少しのアレンジで毎日でも飽きずにお鍋を食べよう!

このレシピを実行して

4900貯まる!
<材料>

・洋風スープ、調味料、タジン鍋

<How to>

1洋風スープでマンネリ脱却

2つけダレ方式で飽きの来ないレシピ

3タジン鍋で時短調理

※1ヶ月: 約4900円~(タジン鍋で都市ガスを使い6分調理した場合とカセットコンロで鍋を1時間調理した場合の光熱費の差額×30日間)

3546.jpg

だんだんと寒さも厳しくなって、冬本番を迎えました。冬の定番料理といえば、やっぱり鍋!

家族と、友人と囲む鍋は美味しくて、体も温まります。最近ではその経済的な優秀さから一人鍋も注目されていますよね。なにより食材を切って入れるだけという手軽さは秀逸です。しかし、あまりに鍋が続いてしまうと飽きてしまうのも事実。そこで、飽きずに美味しく食べるお鍋のアレンジレシピをご紹介いたします。

1. 洋風スープでマンネリ脱却

昆布出汁で食材を煮てポン酢で食べる。これがお鍋の定番ですが、鍋のスープ
を変えて変化を出していけば毎日飽きずに食べられます。豆乳鍋やみそ鍋をや
っても結局和風鍋にしかならないので、思い切って洋風鍋に舵を切りましょう
。いつもの昆布出汁に醤油、みりん、酒、塩で味を調えて野菜やお肉を煮たら
、あとはカマンベールチーズを丸ごと一個投入するだけ!チーズが溶けたら完
成です。白みそを加えるとさらに美味しくなりますよ。〆の雑炊もチーズが絡
んで絶品です。スープを水、コンソメキューブとすりおろしにんにくに換えれ
ばもっと洋風になりますので、具材もトマトなど普段入れない食材が使えてさ
らに変化がつけやすいですね。

2. つけダレ方式で飽きの来ないレシピ

お鍋のスープを変えても、最初から最後まで同じ味で飽きてしまうという方には、水炊き鍋をおすすめします。肝心なのはつけダレ方式の鍋ということ。自分好みのつけダレを作って食べられるので、家族で好みがバラバラ、辛い鍋が食べたいけど子どもがまだ小さいなどの悩みを一気に解決してくれます。途中で味に飽きたら調味料を変えてつけダレを作れば良いだけなので、一回のお鍋で何種類も味わえます。定番のごまだれに少しカレー粉を入たり、ラー油を垂らすだけでもいいですし、はちみつを加えれば子どもも喜びます。変わり種としては粉チーズ、マヨネーズ、酢と胡椒でシーザー風味なんていかがでしょうか?ナンプラーと香草、レモン汁でタイ風など、和洋中を越えて世界の味が堪能できます。

3. タジン鍋で時短調理

出汁を取るのが面倒くさい、沸騰させて具材を煮る時間がもったいないという方には、タジン鍋を使うのがおすすめです。タジン鍋とはとんがり帽のような形の蓋がついた鍋で、カットした野菜やお肉をいれて蓋をし、あとは火にかけるだけなんです。食材の水分だけで具材を蒸すので水溶性のビタミンやミネラルがスープに溶け出すことなく、栄養価を丸ごと頂けます。上記のつけダレ方式で好みの味で食べられますし、スープを沸騰させることなく短時間で調理できるのも光熱費の節約につながって嬉しいですね。

画像一覧

執筆者

新部若菜

4年間、資生堂に勤務、アメリカ留学などを経てフリーライターとなる。 ビジネスから美容、フード、トレンド系もフォロー。

新部若菜

関連記事

関連記事

鍋の季節!家でお得に出来るちょっぴり変わったお鍋レシピ

木枯らしがきつい季節。身体の芯から温まる鍋料理が恋しくなりますよね。お鍋は、冷蔵庫にある食材で作れる節約料理の代表格ですが、もっとおトクにできる鍋料理のレシピを紹介します。

1.余った餃子の皮の新しい使い方!
家で餃子を作った時、余った皮はどうしていますか? 餃子の皮ピザにしたり、チーズを挟んで揚げ餃子にしたり……などでしょうか。それよりもっと簡単に餃子の皮を消費する方法があります。それは「鍋の具にする」です。鍋の具材に餃子の皮をプラスすることで、スープを吸ってボリュームもアップ。節約にもつながります。

人気の豚肉と白菜のミルフィーユ鍋。ミルフィーユのあいだに餃子の皮をはさんでみましょう。ぐつぐつとスープのなかで煮ることでワンタンのようにモチモチに。

餃子のあんを皮で包んで餃子鍋……という工程がめんどうなときは、「包まない餃子鍋」はいかがですか。

土鍋に白菜を敷いて、次にひき肉をしょうがやニンニクで味付けをして団子状に丸めたものをおき、ニラを重ねます。水・料理酒を加えてしばらく蒸したら、その上に餃子の皮を重ねて加熱します。手間も省けて餃子の皮も消費できる簡単レシピです。

