益を確保できるせどりの商品の仕入れ方とは?

2805.jpg

このレシピを実行して

0円貯まる!
<材料>

・せどりの具体的な仕入れの流れ

<Point>

1価格差のある商品は初めのうちはなかなか見つからない

2現在価格は適正価格でないこともあり得る

3モノレートで過去にいつ商品が売れたかを調べる

さて、前回はせどりのリサーチにおける3つのポイントについてお話しました。今回の記事では実際にせどりのリサーチは3つのポイントを踏まえて、どのように行えば良いかということについて具体的にお話していきます。

まずAmazonと他サイトの価格差のある商品について調べるのですが、まず利益を確保するためにはある程度、商品の価格が高いものでないといけません。
しかし、あまり価格の高いものであると、せどり初心者にとって負担が大きくなってしまうかもしれません。ですので、始めはAmazonの価格帯を5000円〜10000円の範囲で売れる商品を探してみます。あなたの得意なジャンル(CDやおもちゃ,フィギア等)を一つ選び、5000円〜10000円の範囲の商品で絞り込みを行います。

そして絞り込んだ商品の中から他サイトと価格差のある商品を調べます。慣れない内は調べるサイトはヤフオクのみでも構いません。まずは一つどれだけ価格差が少なくてもAmazonの最安値よりヤフオクの方が安いものを見つけることが大切です。

次に価格差のある商品を調べてみたらモノレートでそれが過去にどれくらいの値段で出品されてきたか調べます。もしも出品者が1人しかいない場合、独占的に高い値段で出品しているということがたまにあります。ですから今のAmazonの価格が適切な価格なのかどうかをモノレートにより見極めることが必要なのです。

そして次にモノレートでランキングの変動具合を見ます。頻繁にランキングが変化していれば、それだけ売れやすい商品だということがわかります。なぜなら商品が売れると自動的に商品のランキングが上がるからです。さらにランキングが上がっているときに出品者数が減っていれば、そこで商品が購入されたという判断をすることもできます。つまり出品者数とランキングを組み合わせて考えることでその商品がどの値段でどれくらいの頻度で売れているのかということがわかるというわけなのです。

リサーチはかなり地味な作業で始めは1時間、2時間と時間をかけてもなかなか利益の取れる商品を見つけることは難しいかもしれません。しかしそこで諦めずに根気よくリサーチを続け、利益の取れる商品を獲得して下さい!

<関連記事>

画像一覧

  • 益を確保できるせどりの商品の仕入れ方とは?

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

特集

関連記事

ネット/せどりで仕入れた商品が圧倒的に売れるサイトとは?

せどりのような商品を売るビジネスでは、商品をいかに高く売るかということが非常に重要です。商品を高い値段で売ることができればそれだけ利益が大きくなり、月に5万以上の副収入を得ることもできます。

しかし当然ですが相場を大きく上回るような商品を購入する人はいません。どのような商品にも相場があります。相場を高く超える商品は売れませんし、例え売り出してもあなたの見込み客には見向きもされずスルーされ、それどころか煙たがられ「この出品者からは絶対に商品を購入しない」と思われてしまうかもしれません。

相場というのはそれぞれの商品に存在する暗黙の法律のようなものなのです。しかし実はこの商品の相場というのは、それぞれの商品だけでなく、販売サイトにも依存します。ですからとあるサイトでは見向きもされない価格でも別のサイトでは購入されるという現実があるのです。
では、全体的に商品が高い価格で売れるサイトとはどこのサイトなのでしょうか。

あなたが商品を売るときに真っ先に頭に浮かべてほしいサイトはAmazonです。Amazonはこれまでにも何か商品を購入したことがあるという人が多いと思います。「Amazonの商品は高くないのではないか」と思われるかもしれませんが、Amazonは圧倒的な知名度や集客力、どのジャンルでも豊富な商品ラインナップがあることなど、年齢、性別、購入商品ジャンルを問わずに安定した集客が見込めるのです。他のサイトであればここまでどのジャンルでも問わずに安定した集客ができるところはありません。

またせどりでは利益を大きくしようと思えば、出品数を増やすことは避けては通れません。Amazonであれば出品する上で手間のかかる写真を撮る作業もいらないですし、梱包から発送まで手続きを行ってくれるサービスもあります。Amazonがせどりをする販売サイトとしては最も優秀と言って間違いないです。

次回はAmazonで販売するにあたってあなたが仕入れるべき商品についてお話していきます。

実はこんな落とし穴・・・せどりの3つのデメリットとは?

