アジアが人気!年末年始の海外旅行、人気1位は台湾

3572.jpg

日本旅行業協会は、会員企業の社員453人を対象に、年末年始の人気の方面調査を実施するともに、大手ホールセーラー会社7社に年末年始の販売動向調査も実施、年末年始の旅行の人気ランキングを発表した。

海外の年末年始旅行人気ランキング1位は、前年2位だった台湾、2位は前年トップだったハワイとなった。3位はグアム、4位がグアム、5位がベトナムだった。

年末年始の日並びで、出発日のピークが12月30日、帰国のピークが1月2日に集中し、航空座席なども取りにくい状況。旅行先はロング方面より近隣のアジアに集中している。ロング方面のヨーロッパが低調ながら近場の韓国や東南アジアが人気となっている。

また、オーストラリアや、6月にヒューストン、11月にダラス線が就航したことでアメリカ本土の人気が上昇しているという。ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラスの利用を希望する人が増加傾向にある。

国内の人気ランキング1位は東京(東京ディズニーリゾート含む)で、前年の3位から上昇した。2位は前年1位だった沖縄、3位が大阪、4位が北陸新幹線開業の効果で北陸が前年の11位から急上昇した。5位はハウステンボスや世界遺産などが人気の九州。

日並びのため、海外旅行よりも国内旅行が好調となっている。

<関連記事>

画像一覧

  • 台湾 台北(参考画像)
  • 日本観光(秋葉原)

提供元

関連記事

特集

関連記事

年末の旅行にいかが?SIMフリースマホと海外旅行専用SIMのセット登場!

 アイツーは4日、海外旅行専用のSIMフリースマートフォン「VK6050S」とトラベルSIMのセット「あんしんトラベルフォン」を発売した。端末価格は29,800円。

 同社は、海外旅行者向けのプリペイドSIM「トラベルSIM」を販売。端末は中国vkworld製のスマートフォン「VK6050S」で、LTEにも対応している。日本では利用できず、海外専用となる。

 「VK6050S」は、6,050mAhの大容量バッテリを内蔵し、ほかのスマートフォンへの給電も可能。待受時間は11日間、連続通信時間は12時間。仕様は、ディスプレイが5.5インチ(1280×720ピクセル)、OSがAndroid 5.1、プロセッサが1.5GHz駆動のクアッドコア、メモリ2GB、ストレージ16GB。カメラは背面1300万画素/前面500万画素。

 ネットワークはLTEに対応し、デュアルSIMも搭載する。Buletooth 4.0、テザリングをサポートしており、「トラベルSIM」のトーク用、データ通信用ユーティリティアプリもインストールされている。本体サイズは幅78mm×高さ148mm×奥行9.5mm、重さは約184g。ボディカラーはBlackとWhiteの2色が用意される。

 また、同社では中国OUKITEL製の3Gスマートフォン「OUKITEL U7 PRO」とのセットも発売した。こちらは端末価格19,800円。

 セットとなる「トラベルSIMトーク」は、世界200ヵ国以上で利用可能。音声通話対応の海外旅行用SIMカードが4,600円となるキャンペーン(限定1,000枚)も行っている。

年末の前に!冬は飲み会・正月など、お酒を飲む機会が増える季節には、サプリを飲んで体調管理

10月末のハロウィーンに始まり、12月の忘年会やクリスマス、年越し、お正月、新年会、バレンタインデーまで、この数か月はイベント尽くし。イベントと言えばお酒がつきものですから、この時期はお酒を飲む機会も量も増えますね。

また、おいしいものを食べすぎて体重が増えてしまうということもあります。今回は、イベントシーズンをサプリの力で乗り切るワザを紹介します。

1.飲み過ぎには秋ウコンの力を借りよう!
英語でターメリックと呼ばれるウコンはショウガ科の薬草で、カレーなどに使われる黄色のスパイスといえば、覚えのある方も多いのではないでしょうか。
ウコンには実は春に咲く 「春ウコン」と秋に咲く 「秋ウコン」の2種類があって、それぞれ効能が違います。

