ハロウィーンはどんな楽しみ方があるの?予算別ハロウィーンの楽しみ方を紹介

2941.jpg

このレシピを実行して

100貯まる!
<材料>

・予算別の楽しみ方

<How to>

1100~1000円:おうちで楽しむ手作りハロウィーン

21000円~5000円:気合いの入った仮装とデリバリーメニューで楽しむハロウィーン

35000円以上~:1年に1度のイベント、予算を忘れて楽しもう

※予算別

10月のイベントといえばハロウィーン。最近では、すっかり日本でも根付いた感があります。

本来は、子どもたちが仮装をして、練り歩きながらお菓子をもらうイベントですが、日本では大人も子どももコスプレをして楽しんでいます。
ただ、1年に1度のイベントだから予算をかけていっぱい楽しみたいという人もいれば、1年に1回のことにそんなに出費をしたくないという人もいるはず。今回は、予算別にハロウィーンイベントを楽しむ方法を紹介します。

1.100~1000円:おうちで楽しむ手作りハロウィーン
できるだけ安く節約して楽しみたいという場合は、おうちでハロウィーンパーティを開くのがおすすめ。仮装グッズなら大手の100円均一も力を入れているので、100円とは思えないようなモノが手に入ります。
パーティの食事メニューも手作り中心で。バナナにチョコレートで目鼻を書いたゴーストや、皮をむいたみかんに細く切ったセロリなどを挿して小さなジャック・オ・ランタンにしてもよいでしょう。ハロウィーン柄のマシュマロやチョコレートを用意してもいいですね。ちょっとした工夫でハロウィーン気分を盛り上げます。

2.1000円~5000円:気合いの入った仮装とデリバリーメニューで楽しむハロウィーン
100均で買ってきた仮装グッズを身に着けるだけでなく、メイクやネイルにも気合いを入れて。
料理は手作りしてもいいですが、人数次第ではデリバリーやお惣菜のほうが割安になることもあります。ただ、全てをデリバリーやお惣菜で賄えるほどの予算はないので、例えばポテトフライやから揚げなどのお腹が膨れるサイドメニューは手作りすることで、予算を抑えつつ、豪華さのあるパーティが演出できます。

3.5000円以上~:1年に1度のイベント、予算を忘れて楽しもう
5000円以上の予算があれば、本格的な仮装用のコスチュームを買ったり、家飲みではなく外のバーやレストランでハロウィーンパーティを開くこともできます。ディズニーリゾートに出かけて仮装を満喫するのもよいですね。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

新部若菜

4年間、資生堂に勤務、アメリカ留学などを経てフリーライターとなる。 ビジネスから美容、フード、トレンド系もフォロー。

新部若菜

関連記事

特集

関連記事

その数69.8%!ハロウィンでコスプレをする人の意外な共通点とライフスタイルの差

保険の無料相談サービスを提供する『保険のビュッフェ株式会社』は20~39歳の男女を対象に、「ハロウィンとライフスタイルの大調査」というアンケート調査を実施した。

■調査概要
・アンケート名:「ハロウィンとライフスタイルの大調査」
・調査方法:インターネット調査 アンとケイト
・調査期間:2015/10/13~2015/10/14
・対象: 20~39歳の男女
・有効回答数:961

■ハロウィンでコスプレする人は万が一への対策がバッチリ

コスプレをする人で、生命保険に入っていると回答した人は69.8%。コスプレしない人の加入率割合の半数ずつと比べて、コスプレをする人は未加入者の3.5倍の割合で、保険加入している人が多いという意外な事実が判明しました。

■万が一への保険はパートナーのため

コスプレをすると答えた人の中で彼女・彼氏・配偶者などのパートナーがいる人が75.5%、しないひとは49.5%と、コスプレをする人の方がパートナー率が高く、万が一へ備えて保険に入る人が多いようです。

■出会いを大切にする人が多い

コスプレをする人は年間で平均8つの行事・イベントに参加。一方で、コスプレをしない人は平均で4つとコスプレをする人と比べ半数ほどの低い数値となった。コスプレをする人しない人で参加に最も差が開いたのがバレンタインデーで、コスプレをする人ほどパートナーを大切にするイベントに参加する傾向がみられた。