前回の記事を読んでせどりってリスクが少ないし初心者でもできるしメリットでいっぱいなので、今すぐにでも始めようと思った方もいらっしゃるかもしれませんが、物事にはメリットもあれば当然デメリットも存在します。

そしてデメリットが大きいと、一つ一つの行動に疲れてしまい結果的に「やらなければよかった・・・」とサボリ癖のついた中学生のように後悔してしまうことも少なくありません。

したがって、せどりを始める前にきっちりとデメリットも把握しておくことで、せどりを実践するかどうか判断してもらえればと思います。せどりのデメリットは大きく分けて3つ存在します。

1.時間的・肉体的な限界がある
「せどりってネットでものを売るし、肉体的限界ってどういうこと?」
そのように思われるかもしれません。しかし、せどりの流れを見てみると商品を購入し、検品し、ネットに出品し、売れたらメッセージのやりとり、商品の梱包、発送、といったようにかなりの作業を要求されます。

これを全てこなすためにはやはりある程度の時間が必要ですし、一連の作業が徐々に面倒になってきます。作業が面倒だと感じるようになってきたら、商品を売り上げた利益でしたいことをイメージしてコツコツと作業を積み重ねましょう。

2.仕入れ先が環境に依存する
実店舗でせどりをやろうと思っている方なら、あなたの周りにどれだけ中古品を販売する店があるかということに大きく依存します。というのもせどりは、商品をいかに安く見つけるのかがポイントなので中古品を販売しているお店が少ない環境で始めようというのは必然的に不利になってしまうのです。

あなたの周りに中古ショップがどれくらいあるか見てみましょう。3店舗以上あれば、せどりを始めるのに適した環境と言えるでしょう。

3.自動化ができない
他のネットビジネスと比べたときの最大のデメリットかもしれません。せどりは商品販売ですから一つ一つの作業を軽減することはできても完全に自動化をすることは非常に難しいです。
人を雇えば自動化はできますが、基本的にはせどりは少なからず一定量の作業をこなさなければならないということを頭においておきましょう。

以上ここまでせどりの3つのデメリットについてお話してきました。前回の記事のせどりメリットと合わせてみて、自分はせどりをしたいのかどうか考えていただけたらと思います。

観光活用も! 防犯・防災で役立つ多機能街路灯「スマートタワー」

 デンソーは東京ビッグサイトで開催された「危機管理産業展2015」にて、多機能街路灯「スマートタワー」の展示を行った。

 「スマートタワー」は2.4/4.9/5GHz帯対応の通信アンテナを使いワイヤレスメッシュネットワークを形成することができるLED街路灯。

 監視カメラ、放送スピーカー、LED電光掲示板や非常通報ボタンといった防犯・防災に役立つさまざまな機能を搭載しているほか、Wi-Fiアクセスポイントとして通常時は、観光案内などにも活用可能だ。

 無線でネットワーク化されているので、電源以外の配線は不要。例えば、遊園地に導入した場合、迷子のお知らせを放送するといった園内放送網の代替えとして、専用回線を引くことなく園内全域に音声放送ができようになる。

 ブースでは同展示会に出展していたTOAブースと連携し、音声・映像配信機器を展示するTOAブースを監視センターに、デンソーブース側を街中の多機能街路灯として想定し、ネットワークによる監視カメラ映像の伝送や防災放送、双方向通話のデモンストレーションを行っていた。

利益率2000%!?驚愕の副業“せどり”のメリットとは

突然ですが、せどりという言葉を聞いたことがありますか。ネットビジネスが一般的になりつつあるこの時代ならせどりという言葉も聞いたことがあるという人が多くなってきたように感じます。

