「ミクチャ」は西高東低、10代が利用する動画SNSはエリアで差あり

3454.jpg

 ジャストシステムは2日、「10代限定! SNS利用実態調査」の結果を発表した。調査期間は11月17日~23日で、同社のアンケートサービス「Fastask」を利用する、15~19歳の男女551名から回答を得た。

 それによると、スマホユーザー(533人が現在利用しているSNSは、「LINE」93.8%がトップ。以下「Twitter」74.9%、「Facebook」37.5%、「Instagram」34.0%が続く。動画の投稿機能に注力している、いわゆる“動画SNS”は「Vine」12.2%、「MixChannel(ミクチャ)」11.1%が利用していた。

 東西別で動画SNSについてみると、「Vine」は、東日本の利用率12.9%・西日本10.8%だったのに対し、「MixChannel」は、東日本9.2%・西日本14.6%と東西差がある。特に女性の「MixChannel」利用状況は東西差が顕著で、東日本15.0%・西日本25.3%と、10ポイント以上の差があった。

 また年齢別で動画SNSについてみると、「MixChannel」利用割合は、中学1年生16.7%、中学2年生11.8%、中学3年生30.0%、高校1年生15.2%、高校2年生15.5%といずれも2桁だが、高校3年生になると6.3%に減少。大学生・短期大学生、社会人も1桁台で推移している(各6.9%、7.7%)。受験や就職活動などが「MixChannel」を止めるタイミングになっていると推測される。

 なお、「MixChannel」に興味をもつジャンルを聞いたところ40.7%が「ヘアメイク」が突出しており、「LINE」15.4%、「Twitter」17.3%、「Instagram」24.9%などより非常に高い数値を示した。

画像一覧

  • 10代が利用しているSNS(n=533)
  • 10代が利用しているSNS・地域別(n=533)
  • 10代が利用しているSNS・年齢別(n=533)

提供元

関連記事

関連記事

SNSで学ぶ!10代専用招待制アクティブラーニング「THINKERS」

 THINKERSは、学校を超えて学び合うアクティブラーニングを支援する、招待制の学習SNS「THINKERS(シンカーズ)」を8月5日リリースした。小学校4年生から大学入学前の10代を対象としている。

 同社は、日本が迎えている教育の変化に対応するため、SNSを活用したアクティブラーニングを支援するサービスを開発したという。同サービスは、同世代の学び合いの場としての機能を軸に、大学や企業との連携も予定。探求心と学習意欲の高い生徒の育成を目的としている。

 同Webサイトでは、学生は自分の研究や学校の課題、考えをテキストや写真、PDF、映像で記録し公開することができるため、学校外で同じ分野に興味を持つ仲間を見つけるきっかけができるという。

 利用は学生に限らず、学校や企業も利用可能。たとえば、大学なら、紙ベースの多い大学紹介資料をPDF形式で全国の中高生に届けられるほか、企業は、若年層への認知度アップやコンテストの告知・受付・作品募集をサイト上でデジタル化して行うことで運営コストを削減できる。

 また、サービス開始と合わせて中高生向けの研究発表コンテスト「ディスカバリー大賞」を実施。THINKERSサイト上でアイデアを応募できる。締切りは9月30日午後8時となっている。

見たいものを見たいときに!いま話題のオンデマンド動画配信サービス

見たいテレビ番組があっても、仕事をしていたり、子どもや家族の世話に追われていたりすると、なかなか決まった時間にテレビの前に座るのは難しいもの。

話題のドラマも1回目は見たけれど、2回目、3回目は時間が合わず、内容が追えなくなったので見るのをやめてしまった、なんて経験もあるのではないでしょうか。そういうときの助けになるのがビデオ録画ですが、録画してもなかなか見る時間がとれず、とりっぱなしという人も少なくないでしょう。今回は、オンデマンド動画配信サービスで見たいものを見たいときにさくっと楽しむ方法と、各サービスについて紹介します。

