冬休みに備えてオンデマンドTVに加入!キャンペーンの無料期間を活用 しよう

このレシピを実行して

5400貯まる!
<材料>

・オンデマンドTV

<How to>

1アメリカでは、動画配信サービス全体でYouTubeに次ぐ2位のHulu

216日間の無料トライアルがあるU-NEXT

3名作ドラマや良質なドキュメンタリーならNHKオンデマンド

※1ヶ月: 約5400円~(映画館の一般料金で映画を3本見たときと、無料トライアル利用時の差額)

3387.jpg

寒ーい木枯らしの季節は、おうちでぬくぬくと楽しめるアクティビティがいいですよね。また、年末年始に長いお休みをとるという方も多いでしょう。

自宅で手軽に楽しめることといえば、映画や海外ドラマなどの鑑賞です。とくに、長いシリーズものの海外ドラマは、一度手を出すと気になってしまいそうで、お休み期間にまとめて見ようという方も多いのでは。
今回は、冬休みにむけて、オンデマンドTVをお得に楽しむ方法を紹介します。

1. アメリカでは、動画配信サービス全体でYouTubeに次ぐ2位のHulu

Huluは月額933円(税抜き)。2週間の無料トライアルがあるので、気になる方はまず無料トライアルで試してみましょう。
Huluは、アメリカでは、動画配信サービス全体でYouTubeに次ぐ2位になっているほどの人気サービスです。日本ではフジテレビの傘下に入っていますが、系列の番組やドラマだけでなく、他局の番組やアニメなども豊富に展開しているのが特徴です。日本でも2015年3月に登録者が100万人を超えており、年々認知度が高まっています。

2. 16日間の無料トライアルがあるU-NEXT

U-NEXTは、2009年まで「GyaO」のブランド名称で運営されていた動画配信サービスです。内外の映画配給会社、テレビ局と契約しており、「月額1,990円(税別)」の見放題動画のほかに、最新作など「プレミアム作品」と呼ばれる都度課金される作品もあります。16日間の無料トライアルがあるのが大きな魅力です。

3. 名作ドラマや良質なドキュメンタリーならNHKオンデマンド

NHKオンデマンドは月額900円で、NHKの番組をもう一度オンデマンドで好きなだけ見られるのが「見逃し見放題パック」と約4000本以上の特選番組に指定されたコンテンツが全て見放題になる「特選見放題パック」があります。無料トライアルはありませんが、見たい番組があれば単品で購入(1本200円)できるので、単品から試してもいいでしょう。
人気の高い連続テレビ小説や大河ドラマ、「映像の世紀」のような良質なドキュメンタリーなど、「あの番組よかった!」「あのドラマがもう一度見たい!」という要望に応えてくれるはずです。

画像一覧

執筆者

新部若菜

4年間、資生堂に勤務、アメリカ留学などを経てフリーライターとなる。 ビジネスから美容、フード、トレンド系もフォロー。

新部若菜

関連記事

関連記事

発表!今年のクリスマスに観たい映画セレクト4

 年に一度、心待ちにしている人も多いクリスマス。仲間や家族とパーッと賑やかに盛り上がる人、カップルでロマンティックな雰囲気に浸る人、「おひとりさま」でスペシャルな1日を楽しむ人と、その過ごし方はさまざまです。

 もし「今年はスペシャルなクリスマスを過ごしたい」と感じているなら、映画を観に出かけてみては? 劇場でたっぷり2時間ほど、“非日常”の世界に浸らせてくれる映画は、クリスマスシーズンにぴったり。

 ここでは、クリスマスのワクワク気分をもっと高めてくれる映画を厳選して紹介します。前売り券を購入すれば、1人300〜400円割引になりますよ。

絶対に観ておきたい鉄板ムービー!「スターウォーズ/フォースの覚醒」
12月18日公開予定

 この時期、映画シーンにおいても最大のイベントと言える「スターウォーズ」最新作の公開。オリジナル3部作の最終章「エピソード6/ジェダイの帰還」の約30年後が描かれます。テーマは「家族の物語(サーガ)」。いまだに謎が多い登場人物の家族の姿が描かれるかも!? 新たな人物もゾクゾクと登場し、“新たなシリーズの始まり”となる本作は、シリーズを観ていない人にとっても楽しめる作品だと言われています。

ゴージャスな世界観が楽しめる「007 スペクター」
12月4日公開予定

 ダニエル・クレイグ演じる主人公ジェームズ・ボンドが、今作で出会うボンドガールは美しき未亡人。果たして、彼の前に立ちはだかる悪の組織スペクターとは——!?
 何度見ても飽きない定番ストーリーに加え、毎回ゴージャスな設定やファッションにも注目が集まる本シリーズ。なんと、今作でボンドが着用するオメガの時計は、ボンド映画史上初の限定モデルとして発売されるとか!

