もうそんな季節?!忘年会の予約が始まっている!早割を有効活用しよう!

このレシピを実行して

約1,630貯まる!
<材料>

・忘年会の早期割引特典

<Point>

1ワタミグループの忘年会早期特典は、最上位コースが3900円!

2モンテローザの早期予約はおトクがいっぱい

※1ヶ月: 約1630円~

3043.jpg

今年も早いもので残すところあと2か月。もうそんな時期なの?! と驚いている方、すでに忘年会の予約まで始まっていますよ!

忘年会予約の早期受付で割り引きになったり、通常コースよりもおトクになったりすることも。持ち回りで幹事が決まっている職場や、開催日が「仕事納めの日」など恒例になっている職場などは、ぜひ早割を利用してオトクに忘年会を企画してください。

1. ワタミグループの忘年会早期特典は、最上位コースが3900円!
ワタミグループの「早割(早期割引)宴会コース」では、「和民」は「道産牛のしゃぶしゃぶと真鯛の姿造りコース」6000円(税込)、「わたみん家」はステーキにお刺身、白湯鍋がそろった「祝(いわい)コース」5000円(税込)という店舗でいちばん高いコースが、平日3時間の飲み放題付きでなんと3900円に。予約受付期間は10月1日(木)〜11月30日(月)まで。宴会の予約できる期間は11月2日(月)〜12月21日 (月)の平日(月〜木曜日、祝日、祝前日も可)とのこと。おトクな宴会コースで幹事の腕を見せつけましょう!

2.モンテローザの早期予約はおトクがいっぱい
「白木屋」「魚民」「笑笑」などの居酒屋チェーンを展開するモンテローザでは、11月30日までに忘新年会の予約をするとたくさんの特典がつく「忘新年会早割プラン」の受付を10月20日から開始しました。魚民で「早割」特典適用の宴会コースを利用した場合、5200円のコースが3570円に。さらに飲み放題は3時間で、ズワイガニ(500円分)を無料プレゼント宴会を実施できるのは日曜日~木曜日(祝前日、12/27~1/3は対象外)とのことです。

さらに、宴会利用で好きな文字を自由に入れられる「横断幕」「Tシャツ」もプレゼントとのことなので、年末に退職・異動する人の歓送迎会の利用もいいかもしれません。30名以上で利用すると、先着200名の幹事へJTB旅行券1万円分がプレゼントされるので、「今年幹事になっちゃった。いやだなー」とぼやいている方も、モンテローザを利用すればがぜんやる気になるかもしれませんね。

画像一覧

  • もうそんな季節?!忘年会の予約が始まっている!早割を有効活用しよう!

執筆者

新部若菜

4年間、資生堂に勤務、アメリカ留学などを経てフリーライターとなる。 ビジネスから美容、フード、トレンド系もフォロー。

新部若菜

関連記事

関連記事

幹事を引き受けて交際費をお得にする方法

お盆休みの時期には、OB・OG会などに参加なさる方も多いのではないでしょうか。交際費は意外とかさばるものです。そこで、この記事では「覆面モニター」をすることで交際費を節約する方法についてご紹介します。

1. 覆面モニターとは
覆面モニターとは、本当のお客さんを装って飲食店に来店し、店の様子を調査するというものです。接客態度やメニュー内容などを細かく調査し、その結果はお店のサービス改善等に利用されます。

2. まずは登録しよう
まずは、覆面モニターを行なっているサイトに登録することから始めましょう。「ファンくる」「ミステリーショッピングリサーチ」「ショッパーズアイ」「フードリンク」「GetMoney !」さまざまなサイトが提供しているサービスです。
まずは検索して、ご自分に合ったサイトを見つける、あるいは複数のサイトに登録をしておきましょう。

3. 幹事を引き受ける
この節約のポイントは、「幹事を引き受ける」ことです。お店選びを任せてもらい、覆面モニターを募集しているお店を選ぶことが肝になります。
引き受けたあとは、さっそくお店を選びましょう。

4.当日は楽しく過ごしましょう
当日は楽しい時間を過ごしましょう。指定された項目を観察することを忘れずに。来店後に記入するアンケートの量はサービスによって異なるようです。インターネットを通して数分程度の作業で済むものもあれば、数枚分のレポートの場合も。なお、調査前にチェックを行なうサイトもあります。また、レシートをもらうのも忘れずに。

