水道代はいくらぐらい?水道光熱費が上がりやすい冬場に注意すべきは?

このレシピを実行して

約1,000貯まる!
<材料>

・節水シャワーヘッド

<Point>

1水道代が高い、その理由はシャワーかも

2湯船のお湯を有効活用しよう

3節水シャワーヘッドを使う

※1ヶ月:約1000円~

3022.jpg

冬場は水道代が高くなるのはなぜ? という疑問を感じている人はいませんか。夏場の方がひんぱんにシャワーに入るし、小さいお子さんのいるご家庭なら庭やベランダで水遊びをしたり、お庭に植物を植えているなら水やりをしたりとなにかと水を使う機会が多いはず。

今回は、冬場に水道代が増える理由、そのなぜについてお答えします。

水道代が高い、その理由はシャワーかも
冬場だけは湯船にお湯をためて入る、という人もいるかもしれませんが、ガス代がもったいない気がして、シャワーだけで済ませているという人も多いかもしれません。

ただ、冬場に水道代が増える理由の多くは、シャワーにあるといわれています。
冬場は外の気温が低いので、水道の水の温度も低くなります。そのため、シャワーを適温にするまで時間がかかり、水を流しっぱなしにする時間が長くなり、水量も増えます。

また、身体を洗っているあいだ、浴室が冷えてしまうのでシャワーを流しっぱなしにしていませんか。シャワーを15分間流しっぱなしにしていると、使用する水量は約200リットル。だいたい湯船にためる量と同じくらいの水が消費されます。

2.湯船のお湯を有効活用しよう
水道代のことを考えるなら、冬場は湯船にお湯を貯めたほうがおトクです。まず、お湯をためて湯船に浸かって身体を温めます。その後、身体を洗うときは湯船のお湯を使います。最後に出るときに、シャワーで軽く流しましょう。このやり方なら、浴室が冷えて寒いということもありませんし、ためたお湯も無駄になりません。

3.節水シャワーヘッドを使う
どうしてもシャワー派という方や、自宅に湯船がないという方は、シャワーヘッドを取り替えてみましょう。節水シャワーヘッドとは、水圧を高めることで使用する水量を少なくするシャワーヘッドのこと。手元で切り替えできるスイッチがついているタイプもあります。

取り付けするだけで1回水道代が約30円程度も安くなるタイプもあるとか。水道代節約のために検討してみましょう。

画像一覧

  • 水道代はいくらぐらい?水道光熱費が上がりやすい冬場に注意すべきは?

執筆者

新部若菜

4年間、資生堂に勤務、アメリカ留学などを経てフリーライターとなる。 ビジネスから美容、フード、トレンド系もフォロー。

新部若菜

関連記事

関連記事

暖房代を賢く節約する方法5選

日に日に気温が下がり、上着が手放せない季節になりました。家の中の冬支度は進んでいますか?

ここでは、夏以上に電気やガスなどの暖房代がかさむ冬に、暖房代を浮かすためのコツを紹介します。ストーブ、こたつ、ヒーターなどなど、暖房器具は種類が豊富。それだけに節約できるポイントがあるのです。

「断熱シート」で冷気をシャットアウト

 意外と見落としがちなのが、外の冷気を室内に入れないための「断熱」。壁や窓に断熱材が使用されていればベストですが、賃貸物件などでは窓ガラスに張る「断熱シート」をうまく利用しましょう。冷気をシャットアウトして暖房の効果がアップする上に、暖房を切った後の暖かさも持続します。料金は1000円程度。ネット通販などで購入できます。

「電気毛布」や「ホットカーペット」を取り入れる

暖房器具の中でも電気代が比較的安いのが、電気毛布やホットカーペット。冷気が溜まりやすい足元をピンポイントで暖めるので、一ヵ所で読書をする時や、家族が寝静まってからデスクで作業する時は、ヒーターを止めて電気毛布やホットカーペットに切り替えましょう。暖房のつけすぎで頭がクラクラする心配もありません。足元サイズのホットカーペットは数千円で購入できます。

「電気表示器」で電気代を“見える化”

暖房代を浮かすには、日々の電気代を把握しておくことも大切です。そこで利用したいのが「電力表示器」。コンセントにつなぐだけで、電気料金や消費電力が表示されます。1000円程度で販売されている商品が多いようです。

「人感センサー」でムダな消費を抑える

初期費用はそれなりですが、後々の電気費用を抑えたいなら「人感センサー」が搭載されたファンヒーターがおすすめ。人がいなくなると自動で停止するため、消し忘れを防ぎ、ムダな消費を抑えられます。

室内でも「厚着」はキホン!

