スタンプで交流!10代女性8割がLINEスタンプ利用、金額は500円未満

3517.jpg

 10代のおよそ9割がLINEを利用しており、10代男性の77.9%、女性の82.6%が「毎日」利用していることが、スマートアンサーの調査からわかった。また、10代女性の8割以上が、有料LINEスタンプを購入した経験があると答えている。

 コロプラが運営するスマートアンサーでは、スマートフォンを使ったネットリサーチサービスを行っている。LINEに関する調査は、スマートアンサーのユーザー2万2,001人を対象に、2015年11月10日午後8時から11月12日午後5時頃まで行われた。

 スマートフォンのユーザーに対して、現在LINEを利用しているかを聞くと、10代では男性の89.1%、女性の94.2%が利用していると回答。年代の上昇とともに利用率は低くなっており、男性30代では78.0%、男性50歳以上では66.1%となっている。女性も同様だが、女性30代で86.9%、女性50歳以上で82.8%と、男性より利用率が高く、年代上昇に伴う利用率低下もゆるやかな傾向にある。

 LINEを利用する頻度については、いずれの年代・性別でも、半数以上が「毎日」と答えた。もっともLINE利用率が高い10代の割合を見ると、男性の77.9%、女性の82.6%となっている。

 LINEスタンプの利用経験については、10代では男女ともに9割以上が経験あり。有料LINEスタンプの購入経験については、10代男性で68.7%、10代女性では81.0%が「購入したことがある」と答えた。年代の上昇とともに「購入経験あり」の割合は低くなるが、女性は50歳以上でも49.4%となっており、LINEスタンプの普及度の高さがわかる。

 また、今までに購入した金額の合計を聞くと、もっとも多いのは「500円未満」で47.6%。ついで「500円~999円」21.4%と、7割近くが1,000円未満となっていた。その後は、1,000円~1,999円15.7%が続き、2,000円~4,999円が合計で9.9%、5,000円~9,999円未満は1.7%だった。

画像一覧

  • スマートアンサー「LINEに関する調査結果」
  • LINEを利用する頻度
  • いままでのLINEスタンプ購入金額

提供元

関連記事

関連記事

LINE、タイムラインでの広告表示を開始……海外展開も視野

 LINEは30日、コミュケーションアプリ「LINE」のタイムラインにおいて、広告配信・表示を開始することを発表した。12月1日より、外部企業案件でのトライアル運用を開始する。

 「タイムライン」は、LINEの友だちと、近況や情報を共有できる機能。通常のメッセージと異なり、投稿の形で行われ、相手が能動的にタイムラインをチェックすることで、内容を閲覧できる。

 広告表示においては、「Sponsored」表記を付記して表示。タイムラインに固定の枠を設ける。属性・興味関心分野の推計情報を活用した、広告の配信・表示にも対応する計画だ。

 タイムラインでの広告配信・表示については、2015年11月よりLINE関連サービスなどの社内案件でのテストをすでに実施中とのこと。一定の成果を確認できたことから、2016年春頃にかけて、外部企業の案件のトライアル運用を行う予定。将来的には、LINEユーザーが多いタイ・台湾・インドネシアなど他の国・地域での運用も段階的にスタートさせる。

インテル、開発者向け支援でLINEと連携……インドなどで公式アカウント開設

 インテルは2日、ソフトウェア開発者に向けた技術情報支援とIoT対応ソリューションの導入促進を目的とした連携で、LINEと合意した。

 開発者がよりスムーズに情報を入手できるよう、IoT、ゲーム開発、インテルRealSenseテクノロジー、Android/Windows開発などの最新情報を、コミュニケーションアプリ「LINE」を使い発信する。第一弾として、インドとインドネシアにて、ソフトウェア開発者向けのLINE公式アカウントを開設。LINE公式アカウントを通し情報を共有。ソフト開発者やメーカー向けに開かれたオンラインコミュニティを形成するという。

 あわせてIoTソリューションの開発も協働して行う。ホームオートメーション、デジタルサイネージ、インテリジェント自動販売機などを含むIoTについて、「LINE ビジネスコネクト」を通し様々な取組みを行い、それらのソリューションを他パートナー企業に提供する。キリンビバレッジバリューベンダーが、インテリジェント自動販売機を提供することが決定している。

LINEスタンプがこどもを救う!世界共通スタンプ配信でユニセフ支援

 コミュニケーションアプリ「LINE」は、ユニセフ(国際児童基金)を支援するLINEスタンプ「LINE × UNICEF スペシャルエディション」の配信を9月15日から開始した。日本を含む世界12の国と地域で配信し、売上げはユニセフに寄付される。

 ユニセフの活動を支える「ユニセフ募金」を効果的に募ることを目的に、日本や欧米12の国や地域を対象に、ユニセフとLINE社がグローバルパートナーシップの一環として展開する。LINEのプラットフォームを活用したマーケティングPR活動を行い、3年間で約3億 6,000万円の資金調達を目指す。

 スタンプは、LINEアプリ内のスタンプショップで、人気キャラクターのブラウンやコニーなどがユニセフのロゴ入りTシャツを身に付けたデザインなど全24種類。1スタンプセットは世界共通で1ドル(日本円120円、LINEコイン50コイン)で販売する。1スタンプセット購入ごとにユニセフへ1ドルが寄付される。

