外食よりも安い!健康のためにも旬の秋の味覚が入った弁当を狙え!

2930.jpg

このレシピを実行して

500貯まる!
<材料>

・コンビニ弁当

<Point>

1中食を利用しているのは男性が多い!

2健康のために秋の味覚が入ったお弁当を狙おう!

※1ヶ月:約500円~

外食より安いということで人気が高まっている「中食」。デリバリーやお惣菜、コンビニやお弁当屋さんのお弁当など、外で買ってきた食べ物を自宅で食べることをいいます。

買ってきたものを自宅で食べるのであっても、季節感は大切にしたいですよね。今回は、季節感のあるお弁当で秋の味覚を楽しむ技をお知らせします。

1. 中食を利用しているのは男性が多い!
リクルートライフスタイルの調査によると、2014年度の中食市場規模は1兆1,056億円。延べ回数シェアでは「30代・男性」が13.5%でもっとも多く、次いで「40代・男性」、「20代・男性」と、男性の利用率が高いそうです。圏域別の中食市場規模は、首都圏6,694億円、関西圏2,969億円、東海圏1,393億円と、人口比よりは少し首都圏の割合が高いのは、男性の一人暮らしが多いからでしょうか。

2. 健康のために秋の味覚が入ったお弁当を狙おう!
男性の購入するお弁当は彩りや栄養バランス、ヘルシーさよりも、価格やボリュームを重視しがち。そうなるとどうしても脂っぽいものや味の濃いものが多くなり、健康にもよくないのはご存知の通りです。

そこで、旬の味覚が入ったお弁当を意識して買ってみましょう。食べ物は旬のものが一番おいしくて栄養価も高いのです。

たとえば、ローソンの新商品「秋の味覚と鮭焼き漬け弁当」。今が美味しい秋鮭と、きのこ、栗、かぼちゃなどの秋の味覚が彩りよくちりばめられています。606カロリーなので、成人男性であれば十分なはずです。鮭のサーモンピンクはスタキサンチンという色の成分で、体に有害な活性酸素という物質をやっつける働きがあります。また、EPAやDHAという体によい脂肪酸も多く含まれます。秋鮭はおいしいだけでなく、身体にもよい食材なのです。

セブンイレブンの「秋を味わう!たっぷり3種きのこのサラダ」なども、秋の味覚であるきのこをたっぷり使った商品。きのこは食物繊維が豊富で、食べ応えがあるので、おなか周りが気になる男性にもぴったりです。

<関連記事>

画像一覧

  • 外食よりも安い!健康のためにも旬の秋の味覚が入った弁当を狙え!

執筆者

新部若菜

4年間、資生堂に勤務、アメリカ留学などを経てフリーライターとなる。 ビジネスから美容、フード、トレンド系もフォロー。

新部若菜

関連記事

特集

関連記事

安全でおいしい秋野菜を手に入れるのは、インターネット通販がおトク?!

食生活に欠かせない野菜。とくに、育ち盛りの子どもがいる家庭では、子どもの成長や食育のためにも、安全でおいしい野菜を手頃な価格で手に入れたいものです。

まわりに農家の多い地域では、おすそ分けや直売所で安くおいしい野菜が手に入りますが、大都市ではなかなか難しいもの。そんなときに、心強い味方になってくれるのが野菜の通信販売です。

今回は、おトクな野菜の通信販売について紹介します。

1.野菜のプロが飲食のプロ向けに販売!
野菜のプロが目利きした新鮮な旬の野菜をネット通販しているのが「太陽オンラインショップ」です。飲食店というプロ向けをメインにしているだけあって、その価格や品質は折り紙付き。
旬の野菜を詰め合わせた「野菜20品目おまかせセット」や「フルーツ詰め合わせセット」「サラダ野菜詰め合わせセット」「野菜&フルーツ詰め合わせセット」はそれぞれ2380円。関東甲信越、北陸、東海、近畿や東北南部などは送料込みという太っ腹ぶり。
今の時期は、季節の秋野菜としてニンジン、ギンナン、きのこ類、ごぼう、かぼちゃなどが紹介されています。

