ネット販売できれいではなく売れやすく写真を撮るための方法とは

このレシピを実行して

0円貯まる!
<材料>

・商品の写真の撮り方

<Point>

1背景は真っ白にする

2写真の枚数は上限いっぱいまで撮る

3写真は加工は加えてはいけない

2792.jpg

今回はネットで販売するには欠かせない写真の撮り方についてお話していきます。ネットで販売する初心者の方は商品の写真が雑であり、売れるものも売れないような写真の撮り方をしてしまっている人が多いです。

しかしネットで商品を買う上であなたの見込み客は写真と説明文、価格からあなたの商品を購入するか決めるわけです。そこでもし悪い写真を載せてしまえば、初対面で化粧もせずに変顔で出会った女性のように、見込み客にとってその商品は“無視すべき存在”になってしまうのです。つまり写真の撮り方ひとつで相手に与える商品の印象が全く変わってしまうので、今回は売るための写真を撮るときの3つのポイントについてお話していきます。

1.背景は真っ白が基本
まず写真を撮るときの背景は商品の色が白い場合を除いて、できるだけ真っ白がいいでしょう。なぜなら背景が白であれば、ぱっと見たときにどのような商品かストレスなく目に入ります。見込み客はどの商品を買おうか基本的に何も考えずにぼーっとしながら、ただひたすらスマホの画面をスクロールしています。

そこで相手の目を止めるためには一瞬でさえも商品に対して迷いを与えてはいけません。目に入った瞬間にどのような商品か理解させるために、背景は情報を無駄に与えない、白にするのがよいでしょう。

2.写真は上限いっぱい使い切る
よく写真が1枚しかない商品を見かけますが、1枚しかなければネットという情報の少ない商品を買おうとお客さんは動きません。

あなたの商品をできるだけよく知ってもらうためにも写真の情報はめんどくさくても十分くらい載せるほうが良いです。メルカリなら写真の上限が4枚なので、全体像、全体像の裏、細かいプリントなど4枚という限られた中で、商品を実際の店頭で触れているかのように思わせるくらい細やかに写真を撮りましょう。

3.写真の加工はしない
ネットでものを検索してみると写真の加工をしたものをたまに見かけますが、必ず写真に加工はしないようにしましょう。

というのも冒頭にお話したようにお客さんはあなたの商品を写真と説明文と価格から購入するか決めるわけです。そこで加工された写真を見せられると実際の商品がどのような状態であるか正しく判断することができません。正しく判断できなければ購入することも億劫になってしまいます。写真を撮る時は商品のありのままの状態を伝えつつも商品の良さを最大限に引き出すような写真を撮ることを心がけましょう。

画像一覧

  • ネット販売できれいではなく売れやすく写真を撮るための方法とは

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

関連記事

あなたの商品にお客さんを大量に運び入れる方法

実際に商品を出品すると売れるものは瞬きをしている間に売れているくらい一瞬で売れていきますし、逆に全く売れないものは1ヶ月も2ヶ月も売れる気配がないということをわかっていただけると思います。

多くの人は売れないときに商品に対する値段が高すぎるのだろうと考え、すぐに値段を下げてしまうのですが、できれば自分の販売している商品を高く売りたいですよね。今回は商品を自分の言い値で高確率で販売する方法についてお話ししていきます。

この方法を知っていると自分が満足する値段で商品を販売することができます。あなたはある1~2分の手順を行うだけで、今見ているお客さんの2倍以上もの人があなたの商品を見て、購入してもいいですか?というようなコメントが届くことでしょう。しかもこの方法は同じ商品でも何度でも実践可能で、お金も一切かかることはありません。たった1〜2分の手順を繰り返すだけであなたの商品は一気に売れる可能性が上がるのです。

逆にこの方法を知らないと売れない商品は売れないままです。部屋の隅っこで売れない商品の山を見ては、全く売れないからネットで稼ぐことをやめようと思ってしまうかもしれません。月で1万円程度のちょっとしたお小遣いでさえ稼ぐことができないのです。

そのようにならないためにしっかりこの方法を押さえてください。その方法とは“商品を再出品”するという方法です。

なぜ再出品すればものが売れるのかというと、メルカリのシステム上、新たに出品したものは商品のタイムラインに新しく流れ、多くの人に見られる傾向があります。多くの人に見られるということはその価値を感じてもらえる人に出会う可能性が高くなります。その商品に価値を感じる人に見られれば見られるほど、商品が売れやすくなるというわけなのです。ですから一度売れなかったからといって凹まず、何度でも再出品して、新たな人にあなたの商品を見てもらえるように仕向けましょう!

