簡単に育つ!“リボベジ”で鍋野菜を収穫

3071.jpg

このレシピを実行して

400貯まる!
<材料>

・空のペットボトルや空き瓶

<How to>

1水菜を育てる

2小松菜を育てる

3大根や人参を育てる

4リボベジに成功したら水耕栽培に挑戦を!

※1回につき野菜50円分を節約。週2度の鍋料理で、一ヶ月に400円節約!

 “リボベジ”とは“再生野菜”のこと。普段なら捨ててしまう野菜のヘタなどを、もう一度食べられるように育てることです。以前はNHKの朝番組「あさイチ」にも取り上げられて話題になりました。

 特にこれからの季節は、鍋料理が美味しい時期。キッチンで野菜を収穫できたら嬉しいですよね。

 身の回りにある材料だけで、簡単にできてしまうリボベジ。毎日することといえば、水を取り替えてあげることくらいです。どの野菜も1週間〜10日程度で収穫できます。

水菜を育てる
リボベジの中でも、特に簡単に育てられるのが水菜です。根っこをすこし長めに切り、水を入れたタッパや空き瓶に漬けるだけ。水の高さは根っこが浸るくらい。シャキシャキの新葉が脇から芽を出し、1週間ほどで収穫できます。

小松菜を育てる
根っこの残った小松菜を購入し、根っこから3センチほどで切ります。カットして水を入れたペットボトルなどに浸しておけば、1週間〜10日ほどで柔らかい葉っぱが出てきます。カットした部分は水に浸さず、適度に日光に当てることがポイント。

人参や大根を育てる
根野菜も、葉っぱだけですが増やすことができます。葉を上にして3〜4センチのところでカットし、水に漬けておきます。実の部分が葉っぱの養分になりますので、あまり薄く切りすぎないことがポイントです。

リボベジに成功したら水耕栽培にも挑戦を!
水耕栽培は、種から育てるのが一般的。野菜が再生するリボベジとは違い、お店で買ってきたような野菜が自宅で収穫できます。ホームセンターなどで購入した、豆苗、カイワレ大根(100円ほどで購入可)などの種を、土がわりのスポンジや脱脂綿に蒔き、容器に水を浸して置いておくだけ。最初はダンボールなどをかぶせて光を遮断し、10cmくらい芽が出たら日光に当てると、10日ほどで収穫できます。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

麻布たぬ

映画・演劇・音楽・アニメなどエンターテイメント系の雑誌編集歴13年。 現在は雑誌やWebサイトで執筆。最近は走ることで心身を鍛え、物やコトに執着しない“エネルギーの断捨離!?”を実践中。

麻布たぬ

関連記事

特集

関連記事

外食よりも安い!健康のためにも旬の秋の味覚が入った弁当を狙え!

外食より安いということで人気が高まっている「中食」。デリバリーやお惣菜、コンビニやお弁当屋さんのお弁当など、外で買ってきた食べ物を自宅で食べることをいいます。

買ってきたものを自宅で食べるのであっても、季節感は大切にしたいですよね。今回は、季節感のあるお弁当で秋の味覚を楽しむ技をお知らせします。

1. 中食を利用しているのは男性が多い!
リクルートライフスタイルの調査によると、2014年度の中食市場規模は1兆1,056億円。延べ回数シェアでは「30代・男性」が13.5%でもっとも多く、次いで「40代・男性」、「20代・男性」と、男性の利用率が高いそうです。圏域別の中食市場規模は、首都圏6,694億円、関西圏2,969億円、東海圏1,393億円と、人口比よりは少し首都圏の割合が高いのは、男性の一人暮らしが多いからでしょうか。

2. 健康のために秋の味覚が入ったお弁当を狙おう!
男性の購入するお弁当は彩りや栄養バランス、ヘルシーさよりも、価格やボリュームを重視しがち。そうなるとどうしても脂っぽいものや味の濃いものが多くなり、健康にもよくないのはご存知の通りです。

そこで、旬の味覚が入ったお弁当を意識して買ってみましょう。食べ物は旬のものが一番おいしくて栄養価も高いのです。

たとえば、ローソンの新商品「秋の味覚と鮭焼き漬け弁当」。今が美味しい秋鮭と、きのこ、栗、かぼちゃなどの秋の味覚が彩りよくちりばめられています。606カロリーなので、成人男性であれば十分なはずです。鮭のサーモンピンクはスタキサンチンという色の成分で、体に有害な活性酸素という物質をやっつける働きがあります。また、EPAやDHAという体によい脂肪酸も多く含まれます。秋鮭はおいしいだけでなく、身体にもよい食材なのです。

