職人と交流!伝統工芸品の創り手とユーザーらをつなぐイベント、24日から

2838.jpg

 伝統工芸品産業の振興を目的としたイベント「JAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEK 2015(JTCW 2015)」が10月24日に開催。東京・名古屋の複数ショップが協力し、伝統工芸品の展示販売を行う。

 JTCWは昨年に続いて2回目の開催となる。創り手、売り手、使い手(消費者)をつなぐイベントとして、期間中はインテリア、ファッション、専門店などで日本の伝統工芸品を販売。今年は伝統工芸青山スクエアをメイン会場に東京のショップが41店舗、国際デザインセンターをメイン会場に名古屋のショップが10店舗参加する。その他、コラボ商品の発表やワークショップ、スタンプラリーなども開催予定だ。

 ワークショップは10月30日、31日および11月2日に伝産協会 青山スクエアで実施。甲州手彫印章のハンコ掘りの実演やワークショップを行う。所要時間は30分から60分で、参加費は1500円。ケース付きで製作する場合は2000円となる。

 コラボレーション商品としては、陶器などを扱う東京・陶香堂とのコラボによる京扇子、インテリアを扱うTIME&STYLE MIDTOWNとのコラボによる石見焼など、ショップと各地の伝統工芸が協力して手がけた商品が並ぶ。

 開催期間は11月3日まで。公式サイトでは開催店舗の一覧のほか、工芸品産地のレポートも掲載している。

画像一覧

  • 「JAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEK 2015」のロゴ
  • コラボ商品「陶香堂 + 京扇子(京都)」
  • コラボ商品「TIME&STYLE MIDTOWN + 石見焼(島根)」
  • コラボ商品「AGITO + 津軽塗(青森)」
  • コラボ商品「MA by So Shi Te + 秋田杉桶樽(秋田)」
  • コラボ商品「agete 青山本店 + 九谷焼(石川)」
  • コラボ商品「玉川堂 青山店 + 三条仏壇(新潟)」
  • コラボ商品「風呂敷専門店 むす美 + 豊岡杞柳細工(兵庫)」
  • コラボ商品「LES TOILES DU SOLEIL + 波佐見焼(長崎)」
  • コラボ商品「東京鳩居堂 銀座本店 + 常滑焼(愛知)」
  • コラボ商品「IMA CONCEPT STORE + 京表具(京都)」

提供元

関連記事

関連記事

【イベント】地方創生まちづくりEXPO「まちてん」11月に渋谷で開催

 日本全国からまちづくりのイノベーターが集う地方創生まちづくりEXPO「まちてん ~地域の未来をデザインする~」が、東京・渋谷ヒカリエのヒカリエホールで11月28日と29日の2日間にかけて開催される。主催はまちてん実行委員会。

 2000名を超える地方創生の開拓者が一同に介する同イベント。会場はショートプレゼンテーションを発表する「カンファレンス」、様々なテーマで地方創生の課題解決を話し合う「トークセッション」、セミナーやまちづくりへのキャリアに繋がる人材募集を行う「ミニセミナー」、まちづくりのヒントとなる優れた名産品等が展示される「展示ブース」に分かれ、レセプションと併せ、各地域での取り組みが紹介される。

 同イベントを「日本のまちづくりを発信するプラットフォームとして着想した」という主催者。世界から注目を集める2020年の東京五輪が迫るなかで「ワクワクする『まち』が日本中にあることを世界中に知っていただき、それがまた伝播することになれば、世界中にワクワクする『まち』が生まれる」と今回のイベントについて説明。その一翼を担うエンジンになればとの思いから、第一回目を実施するという。

 入場は事前登録制。展示ブース等は無料だが、カンファレンスとレセプションのみ有料チケットの購入が必要となっている。

【無料】家族でどうぞ!二子玉川ライズ、参加型アートイベント10/31-11/1

 2年に一度の参加型アートイベント「二子玉川アートデポ2015」が、10月31日、11月1日の2日間、4月にグランドオープンを迎えた話題のスポット「二子玉川ライズ」にて開催される。今回も、子どもと家族のためのアートイベントにアーティストやワークショップが大集合する。