飲み過ぎに効く、肝臓の働きを高める作用があるのは圧倒的に「秋ウコン」です。クルクミンという健康維持に役立つ成分が豊富で、春ウコンの約10倍以上ともあると言われています。

クルクミンは、特に肝臓への効果がすぐれていると言われるポリフェノールの一種で、肝臓の解毒機能を強化したり、胆汁の分泌を促進する作用を持っています。肝機能を向上させる効果以外にもコレステロール値を低下させる効果も期待されています。

2.体重管理にはこのサプリ
体重維持に効果がある食欲抑制サプリは、日本製のものより欧米製のほうが効果があるという声が多いようです。日本よりも肥満が問題化しているお国柄からでしょうか。

ダイエット用の海外製サプリで代表的なものとしては、「リポドリン」というものがあり、強力な発汗作用と食欲抑制効果があります。食欲抑制や脂肪燃焼効果のあるエフェドラエキストラクトが配合されているため、運動や通常のダイエットでは落としにくいと言われているお腹まわりやお尻、太ももなどの脂肪を落としたいときに効果を発揮するようです。

服用の仕方は、朝食1時間後に1~2錠、昼食1時間後に1錠で24時間以内に4錠以上は服用してはいけないので、夕食後はとらないように気をつける必要があります。

年末調整で税金を取り戻そう!

 今年も残すところ1ヶ月を切りました。個人の所得は暦年で計算するため、年末になると今年の所得金額が確定し、税額も確定します。

 お給料をもらっている人は、毎月源泉所得税を天引きされていると思います。あの引かれている金額は、実は概算額で、月々このくらいもらう人はこのくらいの税額だろうということで、いわば仮払いの状態なのです。そこで、年末に所得が確定した時点で正確な税額を計算し、仮払いとの差額を調整するのが「年末調整」となります。

 また、正確な税額を計算する際には、様々な調整項目(所得控除、税額控除)があり、主に次のようなものがあります。

 1.扶養控除…自分の収入で生活している人が他にいる場合、その年齢や人数で所得を減額してもらえます。
 2.配偶者(特別)控除…結婚している人で、相手が一定収入以下の人が受けられます
 3.障害者控除…本人、配偶者、扶養親族が障害者の場合
 4.生命保険料控除…個人年金と一般保険があります。保険会社からのハガキ(生命保険料控除証明書)が必要です。
 5.地震保険料控除…こちらも保険会社から地震保険料控除証明書が来ます。
 6.社会保険料控除…お給料の場合、本人分はすでに天引きされていて月々の源泉徴収税額にも反映済みですが、扶養親族の分を手取り金額の中から払ったような場合は追加の所得控除になります。
 7.住宅ローン控除…初年度に確定申告をした2年目以降の人。銀行発行の借入金残高証明書、税務署から送られてきた書類(給与所得者の住宅取得等特別控除申告書)などが必要です。

これは上記1~6(所得控除)と違い、税額から直接控除される(税額控除)のでお得感が大きいです。

 主だったものは以上ですが、忘れやすいものもあります。例えば、年の途中で結婚した人は2を、20歳を過ぎた学生のお子さんの国民健康保険と国民年金を払った人は6を忘れがちです。また、4や5の控除証明を失くしてしまった人は再発行が必要なので、注意してください。

 このほかに年末調整では控除を受けられない、医療費控除、住宅ローン控除(初年度)、寄付金控除(ふるさと納税など)などに該当する場合や、これらに該当がなくても給与を2か所以上からもらっていたり、1か所でもたくさんもらっている人(2000万円超)の場合などは確定申告が必要になります。

年末の大掃除で出たゴミ、DIYでリサイクルインテリアにしちゃおう!初心者でも出来るエコなインテリアDIY

年に一度の大晦日の大掃除。ここぞとばかりに断捨離をする方も多いのでは。年末の大掃除で出たゴミも、アイディアひとつで捨てずにインテリアとしてリサイクルできちゃうんです。

