年末の大掃除で出たゴミ、DIYでリサイクルインテリアにしちゃおう!初心者でも出来るエコなインテリアDIY

3047.jpg

このレシピを実行して

3000貯まる!
<材料>

・年末の大掃除で出たゴミ

<How to>

1牛乳パックがおしゃれなスツールに変身

2インテリア小物はアイディア次第

※ 1ヶ月:約3000~円

年に一度の大晦日の大掃除。ここぞとばかりに断捨離をする方も多いのでは。年末の大掃除で出たゴミも、アイディアひとつで捨てずにインテリアとしてリサイクルできちゃうんです。

日曜大工とか工作とが苦手だし……という人もいるかもしれません。今回は、初心者でも出来るエコなインテリアDIYについてご紹介します。

1.牛乳パックがおしゃれなスツールに変身
スーパーや地域の廃品回収などに出すことが多い牛乳パックを使って、おしゃれなスツールができちゃうんです。作り方はかんたんなので、お子さんと一緒に手作りしてみてはいかがでしょうか。

まず、飲み終わった牛乳パックをキレイに洗ってハサミで切り開き、上部の1か所と底の部分は取り除き、上部2か所はハサミで切っておきます。
側辺の一面を貼りあわせてセロテープでとめ、三角柱を作ります。
この三角柱を組み合わせて、好きなサイズの六角柱を作ります。踏み台や子供用のいすにできるスツールなら、1個あたりだいたい牛乳パック24本か36本を使うのが標準のようです。

六角柱の上下には、補強のために段ボールを貼ります。
上部はクッション材の綿や余り布を中に入れて布をかぶせ、サイドは布をぐるっと巻きます。布はお好みのデザインや色を選んでくださいね。
もっと大量の牛乳パックを組み合わせていけば、ソファも作れてしまいます。

2.インテリア小物はアイディア次第
インテリアのアクセントになる小物づくりはアイディアしだいです。
たとえば、子どもが飽きてしまったビニール製の恐竜や動物のフィギュアなどはありませんか。背中をくりぬいて、100均などで買えるミニ観葉植物を入れれば、リアルな鉢カバーのできあがり。

ほかにも、金属製のトレーにカラーリングして、メッセージボードとして壁掛けに。マグネットがくっつくので実用性も高いものができます。
大掃除で出たゴミをもう一度見直して、リサイクルできないかどうか、アイディアをふくらませてみてくださいね。

<関連記事>

画像一覧

  • 年末の大掃除で出たゴミ、DIYでリサイクルインテリアにしちゃおう!初心者でも出来るエコなインテリアDIY

執筆者

新部若菜

4年間、資生堂に勤務、アメリカ留学などを経てフリーライターとなる。 ビジネスから美容、フード、トレンド系もフォロー。

新部若菜

関連記事

特集

関連記事

寒い季節にほっこりしたい!格安でできる北欧風インテリア術

おしゃれなインテリアの代名詞といえば北欧風ですよね。

最近では、スエーデンの家具大手イケアや、フィンランドのマリメッコ、デンマークの100円ショップフライングタイガーコペンハーゲンなどの北欧ブランドも進出してきて、北欧風インテリアもすっかりおなじみになりました。

今回は、年末の大掃除を機に模様替えを考えている方へ、格安でできる北欧風インテリア術を紹介します。

1.そもそも、北欧風インテリアってどういうもの?
北欧風=おしゃれというイメージが浸透していますが、「北欧風インテリアってなに?」と改めていわれると、答えに困ってしまう方も多いのでは。

年間を通じて気温が低い北欧の国々では、おうちの中で家族と過ごす時間を大事にしています。そのため、インテリアへのこだわりも強く、洗練されたデザインが生み出されるようになったのです。

キーワードは「ナチュラル」「差し色」「シンプル」など。ナチュラルカラーの木材を使った家具や、白を基調としたインテリアの中にファブリックでピンクや赤などのビビッドカラーを取り入れる、飾り気のないシンプルなデザインの家具でコーディネートするなどの要素を取り入れると、ぐっと北欧らしさが増します。

寒い国のインテリアは、これから冬に向かう中で気持ちをほっこりさせてくれるでしょう。

2.北欧風雑貨を格安で手に入れるならココ!
人気の北欧風デザインを手軽に取り入れるなら、小物から。注目したいのは300円ショップやイケア、100円ショップのフライングタイガーコペンハーゲンなど。
300円ショップでは、マリメッコ風のビビッドでポップな柄のクッションやカーテン、グラフイックデザイナーロッタ・キュールホン風のキッチュなプリントの食器類などが格安で手に入ります。

イケアは、格安の雑貨に加えて、北欧風デザインの家具やカーテン、リネン、クッションもトータルコーディネートできるのが強み。

わくわくするようなユニークなアイテムを暮らしに取り入れたいなら、フライングタイガーがおすすめです!