セブンイレブンの「秋を味わう!たっぷり3種きのこのサラダ」なども、秋の味覚であるきのこをたっぷり使った商品。きのこは食物繊維が豊富で、食べ応えがあるので、おなか周りが気になる男性にもぴったりです。

1円たりとも無駄にしない!株主優待食事券を上手に活用する4つのポイント

突然ですが、食事券が優待となっている株を選ぶときに買うかどうかを決める基準がありますか?
おそらく近くに店舗があるかだとか優待利回りがいいものであったりだとか選ぶ理由は様々だと思います。

しかしそれだけでは株主優待食事券を最大限に有効に使えてるとは言えません。そこで今回は株主優待食事券で最大限のお得感を味わうための4つのポイントについてお話していきたいと思います。

有効期限が長いものを選ぶ
多くの優待食事券が半年〜1年間の有効期限を設けています。頻繁に行くところであれば多少有効期限が短くても問題ないかもしれませんが、それほど行かない場所では期限切れになることも十分に考えられます。
おすすめは年に2回の優待があり、有効期限が1年間であるものです。1度の利用で2回分の食事券が使えれば大人数であってもお得に食事をすることができていいですよね。

近くに店舗がある
上記の有効期限にも関係してきますが、近くに店舗がないとなかなか食事券を使うことが難しいです。自分の行動範囲内に購入する株主優待食事券が利用できる店舗があるかどうかをチェックしておくといいでしょう。

株主優待食事券の使用条件がないところ
株主優待食事券によっては曜日、時間帯、枚数などに使用制限がかかってある場合があります。大戸屋HDやロイヤルHDなどはこのような条件がないので、近くに店舗があるという方にはおすすめです。

自分がその店舗で食事券を使うとしたら、その曜日や時間帯に行く事が多いかを事前に考えておくことも必要となってきそうです。

金額の刻みが小さい
金額が大きい方が1回の支払いが便利になるのではないか?と疑問に思われるかもしれません。しかし多くの株主優待食事券ではお釣りが出ないという欠点があります。コロワイドなどでは食事券という形ではなく、優待ポイントとして1ポイント = 1円として扱えるので、1ポイントも無駄にすることなく使用できるという点でおすすめです。

いかがだったでしょうか。今回はいかにお得な株主優待食事券の満足度を最大限にする方法についてお話してきました。この4つのポイントを意識する事で余すところなく株主優待食事券を楽しみましょう。

食品系の「オススメ優待」をご紹介します

これまで様々な株主優待をお得に手に入れる方法や株主優待銘柄を買う方法についてお話してきました。

今回は具体的に手に入れて損はない株主優待銘柄を紹介していきます。株主優待には様々な種類があるので今回は飲食編ということで、食べ物や食事券などを優待として取り扱っている株主優待銘柄の中からオススメの銘柄を3つ、ご紹介します。

・吉野家ホールディングス
全国的に展開している吉野家を身近に感じる人も多いのではないでしょうか。吉野家ホールディングスでは100株で年に2回、合計6000円分の優待券を得ることができます。吉野家はそもそもの価格設定が安いので優待利回り等ももちろん良いのですが、それ以上にお得に感じることができる優待銘柄ではないでしょうか。

・健康コーポレーション
年に1度の優待を提供している健康コーポレーションですが配当利回りが6%前後と高い優待利回りを誇っています。健康コーポレーションはダイエット食品や健康食品を提供している会社です。あの有名なRIZAPもこの健康コーポレーションのグループ会社のひとつです。

健康コーポレーションでは100株、株を保有していれば4000円相当の商品から優待商品を選択して受け取ることができます。株主優待を食品券や割引券などで受け取ってしまうと使い忘れた等ということがあるかもしれませんが、自社製品を選んで受け取ることができれば、そのようなこともありません。
女性の方には嬉しい優待商品なのではないでしょうか。

・コロワイド
コロワイドは手作り居酒屋「甘太郎」やイタメシヤ「ラ・パウザ」、他にも焼き肉で有名な「牛角」、すしやうどんなど様々な業態で使える食事券ポイントがもらえます。このポイントは年に4回1万ポイント、つまり合計4万ポイント(4万円分)が年に優待として手に入れることが出来ます。

しかもコロワイドは優待ポイントが使い切れなかった場合でも日本各地の特産品と交換できるのです。せっかく株主優待で食事券も使いどころがなければ、持っていても仕方ありませんが、コロワイドの場合は近くに店舗がなくても株主優待を余すことなく使えることが嬉しいです。
株主優待がもらえるのは500株以上で株価も上昇傾向にあるので資金はいりますが、人気の優待銘柄です。

いかがだったでしょうか。この他にも様々な株主優待銘柄はありますし人によっては、他の銘柄をオススメしたいという人もいると思います。それでも株主優待の優良銘柄を知りたいと思っている方のために今回具体的な株主優待銘柄を紹介させていただきました。ぜひ参考にしてみてください。

食費などの生活費を浮かせたいなら結婚するべき?