日曜大工とか工作とが苦手だし……という人もいるかもしれません。今回は、初心者でも出来るエコなインテリアDIYについてご紹介します。

1.牛乳パックがおしゃれなスツールに変身
スーパーや地域の廃品回収などに出すことが多い牛乳パックを使って、おしゃれなスツールができちゃうんです。作り方はかんたんなので、お子さんと一緒に手作りしてみてはいかがでしょうか。

まず、飲み終わった牛乳パックをキレイに洗ってハサミで切り開き、上部の1か所と底の部分は取り除き、上部2か所はハサミで切っておきます。
側辺の一面を貼りあわせてセロテープでとめ、三角柱を作ります。
この三角柱を組み合わせて、好きなサイズの六角柱を作ります。踏み台や子供用のいすにできるスツールなら、1個あたりだいたい牛乳パック24本か36本を使うのが標準のようです。

六角柱の上下には、補強のために段ボールを貼ります。
上部はクッション材の綿や余り布を中に入れて布をかぶせ、サイドは布をぐるっと巻きます。布はお好みのデザインや色を選んでくださいね。
もっと大量の牛乳パックを組み合わせていけば、ソファも作れてしまいます。

2.インテリア小物はアイディア次第
インテリアのアクセントになる小物づくりはアイディアしだいです。
たとえば、子どもが飽きてしまったビニール製の恐竜や動物のフィギュアなどはありませんか。背中をくりぬいて、100均などで買えるミニ観葉植物を入れれば、リアルな鉢カバーのできあがり。

ほかにも、金属製のトレーにカラーリングして、メッセージボードとして壁掛けに。マグネットがくっつくので実用性も高いものができます。
大掃除で出たゴミをもう一度見直して、リサイクルできないかどうか、アイディアをふくらませてみてくださいね。

年末の帰省時に実家に荷物を送りたい!各宅配便業者の送料比較

年末年始、実家に帰省する際に荷物を別送したり、お年賀の品物を送ったりと、何かと宅配便を利用することが多くなる時期かもしれません。

その他、日常的にお取り寄せやネットオークションなどで宅配便を使っている人も多いでしょう。そういうときの送料ってばかになりませんよね。今回は、送るものの特徴に合わせた送料節約のコツをお知らせします。

1.洋服を送るなら「はこBOON」
はこBOONは、3辺の長さの合計が160cm以内という制限の中で、重さに応じて値段が決まります。そのため、衣類のような重さはないけれどもかさばる荷物や、梱包材を多く入れなくてはいけない壊れ物の発送などに向いています。
年末年始に長い期間帰省する人で、衣類を別送したいという場合に向いていますね。
はこBOONは、ネット上で申し込みをしてファミリーマートから発送依頼します。

2.重たいものを送る時は「ゆうパック」
ゆうパックはサイズが60(縦・横・高さが60センチ)以下であれば重さは30kgまで同一料金という設定です。そのため、重たいものを送るとトクになります。たとえば、年末年始でりんごやみかんなどの重たいものをだれかに贈りたいというときなどは向いていますね。

ゆうパックなら、送りたい荷物を郵便局やコンビニに持ち込んで送料を払うだけで100円引きになるので、持ち込める重さのものであれば、自分で持ち込むと節約になります。

3.クロネコメール便の代わりに!郵便局の新サービス「クリックポスト」
クリックポストは、34(長辺)×25(短辺)×3(厚さ)センチ、重さ1キロまでの荷物をわずか164円で送れるという、郵便局の始めた新しいサービスです。
2015年3月末で廃止になったクロネコメール便の代わりとして注目されています。ゆうメールや定形外郵便を使っていたとしたら、クリックポストに変えると少しおトクになるでしょう。
厚さはクロネコメール便よりも厚い1センチ、重さは1キロまで同一料金なので、既存のサービスよりも送れるものの幅が広いのが特徴です。

ランキング