せどりとは簡単に言うとネットや店頭で商品を安く買って、ネットで仕入れ値よりも高く売るという方法です。ネットビジネスをしたことがない初心者の方もまずはせどりを始めればいいと言われるほど、初心者向けのネットビジネスなのです。それではそのせどりのメリットについてお話していきます。

1.初心者でも始めやすい
まず初心者の方にとって最も気になるのが「せどりを始めるにあたって初期投資がどれくらい必要であるか」ということですが、せどりでは商品が1つから始めることができるので、それほど高額の初期投資がいりません。

しかもあなたの興味のある分野(CD、プラモデル、トレカ、フィギア等)のどのような分野でもせどりが可能です。一般的に本やCDにはライバルが多いと言われているので、それ以外に詳しい分野があればさらに稼ぎやすくなるでしょう。

2.特別な知識や技術がいらない
多少の商品を選別する知識はいりますが、あとは安い商品を見つけてネットで売るだけなので、ネットで商品を売るスキルさえあれば他に特別な知識やスキルがいりません。必要なのはお話してきたネットでものを売るスキルだけということになるので、比較的始めやすいと思います。

3.利益率が高い
せどりでは他のビジネスに比べて利益率が高いです。
ネットでせどりをする人のブログの実績を見てもらえばわかると思いますが、ブックオフで100円とか500円で売っているような本が2000円〜3000円で売れたというように紹介されていたりします。

このように100円の本を買って2100円で売って利益率は2000%という他のビジネスではあり得ないような数字が普通に起こりえます。初心者でもこのような利益率をたたき出すことができるので、多くの人がまずはせどりでネットビジネスを始めているというわけなのです。

せどりには当然デメリットもありますが圧倒的に僕はメリットが上回ると思います。またデメリットについては次回の記事で解説するので見逃さないようにしてください!

あなたの商品を2倍売るための商品説明のコツ

ネットでものを売り始めると、もっと思うように商品が売れたらいいのにと思う人は少なくないでしょう。たくさん商品を出品しているのに、あまり売れなければ商品を売る楽しみも半減してしまいます。

そこで今回は出品した商品を2倍売れやすくするための説明文のコツについてお話していきたいと思います。

ちなみにあなたは現在商品説明をどのように書いていますか?ここで多くの人は頭では具体的に書かなければいけないだとか、商品の傷や汚れをしっかり載せようと思いながらも、面倒で全ては載せ切れていないという方が多いのではないでしょうか。

しかし商品説明は非常に重要で、あなたの商品を買う人は写真と価格、そして説明文から購入するかどうかを判断しなければいけません。実際にお店で買うならば手に取り、サイズ合わせや色の確認などもできますが、ネットではそうは行きません。

お客さんはあなたからの情報を信頼し、写真を見て総合的に判断するしかありません。つまり、あなたの書く商品説明によってお客さんはあなたの商品を買うかどうか判断しているのです。ですから、もしそこでぐっと引き込まれるような商品説明が書かれていれば、あなたの商品はまるで年末のセール品のように売れて行きます。

買ったお客さんからありがたられ、良い評価が溜まりそれがまたお客さんを呼び、また購入される。そのような好循環を生み出せるのです。そのような商品説明を書くために必要なポイントがあります。商品説明を具体的に書くこと以外に必要なポイントです。

それは、“お客さんのメリットを書く”ということです。

例えば冬にセーターを売るならば、「インナー1枚とこのセーターだけで外に出れるくらい暖かい」「このセーターは○○製で200gと軽く着ている心地がしないけど暖かい」などこの商品を買うことによるお客さんが特になることを
あらかじめ想像で提示してあげるのです。

ユニクロのウルトラライトダウンという商品もこの方法を使っていて、どこでも連れて行ける(小さく収納できる)軽い+暖かい撥水機能(雨が降っても大丈夫)など購入者に様々なメリットを提示しています。

こうすることにより、お客さんが購入後の自分を想像し、購入意欲が駆り立てられるというわけなのです。説明文に3~4文ほど加えるだけなので、ぜひ実践してみてください!

ランキング