最近の芸能界では、ビッグな結婚ニュースが次々と報告されています。福山雅治さんと吹石一恵さんの結婚ネタはいまだにYahoo!ニュースを賑わせていますし、この夏は堀北真希さんと山本耕史さんの電撃婚も伝えられました。

その一方で、一般人の結婚は多様化しています。“晩婚化”はすでに一般化していますが、入籍することなくお互いに夫婦と認める“事実婚”や、あえて結婚しない“非婚”という選択も増えているといいます。

ところで、食費などの生活費を考えたとき、一人暮らしか夫婦暮らしかどちらがオトクなのでしょうか。もちろん、収入や暮らしぶりに個人差はありますが、一人暮らしの人が結婚をしたらどうなるのか、一人当たりにかかる平均的な費用について考えてみました。

賃貸物件の場合。1人当たり3万円ほど節約できる
一人暮らしでは6~7万程度のワンルームや1Kに住むことが一般的。一方、新婚夫婦の住まいは9~10万程度の1LDKや2DKが多い傾向です。2人になったからといって、住む場所の広さが「倍」にならなくても生活することが可能。結婚をしたほうが、1人当たり3万円ほど節約ができそうです。

食費は1人当たり1万円ほど節約できる
新婚夫婦の一カ月の食費は、平均3~4万5千円程度。1日平均1000~1500円くらいです。
最近は一人暮らし向けのファーストフードや中食(自宅で食べられる総菜など)の種類が充実していますが、それでもやはり一カ月に2~3万円程度はかかるでしょう。結婚をしたほうが、1人当たり1万円は節約できそうです。

光熱費はほぼ変わらず
電気代、ガス代、水道代といった光熱費は、部屋の広さや使用する時間に比例します。総務省の調査によると、一カ月の光熱費は、一人暮らしで1万2000円程度、2人以上の世帯は2万3000円程度。一人当たりに換算すると、ほぼ変わらない結果となっています。

食事や光熱費など毎日のように消費するものは、ある程度、人数に比例して費用が増える傾向がありますが、家具・家電など長く使っていけるモノは、2人で「共同で使用する」ことができそうです。そう考えれば、1人よりも2人のほうが物質的に豊かな生活が送れるかもしれません。もし“結婚”にこだわらない場合は、友人や仲間との“シェアハウス”などもまた然りです。

まとめ買いを駆使して食材のムダを減らそう!

冷蔵庫を開けた時、奥の方でしおれた野菜、色の変わったお肉、ひからびたチーズなどを見つけて、「あ、こんなのあった!」となったことはありませんか。食費を節約する最大のポイントは、食材のムダを減らして使い切ることです。

1. 1週間分の献立をたてよう
食材の購入は計画的にしましょう。買い物に行く前に、1週間ぶんの献立をあらかじめ立てておきます。最近は、スーパーのちらしがネットでも見られますので、安い食材を見計らって献立を決めましょう。
例えば、肉じゃが(薄切り牛肉、じゃがいも、ニンジン、タマネギ)の材料は、そのままカレーにも変身させることができますよね。こうして、1つの食材をいかに効率よく使いまわすか? これで食材のムダがだいぶ減らせます。

2. 買い物リストを作ろう
1週間分の献立が決まったら、買い物リストを作りましょう。リストがあれば、買い忘れや余計なものを買うリスクを防げます。

3. 買い物に行く回数を減らそう
スーパーに行く回数が多くなると、特売品やお菓子などが目について、ついついいらないものまで買い込む癖がついてしまいます。
買い物リストを作ったら、まとめ買いをしてしまいましょう。買い物の際には、お店をまたいだ商品検索ができる“電子チラシアプリ”の活用がおすすめ。
スーパーのはしごで食材購入した買い物と、1軒のスーパーで全ての食材を購入した買い物を比較したところ、“スーパーのはしご”の方が1食当たり342円の節約になった例もあるそうです。つまり、1カ月であれば1万円の節約も夢ではありません。

4.スーパーのクレジットカードを作ろう
最寄りのスーパーのクレジットカードを作りましょう。
例えばイオンであれば、毎月20日と30日にイオンカードのクレジットを利用することで、買い物代金が5%OFFになります。全国のイオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、サンデー、ビブレ、ザ・ビッグなどで有効です。また、毎月「5」の付く日はポイントが2倍になります。
クレジットカード払いに抵抗がある人もいるかもしれません。しかし、お金の出どころを1枚のカードでまとめておけば、あとで家計簿をつけるときもラクラクです。

ランキング