混乱必須!?安倍政権指示の就活ルールわずか1年で見直し、来年の選考前倒し

2958.jpg

気になるニュース・気になる内幕—今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。

2015年10月26日付

●東芝旧経営陣を提訴へ、賠償請求来月に最終判断(読売・1面)

●介護ロボ開発仲介拠点来年度全国に10か所、現場の声企業くみ取り(読売・2面)

●羽田―中国が増便、1日20往復、訪日客を後押し(読売・6面)

●就活来年の選考前倒し、経団連方針、6月前後に解禁(読売・1面)

●EV無線充電実用化へ省令総務省12月めど施行(産経・2面)

●ANA営業益最高、5割増、訪日客がけん引、4~9月(日経・1面)

●社説、自動車が向き合う21世紀の課題(日経・2面)

●TPP効果どれほど? 政府試算3.2兆円、10兆円規模の声も(毎日・3面)

ひとくちコメント

「二度あることは三度ある」とはいうものの、こうコロコロ就職活動のルールを変更しては、学生も企業の人事担当者もたまったものではないだろう。

経団連が現在の大学3年生で2017年春入社の大学生らを対象にした16年の採用活動について、面接などの選考活動の解禁時期を現行より2カ月前倒しして、6月にする案を軸に検討しているという。

きょうの朝日が1面トップで報じたほか、各紙も「就活来年の選考前倒し」を1面などで大きく取り上げている。それによると、今年から従来より4カ月遅い8月に変更したが、「就職活動が結局長期化し、学業に支障が出た」などの批判が噴出し、前倒しの検討に着手していた。

大企業を中心とする経団連の会員企業向けの指針を11月9日にも見直す方針だが、「わずか1年で方針転換する」(朝日)ことで、2年連続の場当たり的な変更となり、批判は免れないだろう。

そもそも選考の後ろ倒しは、安倍政権が「学生を学業に専念させる」として経団連に見直しを求めたのがきっかけ。ルール変更は、就活の負担を減らし、学業に専念する時間を増増やそうという狙いがあった。

しかし、選考期間は大幅に短縮されたにもかかわらず、学生、企業の双方から「就活が長期化した」との矛盾も発覚。「一部企業が抜け駆けして解禁前に面接を行い、就職活動が長期化した」などの弊害を指摘する声も出ていたという。

安倍政権は、この就職活動のルール変更に限らず、賃上げ要請や携帯電話料金の引き下げまで、越権とも思えるような“領海侵犯”が目立つ。それを鵜呑みにする企業側も情けないが、首相から唐突に指示を受けてかえって現場が混乱することも少なくない。

画像一覧

  • 新聞ウォッチ イメージ

提供元

関連記事

関連記事

【就活】先輩社員インタビューも、石川県が若者向け就職ポータル開設

 石川県が学生をはじめとした若年層と県内企業のマッチング促進を図る就職情報ポータルサイト「ジョブNAVI石川」を開設した。開設時点で222社の情報を掲載している。

 サイトでは企業に関する情報を掲載するほか、インターン、会社説明会、県などが主催する就職イベントを案内。会員登録を行うことで、求人やイベントへの応募がサイトから直接できる。

 また、サイト内には県内企業で働く社員へのインタビュー記事も収録。ものづくりや食品、宿泊業などの県内企業を、社員の視点から紹介している。石川県の暮らしなどに触れる記事も展開し、Uターンなどによる移住を喚起する狙いだ。

非公開: 2015年も残り100日!年内に3年生がやっておきたい就活3つのこと

1)何でもいいから1回は就活イベントに行こうざ

 何でもいいので、今年のうちに1度は就活イベントにいっておきましょう。説明会、インターン、自己分析のセミナー、社会人の座談会、どんなものでもいいのでまだ一度も参加したことがない人は騙されたと思って一度就活イベントに参加をしてみましょう。

 理由は簡単で「就活ってこんな感じなのね」という感覚を得るためです。ネットで情報を集めたり、友達の話を聞いているだけではやっぱり体感できないものがあります。その状態で情報ばかりがたまっていってもうまくそれが使える形にはなりません。どんなイベントでもいいので、就活の感じを感じられると良いと思います。言葉で説明することはとても簡単ですが、いざやってみると全く思っていたものと違うこともたくさんあります。就活はスポーツと同じように考えて、本を読んでもうまくならない、まず自分でやってみる、という気持ちで臨むことが大切です。

