暖房代を賢く節約する方法5選

2946.jpg

このレシピを実行して

1000貯まる!
<材料>

・暖かい部屋着+シチュエーションにあわせた暖房器具

<How to>

1「断熱シート」で冷気をシャットアウト

2「電気毛布」や「ホットカーペット」を取り入れる

3「電気表示器」で電気代を“見える化”

4「人感センサー」でムダな消費を抑える

5室内でも「厚着」はキホン!

※1カ月1,000円〜

日に日に気温が下がり、上着が手放せない季節になりました。家の中の冬支度は進んでいますか?

ここでは、夏以上に電気やガスなどの暖房代がかさむ冬に、暖房代を浮かすためのコツを紹介します。ストーブ、こたつ、ヒーターなどなど、暖房器具は種類が豊富。それだけに節約できるポイントがあるのです。

「断熱シート」で冷気をシャットアウト

 意外と見落としがちなのが、外の冷気を室内に入れないための「断熱」。壁や窓に断熱材が使用されていればベストですが、賃貸物件などでは窓ガラスに張る「断熱シート」をうまく利用しましょう。冷気をシャットアウトして暖房の効果がアップする上に、暖房を切った後の暖かさも持続します。料金は1000円程度。ネット通販などで購入できます。

「電気毛布」や「ホットカーペット」を取り入れる

暖房器具の中でも電気代が比較的安いのが、電気毛布やホットカーペット。冷気が溜まりやすい足元をピンポイントで暖めるので、一ヵ所で読書をする時や、家族が寝静まってからデスクで作業する時は、ヒーターを止めて電気毛布やホットカーペットに切り替えましょう。暖房のつけすぎで頭がクラクラする心配もありません。足元サイズのホットカーペットは数千円で購入できます。

「電気表示器」で電気代を“見える化”

暖房代を浮かすには、日々の電気代を把握しておくことも大切です。そこで利用したいのが「電力表示器」。コンセントにつなぐだけで、電気料金や消費電力が表示されます。1000円程度で販売されている商品が多いようです。

「人感センサー」でムダな消費を抑える

初期費用はそれなりですが、後々の電気費用を抑えたいなら「人感センサー」が搭載されたファンヒーターがおすすめ。人がいなくなると自動で停止するため、消し忘れを防ぎ、ムダな消費を抑えられます。

室内でも「厚着」はキホン!

最後に、忘れてはならないキホン的な節約法は「厚着」です。薄着のまま暖房の温度を上げて「寒い、寒い」と言っていませんか? 首や足首などの“くびれ”を暖めると、からだ全体が暖まると言われています。室内でも首にストールを巻いたり、ニット素材などのスリッパを着用したりすると効果的です。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

麻布たぬ

映画・演劇・音楽・アニメなどエンターテイメント系の雑誌編集歴13年。 現在は雑誌やWebサイトで執筆。最近は走ることで心身を鍛え、物やコトに執着しない“エネルギーの断捨離!?”を実践中。

麻布たぬ

関連記事

特集

関連記事

電気料金を見てびっくり、なんてならないために!夏場の冷房節約ワザ

最近、日本の気候がだんだん熱帯に近づいているせいか、異様に暑さを感じるようになりました。

そうなると、欠かせないのがエアコンです。しかし、つけっぱなしにしておくと、あとから電気料金の請求を見てびっくり! なんてことにもなりかねません。冷房は、夏場の家庭の消費電力の4分の1を占めるとも言われています。
今回は、電気代を節約しつつ、涼しく夏を乗り切る方法をお伝えします。

1.フィルターはまめに掃除をしよう
フィルターをきれいに保つだけで、電気の消費を抑えることができます。「え?なんで?」と思うかもしれませんが、たとえば息を吸うときに、口のまわりに布を当てると、息苦しい感じがしませんか? それと同じことで、フィルターにホコリがつまっていると、空気を取り込む際にモーターによけいな負荷がかかり、電気を無駄に使うことになるのです。クーラーの効率アップのためには、フィルターをきれいにして、空気の出入りをしやすくすることが肝心です。
掃除をするときは、水洗いするとよけいにホコリがつまってしまうので、古い歯ブラシなどでこすって、その後、掃除機で吸い取るようにしましょう。

2.設定温度に気を付けよう
節約のためには、設定温度に気を付けましょう。1度高くすると約13%の消費電力の削減になるというデータもあります。
一般的に「27~28度がよい」なんて言われます。でもこれじゃ暑すぎる!なんて思うかもしれません。その場合は、サーキュレーターや扇風機で、部屋の空気を循環させましょう。冷たい空気は足元にたまるので、空気をかき混ぜることで、足元の冷え過ぎをふせぎます。