2.あんかけでボリュームアップ
鍋の残りスープはどうやって〆ていますか? 雑炊やリゾット、うどんが定番ですが今年はスープを「あんかけ」にしてはいかがでしょうか。あんかけにすることで、ボリュームもアップして、満足感があがりますよ。
お鍋の残りスープにきのこや白菜などの野菜を加えてあんかけを作り、ごはんにかけたらおいしいあんかけごはんに。うどんであんかけうどんにしてもいいですし、焦げ目をつけた中華そばであんかけ焼きそばにしても。
本格的に作る時は、残りスープにオイスターソースやXO醤などを加えると、本格的な中華あんかけになります。
鍋の〆に食べても良いですが、翌日まで取っておけば、立派なランチの一品になります。節約できて手間もかからない優秀メニューです。

簡単に育つ!“リボベジ”で鍋野菜を収穫

 “リボベジ”とは“再生野菜”のこと。普段なら捨ててしまう野菜のヘタなどを、もう一度食べられるように育てることです。以前はNHKの朝番組「あさイチ」にも取り上げられて話題になりました。

 特にこれからの季節は、鍋料理が美味しい時期。キッチンで野菜を収穫できたら嬉しいですよね。

 身の回りにある材料だけで、簡単にできてしまうリボベジ。毎日することといえば、水を取り替えてあげることくらいです。どの野菜も1週間〜10日程度で収穫できます。

水菜を育てる
リボベジの中でも、特に簡単に育てられるのが水菜です。根っこをすこし長めに切り、水を入れたタッパや空き瓶に漬けるだけ。水の高さは根っこが浸るくらい。シャキシャキの新葉が脇から芽を出し、1週間ほどで収穫できます。

小松菜を育てる
根っこの残った小松菜を購入し、根っこから3センチほどで切ります。カットして水を入れたペットボトルなどに浸しておけば、1週間〜10日ほどで柔らかい葉っぱが出てきます。カットした部分は水に浸さず、適度に日光に当てることがポイント。

人参や大根を育てる
根野菜も、葉っぱだけですが増やすことができます。葉を上にして3〜4センチのところでカットし、水に漬けておきます。実の部分が葉っぱの養分になりますので、あまり薄く切りすぎないことがポイントです。

リボベジに成功したら水耕栽培にも挑戦を!
水耕栽培は、種から育てるのが一般的。野菜が再生するリボベジとは違い、お店で買ってきたような野菜が自宅で収穫できます。ホームセンターなどで購入した、豆苗、カイワレ大根(100円ほどで購入可)などの種を、土がわりのスポンジや脱脂綿に蒔き、容器に水を浸して置いておくだけ。最初はダンボールなどをかぶせて光を遮断し、10cmくらい芽が出たら日光に当てると、10日ほどで収穫できます。

資産管理系アプリで外食コストを管理。食費を賢く節約。

特に一人暮らしの方に多いようですが、外食での出費が非常に多いということが挙げられます。もちろん自炊をすれば済む話ですが、自炊での節約に固執しすぎると、生活が窮屈になってしまいますよね。

外食には、友人と話したりお酒を飲んでストレスを発散したりできるという効用があります。ストレスの発散ができず、病気になってしまったり、我慢の限界になってつい散財してしまったりしては何の意味もありません。毎日外食では節約できませんが、自炊とうまくバランスを取って外食をしていきましょう。

クレジットカードを作る
クレジットカードと節約はイメージが結びつかないかもしれませんが、現金よりも入出金が管理しやすいため、一枚は持っておいた方がいいのです。
また、新たにクレジットカードを作るときはキャンペーンを利用するようにしましょう。たとえば楽天カードなどは、新規加入、エントリー、利用で楽天ポイント8000ポイントプレゼントというキャンペーンを行っています。また、時期によって追加ポイントなどがあるときがあるので定期的にチェックしましょう。ただキャンペーンに応募する時は必ず「エントリー」を忘れないようにしましょう。エントリーしていないともらえるはずの楽天ポイントがもらえなくなります。
そして、新規に作ったクレジットカードを「外食専用」のカードにするのです。外食の決済は必ずそのカードで行うように徹底します。

資産管理アプリをダウンロード
いまやスマホの資産管理アプリは何十とあります。代表的なものでは、マネーフォワードやMoneytreeなどがありますが、多くのアプリで銀行預金のほかに、カード情報を管理することができます。そうすることで、外食専用カードで毎月いくら使ったのかが明確になるのです。多くの場合、節約できない理由は、自分がいくら使っているかわからない、現実を見ていないことにあります。自分の外食の記録を「見える化」すれば、節約することは意外と簡単なのです。私の経験では、少なくとも1ヶ月で2000円前後の節約ができると思います。

食費などの生活費を浮かせたいなら結婚するべき?