インテリアにも!?蚊取り線香最新事情

古き良き日本の夏を思わせるアイテムのひとつ、蚊取り線香。蚊取り線香といえば、ぐるぐるの渦巻き状で、ブタの蚊やり(蚊取り線香立て)に入れられているイメージですが、最近、オシャレに進化していることをご存知ですか?

今回はそんな最新蚊取り線香事情をお伝えします。

1.アロマをプラスした新商品も登場
蚊取り線香の最大手、アース製薬は、近年アロマをプラスした蚊取り線香を発売。「森の香り」や「ローズの香り」などの新商品を展開しています。一方、紀陽除虫菊社は「すいかの香り」「グレープフルーツの香り」「海風」「朝顔」など、夏らしさを意識したユニークな香りの蚊取り線香をなんと12種類以上も販売しているのです。

2.エコで安心安全なところが受けている
蚊取り線香に含まれる殺虫成分は、人や動物は酵素で分解できるピレスロイドという成分を使用しています。そのため、ケミカルな虫除けグッズを避けたい小さな赤ちゃんやペットのいる家庭などに人気を得ているのです。さらに、蚊取り線香は電気を使わず、使用後に残るのは灰だけというシンプルなところも、近年の環境意識の高まりや、節電、節約志向と合っているのかもしれません。

3.オシャレな蚊やりも人気のひとつ
最近は、インテリアグッズのひとつにしたいオシャレな蚊やり器が登場しており、蚊取り線香人気に一役買っているようです。

定番は和風のものですが、昔ながらのブタの形をしたものばかりでなく、信楽焼など有名な焼き物を使ったもの、クマやネコ、犬などを形どったキュートな物などがあります。もう一つの傾向として、アジアテイストなものが人気のようです。例えば、インドネシア・バリのガラスを使った物、タジン鍋のようなテラコッタ(素焼き)のもの、鳥かごをイメージした鉄製のものなど。オシャレなだけでなく、風が吹いたときに灰が飛び散らないなど、新たな設計を取り入れているのも特徴。

あまりにキュートなデザインばかりなので、夏が終わってもインテリアのひとつとして、玄関や庭先に飾っておきたい逸品ばかりです。

衣替えの季節!不要物はリサイクルを賢く活用しよう!

いよいよ10月は衣替えの季節。衣服を出してみてそのあまりの量にびっくり! 一気に断捨離を始める方も多いのではないでしょうか。

日本では年間約250 万トンの繊維製品が消費され、150万トンがゴミとして捨てられているそうです。リユース・リサイクル率は20%以下で、古紙やびん・カンに比べても低い割合にとどまっています。なんとももったいない話ですよね。
環境のためにも、衣服の断捨離に活用したいのがリサイクル。今回は、リサイクルを賢く利用する方法について紹介します。

1.ユニクロの全商品リサイクル運動
低価格で質の良い衣料品を販売するのを得意とするユニクロは、CSR(企業の社会的責任)活動の一環として、全商品のリサイクル運動を行っています。
2006年に活動をはじめた当初は、集めた衣料品を工業用繊維などの材料とする計画でした。しかし、集まった衣料品のほとんどがまだ着られる状態のものであったことから、現在は難民支援などで「服」は「服」のまま役立てるという方向に変わっています。

ユニクロ・ジーユーの商品が対象で、国内の全店舗で回収をしています。状態を保つために、洗濯済みのもののみを受け付けています。

2.クーポンがもらえる!H&Mのリサイクル
安くて手軽なファッションが広まることで衣料品の廃棄が増えるとして、なにかと批判されがちなファストファッション。同業界大手のH&Mでも、衣服のリサイクル活動をしています。

対象となるのは全ての衣類で、H&Mの商品でなくてもOK。最寄りの店舗に衣類を持ち込むと、袋1点につき、3000円以上の買い物で500円引きになるクーポンがもらえます。袋はいくつでも持ち込めますが、クーポンがもらえる枚数は、1日最大2枚まで。集まった服は処理工場でひとつひとつ手作業で仕分けされ、まだ着られる状態のものは服としてリユース、汚れたり破れたりして着られないものは、工業用繊維などとしてリサイクルされます。

