もうすぐ冬至!カボチャ+材料100円でメインディッシュを作ろう

このレシピを実行して

700貯まる!
<材料>

・フライパン

・かぼちゃ、ほか詳細は以下

<How to>

1《かぼちゃの下ごしらえ》種とわたを取り除き、食べやすい大きさに切る

23つの段取りで簡単調理!

※一食につき500〜700円ほどオトク

3584.jpg

今年の冬至は12月22日。

一年の間でもっとも昼間の時間が短いと言われている冬至には、昔から「かぼちゃ」を食べる風習があり、代表的な料理として広く知られているのが、かぼちゃとあずきなどを一緒に甘辛く煮込んだ「いとこ煮」。かぼちゃはカロチンやビタミンなどを多く含み、風邪予防にも効果的だと言われているのです。
煮物など、付け合わせに使われることが多いかぼちゃですが、じつはメインのおかずとしても活躍する野菜。ここでは、1人100円以内で作れる、かぼちゃのオトクなメインディッシュを紹介します。調理は2人分。おおよその費用も参考にしてください。

■ コトコト煮込んだかぼちゃとトロリとしたクリームが好相性!
「かぼちゃと鶏肉のクリーム煮」

【費用】1人分80円、2人分190円
【材料】かぼちゃ1/4個(80円)、玉ねぎ1/2個(20円)、鶏肉150g(60円)、牛乳250cc(30
円)
【調味料】油、小麦粉、コンソメ、塩、こしょう

1 材料を食べやすい大きさに切り、油を敷いたフライパンに「鶏肉→玉ねぎ→かぼちゃ」の順番で入れて炒めます。
2 小麦粉をまぶして粉っぽさがなくなったら牛乳、コンソメ、塩こしょうを加えてさらに炒めます。
3 材料が柔らかくなったら出来上がり!

■ じゃがいも入りでお腹がいっぱいに!
「かぼちゃのスペイン風オムレツ」

【費用】1人分100円、2人分200円
【材料】かぼちゃ3cm(20円)、じゃがいも2個(50円)、ソーセージ3本(70円)、卵3個(60
円)
【調味料】オリーブオイル、塩、こしょう

1 半月型など食べやすい大きさに切った野菜を、オリーブオイルを敷いたフライパンに「じゃがいも→かぼちゃ→ソーセージ」の順番で入れて炒めます。
2 中火で3分ほど炒めたらフタをして、弱火で10〜15分ほど蒸し焼きにします。
3 そこに、塩こしょうを加えて掻き混ぜた卵を加え、弱めの火で卵が固まるまで炒めて完成!

▽▽▽
冬至の風習、あわせてどうぞ。風邪予防にも!
「ゆず湯」→風邪予防&美肌効果
「こんにゃく料理」→1年間使った腸内の大掃除

画像一覧

  • もうすぐ冬至!カボチャ+材料100円でメインディッシュを作ろう

執筆者

麻布たぬ

映画・演劇・音楽・アニメなどエンターテイメント系の雑誌編集歴13年。 現在は雑誌やWebサイトで執筆。最近は走ることで心身を鍛え、物やコトに執着しない“エネルギーの断捨離!?”を実践中。

麻布たぬ

関連記事

関連記事

少しのアレンジで毎日でも飽きずにお鍋を食べよう!

だんだんと寒さも厳しくなって、冬本番を迎えました。冬の定番料理といえば、やっぱり鍋!

家族と、友人と囲む鍋は美味しくて、体も温まります。最近ではその経済的な優秀さから一人鍋も注目されていますよね。なにより食材を切って入れるだけという手軽さは秀逸です。しかし、あまりに鍋が続いてしまうと飽きてしまうのも事実。そこで、飽きずに美味しく食べるお鍋のアレンジレシピをご紹介いたします。

1. 洋風スープでマンネリ脱却

昆布出汁で食材を煮てポン酢で食べる。これがお鍋の定番ですが、鍋のスープ
を変えて変化を出していけば毎日飽きずに食べられます。豆乳鍋やみそ鍋をや
っても結局和風鍋にしかならないので、思い切って洋風鍋に舵を切りましょう
。いつもの昆布出汁に醤油、みりん、酒、塩で味を調えて野菜やお肉を煮たら
、あとはカマンベールチーズを丸ごと一個投入するだけ!チーズが溶けたら完
成です。白みそを加えるとさらに美味しくなりますよ。〆の雑炊もチーズが絡
んで絶品です。スープを水、コンソメキューブとすりおろしにんにくに換えれ
ばもっと洋風になりますので、具材もトマトなど普段入れない食材が使えてさ
らに変化がつけやすいですね。

2. つけダレ方式で飽きの来ないレシピ

お鍋のスープを変えても、最初から最後まで同じ味で飽きてしまうという方には、水炊き鍋をおすすめします。肝心なのはつけダレ方式の鍋ということ。自分好みのつけダレを作って食べられるので、家族で好みがバラバラ、辛い鍋が食べたいけど子どもがまだ小さいなどの悩みを一気に解決してくれます。途中で味に飽きたら調味料を変えてつけダレを作れば良いだけなので、一回のお鍋で何種類も味わえます。定番のごまだれに少しカレー粉を入たり、ラー油を垂らすだけでもいいですし、はちみつを加えれば子どもも喜びます。変わり種としては粉チーズ、マヨネーズ、酢と胡椒でシーザー風味なんていかがでしょうか?ナンプラーと香草、レモン汁でタイ風など、和洋中を越えて世界の味が堪能できます。