子供のころを思い出す!?「I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE」
12月4日公開予定

 失敗ばかりだけど決してあきらめないチャーリー・ブラウンと、その親友でビーグル犬のスヌーピー。1950年、アメリカの漫画家によって生み出されたスヌーピーが、初めてCG/3Dアニメーションとして映画化されます。3Dで描かれるモフモフのスヌーピーは、抱きしめたくなるような可愛さ!

 小さなころ、誰もが一度は好きになったことがあるスヌーピー。大人になった今、子供のときにワクワクした気持ちを思い出してしまうかも? そして「みんな、だれかのだいじ」をテーマにした物語に、懐かしい人の顔を思い浮かべてしまうかもしれません。

甘酸っぱい恋心に浸りたいなら……「COMETコメット」
12月12日公開予定

 ロマンティックなクリスマスを過ごしたい人には、とっておきのラブストーリー「COMET コメット」を。デルとキンバリーというカップルが過ごす6年間の月日を、ランダムに切り貼りしながら展開していく、工夫が凝らされた作品です。彗星が降る夜に出会い、恋に落ちた2人。やがてデルは、キンバリーからのある告白に衝撃を受けることに——。恋の楽しさや切なさを演出する美しい映像にも注目!

芸術の秋!映画はおうちで楽しもう♪ 自宅を映画館にする節約ワザ

秋の夜長に映画鑑賞、いいですよね。芸術の秋ともいいますし、今の季節にぴったりです。

でも、映画館って大人が1回見に行くだけで1800円もかかります。いろいろな割り引きデーや会員割引などを使っても、1000円より安くなることはまずないでしょう。映画が好きで何本もまとめて見たいという人には痛い出費です。

そこで今回は、自宅にいながらにして映画館のような気分が味わえる節約ワザを紹介します。

1. 映画館気分を盛り上げる!ポップコーン
映画のおともといえばポップコーンとコーラ。映画館で買うと500円くらいしますよね。最近は、高級志向のポップコーンなんかも登場して、ますます値上がりしています。

ポップコーンなら、自宅でかんたんに手作りできるんです。ポップコーン用のとうもろこしのタネを買ってきて、紙袋かフタつきの耐熱容器に入れて加熱するだけ。タネは1キロ600円くらいで買えます。ポンポンとふくらんで、安く大量にできますから、大作映画のおともにぴったり。

塩やバターなどの量を調節できるのでヘルシーですし、人気のチョコポップコーンやカラメルポップコーン、シナモンポップコーンだって同じように手作りできちゃいます。

2. スマホ用のプロジェクターを100円で手作り
映画館といえば、大きなスクリーン。自宅の小さい画面でみると臨場感が足りないという方も多いのでは。

そこで、スマホ用のプロジェクターを100円以下で手作りしてしまいましょう。
用意するものは、身近なもので

・段ボール箱
・スマートフォン
・ガムテープ
・虫めがね
・大きめのカッター
・ハサミ

全て自宅でそろえば、材料費はタダで出来てしまいます。

1.段ボールの短いほうの側面に、虫メガネの大きさの穴をカッターで切り取ります。
2.穴をあけた方とは反対の短い側面を切り取ります。切り取った段ボールはスマホ3.の支えになるように折り曲げます。支えは段ボールの中に固定します。
4.虫眼鏡を、先ほどあけた穴に合わせて固定します。
5.スマホのスクリーンを横向きに固定して、映画を再生します。
段ボールのふたを閉めて電気を消して上映会を楽しみましょう。

HuluやU-NEXTなどのオンデマンド映像配信を利用して、お得に秋の映画を楽しもう

秋の夜長に映画鑑賞。「芸術の秋」ともいいますし、イイですよね。

でも、日本の映画料金は世界でももっとも高い部類に入るといわれるほど。映画館で映画を1本見ると、前売り券を買ったとしても1000円以上はします。

今回は、最近人気のHuluやU-NEXTなどのオンデマンド映像配信を利用して、お得に秋の映画を楽しむ方法をお知らせします。

1.日本の登録者が100万人突破!多彩なラインナップが強みのHulu
Huluはアメリカ生まれのオンデマンド動画配信サービスです。動画配信サービスとしては、YouTubeに次ぐ2位で上位10社のうち最も急成長しているといわれています。
その強みは、テレビ局や映画会社が共同設立しているため、YouTubeと比較すると提供できるコンテンツが豊富にあるということです。ストリーミングビデオやテレビ番組、映画や製作風景など、NBC、FOX、ABCといった全米の有力テレビ局で制作し、きちんと権利処理された番組を配信しています。
日本では、2011年からフジテレビの傘下でサービスを開始。当初は月額1480円でのスタートでしたが、2015年10月時点では、月額933円(税抜き)まで値下げされています。2週間の無料トライアルがあるので、まずは試してみましょう。
映画やフジテレビの番組、アニメなどのほかにも、他局の番組も幅広く配信しています。多彩なラインナップで、2015年3月には、日本での登録者が100万人を突破しました。

