株をするなら必ず知っておきたいNISAのメリットとデメリット

このレシピを実行して

0円貯まる!
<材料>

・NISAのメリットとデメリット

<Point>

1年間で最大20万円の得になる

22016年にはさらに非課税枠が大きくなる

3NISAでも税金がかかる落とし穴がある

2790.jpg

NISAという制度をご存知でしょうか。
NISAとは簡単に言えば1年間に買った株の利益が100万円までなら税金がかからないという制度です。

例をあげてみるとNISAの制度を使い、2015年に買ったA社の株が利益が100万円以内なら2016年や2017年にA社の株を売っても税金は全くかからないというわけなのです。NISAは非常にお得な制度なのですが、少し制度がややこしいために理解不十分なまま損をしてしまうことも少なくありません。ですので、今回はNISAのメリットやデメリットについてまとめてみました。

まずはメリットですが、こちらは先ほどもお話したように税金がかからなくなるということです。最大100万円で20%もかかる税金が0になるわけですから、
最大で20万円の節約になります。しかもこのNISAは毎年新たに上限100万円で非課税枠が更新されていきます。

つまり、毎年20万円の得をするチャンスがあるというわけなのです。さらにNISAは2016年から年間上限が100万円から120万円まで非課税枠が引き上げられることが決まりました。これにより、さらに税金がかからない金額が多くなり、より利益を出すチャンスが得られるというわけなのです。

対してデメリットとしては大きく分けて2点ほどあります。1つは上限が100万円ですので、長期投資家にしか向かないという点です。短期的に株の売買をする人は上限の100万円はすぐに使い切ってしまいます。NISAの非課税枠は再利用できない仕組みですので、どの株を買うか吟味が必要です。

そしてもう1つNISAの深刻なデメリットがNISAで購入した株は非課税期間が5年間しかないということです。

それほど大きなデメリットには見えませんが、なぜこれが深刻なデメリットと言えるのかというと、この非課税期間を終えても、まだ株を保有していたとすると株を売却するか株を一般口座に移さなければなりません。

このときに、もし株を一般口座に移してしまうと、通常の税金20%がかかるようになるというわけです。つまりNISAの期限を終えた時点で大きく損をしていて、まだ株を売りたくないと思えば、株を一般口座に移し、その結果予想外の税金が発生してしまうというわけなのです。NISAは確かにお得な制度ですが、リスクもあるのできちんと制度を理解し正しく扱うようにしましょう。

画像一覧

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

関連記事

株主優待でお金を受け取る方法

これまで株主優待を実際に自分が利用するという前提で、株主優待を実際にできるだけリスクを少なくしながら獲得する方法をお話ししてきました。

しかし実際のところ、興味のある優待を提供しているところが少なくて、イマイチ株主優待のお得感を感じにくいと思う方がいるのも事実だと思います。そこで今回は株主優待をさらにお得に感じてもらうために、株主優待をお金に換えるという方法についてお話していきます。

株主優待はその会社の商品の詰め合わせであったり、商品券などが配られることが多いです。「商品じゃなくてお金がもらえたら・・・」と思うかもしれませんが、実際のところ、そうは上手くいきません。しかしこの方法を知っているとあなたが受け取った株主優待をお金に換えることが出来てしまうのです。

その方法とは、株主優待で得た商品を売るという方法です。株主優待は商品券や割引券等、自分ではあまり使わないようなものが優待でついてくる場合があります。しかし、そのような自分では使わない商品券や割引券でも他の人にとっては重宝するというものがたくさんあります。

例えば航空会社のANAやJALが株主優待で提供している優待は、搭乗する1人辺りの片道運賃を50%割引するというものなのですが、旅行が好きな方や、実家が遠い人にとっては重宝します。店頭や時期によっても買い取り価格は異なりますが、おおよそ1枚辺り4000円で売れることが多いようです。航空の割引券でなくても、株主優待は特定の店の商品券であったり、クオカードであったりと金券ショップなどに持ち込むと換金できるような優待が山のようにあります。

このように株主優待を売るという手法をとったとしても十分な利益を見込めるものが実は結構あるのです。このように優待を現金に換える方法もあるので、どのような株主優待が高く売れそうか、実際の金券ショップを見てみて、どの商品券が換金率が高いかなどを考えて優待を手に入れてください!

