格差!高所得者ほど健診の受診率高い…厚労省調査

3594.jpg

 厚生労働省は12月9日、平成26年「国民健康・栄養調査」の結果を取りまとめて公表した。所得が低い世帯ほど野菜類や肉類の摂取が少なく、経済的な理由で食物の購入ができなかった人は男女とも約4割いることがわかった。

 調査は平成26年11月に実施。国民の健康の総合的な推進を図るための基礎資料として毎年行っている。平成26年は所得と生活習慣等に関する状況を重要項目として調査した。平成26年の国民生活基礎調査で設定された単位区から無作為抽出した300単位区内の5,432世帯を対象に実施し、有効回答は3,214世帯。

 所得と生活習慣等に関する状況(20歳以上)として、食生活では所得の低い世帯は高い世帯より穀類の摂取量が多く、野菜類や肉類の摂取量が少なかった。穀物摂取の平均は世帯所得200万円未満の世帯員(男性)が535.1グラム、200万円~600万円未満は520.9グラム、600万円以上は494.1グラムだった。

 肉類の摂取は600万円以上の世帯員(男性)で122.0グラム、200万円~600万円未満で111.0グラム、200万円未満で101.7グラムと、所得が下がるほど摂取量は減っている。野菜の摂取量も同様で、600万円以上の世帯員(男性)は322.3グラム、200万円~600万円未満は288.5グラム、200万円未満は253.6グラムと600万円以上の世帯員より約70グラム少なかった。

 食品を選択する際に重視する点は、世帯所得600万円以上(女性)で「おいしさ」は81.0%、200万円~600万円は75.7%、200万円未満70.4%。「安全性」は世帯所得600万円以上(女性)で71.7%、200万円~600万円未満68.4%、200万円未満59.3%と、所得が下がるほど低い割合になっている。年齢階級別にみると、男性では20歳代を除きすべての年齢期階級で「おいしさ」、女性は40~50歳代で「価格」と回答した割合がもっとも高かった。

 過去1年間で経済的な理由で食物の購入を控えたまたは購入できなかった経験のある者は男性が35.5%、女性は40.6%だった。控えたまたは購入できないことが「よくあった」理由として、「価格」と回答した人が7割以上ともっとも高かった。

 健診(健康診断、人間ドック等)については、未受診者の割合は世帯所得600万円以上(男性)16.1%に対し、200万円~600万円未満(男性)は、27.2%と高くなっている。歯の本数でみると、世帯所得600万円以上(男性)で20歯未満の者は20.3%だが、200万円~600万円未満(男性)は27.5%と増加し、女性も200~600万円未満の世帯員で26.5%と高かった。

 過去1年間で健診を受診しなかった割合は全体で男性は27.8%、女性37.1%。年齢階級別に見ると、男性は70歳以上、女性は30歳代がもっとも高かった。女性の肥満者の割合は未受診者で有意に高く、男女とも現在習慣的に喫煙している者の割合、運動習慣がない者の割合、血圧の平均値は未受診者で有意に高くなっている。

画像一覧

  • 所得と生活習慣等に関する状況(一部)
  • 経済的理由で食物購入を控えたことがあるか
  • 食物購入を控えた理由
  • 健診の受診状況

提供元

関連記事

関連記事

冬の健康維持に!お金がかからないウォーキングで景色を楽しみながら運動しよう!

冬場は外に出るのがおっくうになるかもしれませんが、夏と違って汗を大量にかくこともないので、ウォーキングには適している季節といえます。

わざわざ気負ってウォーキングの時間を作らなくても、通勤のときに一駅分手前から歩いたり、駅までの交通手段をバスや自転車から徒歩に変えるところから始めるだけでもよいでしょう。今回は、ウォーキングでお金をかけずに景色を楽しみながら運動するコツを紹介します。

1.「やりすぎ」は禁物!適度な運動から始めよう
適度な運動は、血液の循環をよくしてダイエットや美肌効果があるほか、気持ちの切り替えにもなるので、ストレスを軽減することにもつながります。ただ、こうした健康維持のための運動で大切なのは、「細く長く続けていくこと」です。そのため、いきなりたくさんがんばろうとするのではなく、少しずつでも自分の適量を見つけながら続けていくことが肝心です。上でも述べたように、通勤のときに一駅分手前から歩いたり、駅までの交通手段をバスや自転車から徒歩に変えるところから始めてみましょう。

2.冬のウォーキングは夏より痩せやすい!
都内の電車一駅分を歩くと、だいたい20分くらいの距離です。体重にもよりますが、消費カロリーはだいたい40~60カロリーほどになります。夏場は汗をたくさんかくので運動した気分になりますが、主に体温をさげているだけで、カロリーの消費は少なくなります。冬場は体温維持のためにエネルギーを消費するので、脂肪を燃焼するために適しており、夏よりも痩せやすいといわれています。