3. タジン鍋で時短調理

出汁を取るのが面倒くさい、沸騰させて具材を煮る時間がもったいないという方には、タジン鍋を使うのがおすすめです。タジン鍋とはとんがり帽のような形の蓋がついた鍋で、カットした野菜やお肉をいれて蓋をし、あとは火にかけるだけなんです。食材の水分だけで具材を蒸すので水溶性のビタミンやミネラルがスープに溶け出すことなく、栄養価を丸ごと頂けます。上記のつけダレ方式で好みの味で食べられますし、スープを沸騰させることなく短時間で調理できるのも光熱費の節約につながって嬉しいですね。

外食よりも安い!健康のためにも旬の秋の味覚が入った弁当を狙え!

外食より安いということで人気が高まっている「中食」。デリバリーやお惣菜、コンビニやお弁当屋さんのお弁当など、外で買ってきた食べ物を自宅で食べることをいいます。

買ってきたものを自宅で食べるのであっても、季節感は大切にしたいですよね。今回は、季節感のあるお弁当で秋の味覚を楽しむ技をお知らせします。

1. 中食を利用しているのは男性が多い!
リクルートライフスタイルの調査によると、2014年度の中食市場規模は1兆1,056億円。延べ回数シェアでは「30代・男性」が13.5%でもっとも多く、次いで「40代・男性」、「20代・男性」と、男性の利用率が高いそうです。圏域別の中食市場規模は、首都圏6,694億円、関西圏2,969億円、東海圏1,393億円と、人口比よりは少し首都圏の割合が高いのは、男性の一人暮らしが多いからでしょうか。

2. 健康のために秋の味覚が入ったお弁当を狙おう!
男性の購入するお弁当は彩りや栄養バランス、ヘルシーさよりも、価格やボリュームを重視しがち。そうなるとどうしても脂っぽいものや味の濃いものが多くなり、健康にもよくないのはご存知の通りです。

そこで、旬の味覚が入ったお弁当を意識して買ってみましょう。食べ物は旬のものが一番おいしくて栄養価も高いのです。

たとえば、ローソンの新商品「秋の味覚と鮭焼き漬け弁当」。今が美味しい秋鮭と、きのこ、栗、かぼちゃなどの秋の味覚が彩りよくちりばめられています。606カロリーなので、成人男性であれば十分なはずです。鮭のサーモンピンクはスタキサンチンという色の成分で、体に有害な活性酸素という物質をやっつける働きがあります。また、EPAやDHAという体によい脂肪酸も多く含まれます。秋鮭はおいしいだけでなく、身体にもよい食材なのです。

セブンイレブンの「秋を味わう!たっぷり3種きのこのサラダ」なども、秋の味覚であるきのこをたっぷり使った商品。きのこは食物繊維が豊富で、食べ応えがあるので、おなか周りが気になる男性にもぴったりです。

食費などの生活費を浮かせたいなら結婚するべき?

最近の芸能界では、ビッグな結婚ニュースが次々と報告されています。福山雅治さんと吹石一恵さんの結婚ネタはいまだにYahoo!ニュースを賑わせていますし、この夏は堀北真希さんと山本耕史さんの電撃婚も伝えられました。

その一方で、一般人の結婚は多様化しています。“晩婚化”はすでに一般化していますが、入籍することなくお互いに夫婦と認める“事実婚”や、あえて結婚しない“非婚”という選択も増えているといいます。

ところで、食費などの生活費を考えたとき、一人暮らしか夫婦暮らしかどちらがオトクなのでしょうか。もちろん、収入や暮らしぶりに個人差はありますが、一人暮らしの人が結婚をしたらどうなるのか、一人当たりにかかる平均的な費用について考えてみました。

賃貸物件の場合。1人当たり3万円ほど節約できる
一人暮らしでは6~7万程度のワンルームや1Kに住むことが一般的。一方、新婚夫婦の住まいは9~10万程度の1LDKや2DKが多い傾向です。2人になったからといって、住む場所の広さが「倍」にならなくても生活することが可能。結婚をしたほうが、1人当たり3万円ほど節約ができそうです。

食費は1人当たり1万円ほど節約できる
新婚夫婦の一カ月の食費は、平均3~4万5千円程度。1日平均1000~1500円くらいです。
最近は一人暮らし向けのファーストフードや中食(自宅で食べられる総菜など)の種類が充実していますが、それでもやはり一カ月に2~3万円程度はかかるでしょう。結婚をしたほうが、1人当たり1万円は節約できそうです。

光熱費はほぼ変わらず
電気代、ガス代、水道代といった光熱費は、部屋の広さや使用する時間に比例します。総務省の調査によると、一カ月の光熱費は、一人暮らしで1万2000円程度、2人以上の世帯は2万3000円程度。一人当たりに換算すると、ほぼ変わらない結果となっています。

