大佐の『ぶっちぎり社員育成塾』第二七回「突き抜けた個性を発揮して大丈夫?」

3195.jpg

あなたには突き抜けた長所がありますか?周囲の誰にも負けないモノが。

会社組織にずっといる人もいるし、個人で仕事をする人もいます。どちらにしても、個人の能力は重要になります。今後の世の中は、今までよりそれが顕著になると僕は思ってます。

何故か?

現代は、モノが溢れてます。溢れているということは、モノ自体は売れにくいということです。そこで大事になってくるのが、「どう売るか?」「誰が売るか?」という視点です。

「どう売るか?」のスキル・テクニックは、もの凄くたくさんあります。(僕は販促が一番得意)これはこれで大事です。しかし、「誰が売るか?」はスキルではありません。「誰が?」というのは、その人の個性が重要になってくるから。

では、個性をどう出すか?ということになるのですが、その前にやっておいた方が良いことがあります。それは、『何かに特化』することです。何かに特化する。そうすると、それが目立つようになります。

「〇〇と言えば△△さんだよね」
と言われるまで。ぶっちぎり社員というのは、この要素を持ってないといけません。周りと同じだったら、ぶっちぎりじゃないですからね・・・・・。

ぶっちぎる為には、何かに特化する。で、それをさらに伸ばして行く。これが重要です。特に、入社3年ぐらいまでは、ぶっちぎる意識を持った方が良いです。ぶっちぎらない体質になれると、後が大変なので・・・・・・。

でも、何かに特化するのって怖いです。特化するということは、他のモノを捨てることと同じだからです。

学校の勉強をまんべんなくやって、全科目90点取るのではなく、1個100点で他は60点ぐらいのイメージなので。ただ、その100点の科目は、学者になれるぐらいの点数を取らないといけない。ないですけど、300点を取る感じですね。

ぶっちぎりには、一旦アンバランスになって、何かで目立つのが一番です。

社内にしても、社外でも「〇〇と言ったら、△△さん」と言われるようにする。
その為に、今日、特化する項目を決めましょう。

画像一覧

  • 大佐の『ぶっちぎり社員育成塾』第二七回「突き抜けた個性を発揮して大丈夫?」

執筆者

染谷充紀 若手育成コンサルタント/ マーケティングコンサルタント

『想い』が波紋のように伝わる『波紋型マネジメント™』で、人財育成のコンサルをしています。 『想い』が広がると、スタッフさんは楽しくが仕事できます。 そうすると、それを見た子供が、大人になるのをワクワク出来るのです。 楽しく、ぶっちぎりで仕事が出来る大人を増やして行きましょう。 【ブログ】http://ler-taisa.com/ 【facebook】https://www.facebook.com/psychotaisa

染谷充紀

関連記事

関連記事

大佐の『ぶっちぎり社員育成塾』第二五回「自分のやった仕事を残してますか?」

自分のやってきた仕事って残してますか?仕事って表現は伝わりにくいですかね。アイディアとかタスクって言った方が良いですかね。横文字の方が伝わりにくいかも知れないけど・・・・・。

与えられた仕事、自分で考えた仕事、両方あると思います。入社したばかりの時は、与えられた仕事が多いかも知れませんが、少し経ってくると、自分で考えてやる仕事が出来て来るはずです。会社によるとは思いますが。

その、自分で考える仕事を保存してるか?って話しです。

その瞬間、本気で仕事をしてると思います。本気でやってると、過去の事は覚えていられないことも多いはず。でも、本気でやった仕事、アイディアは、後で使えることってあるんですね。

1.過去のフォームを思い出す
野球とかゴルフでも、自分の良かった時のフォームを動画で残したりします。
で、今と比べる。良かった時とのズレを発見するためですね。

ビジネスでも同じです。たま~に、スランプみたいになることがあります。それとか、精神的に疲れることも。

そういう時に、過去にやった仕事が残ってると、過去の自分と対比できます。そこで、自分の成功パターンみたいなやつを思い出したり、過去の仕事からアイディアが生まれたりする可能性があります。

僕は、20代中盤でパソコンを使い始めてから、自分のやった業務を毎月箇条書きで残してます。それを見ると、過去の自分と対比できる。意外と良いことをやってたのに、今は止めちゃったこととかが見つかることもあります。

2.周囲に伝えることが出来る
自分のフォームのために残すのもあります。あとは、副産物的に、上司に提出することが出来ます。

別に上司に提出しないでも良いですけど、自分のやって来たことを伝えたいタイミングがあったら提出することが出来ます。

上司の評価は低いより高い方が良い。高い方が、自由が利きますからね。なので、やった仕事とかアイディアは、箇条書きで残した方が良いんです。

未来にどんな仕事をするかわからないし、どんなポジションになるかわかりません。でも、過去は確実に存在します。それを使った方が良い時が訪れる時もあります。

今月から、自分がやった仕事、考えたアイディアを残して行きましょう。

大佐の『ぶっちぎり社員育成塾』第二三回「自分を倒す方法って知ってますか?」

自分を倒す方法って知ってますか?