3.朝のウォーキングでより効果的に!
有酸素運動をすると、その後しばらくは身体が脂肪を燃やしやすくなります。そのため、朝に運動すると、一日中身体の代謝が高い状態を維持できるので、よりダイエット効果が見込めます。冬の朝は寒くて早起きがつらい、という人も多いかもしれませんが、ウォーキングをするにはいいこと尽くしの時間帯と言えます。

会社員等の場合における健康保険料の決まり方

毎月支払っている健康保険料。保険料は人によって異なっていますが、どうして異なっているのかご存知ですか?「お給料が違うから」―確かにそうなのですが、単純にお給料額から保険料が決まるとはいえないので現状です。

健康保険料は、単純な保険料額ではなく、標準報酬月額に保険料率をかけて決まります。

 健康保険料 = 標準報酬月額 × 保険料率 (都道府県によって異なります)

お給料額は、毎月残業等によって変わるので、1年間変わらない数字ということで標準報酬月額が使われます。この標準報酬月額は、毎年4月、5月、6月の3ヶ月のお給料の平均から求めます。

例)4月22万円、5月21万円、6月20万円(22万円+21万円+20万円)÷3ヶ月=21万円

このお給料の平均を基に標準報酬月額表から標準報酬月額を求めます。21万円の場合は、22万円が標準報酬月額となります。

この標準報酬月額ですが、「なぜ21万円のお給料なのに22万円で計算されるの?損じゃない!」と感じることと思います。これは標準報酬月額表の報酬月額に幅があるため仕方がないこと。実は、219,999円のお給料の場合も21万円で計算されるのです。

この標準報酬月額にかける保険料率ですが、協会けんぽの場合は都道府県別に、会社の健康保険組合の場合は、組合ごとに異なります。例えば東京都の場合は、9.97%です。
したがって、東京都の協会けんぽに加入している場合の保険料は
22万円 × 9.97% = 21,934円
この保険料を会社と折半します。
21,934円 ÷ 2 = 10,967円

協会けんぽの場合は、基本的に本人と会社の負担割合は50%ずつですが、健康保険組合については、社員の負担を軽くするためにパーセンテージを変えている組合もあります。

このように健康保険料は、会社が費用を半分負担しているので少なくて済みます。反対に会社を辞めて、この健康保険を任意継続被保険者として継続した場合は、会社負担がなくなり、全額自己負担となります。また、国民健康保険に加入した場合も全額自己負担です。
半分の保険料で健康保険に加入できるのですから、やはり正社員はアルバイトやパートと比べて
恵まれた待遇と言えるのではないでしょうか?

寒くなる前にペットの健康診断をしておこう!犬ドック・猫ドックの値段相場を紹介

年末に近くなると、寒さも本格化してきます。

日本と気候の違う地域を原産地とする種類のペットたちにとっては、つらい季節の到来です。とくに、近年では高齢ペットも増加しており、一見何の問題もなく元気そうに見える子でも、実は病気を抱えていることが少なくありません。家族の一員でもあるペットが寒さで体調を崩したりすることがないように、寒くなる前にペットの健康診断をしましょう。犬ドック・猫ドックの気になる費用の相場や検査項目などを紹介します。

1. 健康診断の項目ってどんなことをするの?
検査の範囲によって項目は異なります。簡単なものであれば、問診や検温、触診、聴診器などによる全身のチェックなど。初めてかかる動物病院でなければ、1000~2000円程度の低額で行ってくれるようです。
内臓の見えないところまで検査するには、血液検査が必須になります。血液検査は10項目から20項目程度で調べる項目が選べます。項目が増えると値段も上がり、費用の目安は5,000円~15,000円程度。このほか、健康状態によって心電図検査、血圧測定、血液検査や検便・検尿、超音波、レントゲンなどを実施します。

2.人間ドックの犬版「ドッグドッグ」とは
上記で挙げた項目をまとめて検査をし、犬の健康状態を調べる「ドッグドッグ」や猫の「キャットドッグ」は、最近いろいろな動物病院で力をいれているものです。完全予約制で前夜は食事禁止と、まさに人間の人間ドックのペット版といったもの。費用は15,000円~20,000円程度に設定されている病院が多いようです。

3.健康診断は年に1度は受けておこう
大切なペットの健康を守るために、日ごろから食事のようすや排せつの状態などをチェックしておきましょう。異常があれば、すぐにかかりつけの獣医に相談です。

とくに異常がなくても、パピー~アダルトは1年に1度、シニア期に入ったら半年に1度は健康診断、もしくはドッグドッグ」や「キャットドッグ」を受けるようにしましょう。

外食よりも安い!健康のためにも旬の秋の味覚が入った弁当を狙え!