2.都度課金で最新作も見られるU-NEXT
U-NEXTは、2009年まで「GyaO」のブランド名称で運営されていた動画配信サービスです。映画、ドラマ、アニメを始め、多彩なジャンルの作品を8万本以上取り揃えており、名作から新作まで見ることができます。
U-NEXTでは、ハリウッドメジャースタジオを始めとした、国内外の映画配給会社、テレビ局と契約しており、「月額1,990円(税別)」の見放題動画のほかに、最新作など「プレミアム作品」と呼ばれる都度課金される作品もあるのが特徴です。U-NEXTも、16日間の無料トライアルが設けられています。

映画・音楽料金を節約する5つのテクニック

・映画は割引料金を徹底活用

 映画館で新作を鑑賞するのがお好きな方は、割引料金を徹底活用してはいかがでしょうか? 当たり前のことだとお思いかもしれませんが、お近くの映画館の料金を調べてみると「レディースデー」「レイトショー」などさまざまな割引があるはずです。年齢・曜日・日付などによる割引を手帳にメモしておくと予定が立てやすくなるでしょう。

・試写会なら無料で映画鑑賞が可能

 新作を無料で見られるのが試写会の特権です。ゲストとして俳優を間近で見られることもあります。ただし、日程や場所があらかじめ決められていることが多いというデメリットもあります。「ぴあ映画生活」に登録すると便利です。

・シネマイレージ利用で6回に1回は無料に!

劇場で鑑賞する機会が多い方は、TOHOシネマズのシネマイレージを利用すると6回に1回は無料で鑑賞できます。月に1度映画館に行く方の場合、通常料金1,800円で鑑賞したとしても、1,800円×(12ヵ月-2ヵ月)=1万8,000円。年間3,600円の節約になります。

・レンタルショップの活用(1) CDはアルバムを借りよう

CDを借りる場合はアルバムを借りるのがおすすめです。曲数が多いのに料金は変わりません。

・レンタルショップの活用(2)ポイントを貯めて使う

レンタルショップGEOでは、Pontaカードを利用することができます。レンタル料金でポイントを貯めて、それを還元して新たにCDやDVDを借りるとお得です。店舗では指定商品の購入により200円で1P、宅配レンタルでは100円で1Pたまります。たまったポイントは1P=1円で利用可能です。

・ラジオを聴く

ラジオを聴くと新曲も懐メロも無料で聴くことができます。聴きたい曲を選ぶことはできませんが、音楽の幅を広げたい方にはおすすめの方法です。
インターネットラジオを聴くのも良いでしょう。

2015.6.15更新

見たいものを見たいときに!いま話題のオンデマンド動画配信サービス

見たいテレビ番組があっても、仕事をしていたり、子どもや家族の世話に追われていたりすると、なかなか決まった時間にテレビの前に座るのは難しいもの。

話題のドラマも1回目は見たけれど、2回目、3回目は時間が合わず、内容が追えなくなったので見るのをやめてしまった、なんて経験もあるのではないでしょうか。そういうときの助けになるのがビデオ録画ですが、録画してもなかなか見る時間がとれず、とりっぱなしという人も少なくないでしょう。今回は、オンデマンド動画配信サービスで見たいものを見たいときにさくっと楽しむ方法と、各サービスについて紹介します。

1. フジテレビほか、ドラマやアニメのラインナップ充実のHulu
アメリカでは、動画配信サービス全体でYouTubeに次ぐ2位になっているHulu。日本では、2011年からフジテレビの傘下でサービスを開始しました。現在では、フジテレビ系列の番組やドラマだけでなく、他局の番組やアニメなども豊富に展開しています。このように、テレビ局との提携のもとできちんと著作権処理された番組ばかりなので、YouTubeのような無料の動画配信サービスよりもコンテンツが豊富なのが強みです。日本でも2015年3月に登録者が100万人を超えたことで話題になりました。
月額933円(税抜き)ですが、2週間の無料トライアルがあるので、まずは試してみましょう。

2. 過去の名作ドキュメンタリーや大河ドラマが見られるNHKオンデマンド
受信契約方法に賛否両論があれど、国内ではドラマやさまざまなドキュメンタリーコンテンツの質でNHKの右に出る者はないといってもいいでしょう。
現在放映されているNHKの番組で見逃してしまったものなどをオンデマンドで好きなだけ見られるのが「見逃し見放題パック」。約4000本以上の特選番組に指定されたコンテンツが全て見放題になるのが「特選見放題パック」です。どちらも月額900円。また、どうしても見たい番組があるときは、単品(200円)で購入することも可能です。

人気の高い連続テレビ小説や大河ドラマ、「映像の世紀」のような良質なドキュメンタリーまで幅広く楽しめます。

ランキング