環境にやさしい上に、お買い物時に使えるクーポンがもらえるなんて、オトクですよね。

勉強いらず、経験いらず?初心者でもリスクを最小限にする株式投資の方法とは

投資は損をしないためには多くの勉強や経験を必要とします。

株も例外ではなく、月に数十万円、あるいはそれ以上を稼ぎだすような人は、人一倍多くの知識や経験があるという人ばかりです。勉強をしないまま株に投資するなんて、今にもロープが切れそうな吊り橋をジャンプしながら渡るようなものです。

それほど勉強をしないまま投資をすることは危険であり、するべきではないと考えられます。しかし、それではいつまでも投資の経験値を上げることはできません。しかし正直なところ、つまらない勉強をせずに投資で軽く儲けたいと思うのが本音ではないでしょうか。

今回の記事では、「勉強なし、経験なし」の人が株式投資でも損をするリスクを最小限にするための方法についてお話していきたいと思います。この方法を知っているとあなたの投資金はわずかではありますが確実に増えて行くでしょう。

実践しているうちに、いつの間にか自分の生活で必要なお金がどんどんと投資した株から生み出され、その生み出されたお金をあなたは自由に使えます。定年を迎える前に早期退職、なんてことも現実に起こりえるのです。ですからしっかりと次の方法に目を通してください。

それは、“株主優待銘柄”に“長期投資”をするという方法です。

株で利益を出す方法は主に2パターンあり、頻繁に株式の売買を行い、株価の差額で利益を出す人と、あまり株式の売買をすることなく優待などで利益を出す人の2パターンです。そして株式初心者ほど勉強しないまま楽に儲けるだけのために短期投資を行う人が多いのが現実です。しかし、前者の投資方法は数日後、もしくは数時間後に株価がどのように変動しているのか見極めなければならず、これにはニュースや経済状況など様々な要素を頭に入れた上で投資を行わなければなりません。

つまり長期投資よりも多くの知識、経験、状況判断力を必要とされ、それだけ難しく損を出しやすい投資法とも言えます。ですから株式初心者ではこちらの投資法ではなく、優待や配当金などを目的とした細々と投資金を回収して利益を上げるような長期投資がいいでしょう。

あまり株式の売買をしないのは投資をしている気分にならないかもしれませんが、長期投資で堅実に投資金を回収していきましょう。

せどりで稼いでいない人必見!初心者が陥りやすい“売れない”考え方とは

「売れる商品が見つかりません」

せどり初心者の頭の痛い悩みではないでしょうか。せどりというのは初心者でも始めやすいビジネスであり、簡単に稼ぐ事が出来るはずだ。それなのになぜ自分には利益の出る商品を見つけることができないのだろうか。自分と同じようにせどりをする人が増えてきていてライバルも多くなってきているから稼げないのだろう。自分には向いてないしさっさと辞めてしまおう!

そのようにせどり初心者の方は考えがちです。確かにせどりをする人は増えているかもしれませんし、以前よりは稼げなくなった部分があることも事実です。

しかしこのようなせどり初心者は大きな勘違いをしていることが多く、その勘違いを修正するだけでもずいぶんと稼げる可能性がアップします。そこで今回はせどり初心者が勘違いしている3つの考え方についてお話していきたいと思います。

1.せどりで稼ぐのは“楽”ではない
せどりという初心者が始めやすいビジネスであっても、楽に稼げるとは口が避けても言えません。初心者に始めやすくても楽に稼げる事はありませんしどちらかと言うと始めのうちは微々たる利益を出すのがやっとと言うところではないでしょうか。

あくまでもせどりはネットビジネスの中では「稼ぎやすい」分野であり、ネットビジネスの経験のない人が始めるのには向いているだろうというだけのことなのです。せどりだから簡単に稼げるという考えがあるならば、厳しいですがその考えは今すぐに捨てて下さい。

2.まだまだせどりで稼ぐのは十分可能
次にせどり参入者が多くて稼げないのではないかという疑問ですが、Amazonには5000万点を超える商品があり、これからも増え続けるというように言われています。理論上はこの5000万点の商品のどの商品でもせどりをすることは可能なのです。ですからせどり参入者が多くても自分の得意ジャンルを極めれば十分に稼ぐ道が残されていると考えても不思議はないと思います。

3.利益の取れる商品が見つからないのは作業量が足らない
先ほども言ったようにせどりは楽に稼げることはありません。ですから初心者はとにかくまず数をこなす必要があるのです。その作業量をこなす前に辞める人が多いから稼げないだけなのです。利益の取れる商品が見つからないという方は、これでもか!と思うくらい作業をしてみることをお勧めします。

この3つのポイントに当てはまってしまった方は今後せどりに対しての考え方を180°変えて臨んでみて下さい。

ランキング