最後に、忘れてはならないキホン的な節約法は「厚着」です。薄着のまま暖房の温度を上げて「寒い、寒い」と言っていませんか? 首や足首などの“くびれ”を暖めると、からだ全体が暖まると言われています。室内でも首にストールを巻いたり、ニット素材などのスリッパを着用したりすると効果的です。

婚活入門編!自分らしい婚活で節約する

 今年の春、あのブライダル雑誌「ゼクシィ」が婚活サイト「ゼクシィ縁結び」をオープンさせました。個人情報を交換しなくてもデートをセッティングできる、といった気軽なサービスがすでに人気を呼んでいます。

 最近はこのようにネットで発展していく婚活も増えていますが、その一方で、結婚相談所や婚活パーティーも根強い人気があります。

 気軽に参加したいのか、期間を決めて本気で挑むのか。あれこれ手を出すのではなく、自分の目的や予算にあった方法を見極めることが、婚活における節約のコツといえそうです。

料金は高いが、“親戚のおばさま”的にお膳立てしてくれる結婚相談所
 条件のあう相手と、計画的かつ確実に引き合わせてくれるのが結婚相談所。1〜10までお見合いをお膳立てしてくれる“親戚のおばさま”的な存在で、信頼度も高いです。そのかわり、料金は入会費など諸々あわせて年間20〜30万程度とお高め。

 引っ込み思案の人、面倒くさがりの人ほど、高い料金を支払っただけの効果が得られるかもしれません。

 節約したい人は、年間10万円台と格安の結婚相談所もあります。ただし、イベント代などが別途必要になることもありますので事前に確認を。

料金は安いが、コミュニケーション能力が問われる婚活サイト
 プロフィールなどを登録し、共通点のある相手を探すことができる婚活サイト。普段出会えない人との“出会い”は確保してくれますが、そこから先は自分からメールを送るなど、コミュニケーション能力が問われることも多いようです。
 利用料金は一カ月3000円程度。とにかく出会いが欲しい! という人にはぴったりといえそうです。

手っ取り早く出会いたい人は、婚活パーティーへ!
 相手を探すこと、交流を持つことが一気にできてしまうのが婚活パーティー。平均費用は、男性4000〜7000円、女性2000円〜4000円ほどです。
 内容は、大人数のパーティーや席替えや個室でのトークが主流ですが、最近は「バスツアー婚活」や「クッキング婚活」など多岐に渡っています。趣味を楽しみながら出会いを求める人や、手っ取り早く相手を探したい人には向いているかもしれません。

 最近は、自治体やNPO団体が比較的リーズナブルに開催しているパーティーもあります。自分が住む街で検索してみるのもよいでしょう。

節約しながら生モノを送りたい!各郵送会社の冷蔵輸送の特徴と違い

夏の季節のご挨拶や、帰省や旅行などで海産物のおいしい地域に行き、自宅用のおみやげにしたり、親しい人に送りたいなどの理由で、生ものを宅配することがあるかもしれません。
今回は、各運送会社の生ものを宅配する際の料金やサービスなどについて紹介します。

配送料金は、通常運賃に冷蔵・冷凍料金が加算されます。

1.チルドゆうパック(郵便)
チルドゆうパックは、郵便局が提供している生ものの宅配サービスです。
大きさは、長さ1m以内で、長さ・幅・厚さの合計が1.5m以内。重さは30kg以内です。保冷が必要なゆうパックを引き受けから配達まで、冷蔵温度帯で配送します。
事業所に持ち込まれた荷物は、1個につき120円割引、1年以内に同じあて先に送る場合、同じあて先に同時に2個以上送る場合は1個につき60円割引となります。近くの親戚やgご近所さんにおすそ分けするなら、自宅にまとめて送って、あとから届けると割り引きが適用されますね。

2.クール宅急便)
クール宅急便は、クロネコヤマトが提供する生ものの配送サービスです。低温に保ちながら輸送するので、通常便では送ることができなかった生ものが送れます。
クール宅急便は、冷蔵と冷凍の両方に対応しています。210円(5キロ)~の保冷料金を支払い、営業所で発送の申し込みをします。3度にキープする冷蔵便では、海産物や肉、野菜などの生鮮食品、-18度をキープする冷凍便では、夏の贈り物としてもらってうれしいアイスやシャーベットなどを発送できます。

3.飛脚クール便)
飛脚クール便は、佐川急便が提供するサービスです。160円(5キロ)からと、他社に比べて安価ですが、冷蔵品が2~10度冷凍品が-18度以下と、他社の一般的な冷蔵温度(3度)に比べて保管温度が高くなる傾向があるようです。

4.クールペリカン便)
クールペリカン便は、JPエクスプレスが運営しています。冷蔵冷凍の両方に対応しており、3辺の合計が80センチかつ30キロまでなら210円の保冷料金で発送可能です。

子供が帰省で帰ってくる!外食を活用した節約できるオススメのお出迎え

夏休みに子どもたちが帰省してくる! ぜひとも懐かしい家庭の味で迎えたいところですが、連日ともなると、普段のひっそりとした食卓とは勝手がちがい、疲れてしまうという方も多いのでは? 