食事や光熱費など毎日のように消費するものは、ある程度、人数に比例して費用が増える傾向がありますが、家具・家電など長く使っていけるモノは、2人で「共同で使用する」ことができそうです。そう考えれば、1人よりも2人のほうが物質的に豊かな生活が送れるかもしれません。もし“結婚”にこだわらない場合は、友人や仲間との“シェアハウス”などもまた然りです。

食品系の「オススメ優待」をご紹介します

これまで様々な株主優待をお得に手に入れる方法や株主優待銘柄を買う方法についてお話してきました。

今回は具体的に手に入れて損はない株主優待銘柄を紹介していきます。株主優待には様々な種類があるので今回は飲食編ということで、食べ物や食事券などを優待として取り扱っている株主優待銘柄の中からオススメの銘柄を3つ、ご紹介します。

・吉野家ホールディングス
全国的に展開している吉野家を身近に感じる人も多いのではないでしょうか。吉野家ホールディングスでは100株で年に2回、合計6000円分の優待券を得ることができます。吉野家はそもそもの価格設定が安いので優待利回り等ももちろん良いのですが、それ以上にお得に感じることができる優待銘柄ではないでしょうか。

・健康コーポレーション
年に1度の優待を提供している健康コーポレーションですが配当利回りが6%前後と高い優待利回りを誇っています。健康コーポレーションはダイエット食品や健康食品を提供している会社です。あの有名なRIZAPもこの健康コーポレーションのグループ会社のひとつです。

健康コーポレーションでは100株、株を保有していれば4000円相当の商品から優待商品を選択して受け取ることができます。株主優待を食品券や割引券などで受け取ってしまうと使い忘れた等ということがあるかもしれませんが、自社製品を選んで受け取ることができれば、そのようなこともありません。
女性の方には嬉しい優待商品なのではないでしょうか。

・コロワイド
コロワイドは手作り居酒屋「甘太郎」やイタメシヤ「ラ・パウザ」、他にも焼き肉で有名な「牛角」、すしやうどんなど様々な業態で使える食事券ポイントがもらえます。このポイントは年に4回1万ポイント、つまり合計4万ポイント(4万円分)が年に優待として手に入れることが出来ます。

しかもコロワイドは優待ポイントが使い切れなかった場合でも日本各地の特産品と交換できるのです。せっかく株主優待で食事券も使いどころがなければ、持っていても仕方ありませんが、コロワイドの場合は近くに店舗がなくても株主優待を余すことなく使えることが嬉しいです。
株主優待がもらえるのは500株以上で株価も上昇傾向にあるので資金はいりますが、人気の優待銘柄です。

いかがだったでしょうか。この他にも様々な株主優待銘柄はありますし人によっては、他の銘柄をオススメしたいという人もいると思います。それでも株主優待の優良銘柄を知りたいと思っている方のために今回具体的な株主優待銘柄を紹介させていただきました。ぜひ参考にしてみてください。

1円たりとも無駄にしない!株主優待食事券を上手に活用する4つのポイント

突然ですが、食事券が優待となっている株を選ぶときに買うかどうかを決める基準がありますか?
おそらく近くに店舗があるかだとか優待利回りがいいものであったりだとか選ぶ理由は様々だと思います。

しかしそれだけでは株主優待食事券を最大限に有効に使えてるとは言えません。そこで今回は株主優待食事券で最大限のお得感を味わうための4つのポイントについてお話していきたいと思います。

有効期限が長いものを選ぶ
多くの優待食事券が半年〜1年間の有効期限を設けています。頻繁に行くところであれば多少有効期限が短くても問題ないかもしれませんが、それほど行かない場所では期限切れになることも十分に考えられます。
おすすめは年に2回の優待があり、有効期限が1年間であるものです。1度の利用で2回分の食事券が使えれば大人数であってもお得に食事をすることができていいですよね。

近くに店舗がある
上記の有効期限にも関係してきますが、近くに店舗がないとなかなか食事券を使うことが難しいです。自分の行動範囲内に購入する株主優待食事券が利用できる店舗があるかどうかをチェックしておくといいでしょう。

株主優待食事券の使用条件がないところ
株主優待食事券によっては曜日、時間帯、枚数などに使用制限がかかってある場合があります。大戸屋HDやロイヤルHDなどはこのような条件がないので、近くに店舗があるという方にはおすすめです。

自分がその店舗で食事券を使うとしたら、その曜日や時間帯に行く事が多いかを事前に考えておくことも必要となってきそうです。

金額の刻みが小さい
金額が大きい方が1回の支払いが便利になるのではないか?と疑問に思われるかもしれません。しかし多くの株主優待食事券ではお釣りが出ないという欠点があります。コロワイドなどでは食事券という形ではなく、優待ポイントとして1ポイント = 1円として扱えるので、1ポイントも無駄にすることなく使用できるという点でおすすめです。

いかがだったでしょうか。今回はいかにお得な株主優待食事券の満足度を最大限にする方法についてお話してきました。この4つのポイントを意識する事で余すところなく株主優待食事券を楽しみましょう。

ランキング