2)やりたいことを整理してみよう

 何はともあれ、自分がどんな方向に進んでいきたいのか。これがないと就活をしても何も始まりません。そして、自分が何をどうしたいのかということは自分以外の人にはわかりませんから、自分自身で整理することが大切です。

 就活が始まってしまうと、目先のことにどうしてもとらわれてしまいます。エントリーシートや履歴書をどう書いたらいいのか。面接では何を話したらウケるのか。どんな企業だったら周りから批判されないのか。こうしたことがぐるぐると頭をめぐって、心からやりたいことがなんなのかを考える余裕がなくなってしまいます。

 やりたいことなんてない、とズバッと言ってしまうのは簡単ですが、いろんな方向から考えてみましょう。例えばあなたが憧れるのはどんな人でしょう?お金をたくさん持っている人?志がある人?専門知識がある人?どんな人にあなたは憧れを抱きますか? また、人生の中でこれだけは成し遂げたいと思っているようなこと、こんなことをずっとやってみたかったと思うこと、逆にこれだけはやりたくないと思っていることなどあらゆる方向から自分の志向を探ってみましょう。

3)未来について真剣に語り合える友達を見つけよう。

 何かを始めるとき、自分を取り巻く環境はとても大切です。就活のように、自分の人生の転機になるような機会ならなおさらです。あなたの友達の中で一番仲がいい友達5人をあげたときに、その友達は自分の将来を真剣に考え合えるような友達ですか?人は、もっとも身近な5人に影響を受けると言います。もしあなたの周りの友達に、自分の将来を分かち合えるような人がいなければ、あなたは自分の環境を意図的に変える必要があります。

 自分の周囲を見渡して見てください。自分を引き上げてくれたり、プラスの刺激を与えてくれる友達はどこにいるでしょうか。勇気を出してその友達とコミュニケーションをとってみましょう。最初は居心地が悪いかもしれませんが、それは今のあなたの現在地を知るための良い機会になります。そしてそんな友達と同じ目線で話ができるようになっているとき、あなた自身にも変化や成長があったということです。自分の付き合う人を意図的に変えてみましょう。

◆就活開始時期の見直しを頭に入れておこう

 今期は就活の開始時期が8月になりましたが、企業側からも大学側からも反対が多く、さっそく来期から就活の開始時期が元に戻るかもしれないと言われています。その頃になって焦らないように今年のうちにできることをやっておきましょう!

非公開: 「あなたは、AさんとBさん、どちらから商品を買いたい?」これを考えると就活が超わかる

これ、ほんとにすごいなと思うんですけど、人事の人ってどこの会社の人もほっとんど同じこというんですよ。

「すごい経験とかいらない」
「何をしてきたか、は興味がない」
「なぜ、それをやりたかったのか、どうして頑張れたのかを知りたい」

これ、みんな言う。本当にみんな言う。

あとは、きれいにがんばって大人っぽく喋ろうとしてると全然キャラが見えないし、中途半端なビジネス会話がしたいだけに見える。

「素のあなたがみたい」

これ、これですよこれ。みんな言う!

おもしろいくらいみんな同じこと言うんです。でもこれよくよく考えたら当たり前のことだったりする。

◆あなたはどんな営業マンから商品を購入したいか?

 これがすぐに腹落ちできる例として営業マンの例をよくあげます。あなたがお客さんだった場合、どちらの営業マンから商品を買いたいか。というお話

 Aさんはとにかく会社や商品の良いところをたくさん伝えてくる。途中ちょっと大げさじゃない?と思うことを言ってきたり、あまり確証がないようなことも話してくる。背伸びしてる感じが見え見えでちょっと大丈夫かな。という感じ。オマケにかしこいのか何かわからないけどとても他人行儀で難しい単語ばかりを使ってくる。

 Bさんは、やたら正直。会社の内情や商品の欠陥部分についても伝えてくる。でもきちんと良いところも伝えてくれる。これだけは本当に良いのでオススメなんです。と話してくれる。話し方もなんか自然というか、普通に会話してるみたいに話してくれる。

 同じ商品を同じ値段で売ってくる営業マンがいたとき、あなたはどちらから買いますか?