外食より安いということで人気が高まっている「中食」。デリバリーやお惣菜、コンビニやお弁当屋さんのお弁当など、外で買ってきた食べ物を自宅で食べることをいいます。

買ってきたものを自宅で食べるのであっても、季節感は大切にしたいですよね。今回は、季節感のあるお弁当で秋の味覚を楽しむ技をお知らせします。

1. 中食を利用しているのは男性が多い!
リクルートライフスタイルの調査によると、2014年度の中食市場規模は1兆1,056億円。延べ回数シェアでは「30代・男性」が13.5%でもっとも多く、次いで「40代・男性」、「20代・男性」と、男性の利用率が高いそうです。圏域別の中食市場規模は、首都圏6,694億円、関西圏2,969億円、東海圏1,393億円と、人口比よりは少し首都圏の割合が高いのは、男性の一人暮らしが多いからでしょうか。

2. 健康のために秋の味覚が入ったお弁当を狙おう!
男性の購入するお弁当は彩りや栄養バランス、ヘルシーさよりも、価格やボリュームを重視しがち。そうなるとどうしても脂っぽいものや味の濃いものが多くなり、健康にもよくないのはご存知の通りです。

そこで、旬の味覚が入ったお弁当を意識して買ってみましょう。食べ物は旬のものが一番おいしくて栄養価も高いのです。

たとえば、ローソンの新商品「秋の味覚と鮭焼き漬け弁当」。今が美味しい秋鮭と、きのこ、栗、かぼちゃなどの秋の味覚が彩りよくちりばめられています。606カロリーなので、成人男性であれば十分なはずです。鮭のサーモンピンクはスタキサンチンという色の成分で、体に有害な活性酸素という物質をやっつける働きがあります。また、EPAやDHAという体によい脂肪酸も多く含まれます。秋鮭はおいしいだけでなく、身体にもよい食材なのです。

セブンイレブンの「秋を味わう!たっぷり3種きのこのサラダ」なども、秋の味覚であるきのこをたっぷり使った商品。きのこは食物繊維が豊富で、食べ応えがあるので、おなか周りが気になる男性にもぴったりです。

健康保険証があれば病気になっても安心

「お医者さんのお世話になったことがない」と言う人は、ほとんどいないのではないでしょうか。私たちは病院等で診察を受け、その後窓口でお金を払います。実はこのお金、私たち自身は、実際かかった費用の3割しか支払っていないのです。

例えば、風邪をひいて病院へ行きます。そこで1万円の診察代と薬代がかかったとすると、私たちは、窓口で1万円を支払わなければならないのでしょうか?

答えはNOです。

窓口で健康保険証を見せれば、3割の3,000円を支払うだけ。しかし、反対に健康保険証がなければ、1万円を支払わなければなりません。お金がかかるので病気になっても簡単にお医者さんに行くことができなくなります。私たちが、ちょっとした病気でも医師に診てもらうことができるのは、実際にかかった医療費の3割(小学校入学以降70歳未満の場合)だけの支払いで済むからなのです。

また、健康保険に加入していると様々な場面で利用することができます。例えば海外で病気やケガをした場合、出産をした場合、病気やケガで働けなくなった場合(国民健康保険を除く)等。これらの具体的な内容、利用方法については、今後ご紹介をしていきます。

健康保険に加入したら、健康保険料を毎月支払いますが、加入する健康保険によって保険料は異なります。公務員は共済の「健康保険組合」、会社員は「協会けんぽ」か働いている会社の「健康保険組合」、そして会社の健康保険に加入できない人やフリーで働いている人、自営業者、無職の人等は、市区町村役場の「国民健康保険」。保険料は公務員、会社員の場合は毎月支払われる賃金によって決まります。国民健康保険の場合は、市区町村によって保険料の計算方法が異なるのですが、やはり収入を得ている人が高くなります。

公務員や会社員は有無をいわさず給料から天引きされてしまうので保険料を納めないということはありませんが、自営業やフリーの場合は自分で納めるため、家計が厳しいという理由で保険料を払わない人も少なくないようです。しかし、保険料を納めなければ健康保険証がもらえず、全額自己負担になるため、病気になってもお医者さんに行かないといった悪循環に。こんな時は、市区町村役場の保険課で相談をしてください。減免や減額など保険料が安くなる制度がありますので、それを利用して、健康保険証をもらうのです。病気は早めに直すことにこしたことはありません。

2015.6.15更新

ランキング