 二子玉川アートデポは、2012年のスタート以降、来場者が5万人を超えるまでに成長した子どものための芸術祭「二子玉川ビエンナーレ」のスタッフが手がける2年に一度の参加型アートイベント。「アート作品の制作過程の面白さを見て欲しい」との想いから生まれたイベントで、アーティストと来場者が一緒になって何かを完成させていく過程を楽しむことができるという。

 今回は、「SOUND OF MUSIC~音楽に出会う旅」をテーマに、物語の世界をイメージして構成された会場で来場者が本のなかに入って“音楽の物語”を旅する、というコンセプトで実施。当日は、国内外の著名アーティストたちの作品展示やライブペインティングのほか、アート作品への参加体験、音楽ライブなどが開催される。

 さらに、「親子で作るクリスマスリース」や子どもたちが大きな絵を描きあげる「注文の多いペンキ店」、人気クリエイターなどによるワークショップの開催や、フードマルシェなど、子どもだけでなく家族で楽しめるプログラムが勢揃いする。

 イベントは入場無料。ワークショップなど一部有料、定員制のプログラムについてはWebサイトにて確認できる。芸術の秋に、子どもたちの感性と好奇心を刺激するさまざまな角度からの芸術を提案するアートイベントとして盛り上がりを見せそうだ。

◆二子玉川アートデポ2015
日時:2015年10月31日(土)、11月1日(日)10:00~17:00
会場:二子玉川ライズ
入場料:無料(ワークショップ、物販など一部有料コンテンツあり)
参加アーティスト:
(抜粋)倉本美津留、土屋秋恆、墨閃会BOKUSENKAI、Takeru Iwazaki、Saqui Hotate、田中健太郎、NOVOL、高橋洋平、小田佑二、沖冲、高橋潤、Mamedori、コタケマン、SENSE、澁谷忠臣、KAZ、すまあみ(須磨阿弥)、トレモノ、菅原信介、Cubetone、古川麦、表現 ほか

あなたの商品にお客さんを大量に運び入れる方法

実際に商品を出品すると売れるものは瞬きをしている間に売れているくらい一瞬で売れていきますし、逆に全く売れないものは1ヶ月も2ヶ月も売れる気配がないということをわかっていただけると思います。

多くの人は売れないときに商品に対する値段が高すぎるのだろうと考え、すぐに値段を下げてしまうのですが、できれば自分の販売している商品を高く売りたいですよね。今回は商品を自分の言い値で高確率で販売する方法についてお話ししていきます。

この方法を知っていると自分が満足する値段で商品を販売することができます。あなたはある1~2分の手順を行うだけで、今見ているお客さんの2倍以上もの人があなたの商品を見て、購入してもいいですか?というようなコメントが届くことでしょう。しかもこの方法は同じ商品でも何度でも実践可能で、お金も一切かかることはありません。たった1〜2分の手順を繰り返すだけであなたの商品は一気に売れる可能性が上がるのです。

逆にこの方法を知らないと売れない商品は売れないままです。部屋の隅っこで売れない商品の山を見ては、全く売れないからネットで稼ぐことをやめようと思ってしまうかもしれません。月で1万円程度のちょっとしたお小遣いでさえ稼ぐことができないのです。

そのようにならないためにしっかりこの方法を押さえてください。その方法とは“商品を再出品”するという方法です。

なぜ再出品すればものが売れるのかというと、メルカリのシステム上、新たに出品したものは商品のタイムラインに新しく流れ、多くの人に見られる傾向があります。多くの人に見られるということはその価値を感じてもらえる人に出会う可能性が高くなります。その商品に価値を感じる人に見られれば見られるほど、商品が売れやすくなるというわけなのです。ですから一度売れなかったからといって凹まず、何度でも再出品して、新たな人にあなたの商品を見てもらえるように仕向けましょう!