今回は、子どもの帰省を迎える側として、外食を上手く取り入れてもてなすコツを伝えます。

1. ランチを外食にしよう
真夏の昼間は、キッチンに立つだけでも暑いもの。さっぱりと食べられるそうめんやそば、うどんを作ろうにも、お湯をわかすだけで汗だくです。しかも、帰省中の大人数のために作るとなっては、考えるだけでも目が回ってしまいそうですよね。

そんなときは、ランチを外食にして、外で涼しく食べましょう。
ランチタイムのほうがディナーよりも安上がりなので、一石二鳥です。また、ランチにしっかりしたものを食べておくと、夕飯を軽めにできるので、一石三鳥になるかもしれません。

2. 外食の支払い、誰がする?
家族と言えども、気になるのが帰省中にそろって外食をした場合の支払いの問題です。ネット上の反応を見ると、「遠くから帰省してくるから」「たまにだから」といって実家の両親が支払うケース、「年金暮らしの親に無理はさせられないから」「たまの親孝行だから」と子どもが払うケース、兄弟姉妹がいれば、それぞれの世帯で頭割りにして支払うケースなど、さまざまのようです。
親が子供にやってあげたい気持ちをありがたく頂く場合もあるでしょうし、親にだって余裕がないこともあります。どれが正解でどれが不正解ということはないので、それぞれの家庭に状況に合わせて決めたほうがよいでしょう。
ただ、御馳走になった場合は「ごちそうさま」の一言は忘れないようにしましょう。

3. 支払いはクレジットカードで
外食時に支払う場合は、クレジットカードを使いましょう。大人数の支払いのほうがポイントがたまりますし、カードの種類によっては、ファミレスのレストランなどで優待を受けられる可能性があります。

まとめ買い&冷凍で節約!夏の野菜をじょうずに保存するワザ

節約の基本は、「むだにしないこと」ですが、買ってきたまま冷蔵庫の中でしおれている野菜などはありませんか?

野菜は使い切るのが理想ですが、家族の人数が少なかったりすると余ってしまいますよね。

そんな方は、しおらせる前に冷凍保存をすることをおすすめします。今回は、夏場の野菜の冷凍保存術で節約する方法をお知らせします。

1. 夏野菜の保存方法
夏場においしい野菜の代表格、ピーマン。ピーマンは半分に切って中の種・わたを取り除きます。その後水でよく洗い、水気を切ったら密封容器に入れて冷凍庫へ。生でもOKですが、さっと下茹でしておくと、変色がふせげます。炒め物などに使うときは、凍ったままでOKです。

おくらは、固めにゆでで、フリーザーバッグなどで保存します。丸のままでもいいですし、カットしてもOKです。

トマトも冷凍保存できちゃうんです。トマトはへたをくりぬいて、ポリ袋に入れて冷凍庫へ。カットしてフリーザーバッグに入れてもOKです。スープやソースにさっと使えて便利ですよ。

なんと水分が多いきゅうりも、薄い輪切りにして、塩でもみ、よく水分をきると、冷凍で保存できます。

これらの野菜は、冷凍保存なら1~2か月程度はもつようです。

2. 冷凍野菜の栄養価ってどうなの?
冷凍するときに気になるのは、冷凍野菜は生の野菜に比べて、栄養価が損なわれるのではないかということ。野菜は冷凍するときに、マイナス18度以下であれば、野菜の栄養素は損なわれにくいと言われているそうです。

また、レザーヘッド食物研究所(Letherhead Food Research)と英チェスター大学(University of Chester)の両機関が行った調査では、新鮮なフルーツや野菜より冷凍品の方に多くのビタミンC、ポリフェノール、アントシアニン、ルティン、βカロチンが含まれているという結果は出ているようです。

冷凍できる野菜のうち、きのこ類は冷凍すると、種類や新鮮さなどにもよりますが、加熱しただけのキノコに比べて旨味(うまみ)成分がおよそ3倍になるといわれています。

ランキング