3.換気をしてから使おう
昼間外出をしていて閉めきっていた部屋は、夜になっても熱気がこもっています。むっとした空気に耐え切れず、すぐにクーラーをつけて冷やしたいところですが、節約のためにはそこで一呼吸です。クーラーをつける前に、窓を開けて空気の入れ替えをしましょう。5分ほど換気をするだけで、クーラーの効きがよくなります。
また、日中出かけるときは忘れずにカーテンを閉めておき、熱がこもらないようにしておきましょう。

もうすぐ冬がやってくる!風邪対策に安く薬を手に入れる方法

季節が秋に移り変わったと思ったら、もう冬は目前。風邪が流行る季節です。
医者に行くと検査や治療、薬の処方などでお金がかかるし、社会人だとなかなか休みもとれないもの。市販の薬でちゃちゃっと治してしまいたいですよね。

今回は、風邪対策に向けて、薬を安く手に入れる方法についておしらせします。

1.ドラッグストアよりスーパーのほうが安い?
2009年の薬事法改正で、薬局だけではなくスーパーやコンビニでも手軽に市販薬が買えるようになりました。
大手スーパーやコンビニの中には、市販薬でもプライベート商品を開発している企業があります。
たとえば、イオン系の「ハピコム」。もちろん総合風邪薬も扱っています。有名メーカーが出している風邪薬なら、3〜5日分で2000円近くするところ、ハピコムの風邪薬は3割くらい安いようです。
ただ、プライベートブランドであっても医薬品メーカーに製造を委託していることには変わりなく、安いからといって品質や薬としての安全性が劣るということはないようです。
薬のプライベートブランドには、大手ドラッグストアのマツモトキヨシが展開しているブランド「MKカスタマー」もあります。

2.錠剤より顆粒の方が安い!
風邪薬を選ぶときに、飲みやすさから顆粒よりも錠剤を選ぶ方が多いかと思いますが、値段的には顆粒のほうがお得です。
なぜなら、同じ成分だとしても、錠剤にするために丸める工程を経る分、手間がかかるからです。
また、顆粒のほうが体に届きやすいので、短期間で治したい風邪の場合に向いているということもあるようです。
総合感冒薬としていろいろな症状に効く成分が入っているほうがおトクに感じますが、その分効き目が弱くなるので、できるだけピンポイントで症状が合うものを買ったほうがよいようです。

3.引き始めの風邪には葛根湯がコスパよし
なんとなく熱っぽい、だるいなあと感じたら、葛根湯を服用しましょう。ドリンクタイプと顆粒がありますが、1000円以下で購入できます。葛根湯を飲んで、暖かい布団でよく眠ると、引き始めの風邪ならすぐによくなりますよ。

もうすぐ紅葉の見ごろ!ツアーパックを利用してお得に秋の旅行をしよう

さわやかな気候のこの時期は、絶好の旅行シーズンです。秋はほかのシーズンに比べて国民の祝日も多いので、休みがとりやすい時期でもあります。

秋の旅行は、紅葉狩りだけでなく海や山の海の幸を楽しんだり、季節の花をめでたりと楽しみもたくさん。

ただ、ネックなのは旅行のハイシーズンだけに、ちょっと料金が高くなってしまうこと。こういう時期だけに、旅行会社のオトクなパッケージツアーを利用して、賢く楽しみましょう。今回は、パッケージツアーを利用したオトクな旅行術を紹介します。

1. インターネット専用商品ならさらにオトク!
あなたが旅行をするとき、予約申し込みはどうしてますか? 店頭にあるパンフレットや、代理店を通じて申し込むという方もまだ多いかもしれません。実は、大手旅行会社でもパンフレットや店頭で紹介されていないネット専用のオトクなパッケージを多数用意しているんです。
旅行に行くならJTBや近畿日本ツーリスト、日本旅行といった大手じゃないとなんだか不安……という方は、ぜひ一度旅行会社のホームページをチェックしてみてください。

2.「安い・近い・手軽」でオトクさならバスツアー
旅行パッケージの中で、オトク度がもっとも高いのがバスツアーです。2泊3日で刊行や食事がついて1万円なんてツアーもありますね。

バスツアーというと、参加者のほとんどが中高年というイメージがあるかもしれませんが、最近はバスツアーの「安い・近い・手軽」という特徴が若者の消費性向ともマッチして、若い世代の参加も増えているんです。

最近人気のバスツアーは、「アウトレット」「イルミネーション」「食べ放題」という内容が組み込まれているものです。秋ならではのツアーとしては、梨狩りやブドウ狩りなどの季節の果物狩り、まつたけご飯の食べ放題など。また、紅葉の名所めぐりとこれら秋の味覚を組み合わせた欲張りなツアーもあります。日帰りだけでなく、温泉旅館など宿泊するツアーもあるので、紅葉を見ながら露天風呂を楽しむ……なんてこともオトクにできちゃいます。

秋の最新ファッションが「1万円」で楽しめる!