大型品購入は計画的に!家具を安く購入できる時期って?

家具の買い替えとなると、大物だけにけっこう高額な予算を組まなくてはいけなくなります。家具購入にあたってもっとも多い理由は「必要だから」でしょう。

引越しや新築に合わせ、必要に迫られて購入することが多いと考えられます。それ以外の理由には「部屋の模様替えのため」というものがありますね。この場合は、緊急度が低くなるでしょう。

どうしてもという必要に駆られての購入ではない場合、できれば安く買い換えたいところです。ところで、家具の安い時期って決まっているのでしょうか?

1. 新生活シーズンは外す
大学生や新社会人が、進学や就職を機に一人暮らしを始める、というように、引っ越しが増えるシーズンは、家具業界のかきいれどきです。「新生活応援セール」などと銘打ったセールを行うこともありますが、基本的には値引きしなくても「必要だから」という理由で買ってくれるお客さんが多く集まる時期と言えます。緊急性のない購入であれば、避けるほうがよいでしょう。

2. 決算時期を狙う
会社によって異なりますが、日本の多くの企業は4月~翌年3月を決算期としています。また、9月は中間決算で大切な時期になります。そのため、業績を積み増しするため、8月~9月にかけて、大規模なセールを実施する家具店も多いはずです。また、この時期はアパレルやデパートなどもいっせいに夏物のセールを行う時期ですから、そうした世の中の流れにのると、ねらい目の時期といえます。

3. カタログの入れ替え時期を狙う
一般的に、フレッシャーズの購入需要でかきいれどきとなる春、もしくはクリスマスや年末商戦前の秋ごろに、新商品を投入するというメーカーが多いようです。この場合、カタログの更新に合わせて、型落ちとなる在庫品の処分を行うというケースが多いようです。在庫品ですから、かならずしも気にいったデザインが残っているかは運しだいですが、前述の決算セールの効果とも併せて、やはり8月~9月は家具を購入するにあたってねらい目といえそうですね。

出費の大きい家具を安く購入するための2つの方法

新生活に欠かせないのが新しい家具。しかし、数年間使っていくものだとはいえ、家具の出費は大きいもの。そこで、この記事では家具の節約方法についてご紹介していきます。

・家具メーカー直販店で購入する

家具メーカー直販店で購入すると、アウトレット品のような価格で購入することもできます。

直販店「ゲキカグ!」では、大量発注や中間コストの節約により、アウトレット品と同程度の価格で家具を販売しています。また、一部地域や一部商品を除いて送料無料となっているのも特徴。

また、購入金額に応じた割引ポイント還元も行なっている。購入額に応じて一定ポイントを付加しており、次回買い物時に1ポイント1円として利用することが可能。

また、有料となってしまうものの、家具の組み立てサービスも用意しています。

・プチプラインテリアショップで購入する

プチプライスで雑貨を提供する「Salut!」では、商品は限られているものの、1,000~3,000円程度で家具を購入することが可能。

たとえば、「ディスプレイテーブル」は990円、「コレクションテーブル」は1,990円(いずれも税抜き)。ウッドラックも2,000円台で買うことができます。

デメリットは、自力で持ち帰れない場合に配送料がかかる点や、自分で組み立てしなければいけない点。

・家具購入時の注意

インターネットで家具を購入する場合は、金額によって送料が無料になったり、ポイント還元があったりとお得なケースも多いです。

しかし、インターネットの場合は、実物のサイズ感がつかみにくいのが難点。届いてみたら「思ったよりも大きかった・・・」という場合もあります。

ですから、お店で購入する場合にも大切なポイントですが、サイズをしっかり計測してから購入することが大切です。大体の面積を知るためには、家具の大きさに折った新聞紙を置くとイメージがつかみやすくなります。

せっかく安い値段で購入しても「サイズが合わなかったから返品」になってしまうと元も子もありません。自宅にぴったりの家具探しも節約のためには大切なポイントなのではないでしょうか。

2015.6.15更新

ランキング