2.あのヨドバシカメラが野菜を販売?!
家電製品の販売で知られるヨドバシカメラが最近、ネットで野菜を販売しているのをご存じですか。茨城県笠間市で有機野菜を栽培している農業法人のヴァレンチアと提携し、安全でおいしい野菜をネット販売しています。
12時までに注文と支払いが確定した分に関しては、朝のうちに採れたものをその日じゅうに箱詰めして発送。翌日または翌々日にはご家庭に配送されます。
有機農法で作ったほうれんそうやルッコラなどの緑の野菜と旬の味覚が入ったセットが2980円。継続して注文する方向けに、1年間有効の5回分回数券もあり、おトクに購入できるようになっています。

3.野菜通販サイトはさまざま、見比べてみて
老舗の大手野菜通販サイトは「生活クラブ」や「らでぃっしゅぼーや」「大地を守る会」「パスシステム」「オイシックス」など、複数あります。業者によっては、野菜だけでなくほかの生鮮食料品を購入できることもありますし、こだわりのポイントもことなります。
最近では、こだわりの野菜を生産する農家が、直接通販するケースも増えています。
ほとんどのサービスでは、初めての購入でお試しセットを注文できるので、気になる方はおトクなこうしたセットを試してみてはいかがでしょうか。

スポーツの秋到来!スポーツ好きの方に贈るお手軽・便利なおすすめ雑貨

いろいろな「〜の秋」がありますが、「スポーツの秋」もその一つ。空気が爽やかで、空が青く澄んだこの季節は、屋外で体を動かすと気持ちが良いもの。ふだん仕事はデスクワークばかりで運動をしたことがないという方も、体を動かしてみてもよいかもしれません。

今回は、そんなスポーツの秋にぴったりの、スポーツ好きに向けたお手軽・便利なおすすめ雑貨の紹介です。

1.使い込むほどフワフワに!育てるタオル「SPONGEE」
「SPONGEE」は、通称「育てるタオル」。ふつうのタオルなら、使ったり洗ったりを繰り返すごとにガザガザ、ゴワゴワになってしまうものですが、このタオルは正反対。なんと、洗濯するたびに撚り糸のあいだの空気層が広がっていくことから、よりフワフワになっていくんです。まさに、フワフワ感を育てるタオルです。
縦13センチ、横が1メートルと細長いので、スポーツ中に首に巻くのにとても便利なんです。吸水性がよいので、運動中の汗もしっかり吸い取ってくれます。
カラフルで600円とお手頃価格なので、ジョギングやスポーツジムに通ってエクササイズをしている人への手軽な贈り物にもぴったりです。

2.ボディバッグ、アームバンドなどの「身につける」小物
ランニングをする人に多い悩みとしては、自宅の鍵や小銭、スマホなどのちょっとした持ち物をどうやって持ち運ぶかということ。
スポーツウェアのポケットにいれるのも不恰好だし、走るのに邪魔になってしまいます。そこで、ランナー向けに発売されているのが、ボディバッグやアームバンドなど、直接身につける小物です。

例えば「フィリップベルト」(4000円)は、腰に巻きつけるタイプのボディバッグ。運動中は、スリットにものを入れて裏返すことで、荷物が飛び出さない仕組みになっています。ランニング以外にも、最近人気の自転車やヨガ、登山などあらゆるスポーツを楽しむ人に好評です。また、スマホをつけて腕にはめるアームバンドも人気があります。

さらに身につける系の小物をつきつめていくと、「Apple Watch」のようなウエアブル端末にいきつきます。体調管理や走った距離などのデータを残すことができるので、人気があります。

読書の秋!2015年秋に話題の一冊を電子書籍でお得にゲットしよう!