ちょっと意味不明ですね。えっと、頭で先に考えちゃう人っていますよね。僕は、結構そのタイプです。

逆は、何も考えないので、とりあえずやってみる人なんですけど。

頭で先に考えちゃう人って、失敗するのがキライなんですよね。完璧主義だったりする。何かをやる時は、クオリティを高くしたいってことだから、悪いことではありません。

やったなら。

でも、やらない場合はダメです。完璧を求めて考える。考えて動かない・・・・・。それはダメ。

やらない時って、自分で自分の行動を止めてます。誰か、他の人が止めるんじゃない。自分自身が止めてます。

仮に、誰かが自分を止めたとします。でも、それを無視すれば動ける訳です。

ですよね?

なので、行動しない時って、自分が原因なんですね。

では、どうすれば行動できるのか?

それを言う前に、動かない時、自分に対してどういう言葉を言ってるかを考える。行動しない時は、自分で自分に対して言い訳をしてます。確実に。

頭が良い人だったら、動かない理由・動けない理由をすぐに見つけます。だから動けない。これが普通の人です。

でも、あなたはぶっちぎり社員です。もっと頭が良いはずです。

自分の中にいる言い訳をする自分を、別の自分を登場させて倒せば良いんです。言い訳を言ってる自分にツッコミを入れる訳です。

・言い訳をしてる自分=ボケ
・言い訳をつぶす自分=ツッコミ

この図式で対決させると、必ずツッコミが勝ちます。頭が良い人は、自分が出した言い訳を自分で論破できるんですね。

これが、自分を倒す方法です。

もし、2人目の自分を出さなかったらどうなってるだろうか?たぶん、ずっと言い訳の自分の思いのまま。ヤバそうなこと、失敗しそうな要素を見つけて満足する。それを見つけた自分がエライとでもいうように。

でも、行動しないと、新しい何かは手に入らない。基本的に、言い訳をする自分は倒した方が良いんです。ぶっちぎる為には。

ってことで、今日から 2人目の自分を登場させて、ツッコミまくりましょう。

大佐の『ぶっちぎり社員育成塾』第二二回「スピードを高めると、後々に生きて来る」

仕事のスピードって意識してますか?

スピードが重要か?クオリティーが重要か?ってのもあると思うけど、僕はスピード優先派です。

現代は、膨大な情報の流通が、日々行き交ってます。とんでもない数です。そういう環境を踏まえると、情報の価値が相対的に落ちてるって言っても良いと思うんですね。

僕が学生の時は、ほとんどインターネットがありませんでした。情報は、友達からのクチコミか、雑誌、TVなどのマスメディアから入手するしかなかった。

なので、みんなが同じような情報を持ってました。同じ条件のようですが、ひとつの情報に対する価値が高いと言えます。

今の学生は、インターネットで情報を入手できます。検索能力と時間によって、得れる情報は違いますが、子供達が持ってる情報の量は多いはずです。多いということは、情報ひとつあたりの価値は相対的に低いということ。

情報の価値が下がったということは、そうじゃないモノの価値をあげるべきです。

で、『経験』というのが出てきます。経験は、情報じゃないです。

・富士山を見る映像を見るのと、登るのは大違い。
・インターネットで得た情報と、実際にやってみるのは違う。
・グルメ情報も、食べてみないとわからない

当たり前ですけど、これは大事なことです。情報をちょっと得ただけで、それを身に付けたとは言えない。

そこで大事なのが体験です。体験したことと、ただの情報は天地の差があります。

なので、体験の数を増やすことが、さらに大事になってきます。

体験を多くするってことは、仕事のスピードを早くするのが良いです。2時間の仕事を4個で8時間。それを、1時間に短縮すれば8個の仕事を8時間で出来ます。

そしたら、体験が2倍手に入ります。

あ、給料換算しちゃダメですよ。固定給で給料換算すると、時給が半分になるんで。で、『損した』って思っちゃう。

それはダメです。

ぶっちぎり社員になれば、あとで単価は上がります。なので、若いうちは、自分を鍛える(体験をする)為に、単価を下げるにはどうするか?ぐらいの意識で、スピードを上げて欲しいところです。