ここ数年で大きく規模を増してきたハロウィン。
今はパートナーがいない人も、ハロウィンを期にコスプレをして互いを想い合える人を探してみてはいかがだろうか。

ハロウィンパーティを盛り上げる!オトクな出前・デリバリーの活用術

近年、日本で定着してきた秋のイベントといえばハロウィンです。子どもたちが仮装してお菓子をもらいに練り歩く様子はとてもかわいらしいですよね。

今回は、ハロウィンパーティを盛り上げるデリ・出前の活用術を紹介します。

オードブルセットで華やかに
ファミレスのデリバリーメニューが充実しているのをご存知ですか。
パーティーでファミレスのデリバリーを利用するなら、オードブルセットを頼んでみましょう。

子どもも大人も大好きな鶏のから揚げ、イカリング、フライドポテト、チキンナゲットなどの揚げ物に、ソーセージ、スモークサーモン、生ハム、ちょっとおしゃれなフィンガーフードなど、一皿あるだけで、テーブルを華やかにしてくれます。

食べ盛りの子どもが多い場合は、オードブルセットに加えて安くて簡単にボリュームが出せるポテトサラダなどを用意しておくと、節約しながら満足感もプラスできますね。

1.定番はやっぱりピザ
子どもも大人も大好きなパーティでのデリバリーメニューといえば、ピザです。
宅配にするとちょっと割高なので、時間があればお店でテイクアウトしましょう。テイクアウトであれば、ドミノピザが全店で毎日実施している「BUY 1 GET 1 FREE!」、ピザーラの「お持ち帰りで25%OFF」のようなオトクな特典を受けることができますよ。

お店側としても、宅配サービスを行うための人件費などがいらなくなるので、宅配よりも店舗でのお持ち帰りのほうが安くしているのです。
宅配にする場合は、電話注文よりもネットから注文したほうが、ドリンクやサイドメニューがついてきたり、ネット限定のクーポンがあったりして、オトクに注文できます。

2.支払いはクレジットカードで!
ネット注文のときはもちろんのこと、デリバリーを利用するならクレジットカードで支払いをするのは基本中の基本。大人数のときにまとめて支払うことで、ポイントがたまりやすくなります。パーティのときは、積極的に支払い係を買って出るようにしましょう。

昨年から急伸張!ハロウィン参加率上昇、約8割の親子が参加

 アクトインディが企画運営する子どもとおでかけ情報サイト「いこーよ」は、親子連れのハロウィンに関するアンケート調査を実施した。子どもが仮装する家庭は約半数の47%。親子のハロウィン参加率は2014年より約1割増加した。

 調査は子どもとおでかけ情報サイト「いこーよ」上で実施。0歳から9歳までの子どもを持つ全国の親522名からの回答を得た。調査期間は2015年9月7日から9月30日まで。

 10月31日のハロウィンに、家族でイベントなどを行う予定があるかを聞くと、47%が「仮装する(子ども)」と回答。ついで、「家の中を装飾する」33%、「家の中でパーティーをする」28%という結果となった。

 2014年と比較して大きく伸びたのは、「パレードや関連イベントに参加する」の22%(2014年は7%)と、「ジャックランタン、クッキーなどの料理やお菓子を作る」の18%(2014年は3%)で、どちらも2014年より15ポイント増加した。一方で、「何もしない」と回答した親子の割合は19%と2014年より9ポイント下がり、ハロウィンに参加する親子が増えた結果となった。

 ハロウィンの予算は、「1,000円以上3,000円未満」と回答した人が44%ともっとも多かったが、2014年と比べて大きく増加したのは「1円以上1,000円未満」の18%(2014年は9%)だった。いこーよは、衣装の購入先は「100円均一ショップ」が61%圧倒的に多いがこの結果の一因ではないかと分析している。

 男女別の人気仮装は、男の子の1位は「海賊、船長」の16%、ついで「かぼちゃ、パンプキン」14%、「ドラキュラ、吸血鬼」「ヒーロー(スパイダーマン、スーパーマンなど)」が同率の12%という結果だった。女の子の人気仮装1位は「魔女」の25%、ついで「アナと雪の女王のエルサ」11%、「黒猫」10%、「アナと雪の女王のアナ」7%という結果だった。

 一方、親自身がする予定の仮装を聞くと、「仮装をする予定はない」人がもっとも多く52%だったが、2014年と比較すると31ポイント少なくなり、仮装をしようと考える親が増えているようだ。

 ハロウィンに家族で何らかのことをするようになったのはいつからかという質問では、「2~3年前から」「去年から」「今年から」と回答した人の合計は59%、ここ数年で参加するようになった人が多くなったことがわかった。

お手頃に楽しむ!100円均一で買えるハロウィーンの仮装グッズや衣装

今月末はいよいよハロウイーン。本来は子どもたちが仮装してお菓子をもらうイベントですが、日本ではすっかり、大人もこどもも関係なく、仮装やコスプレを楽しむイベントとして定着しつつあります。