「芸術の秋」「読書の秋」といいますが、普段スマホやタブレットでネットサーフィンやゲームばかりという人も、なんだか本が読みたくなる季節です。

どうせなら、その手元にあるスマホやタブレットを活かして、電子書籍で読書を楽しんではいかがでしょうか。
電子書籍なら、売り切れ続出の人気作でも思い立ったらすぐに購入して読み始めることができるんです。

1.芥川賞をとったことで話題のあの作品を電子書籍で読んでみよう
お笑い芸人のピース又吉さんが執筆し、芥川賞を受賞したことでも話題の小説「火花」。芸能人が書いた小説という話題性だけでなく、二人のお笑い芸人が、心を通わせながらも次第に異なる道を歩んでいくというストーリー展開の上でも評価を得ています。
2015年1月に出版されてからというもの、テレビなどのメディアで多数取り上げられたことで人気を呼び、書店の店頭では手に入れにくくなっていました。そこに。芥川賞を受賞したことでさらに名声が高まっています。
この「火花」、実は電子書籍版が出ているのはご存知ですか。iBooks Storeで電子書籍として購入すれば、売り切れる心配もありませんし、今この記事を見てすぐに買いたくなったとしたら、本屋に行ったりAmazonの配達を待ったりしなくても、クリック一つで購入できちゃいます。しかも、紙の書籍で購入するよりも少しお安いんです。

2.電子書籍の市場は確実に広がっている
ただ、現状の電子書籍化された本のほとんどがコミックで9割以上を占めるともいわれます。次いでビジネス書やノンフィクションがありますが、人気作家の最新小説はまだまだ電子化が遅れている分野です。
ただ、上で挙げたピース又吉さんの「火花」は電子書籍市場で7万5000ダウンロードを超えたことで、業界では大きな注目を集めています。紙の書籍が144万部に対し、電子書籍が7万5000ダウンロードでは、たった5%ではありますが、それでも確実に市場が広がっている証拠でしょう。この流れが続いていけば、まだ電子化されていない他の人気作家の小説もあとに続く可能性は大いに考えられます。

HuluやU-NEXTなどのオンデマンド映像配信を利用して、お得に秋の映画を楽しもう

秋の夜長に映画鑑賞。「芸術の秋」ともいいますし、イイですよね。

でも、日本の映画料金は世界でももっとも高い部類に入るといわれるほど。映画館で映画を1本見ると、前売り券を買ったとしても1000円以上はします。

今回は、最近人気のHuluやU-NEXTなどのオンデマンド映像配信を利用して、お得に秋の映画を楽しむ方法をお知らせします。

1.日本の登録者が100万人突破!多彩なラインナップが強みのHulu
Huluはアメリカ生まれのオンデマンド動画配信サービスです。動画配信サービスとしては、YouTubeに次ぐ2位で上位10社のうち最も急成長しているといわれています。
その強みは、テレビ局や映画会社が共同設立しているため、YouTubeと比較すると提供できるコンテンツが豊富にあるということです。ストリーミングビデオやテレビ番組、映画や製作風景など、NBC、FOX、ABCといった全米の有力テレビ局で制作し、きちんと権利処理された番組を配信しています。
日本では、2011年からフジテレビの傘下でサービスを開始。当初は月額1480円でのスタートでしたが、2015年10月時点では、月額933円(税抜き)まで値下げされています。2週間の無料トライアルがあるので、まずは試してみましょう。
映画やフジテレビの番組、アニメなどのほかにも、他局の番組も幅広く配信しています。多彩なラインナップで、2015年3月には、日本での登録者が100万人を突破しました。

2.都度課金で最新作も見られるU-NEXT
U-NEXTは、2009年まで「GyaO」のブランド名称で運営されていた動画配信サービスです。映画、ドラマ、アニメを始め、多彩なジャンルの作品を8万本以上取り揃えており、名作から新作まで見ることができます。
U-NEXTでは、ハリウッドメジャースタジオを始めとした、国内外の映画配給会社、テレビ局と契約しており、「月額1,990円(税別)」の見放題動画のほかに、最新作など「プレミアム作品」と呼ばれる都度課金される作品もあるのが特徴です。U-NEXTも、16日間の無料トライアルが設けられています。

ランキング