その方が後で有利です。今日から、少しのことでも良いので、同じ時間で体験を増やしてください。それでスピードアップするんで。

大佐の『ぶっちぎり社員育成塾』第二六回「『継続は力なり』は本当か?」

「継続は力なり!」よく聞く言葉ですね・・・・。

これって本当かどうか考えたことありますか?僕は、昔は考えてなかったです。考えても意味がないんで。

でも、伝える側になってから、成果を出す方法を考えるようになりました。そこで外せないのが継続です。諺(ことわざ)にあるぐらいなので。

なので、継続は必須かどうか?をまずお話ししますね。

継続はした方が良いです。やっぱり。(^^)仕事でも何でも、何かをしないと何も生まれません。なので、行動が重要。その行動を多くする。同じ行動を積み重ねるのが『継続』ということになりますね。だから、基本的には一番大事です。

こんな当たり前のことをひたすら書いてもしょうがないので、継続についての注意点と、継続しなくても良い方法を書きます。

1.注意点
継続は良い事です。それについてのレベルが上がって行きます。でも、ずっと継続させると、その行動に固執してしまう危険性があります。

一生続けて良い事柄であれば、一生継続するのは素晴らしいことです。が、世の中の変化に応じて変えないといけないことは、変えないといけません。当たり前ですね。

必要なことの継続なのか?変化させた方が良い事の固執なのか?それを注意しましょう。

2.継続しないで大丈夫な方法
僕は飽きっぽいです。(苦笑)必要なことはひたすら継続させますが、継続ありきの性格ではありません。そういう人はどうするのか?継続をさせるということは、何かの目的があるはずです。何かのために何かをスタートさせる。それを継続させる。

ということは、目的のために何かの行動をすれば良いってことですよね?

なので、同じことの継続ではなく、目的に近づくように新しいことを常に生み出して行動する。そういうことです。

1つのことを100日継続させる。100のことを毎日生み出す。どっちでもOKです。目的に近づくように100の行動をしてるので。

100のことを毎日生み出す方が難しいです。たぶん。そうなると、結果的に何かを継続させることを選択するかも知れません。

とりあえず、目的に向けて、同じことだろうが、違うことだろうが、常にやることです。今日から目的に向けて何かをやりましょう!

大佐の『ぶっちぎり社員育成塾』第二六回「『継続は力なり』は本当か?」

「継続は力なり!」よく聞く言葉ですね・・・・。

これって本当かどうか考えたことありますか?僕は、昔は考えてなかったです。考えても意味がないんで。

でも、伝える側になってから、成果を出す方法を考えるようになりました。そこで外せないのが継続です。諺(ことわざ)にあるぐらいなので。

なので、継続は必須かどうか?をまずお話ししますね。

継続はした方が良いです。やっぱり。(^^)仕事でも何でも、何かをしないと何も生まれません。なので、行動が重要。その行動を多くする。同じ行動を積み重ねるのが『継続』ということになりますね。だから、基本的には一番大事です。

こんな当たり前のことをひたすら書いてもしょうがないので、継続についての注意点と、継続しなくても良い方法を書きます。

1.注意点
継続は良い事です。それについてのレベルが上がって行きます。でも、ずっと継続させると、その行動に固執してしまう危険性があります。

一生続けて良い事柄であれば、一生継続するのは素晴らしいことです。が、世の中の変化に応じて変えないといけないことは、変えないといけません。当たり前ですね。

必要なことの継続なのか?変化させた方が良い事の固執なのか?それを注意しましょう。

2.継続しないで大丈夫な方法
僕は飽きっぽいです。(苦笑)必要なことはひたすら継続させますが、継続ありきの性格ではありません。そういう人はどうするのか?継続をさせるということは、何かの目的があるはずです。何かのために何かをスタートさせる。それを継続させる。

ということは、目的のために何かの行動をすれば良いってことですよね?

なので、同じことの継続ではなく、目的に近づくように新しいことを常に生み出して行動する。そういうことです。

1つのことを100日継続させる。100のことを毎日生み出す。どっちでもOKです。目的に近づくように100の行動をしてるので。

100のことを毎日生み出す方が難しいです。たぶん。そうなると、結果的に何かを継続させることを選択するかも知れません。

とりあえず、目的に向けて、同じことだろうが、違うことだろうが、常にやることです。今日から目的に向けて何かをやりましょう!

ランキング