5.アンケートを記入し、報酬を入手します
アンケートを記入し、報酬を入手します。報酬の方式もサイトによって異なります。ポイント還元のものもあれば、登録した口座へ現金で振り込まれるサイトも。場合によっては飲食費+αの報酬をもらえるケースもあるようです。

6.デメリット
最後に、この方法のデメリットについてご紹介します。それは、気になるお店に応募しても必ずしも当選するわけではないということです。ですから、お店選びは早い段階で行なわないと、はずれが続いて結局普通に予約することに…という事態にもなりかねません。余裕をもって早めに行動するのが鍵の節約法です。

その飲み会必要ですか?!交際費を節約するワザ

部署の飲み会、同期の飲み会、同級生との飲み会、彼氏・彼女とのデート……など、交際費が必要となる場面はたくさんありますが、振り返ればそのぶんたくさんのお金を浪費している可能性があります。

でも、お金の節約のためだけに誘いを断っていると、いつしか周りから人がいなくなっているかもしれません。今回は、めりはりをつけた交際費の上手な節約方法を紹介します。

1) めりはりをつけて参加する
ただなんとなく……で職場の飲み会に参加するのはやめましょう。浪費に加えて、暴飲暴食の原因にもなります。
基本的に、参加したほうがいい飲み会は、歓迎会と送迎会です。お世話になった人への感謝を示し、また新しいメンバーと良好な関係を築くためにも、節約中であってもこうした節目ごとの飲み会には参加すべきです。歓送迎会シーズンには、少し多めに交際費の予算をとってもいいかもしれません。
そのほかの飲み会については、重要度と優先順位をつけて参加しましょう。

2) 気乗りしない誘いは断る
「あの人といくと終電を逃す」「高い店につれていかれる」など、いつもよりお金がかかりそうなメンツだったり、気の乗らない誘いなら、思い切って断ってしまいましょう。ただ、毎回断るのは気が引けるかもしれません。その場合は、3回に1回など、回数を決めて誘いに乗りましょう。また、断る時は「●●のために節約してるから」などできるだけ正直に伝え、決して嘘はつかないようにしましょう。あとで嘘がばれると気まずくなります。

3) 参加するのは1次会まで、終電は逃さない
飲み会に参加したとしても、1次会で帰りましょう。2次会、3次会、さらには朝までのカラオケ……と際限なくお付き合いしていると、それだけ交際費の無駄遣いになります。また、健康にもよくありません。
また、楽しむのは電車のある時間までにとどめ、遠距離を高い深夜料金でタクシー帰宅……なんてことにならないように気を付けましょう。

交際費はクレジットカードで払う癖をつけよう!

 オフの日に、映画や美術館、遊園地などの施設で楽しい休みを過ごすという人は少なくないと思います。ですが日本では、通常の映画の鑑賞料は1800円。美術館や博物館の入場料、企画展示などであれば、1000はまず下らない入場料がかかります。けっこう高いですよね。

昨年度の東京国立博物館の企画展示入場料の平均は、一般料金で1110円となっています。日本は物価が高いと言われる国ですが、イギリスのように国立の博物館の入場料を無料に設定している国や、アメリカ合衆国のように気軽に映画が見ることができる国と比べると、レジャー費が高くついてしまいます。ですが、少しの計画性とコツで、その支出を抑えることができます。

・行きたいものは事前に決めておき、チケットも事前購入しておく。

 絶対に行く、というものに関しては、必ず前売り券を購入するようにしましょう。前売り券は、おおむね通常で買うよりも、500円前後安く販売されることが多く、通常の窓口で買うよりもかなりお得になります。ただし、会期が始まってしまうと、前売り券の販売も終了することが多いので、その点は注意が必要になります。

 また、チケットの事前購入は、お金の面だけでなく、時間の節約にもなります。特に休日などの当日券の販売窓口は混雑することも多く、人気のある展示ですと、買うのに一苦労、ということもあります。事前購入は通常の2、 3割引きの値段でチケットが買えるだけでなく、時間のロスもなくしてくれる一挙両得の方法なのです。

・事前購入を忘れても、窓口は買わない

 とはいえ、必ずしも、前もって事前にチケットが買えるわけではありません。突然、行きたくなる、知らなかった、ということもあるでしょう。そんな時はまず、ちかくの金券ショップなどでチケットが販売されていないか確認しましょう。また、インターネットや知人友人のネットワークなどを駆使して関連する情報を集める努力をして、節約をしていきましょう。

2015.5.27更新

非公開: オトナの楽しみ!明るいうちからおトクにお酒を飲む方法

もうそろそろお盆休み!