あなたは自分の商品が値下げ交渉されたときにきちんと対応できますか?

今回はネットで物を売るときに必ず起こる“値下げ交渉”に対しての対応についてお話していきます。

メルカリなどで商品を3つ以上でも売れば、購入前に「この商品○○円にしてもらえませんか?」などといったように値下げ交渉をしてくるような人がいます。値下げ交渉自体はルール上でも認められており、よく見かけるのですが、自分が売り出している商品を「そこまで値下げはしたくないな」と感じる瞬間があるものです。そこで今回は相手に自分の要求を上手く呑ませる極意についてお話していきたいと思います。

・明らかに非常識な値段を提示されたとき
ネットで販売していた経験上、少なからずこのような人がいます。例えばadidasパーカーなど人気商品であり、中古でも十分価値があるため5000円で出品していたとします。そして、その商品についてコメントが来たのですが、その内容は「2500円まで値下げしてください!即決します!」というような内容でした。このような非常識なコメントには無視することがベターです。

「返事を返したほうがいいだろう」と良心を持ってしまい、そこまでの値下げ不可という内容のことを伝えても非常識者は聞く耳を持ちません。今度は「3000円ならいいですか?」などと聞いてくるのがオチでしょう。このような非常識者には初めから相手にせずスルーしましょう。

・値下げ幅を小さくしたいとき
例えば3000円の商品を2300円で買うと言われたときには「2500円までなら値下げを考えるけど」というような時があります。このようなときにはハッキリ相手に「2500円までなら値下げを考えますがいかがですか?」と自分の希望を通しましょう。このように自分の下限ラインを決めておくと、今の交渉相手以外にもあなたの商品が2500円なら欲しいと思う人が現れることもあるのです。

いかがだったでしょうか。取引を全て自分の思うように進めることはなかなかできませんが、自分も譲歩する姿を見せることで自分の要求を上手く相手に呑ませる技術を身につけましょう。

非公開: ネットでものを確実に売る専用出品とは?そのメリット、デメリットを解説します

今回はメルカリでよく行われる “専用出品”についてお話していきたいと思います。

商品を出品すると,多くの場合購入確認や値下げ交渉などについてのコメントが入ることが多いのですが、上の2つのコメント以外にもよく行われるのが「専用出品にしてください!」というようなコメントです。

専用出品とは、あなたの商品を見た、購入希望者が商品を買いたいけれどなんらかの理由で今は購入できないから一時的に取り置きしてほしいということです。メルカリでは公式にこの専用出品が認められているわけではないのですが、あなたにとっても購入希望者にとっても売買の約束が取り付けられるので、双方にメリットがあります。

つまり専用出品をすることにより、買い手は確実に商品を購入することができ、売り手も確実に商品を売ることができるので、メルカリではよく行われているのです。もちろん断ることもできますがほとんど確実に売れるとなれば、商品を売りたい売り手としては専用出品した方が得な場合もあるわけなのです。

しかしこの専用出品で多いトラブルが専用出品したのに購入されないパターンです。大きな問題でないように見えますが商品の数が増えてくると、いちいち1つの商品にずっと対応するのも面倒ですし、他の購入希望者を逃すことにもなりかねません。このようなトラブルを避けるために次の2つのポイントを意識していただけたらと思います。

その2つのポイントとは

・いつまでに購入するかを確認する
・専用出品は3日間限定で行う

これらのルールを守れば最悪商品を買われなくても、また新たに売ればいいので対応がしやすくなります。面倒だからといって2つのポイントをサボってしまうと、より面倒なトラブルを引き起こしてしまうこともあり得ることなのです。メルカリで公式に認められていることではないからこそ、自己責任でトラブルを回避する必要があります。ですからきっちり専用出品をするときはルールを決めておいてください!