秋冬の服は、夏服よりもお値段が高め。でも、トレンドの服もブランドの服もあきらめたくないですよね。

そこで提案したいのが、アイテムによって購入方法を変える節約ワザ。「1万円」あれば、トレンド感がありつつ、レベルの高いトータルコーディネートを楽しむことができます!

■ ファストファッションでトレンドを取り入れる
G.U.、H&M、ZARAなどは、トレンドの服を安く買えるのが魅力。秋冬でも2000〜3000円のアイテムがたくさんあります。しかし安いだけに、うまく選ばないと「形がイマイチ」「着こなしづらい」と失敗しやすいのも事実。
そこで、お店に行く前にネットでメーカー名を検索し、「○○のガウチョパンツは買い!」など、人気アイテムの情報を入手しましょう。すでに購入した人たちの意見を参考にすれば、失敗は少なくなります。

■ 「ヤフオク!」でブランド物の定番商品を購入し、全体のレベルを底上げ
全身コーディネートに1点でもブランド物が入ると、途端に「いい服を着ている」印象になります。そこで注目したいのが、ネットオークションに出品されているブランド物の定番商品。安定した人気があるので、よく出品されているのです。試着をしたことがあるアイテムなら、より安心です。
比較的新しくても、定価の2〜3割で購入できることはザラ。たとえば、2万円のアウターも5000円程度で入手可能です。
ネットオークションは幾つか種類がありますが、「ヤフオク!」ならブランド別に商品検索でき、出品数も多いです。

■ インナーはユニクロで、安くて質のいいものをチョイス
トレンドを取り入れ、ブランド物で全体のレベルを上げたら、インナーはシンプルでOK。ユニクロでは、シンプルで質のいいインナーが2000〜3000円で購入できます。
気に入ったインナーを色違いで揃えるのもおすすめ。インナーを変えるだけで、全体コーディネートの印象がガラリと変わります。

連休の間に冬支度!秋のお疲れ肌にタダでできるスキンケアのポイント

夏から秋、そして冬へと季節は目まぐるしく変わっていきます。季節の変わり目とともにゆらぎやすいお肌の状態。連休でお休みのあいだに、お肌もリフレッシュさせてはいかがでしょうか。今回は、安くできる冬に向けたスキンケアのポイントを紹介します。

1.秋のお肌はダメージ大!肌機能を健全に保とう
春~夏にかけて大量の紫外線を浴びた肌は、日焼けが残っていたり、エアコンの乾燥で潤いやツヤが失われています。また季節の変わり目なので、お肌がデリケートな状態になっています。
そのため、秋のスキンケアのポイントは、肌の保湿機能・バリア機能を健全に保つということにつきます。

保湿というと、クリームや美容液など「与える」スキンケアに注目しがち。でも実は保湿対策の前提は、肌本来の保湿機能を守ることなのです。そのためにも、まずは肌についた余分なものを取り除くための朝晩の洗顔には気を付けたいところです。

2.朝はぬるめのお湯ですすぎ洗顔だけでOK
秋になってから、朝洗顔料で顔を洗うとき、ピリピリすることはありませんか。乾燥しているのかな……と思うかもしれませんが、実はそんなときお肌が傷んでいるのです。

夜の洗顔はメイクアップを落とすために洗浄剤が必要ですが、朝はすすぐだけで十分なのです。それも、寒くなってきたからと熱いお湯で洗ってはいけません。熱すぎるお湯で顔を洗うと、必要な皮脂まですっかり落としてしまい、乾燥やつっぱり、ニキビ、しわ、てかりの原因になるのです。お肌に最適なお湯の温度は、人肌よりも少しぬるい32度程度と言われています。

3.うるおいケアは「あたため」がポイント
肌を清潔な状態に保ったら、次は化粧水や美容液、乳液などでうるおいを与えます。そのときにも気を付けたいのが、肌を「温める」ということ。肌をあたためて血行をよくすることで、お肌のターンオーバーを促進します。化粧品を広げたら、手のひらを使って顔全体を軽くおさえてあたためます。手が詰めたいようなら、お湯であたためて。

ランキング