お家で子どもや同級生、ママ友たちと、またレストラン、バーやイベント会場、クラブなどで仲間とパーティーを企画している人も多いのでは。

せっかくなら、恥ずかしがらずに仮装を楽しみたい! でもたった1日のイベントのための出費は抑えたい……。そんな方に向けて、100円均一で手軽に買えるハロウィーンの仮装グッズや衣装を紹介します。

1.ダイソーのハロウィーングッズはなんと500種類以上!
大手100円均一でも、とくにハロウィーングッズに力を入れているのがダイソー。仮装グッズや衣装だけではなく、季節のインテリア小物やステーショナリー類、お菓子やプレゼントをラッピングするためのペーパーなどもいれると、なんと500種類を超えるとか。

手頃に変身気分が味わえるのがカチューシャやマスク。魔女のお供として定番の黒猫や、デビルなど。ステッキなどの小物と合わせれば、簡単ながら数百円で十分仮装に参加できます。

子ども用なら、ドラキュラやパイレーツなどの仮装衣装まで用意してあるというのですから、100円とは思えない品揃えです。

ダイソー以外にも、セリア、キャンドゥなどほかの大手の100円均一でもハロウィーン衣装や仮装グッズの取り扱いがあるので、のぞいてみましょう。

2.仮装をしたらメイクも忘れずに!
せっかくハロウィーンの仮装をするなら、ただ衣装を着るだけでなく、メイクもそれらしくして凝ってみましょう。

猫耳のカチューシャをつけるなら、アイラインは太く長く跳ねあげてネコ目に。ヒゲを描けばネコメイクの完成です。

ドラキュラなら、100円均一でも手に入る驚きの「リアルな傷口シール」を貼ってみて。魔女の仮装なら、蜘蛛の巣モチーフやフェザーのついたオシャレなつけまつげをつけるのがおすすめ。

ネイルも、ハロウィーン柄のかわいらしいネイルシールが売られているので、忘れずに。

どのグッズも人気があるものから売り切れてしまうので、見つけたら即買いが基本ですよ!

お手頃に楽しむ!100円均一で買えるハロウィーンの仮装グッズや衣装

今月末はいよいよハロウイーン。本来は子どもたちが仮装してお菓子をもらうイベントですが、日本ではすっかり、大人もこどもも関係なく、仮装やコスプレを楽しむイベントとして定着しつつあります。

お家で子どもや同級生、ママ友たちと、またレストラン、バーやイベント会場、クラブなどで仲間とパーティーを企画している人も多いのでは。

せっかくなら、恥ずかしがらずに仮装を楽しみたい! でもたった1日のイベントのための出費は抑えたい……。そんな方に向けて、100円均一で手軽に買えるハロウィーンの仮装グッズや衣装を紹介します。

1.ダイソーのハロウィーングッズはなんと500種類以上!
大手100円均一でも、とくにハロウィーングッズに力を入れているのがダイソー。仮装グッズや衣装だけではなく、季節のインテリア小物やステーショナリー類、お菓子やプレゼントをラッピングするためのペーパーなどもいれると、なんと500種類を超えるとか。

手頃に変身気分が味わえるのがカチューシャやマスク。魔女のお供として定番の黒猫や、デビルなど。ステッキなどの小物と合わせれば、簡単ながら数百円で十分仮装に参加できます。

子ども用なら、ドラキュラやパイレーツなどの仮装衣装まで用意してあるというのですから、100円とは思えない品揃えです。

ダイソー以外にも、セリア、キャンドゥなどほかの大手の100円均一でもハロウィーン衣装や仮装グッズの取り扱いがあるので、のぞいてみましょう。

2.仮装をしたらメイクも忘れずに!
せっかくハロウィーンの仮装をするなら、ただ衣装を着るだけでなく、メイクもそれらしくして凝ってみましょう。

猫耳のカチューシャをつけるなら、アイラインは太く長く跳ねあげてネコ目に。ヒゲを描けばネコメイクの完成です。

ドラキュラなら、100円均一でも手に入る驚きの「リアルな傷口シール」を貼ってみて。魔女の仮装なら、蜘蛛の巣モチーフやフェザーのついたオシャレなつけまつげをつけるのがおすすめ。

ネイルも、ハロウィーン柄のかわいらしいネイルシールが売られているので、忘れずに。

どのグッズも人気があるものから売り切れてしまうので、見つけたら即買いが基本ですよ!

ランキング