 スタンプの販売、使用期間は9月15日から無期限。募金は発展途上国の子どもたちの健康や栄養改善、基礎教育など、子どもたちの救済のために使用される。

【夏休み】親子のコミュニケーション、LINEの利用率、年代で2極化

 MMD研究所は10日、「子どもの携帯電話に関する調査」の結果を発表した。調査期間は7月30日~8月4日で、20~49歳の母親9,352人から回答を得た。

 それによると、回答者のうち、「小学生以上の子どもに携帯電話端末を持たせている母親」(N=4,109)に、「子どもと携帯電話でコミュニケーションを取る際に利用するツール」を聞いたところ、「よく利用する」1位は「LINE」36.3%で、「通話」27.9%、「メール」25.6%を大きく上回っていることが明らかとなった。一方「まあまあ利用する」についてLINEは多くなく、合計では「通話」が1位となっている。

 また、LINEに関しては「利用しない」との回答が48.7%と半数近くになっており、「よく利用する」母親と「利用しない」母親が2極化している傾向があることも明らかになった。

 母親の年代別に見てみると、20代の母親が最も「よく利用する」ツールは「通話」60.7%で「メール」「LINE」は34.6%で並ぶ。30代も「通話」36.2%だが大きく数字が下がり、「LINE」29.6%、「メール」23.0%となり、40代では「LINE」38.4%がトップで、全ての世代の中で最もLINE利用者の割合が高い結果となった。「メール」26.1%、「通話」24.3%で、年齢があがるほどLINEをよく使うという母親が増えていた。

 なお、年代別傾向の理由は明示されていないが、母親の年齢が高いほど子どもが高学年であるため、スマホを持っている子どもが多い(逆に低年齢の子どもでは、音声通話機能のみのフィーチャーフォン端末を持たせている、LINEを許可していない)といった背景が推測される。

お金をテーマにした「わんわんわんコイン」を『マネーゴーランド』で配信開始!

あのDLEが開発したオリジナルタテ型動画コンテンツ お金をテーマにした「わんわんわんコイン」を『マネーゴーランド』で配信開始!

株式会社ビジネス・アーキテクツ(本社:東京都港区、代表取締役社長:林 亨、以下BA)は、自社で運営するマネー関連Webメディア『マネーゴーランド』において、新キャラクターによるオリジナルタテ型動画コンテンツ「わんわんわんコイン」の配信を開始いたしました。

2015年7月より本格運営を開始した『マネーゴーランド』は、利用すればするほど利用者自身に「お金が貯まるノウハウ」が身に付く独自開発のユーザーインターフェース“お金レシピ”や、マネー関連の専門家が執筆した「お金にポジティブな消費者」を育成する記事と同時に、継続的な動画コンテンツの配信も実施しております。

今回配信を開始した『わんわんわんコイン』は、BAの親会社である株式会社AOI Pro.(本社:東京都品川区、代表取締役社長:中江康人、以下AOI Pro.)と、株式会社ディー・エル・イー(本社:東京都千代田区、代表取締役:椎木隆太、以下DLE)とのキャラクター開発共同事業の第1弾となるキャラクターです。また、このコンテンツはスマートフォンでの視聴に最適化された最新のタテ型フォーマットを採用しております。

AOI Pro.および、DLE双方の豊富な実績とノウハウが生み出したオリジナルキャラクターに、BAが創業以来培ってきたデータに基づいたコンテンツ制作とマーケットでの活用知見を融合したこの取り組みにより、動画コンテンツマーケティングの新たな可能性を追求すると同時に、利用者に高い付加価値を提供する“お金メディア”を創出してまいります。

————————————————————————
■「わんわんわんコイン」とは?
————————————————————————
「お金」がテーマの新キャラクター、犬でコインな「わんわんわんコイン」は飼い主の「金田金男」くんが大好き!! …が、金男くんは500円なんて端金(はしたがね)とばかりに、わんわんわんコインをすぐにお金として使おうとするよ! この“すれ違い劇”の先に待つのは、絶望か!? 悲劇か!? …それとも愛か!?

タイトル: 「わんわんわんコイン」
配信日 : 2015年12月1日(火)配信開始、隔週火曜日配信予定
キャスト: わんわんわんコイン: モリ、金田金男: 佐藤結良
スタッフ: 監督: モリ、脚本: 谷川裕基・モリ
制作  : DLE

————————————————————————
■メディア概要
————————————————————————
サイト名:マネーゴーランド
URL:http://money-goround.jp/
『マネーゴーランド』は「賢く、楽しく、お金にポジティブ」を運営コンセプトに、金融商品未経験者およびマネー低関与層を幅広く取り込む独自コンテンツを発信する、画期的なコンテンツマーケティングプラットフォームサイトです。

■株式会社ビジネス・アーキテクツ
会社名 : 株式会社ビジネス・アーキテクツ (Business Architects Inc.)
設立  : 1999年1月27日
事業内容: Webコミュニケーションに関わる総合ソリューション事業
代表者 : 代表取締役社長 林 亨
URL  : http://www.b-architects.com/
————————————————————————
■株式会社AOI Pro.
————————————————————————
会社名: 株式会社AOI Pro. (AOI Pro. Inc.)
設立: 1963年10月25日
事業内容: テレビコマーシャルの企画及び制作、デジタルコンテンツの企画及び制作、エンタテイメントコンテンツの企画及び制作
代表者: 代表取締役社長 中江康人
URL: http://www.aoi-pro.com/

————————————————————————
■株式会社ディー・エル・イー
————————————————————————
会社名 : 株式会社DLE (DLE Inc.)
設立  : 2001年12月27日
事業内容: ファスト・エンタテインメント事業(ソーシャル・コミュニケーション領域、IPクリエイション領域)
代表者 : 代表取締役 椎木隆太
URL  : http://www.dle.jp/jp/

————————————————————————
■本リリースに関するお問い合せ先
株式会社ビジネス・アーキテクツ 
広報担当
〒104-0032 東京都中央区八丁堀4-5-4 FORECAST桜橋 5F
mailto:info@b-architects.com
————————————————————————

ランキング