 大げさなようですが、面接ではこうしたことが平気で起こっています。あなたはどちらのタイプになろうとしていますか?

 大抵の学生が、自分が今までしてきたことのハイライトを伝えようとします。一番良かった成績、優勝した大会、もらった賞や、務めたすごそうな役割。でも相手にとってするとそれは話題でしかなく、あなたを測るものにはなりません。

 理由は簡単です。ラグビーで優勝した、という話を聞いても別に会社でラグビー大会をするために採用をしているわけではないからです。相手が聞きたいのは、ラグビーを通してあなたがどんなことを身につけたのか、あなたがどんな考えでラグビーを始めて、それがどう仕事に活かせるのか。この点です。別に、タックルしてほしいわけではありません。他のことでも同じです。別に海外でヒッチハイクしてほしいわけでもないし、ピアノを弾いてほしいわけでも、踊りを踊ってほしいわけでもないんです。

 そして何より、起こったことを正直に素直に話してくれている姿にこそ好印象を持つわけです。その瞬間目に見えるその姿が過去の話なんかよりもよっぽど説得力があるからです。都合の良い人だな、と思った人を私だったら客先に送りたくありません。それだけでリスクがあるからです。「この営業マンができるって言ったから契約したのに」なんていうクレームが来た日にはたまったもんじゃありません。そして、小難しい話をする人は相手の気持ちに立てていない人だと判断します。難しい言葉で賢くなった気分に満足しているのは自分だけです。

 採用をするということは一緒に働く人をとるということです。そのイメージを持てるかを判断するために面接をするとしたら、どのようにふるまうべきかはおのずと決まってくるのではないでしょうか。

【就活】学生、女性に中小企業の魅力伝える「東京カイシャハッケン伝!」

 東京都が中小企業の人材確保を支援する「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」をスタート。それに伴い、情報発信の拠点として、ウェブサイト「東京カイシャハッケン伝!」を開設した。

 同サイトでは製造業やソフトウェア業、建設業などの分野で高い技術を持ち、人材育成や労働環境整備で国などに表彰された企業を紹介。学生や若年層にアピールするため、スマートフォン対応のサイトとした。また、ターゲットのひとつとして女性も重視しており、女性経営者や女性左官らに話を聞く特集コンテンツなど、女性目線を意識した記事も展開している。

 サイト開設と同時に情報冊子「東京カイシャハッケン伝!GUIDE」も発行。学生などに向けて、就職のポイントや企業の紹介記事などをまとめている。冊子は年4回発行を予定しており、うち1回は女性をターゲットにした内容となる。

 東京都ではこのほか、中小企業と若者の交流を目的とした仕事体験ツアー「トーキョー・シゴト・ワゴン」を開催。「身近なヒット商品を生んだ企業特集」をテーマにした9月30日のツアー2回を皮切りに、年14回の実施を予定している。

〜新3本の矢って?〜【第16回】高橋先生の教えて経済ニュース

〜新3本の矢って?〜

アベノミクス新3本の矢は2020年に向けた経済成長のエンジンとして期待されます。
1つ目が希望を生み出す強い経済です。
具体的にはGDPを2020年までに600兆円にするという
目標を掲げています。
現在が500兆円ほどなので、約2割増加させようということになります。

2つ目が夢を紡ぐ子育て支援です。
夫婦で子育てをするため、出生率が2を超えないと人口は維持できませんが、
現在は1.4となっています。
一番悪かったときは1.2ほどでしたので回復傾向にはありますが
1.8まで回復させることが目標です。

3つ目が安心につながる社会保障です。
具体的には、介護離職ゼロを目標として掲げています。
40代や50代の方が介護を行うために仕事をやめるケースが増えています。
それを介護離職と呼ぶのですが、そういった方を無くそうというものです。

各政策はいずれも重要なことですが
問題点としては、まだ具体性に欠けていることです。
それを行うための財源との両立も課題となりそうです。

動画はこちら

ランキング