平日に休みをとると、なんだかわくわくしませんか? あれもしよう、これもしよう……と普段仕事があってできないことを、この機会に片付けてしまおうという方も多いかと思います。そんな貴重な平日休みにおすすめしたいことの一つに「昼飲み」があります。

休みの日の明るい時間から飲むビール、なんだかおいしく感じませんか? 昼飲みは、おいしい上にオトクなことも多いので、節約派にぴったりです。今回は、そんな昼飲みのメリットを紹介します。

1. ランチタイムの宴会割引を利用する
探してみると、ランチタイムから飲み放題を提供しているお店、けっこうあるんです。
ランチコースとして提供している店もあれば、夜の宴会コースを1000円~2000円引きにして提供しているお店も。居酒屋ランチをやっているお店も増えていますが、昼飲みのお客さんはそこまで多くないですから、いろいろな方法でおトク感をアピールしているようです。
同じ内容なのに、ランチタイムというだけで割引になるのですから、利用しない手はありませんよね。
また、昼から開店しているバーでも、開店から夜7時、8時までずっとハッピーアワーという太っ腹なお店もあるようです。

2. ファミレスは昼飲みの穴場
昼からお酒が安く飲める穴場として最近注目されているのが、ファミレスです。
とくに関心を集めているのが、カジュアルにイタリアンが楽しめると人気の高いファミレス、サイゼリヤです。サイゼリヤでは、グラスワインが1杯100円~、ボトルワインが1本1000円~という驚きの低価格。安かろう、悪かろうではなく、味もなかなかのものという評判です。さらに、「裏メニュー」として、ワインリストを揃えている店舗もあるとか。このリストも、ちょっとしたワインバーに負けないくらいの充実した品ぞろえながら、価格は手ごろという評判です。
サイゼリアなら、生ハムやピザ、パスタなど、ワインにぴったりのおつまみやお食事も低価格で充実しているので、昼から飲みたい! という人にうってつけです。

お歳暮は早く購入すると早割りに!お歳暮を安くする賢い贈り方を学ぼう

年末に向けたデパートのお歳暮商戦が始まりました。
お歳暮は早く購入すると、早割が適用されておトクになります。早割で申し込んでも、送る時期は選べるので心配ありません。

「えっもうそんな時期?」なんて言っていると、乗り遅れてしまいますよ。今回は、お歳暮を早割で贈るメリットを紹介します。

1.お歳暮っていつ贈ったらいいの?
関東地区を中心とした、平均的なお歳暮の時期としては、12月上旬から12月20日までとされています。本来、正式なマナーは12月10日頃から20日頃に贈るものとされていますが、年々早まる傾向にあり、最近では12月に入ると贈り始めるようになっています。
逆に、時期に遅れてしまった場合には、12月20日~大晦日までなら「寒中見舞い」、新年が明けたら「お年賀」として贈ります。
お歳暮は日ごろの感謝を表すものなので、相手方や自分が喪中でも贈ってさしつかえありません。ただし、お年賀の場合は喪中のときは贈りません。

2.大手スーパーでは早期申し込みで割引サービスを実施
お歳暮をどこで用意するかというのはけっこう頭の痛いポイントですが、「早割」という観点からだけで考える場合は、デパートよりも大手スーパーを利用するのが良さそうです。
例えば、イトーヨーカドーの冬ギフトカタログでは、「早期承り特典」対象商品を12月8日までに申し込めば、早期承り特典で10%割引になります。早割が適用されるのは、平牧三元豚を使ったソーセージ・みそ漬けギフトや、「とり野菜鍋用詰合せ」セットなど。
一方、ダイエーでは、12月6日までの申し込みで10%オフ、イオンでも12月8日までの申し込みで10%オフが適用されます。

3.百貨店・デパートの早期申し込み特典
普段は百貨店やデパートで買い物はしないという人でも、お歳暮だけは購入したいという人もいるかもしれません。百貨店やデパートでは、早期申し込みをしても割引になるところは少なく、逆に「先着●●●名様まで粗品プレゼント」といった特典を設けているところが多いようです。

ランキング