1. フジテレビほか、ドラマやアニメのラインナップ充実のHulu
アメリカでは、動画配信サービス全体でYouTubeに次ぐ2位になっているHulu。日本では、2011年からフジテレビの傘下でサービスを開始しました。現在では、フジテレビ系列の番組やドラマだけでなく、他局の番組やアニメなども豊富に展開しています。このように、テレビ局との提携のもとできちんと著作権処理された番組ばかりなので、YouTubeのような無料の動画配信サービスよりもコンテンツが豊富なのが強みです。日本でも2015年3月に登録者が100万人を超えたことで話題になりました。
月額933円(税抜き)ですが、2週間の無料トライアルがあるので、まずは試してみましょう。

2. 過去の名作ドキュメンタリーや大河ドラマが見られるNHKオンデマンド
受信契約方法に賛否両論があれど、国内ではドラマやさまざまなドキュメンタリーコンテンツの質でNHKの右に出る者はないといってもいいでしょう。
現在放映されているNHKの番組で見逃してしまったものなどをオンデマンドで好きなだけ見られるのが「見逃し見放題パック」。約4000本以上の特選番組に指定されたコンテンツが全て見放題になるのが「特選見放題パック」です。どちらも月額900円。また、どうしても見たい番組があるときは、単品(200円)で購入することも可能です。

人気の高い連続テレビ小説や大河ドラマ、「映像の世紀」のような良質なドキュメンタリーまで幅広く楽しめます。

家のインターネット回線代、払い過ぎかな?年末の大掃除の準備と合わせて、ムダな通信費を見直そう!

ガス、水道などのライフラインと並んで、もはやなくてはならない存在のインターネット。自宅のインターネット回線はプランがたくさんありすぎて、本当にオトクなのはどれなのかわからないという方が多いのでは。

スマホになって急に通信費が上がったようにも感じます。年末の大掃除の時期と合わせて、自宅の通信費もムダをカット! 今回は通信費を安くする方法をお伝えします。

1.自宅のインターネットをモバイルデータ通信に切り替える
自宅のインターネットは光回線やブロードバンドという方も多いかもしれません。しかしこれでは、タブレットやスマホなどの通信機器につないで、屋外に持ち出すことができません。
そこでおすすめしたいのが、WiMAXなどのモバイルデータ通信サービスに切り替える方法。そうすれば、自宅でも屋外でも兼用で使えます。スマホを使うためにキャリアの高いデータプランに入る必要はなくなりますし、通話だけならガラケーの最安プランにしてもいいでしょう。大幅な通信費の削減につながることまちがいなしです。

2.通信費値下げ指示……ほんとうに安くなるの?
9月末、安倍首相が突然、「携帯料金などの家計負担の軽減は大きな課題だ」と述べ、携帯電話事業者各社に通信費の値下げを指示したことが話題になりました。首相が民間企業の経営に口を出すのはやりすぎという声もあります。実際、通信各社の株価は、値下げ指示を受けて大きく下落しました。ただ、それだけ日本の通信費は高すぎるということではないでしょうか。
ロイター電によると大手通信3社は「家庭の光インターネット料金も合わせ、携帯電話料金を下げる努力をしており、これからも引き続き検討していきたい」(ドコモ)、「(値下げが)話題に出る前から、ユーザーが利用しやすいプランは出している」(KDDI)、「これまでも事業者との間で競争し、そのたびに新しい料金を導入してきたが、今後も様々な施策を検討していく」(ソフトバンク)とコメント。さらなる値下げが期待されます。

時短・便利なネット通販をもっと便利に活用するワザ!