なにを買えばいいの?迷ったときに基準にすべき○○という考え方

あなたはこれだけ数多くの銘柄の中から本当に自分が買いたい株を見つけ出すことができますか?もう既に買いたい銘柄が決まり、今日のうちにも購入しようと思っている方はこちらのページを見なくても大丈夫です。

今すぐこのページの×ボタンを押して閉じてもらって構いません。しかし、多くの人は株主優待を手に入れたいけど、どの株を買えばいいのかわからない!という方やできるだけ安いお金で高価な株主優待のある銘柄を選びたいと思う方もいらっしゃると思います。そこで今回の記事ではそのような方のために、株主優待を手に入れることで欠かせない「優待利回り」という考え方についてお話していきます。

優待利回りとは株の購入価格に対する株主優待品の金額の割合のことです。もう少し詳しく言うと優待利回りは以下のような計算で表されます。

株主優待利回り=株主優待品の金額÷株の購入価格×100

このような計算方式を使うことでいわゆる“購入金額に対しての株主優待の価値”を計算できてしまうというわけなのです。当然こちらが高ければ高いほど株主優待を買った方が得をすると考えられ、一般的にこの株主優待利回りが4%を超えるものは買っておいて損はないと言われています。しかもこのような高優待である株は株主も優待品を毎回でも手に入れたい気持ちが強いため、比較的株価も安定する傾向にあります。つまりリスクは少ないのにお得な優待品をもらえる、まさに夢のような株というわけなのです。

このように優待利回りという考えを身につけておくだけで、自分がどの株を買えばいいのかわからないというときにひとつの目安として買うべき株を選ぶことができます。もし優待利回りはいいのに欲しい優待品が見つからないというときでも、次回の記事でまたお話しますが、優待品をお金に変えてしまう方法も存在します。ですので、高優待の銘柄に自分の欲しい優待品がなくてもひとまず高優待の銘柄をチェックしてみることをおすすめします。

どの発送方法が最もお得?商品で見る最適な発送方法とは

売れた商品をどの発送方法なら最も安く、発送することができるのだろう?ネットで商品を売っていると誰もが考えることです。

同じ商品であっても、発送方法によって必要な費用が全然違います。では、実際に商品例を出しながら“どの発送方法が最安か”ということにのみ、焦点を当てながらお話していきたいと思います。

1.服
初めてネットでものを売るときに1,2を争うくらい選ばれやすい商品が自分がもう着なくなった衣服ですが、一口に衣服といってもポロシャツや半袖などの夏物からコートやパーカーなどの冬服もあり、これらを全て同じ発送方法にしてしまうと大きく損をしてしまいます。

ですから、服を売るときは目安として以下のルールをしっかり頭に入れておくといいでしょう。そのルールとは、基本的には全てクリックポスト、コートやパーカー、カーディガンなど厚みのあるものは、はこBOON。コートやパーカーなどを定形外で送る方法もありますが、定形外より、はこBOONで発送するほうが同価格であるか、むしろ安いですし、はこBOONには保証もついているため、取引において安心できるという利点があります。

2.装飾品
では時計やアンクレット、ネックレスなどの装飾品はどうでしょうか。一般的に装飾品は小さく、軽いものが多いので、郵便ポストに入る定形サイズの封筒が適しています。厚さが1cm以内であれば定型郵便、1cm以上であれば定形外郵便の扱いになるので、極力厚さを抑える梱包にしましょう。

3.電子機器
もう使わなくなったiPhoneやiPod、イヤホンやDVDなど様々な商品があります。こちらも基本的に小さい、軽いものであるのできちんと緩衝剤で梱包して定形外で発送が最も安くなるでしょう。しかし、電子機器は高価なものになると、もし配送時にトラブルが発生したときの対応が大変難しくなります。ですから5000円を超える価格で販売したものは保証付きのレターパックなど保証のある発送方法を選ぶのがベターです。

4.本
7割の本はクリックポストで十分です。しかし厚さが3cm以内で収まらない場合、本は非常に重いので発送価格が高くなる傾向にあります。厚さが3cm以内で収まらない場合のみ、ゆうメールを利用しましょう。

いかがだったでしょうか。今回はどの発送方法が最もお得?商品で見る最適な発送方法とはということで発送方法を紹介してきました。利益を最大化させるために発送方法も忘れずに考えていきましょう。

ランキング