最近の芸能界では、ビッグな結婚ニュースが次々と報告されています。福山雅治さんと吹石一恵さんの結婚ネタはいまだにYahoo!ニュースを賑わせていますし、この夏は堀北真希さんと山本耕史さんの電撃婚も伝えられました。

その一方で、一般人の結婚は多様化しています。“晩婚化”はすでに一般化していますが、入籍することなくお互いに夫婦と認める“事実婚”や、あえて結婚しない“非婚”という選択も増えているといいます。

ところで、食費などの生活費を考えたとき、一人暮らしか夫婦暮らしかどちらがオトクなのでしょうか。もちろん、収入や暮らしぶりに個人差はありますが、一人暮らしの人が結婚をしたらどうなるのか、一人当たりにかかる平均的な費用について考えてみました。

賃貸物件の場合。1人当たり3万円ほど節約できる
一人暮らしでは6~7万程度のワンルームや1Kに住むことが一般的。一方、新婚夫婦の住まいは9~10万程度の1LDKや2DKが多い傾向です。2人になったからといって、住む場所の広さが「倍」にならなくても生活することが可能。結婚をしたほうが、1人当たり3万円ほど節約ができそうです。

食費は1人当たり1万円ほど節約できる
新婚夫婦の一カ月の食費は、平均3~4万5千円程度。1日平均1000~1500円くらいです。
最近は一人暮らし向けのファーストフードや中食(自宅で食べられる総菜など)の種類が充実していますが、それでもやはり一カ月に2~3万円程度はかかるでしょう。結婚をしたほうが、1人当たり1万円は節約できそうです。

光熱費はほぼ変わらず
電気代、ガス代、水道代といった光熱費は、部屋の広さや使用する時間に比例します。総務省の調査によると、一カ月の光熱費は、一人暮らしで1万2000円程度、2人以上の世帯は2万3000円程度。一人当たりに換算すると、ほぼ変わらない結果となっています。

食事や光熱費など毎日のように消費するものは、ある程度、人数に比例して費用が増える傾向がありますが、家具・家電など長く使っていけるモノは、2人で「共同で使用する」ことができそうです。そう考えれば、1人よりも2人のほうが物質的に豊かな生活が送れるかもしれません。もし“結婚”にこだわらない場合は、友人や仲間との“シェアハウス”などもまた然りです。

1円たりとも無駄にしない!株主優待食事券を上手に活用する4つのポイント

突然ですが、食事券が優待となっている株を選ぶときに買うかどうかを決める基準がありますか?
おそらく近くに店舗があるかだとか優待利回りがいいものであったりだとか選ぶ理由は様々だと思います。

しかしそれだけでは株主優待食事券を最大限に有効に使えてるとは言えません。そこで今回は株主優待食事券で最大限のお得感を味わうための4つのポイントについてお話していきたいと思います。

有効期限が長いものを選ぶ
多くの優待食事券が半年〜1年間の有効期限を設けています。頻繁に行くところであれば多少有効期限が短くても問題ないかもしれませんが、それほど行かない場所では期限切れになることも十分に考えられます。
おすすめは年に2回の優待があり、有効期限が1年間であるものです。1度の利用で2回分の食事券が使えれば大人数であってもお得に食事をすることができていいですよね。

近くに店舗がある
上記の有効期限にも関係してきますが、近くに店舗がないとなかなか食事券を使うことが難しいです。自分の行動範囲内に購入する株主優待食事券が利用できる店舗があるかどうかをチェックしておくといいでしょう。

株主優待食事券の使用条件がないところ
株主優待食事券によっては曜日、時間帯、枚数などに使用制限がかかってある場合があります。大戸屋HDやロイヤルHDなどはこのような条件がないので、近くに店舗があるという方にはおすすめです。

自分がその店舗で食事券を使うとしたら、その曜日や時間帯に行く事が多いかを事前に考えておくことも必要となってきそうです。

金額の刻みが小さい
金額が大きい方が1回の支払いが便利になるのではないか?と疑問に思われるかもしれません。しかし多くの株主優待食事券ではお釣りが出ないという欠点があります。コロワイドなどでは食事券という形ではなく、優待ポイントとして1ポイント = 1円として扱えるので、1ポイントも無駄にすることなく使用できるという点でおすすめです。

いかがだったでしょうか。今回はいかにお得な株主優待食事券の満足度を最大限にする方法についてお話してきました。この4つのポイントを意識する事で余すところなく株主優待食事券を楽しみましょう。

ランキング