株を買う前に知っておきたい税金とNISAの話

株主優待のような長期的に株を保有する人に取って有利なNISAという制度をご存知でしょうか。NISAとは通常ならば約20%税金がかかる株式や投資信託などの譲渡益(運用益)や配当が毎年100万円を上限に、最長5年間は非課税になる制度です。

つまり上手く使うことが出来れば、株主優待を受け取るだけでなく、買った株の価値が上がったから売ろうと思ったときでも税金としてお金を取られることなく、自分の手元にお金を残すことができます。今回はこのNISAの制度について少しお話をしていきたいと思います。

まず本来株にどれくらいの税金がかかるのでしょうか。株の税金には大きくわけて2種類あります。1つは譲渡所得課税という自分が株を売ったときに、株の売却代金から購入価格や手数料などを引いた売却益にかかる税金があります。

そしてもう1つは配当課税という年に一度、株を持っている人に配られる配当金に対してかかる税金のことです。どちらの税金にも20%の課税がなされているので、あなたがもし株を売って儲けようと思っても実際の利益の80%程度しか受け取ることが出来ないため、思っているほどの利益が望めないというような状況になってしまうのです。

そこで毎年100万円までの非課税投資枠が設定されており、株式投資や投資信託にかかる売却益や配当金に対してかかる税金が0になる制度があるのです。これをNISAと言い、長期的に株を保有することになる株主優待を目的とした投資に加え、たまに売却益でお金を稼ごうと考える投資家にとって大きなメリットになります。

少し例をあげて考えてみましょう。株主優待目的でA社の株を100株10万円で購入したとします。そして5年以内にこの100株の価値が20万円まで上がり、売却したとすると、通常だったら売却益の10万円に20%、つまり2万円税金がかかるのですが、もしNISAの制度を利用すればこの税金が0になるというわけなのです。

少しややこしかったかもしれませんが、NISAの制度を使うことで大きくメリットになるので、ぜひ活用しましょう。次回ではもっと具体的にNISAのことについて説明して行くので、見逃さないようにしてください!

必見!同じ株保有数で株主優待を最大限もらう方法とは

同じ株を同じ数だけ、証券会社から購入したとしても株主優待を多く受けとる方法があるとすれば知りたくはありませんか?これまでに株主優待をお得に手に入れる方法についてお話してきましたが、こちらの方法が最も簡単であり、取引も非常に楽にできます。

早速ですがその方法をお話すると「株を長期保有する」という方法です。一般的に株主は社会情勢や景気により株を売買するので、価値の下がってしまった株からは早く売ってしまいたいという心理が働き、持っている株を手放してしまいます。ですから会社側からすると、そのような短期でお金を稼ごうとするようなマネーゲームをしている人よりも、景気が悪く、多少価値が去ったとしても自社の株をずっと持っていて応援してくれるような長期株主を優遇しようというわけなのです。

では実際にどのくらい優遇されるのか気になると思うので、長期保有株主を優遇している会社の中でも特に人気なビックカメラで具体例を示してみます。ビックカメラは株主優待で年に2回、所有株式数および保有期間に応じた買い物優待券がもらえます。100株以上保有していれば2月末に2000円分、8月末に1000円分株主優待券と年に3000円分買い物優待券がもらえるのですが、もし1年以上株を保有していれば8月末にさらに1000円分、2年以上保有していれば2000円分も買い物優待券がもらえてしまうのです。つまり、2年以上ビックカメラの株を“持っているだけ”で年間5000円分以上もの買い物優待券を受け取ることができてしまうのです。

このように株を長期保有することは、会社からあなたに対して感謝の気持ちということで株主優待に表れて返ってくることもあるのです。短期間で結果を出したいという方にはオススメできませんが、すぐに結果に表れなくてもいいから長い目で株主優待をたくさん受け取りたいという方には、オススメです。長期保有を優遇する企業はまだまだ少ないですが、情報は日々更新されているので、しっかりと確認していきましょう。

口座開設したいけど多すぎる!初心者のあなたが選ぶべき証券会社とは?

