップなどに持ち込むと換金できるような優待が山のようにあります。

このように株主優待を売るという手法をとったとしても十分な利益を見込めるものが実は結構あるのです。このように優待を現金に換える方法もあるので、どのような株主優待が高く売れそうか、実際の金券ショップを見てみて、どの商品券が換金率が高いかなどを考えて優待を手に入れてください!

必見!同じ株保有数で株主優待を最大限もらう方法とは

同じ株を同じ数だけ、証券会社から購入したとしても株主優待を多く受けとる方法があるとすれば知りたくはありませんか?これまでに株主優待をお得に手に入れる方法についてお話してきましたが、こちらの方法が最も簡単であり、取引も非常に楽にできます。

早速ですがその方法をお話すると「株を長期保有する」という方法です。一般的に株主は社会情勢や景気により株を売買するので、価値の下がってしまった株からは早く売ってしまいたいという心理が働き、持っている株を手放してしまいます。ですから会社側からすると、そのような短期でお金を稼ごうとするようなマネーゲームをしている人よりも、景気が悪く、多少価値が去ったとしても自社の株をずっと持っていて応援してくれるような長期株主を優遇しようというわけなのです。

では実際にどのくらい優遇されるのか気になると思うので、長期保有株主を優遇している会社の中でも特に人気なビックカメラで具体例を示してみます。ビックカメラは株主優待で年に2回、所有株式数および保有期間に応じた買い物優待券がもらえます。100株以上保有していれば2月末に2000円分、8月末に1000円分株主優待券と年に3000円分買い物優待券がもらえるのですが、もし1年以上株を保有していれば8月末にさらに1000円分、2年以上保有していれば2000円分も買い物優待券がもらえてしまうのです。つまり、2年以上ビックカメラの株を“持っているだけ”で年間5000円分以上もの買い物優待券を受け取ることができてしまうのです。

このように株を長期保有することは、会社からあなたに対して感謝の気持ちということで株主優待に表れて返ってくることもあるのです。短期間で結果を出したいという方にはオススメできませんが、すぐに結果に表れなくてもいいから長い目で株主優待をたくさん受け取りたいという方には、オススメです。長期保有を優遇する企業はまだまだ少ないですが、情報は日々更新されているので、しっかりと確認していきましょう。

これだけでいいの?株主優待の受け取り方やメリット、デメリット

今回は株主優待についてもっと詳しく知るためにどうすれば株主優待を受けることができるのか、メリットやデメリットなどについてお話していきます。

・どうすれば株主優待を受けることができるの?
株主優待の魅力はやはり商品がもらえることにあるのですが、その商品をもらうためには、その企業の株を一定数持っておく必要があります。この“一定数”というのは企業によって違います。50株でいい企業もあれば100株は必要な企業もあります。

また、同じ企業でも株を多く持っていれば、より豪華な株主優待を受けることができる場合もあるので、もし株主優待が欲しい企業が見つかったならば株をどれくらい持っていれば、どのような優待が受けられるのか事前に調べる必要があります。ほとんどの場合、企業の最終決算月の最終営業日に決められた株数を持っていれば、優待を受けることができます。

・メリット
株主優待は企業からのプレゼントなので、その企業から無料で商品券や地方の特産品を受け取ることができます。株主優待の商品は5000円以上の価値をもつ商品やサービスも多いので、日常生活ではなかなかできないようなちょっとした贅沢をすることができます。また企業の株は売ることもできるので、もし自分が買ったときよりも株の価値が上がっていたなら、株を売ることによってお小遣いを稼ぐこともできます。

例)
A社の株を1株1000円で100株買う。
→株の価値が1100円になる
→株を売ると100(円)×100(株)=10000(円)儲ける

というように株主優待を受け取るだけでなく、株でお金を稼ぐことができるチャンスがあるのです。

・デメリット
企業の株を持っているということは株価が下がってしまうこともあり得るわけです。株主優待しか見ていなくて株価のチェックを怠ると結果的に株主優待以上の損をしてしまったということにもなりかねません。しかし株の上がり方、下がり方にはそれぞれ特徴があります。その特徴をしっかりと把握することによりリスクを最小限にすることができるのです。

いかがだったでしょうか。株主優待にはそれぞれメリット、デメリットがありますが総合的にはメリットが大きい気がします。

きちんと株の知識を身につけることにより株主優待で得られるメリットを最大限に活用して下さい!

ランキング