簡単・便利なネット通販。取り寄せのグルメ、水などの重いモノ、雑誌や書籍、衣料品など、あらゆるお買い物でネット通販を便利に使っているという人も多いはず。

今回はそんな私たちの生活になくてはならない便利ツールとなっているネット通販をますますおトクに使う方法を紹介します。

1.提携クレジットカードでポイントがますます貯まりやすく
大手ネット通販といえば、アマゾン、楽天、Yahoo!ショッピングですが、3社ともそれぞれ自社のクレジットカードを発行しています。
「Amazon MasterCardクラシック」は年会費が初年度無料(翌年から1350円)で、アマゾン利用時のポイント還元率は1.5%(100円ごとに1.5ポイント)。入会特典として20000ポイントがもらえるのが特徴です。
「Yahoo! JAPANカード」の特徴は、ツタヤやコンビニ、ガソリンスタンドなどでも使えるTポイントが貯まるところ。年会費は無料で、通常のポイント還元率は1%ですが、Yahoo!やLOHACOの利用時にはポイントが3倍になります。

入会時には、3000円分のTポイントがもらえます。
楽天市場が発行する「楽天カード」は、年会費が無料で、通常のポイント還元率は1%。楽天市場利用時にはポイントが2倍になります。楽天では、ポイント10倍セールなども行われていますので、ポイントが効率よく貯められるのがうれしいですね。

2.ポイントモール経由でポイントがさらにたまりやすく
ポイントを貯める時に利用したいのが、カード会社などが運営する仮想ショッピングモールの「ポイントサイト」です。

モールで会員登録をしてからお目当ての店のサイトに移り、カードで買い物を決済すると、クレジットカードの還元率に応じたポイントがつくことに加えて、さらにポイントサイトからポイントが上乗せされます。中には、10~30倍になることも。これは利用しない手はありませんね。モールはカード会社のほか「Gポイント」などのポイントサービス会社、航空会社、携帯電話会社などが運営しています。お目当ての店がないかチェックするとよいでしょう。

ネットバンクで楽して貯金、ローンでも金利優遇!

お金とネットの関係でいえば、多くの人が「得しそうだけど、セキュリティは安全なのか不安」「良くわからない」ということが多いのではないでしょうか。ですが、例えばインターネット銀行などを使えば、ほぼ確実にお金を多く増やし、節約する事が出来まるのです。

■インターネット銀行やインターネット証券がなぜ高金利なのか
銀行というのは通常、「○○支店」という実際の営業所が存在しますよね。まず、通常の銀行とインターネット銀行の違いとして大きいのは、この実際の営業所がないことです。ただ、通常の振込や引き出し、普通預金、定期預金などで利用するとすれば、はっきりいって実際に支店があるかどうかは問題になりません。インターネット銀行のビジネスモデルとしては、この支店の運営コストを省き、その資金をお客様に還元するということがあるので、純粋に預金金利は高まり、その分節約が出来るというわけです。

■証券会社と同時に使うことで金利がさらにお得
たいていのインターネット銀行では、銀行の口座と、同グループ運営の証券会社の口座と連携するだけで、普通預金金利が5倍になるということもあります。ハイブリット預金などと呼ばれますが、こういった金利で得をしたいという場合、投資家でなくとも、証券口座を作っておくという節約方法もあります。銀行に比べて証券口座は作るまでに時間がかかりますが、一度作ってしまえば、維持費も必要ないですし、当然ながら取引しなければ損もしませんので、作っておき、連携させるというひと手間の節約術をおすすめします。

■口座を作るときはかならず「もれなく」キャンペーンに応募を
なお、各ネットバンクは常にキャンペーンを行っています。たとえば、口座開設でもれなく1000円プレゼントや、お買い物のポイントが通常1%のところが5%になるなど様々です。節約という意味でおすすめするキャンペーンは「抽選で○○名様」というような不確実性の高いものより、「もれなく」と称した“確実にもらえる”キャンペーンを利用することです。応募出来るキャンペーンは当然一つだけではないので、併用して応募することで、ちりも積もれば山となるという意味で、ある程度のお金を節約することに繋がります。

ランキング