今回は口座開設をしたいけれどもどの証券会社の口座を開設すればいいのかということについてお話ししていこうと思います。

株主優待を受けるために口座開設をしようと思った方もいらっしゃると思います。しかし、いざ口座開設をしようとすると予想以上に証券会社があることに驚き、どの口座を開設するか迷うことでしょう。

「どこの口座を開設するのがいいかわからないし調べるのも面倒だな」

そのように思われる方が多いと思うので、今回は初心者が選んで間違いない、取引の簡単さや安い手数料が売りの証券会社をご紹介していきます。

・松井証券
松井証券の魅力は何と言っても小額の株売買であれば手数料が無料であるということでしょう。(1日10万円まで無料)10万円以下で買える優待銘柄は全体約3割にもなり、これらを手数料無料で買うことができるのはあまり大きな取引をしない初心者にとっては大きなメリットになります。
ただし30万円以上の取引を1日でするようになれば他の証券会社より手数料が高いため注意が必要です。

・マネックス証券
マネックス証券の最大の利点は保有株や気になる銘柄を一覧で表示する機能があったり、銘柄選びや投資タイミングなど初心者に優しい情報を全て無料で利用できるという点です。
オリコンが発表している「2014年度オンライン証券ランキング」でもサイトのわかりやすさランキングで1位を獲得するなどこれから株取引を始めてみようかという人にとって、最も利用しやすい証券会社だと思います。

取引手数料も業界平均から見ると割安でツールも豊富なことからかなりオススメの証券会社です。

・ライブスター証券
最後に紹介するのがこのライブスター証券ですが、こちらの証券会社も強みは手数料の安さにあります。松井証券と違い、10万円以下でも手数料がかかりますが、その分1日の取引額が大きくなってもかなり安い手数料で取引をすることができます。株取引に慣れてきて、毎日の扱う金額が大きくなればライブスター証券で取引を行うのが良いでしょう。

いかがだったでしょうか。今回は証券会社の選び方ということについてお話してきましたが、まずは初心者の方はマネックス証券の口座開設をすれば間違いないと思います。株主優待を受けるためにも、まずは口座開設の手続きをしてみてください!

口座開設したいけど多すぎる!初心者のあなたが選ぶべき証券会社とは?

今回は口座開設をしたいけれどもどの証券会社の口座を開設すればいいのかということについてお話ししていこうと思います。

株主優待を受けるために口座開設をしようと思った方もいらっしゃると思います。しかし、いざ口座開設をしようとすると予想以上に証券会社があることに驚き、どの口座を開設するか迷うことでしょう。

「どこの口座を開設するのがいいかわからないし調べるのも面倒だな」

そのように思われる方が多いと思うので、今回は初心者が選んで間違いない、取引の簡単さや安い手数料が売りの証券会社をご紹介していきます。

・松井証券
松井証券の魅力は何と言っても小額の株売買であれば手数料が無料であるということでしょう。(1日10万円まで無料)10万円以下で買える優待銘柄は全体約3割にもなり、これらを手数料無料で買うことができるのはあまり大きな取引をしない初心者にとっては大きなメリットになります。
ただし30万円以上の取引を1日でするようになれば他の証券会社より手数料が高いため注意が必要です。

・マネックス証券
マネックス証券の最大の利点は保有株や気になる銘柄を一覧で表示する機能があったり、銘柄選びや投資タイミングなど初心者に優しい情報を全て無料で利用できるという点です。
オリコンが発表している「2014年度オンライン証券ランキング」でもサイトのわかりやすさランキングで1位を獲得するなどこれから株取引を始めてみようかという人にとって、最も利用しやすい証券会社だと思います。

取引手数料も業界平均から見ると割安でツールも豊富なことからかなりオススメの証券会社です。

・ライブスター証券
最後に紹介するのがこのライブスター証券ですが、こちらの証券会社も強みは手数料の安さにあります。松井証券と違い、10万円以下でも手数料がかかりますが、その分1日の取引額が大きくなってもかなり安い手数料で取引をすることができます。株取引に慣れてきて、毎日の扱う金額が大きくなればライブスター証券で取引を行うのが良いでしょう。

いかがだったでしょうか。今回は証券会社の選び方ということについてお話してきましたが、まずは初心者の方はマネックス証券の口座開設をすれば間違いないと思います。株主優待を受けるためにも、まずは口座開設の手続きをしてみてください!

ランキング