【就活】先輩社員インタビューも、石川県が若者向け就職ポータル開設

2835.jpg

 石川県が学生をはじめとした若年層と県内企業のマッチング促進を図る就職情報ポータルサイト「ジョブNAVI石川」を開設した。開設時点で222社の情報を掲載している。

 サイトでは企業に関する情報を掲載するほか、インターン、会社説明会、県などが主催する就職イベントを案内。会員登録を行うことで、求人やイベントへの応募がサイトから直接できる。

 また、サイト内には県内企業で働く社員へのインタビュー記事も収録。ものづくりや食品、宿泊業などの県内企業を、社員の視点から紹介している。石川県の暮らしなどに触れる記事も展開し、Uターンなどによる移住を喚起する狙いだ。

画像一覧

  • 若者就職情報総合ポータルサイト「ジョブNAVI石川」

提供元

関連記事

関連記事

非公開: 2015年も残り100日!年内に3年生がやっておきたい就活3つのこと

1)何でもいいから1回は就活イベントに行こうざ

 何でもいいので、今年のうちに1度は就活イベントにいっておきましょう。説明会、インターン、自己分析のセミナー、社会人の座談会、どんなものでもいいのでまだ一度も参加したことがない人は騙されたと思って一度就活イベントに参加をしてみましょう。

 理由は簡単で「就活ってこんな感じなのね」という感覚を得るためです。ネットで情報を集めたり、友達の話を聞いているだけではやっぱり体感できないものがあります。その状態で情報ばかりがたまっていってもうまくそれが使える形にはなりません。どんなイベントでもいいので、就活の感じを感じられると良いと思います。言葉で説明することはとても簡単ですが、いざやってみると全く思っていたものと違うこともたくさんあります。就活はスポーツと同じように考えて、本を読んでもうまくならない、まず自分でやってみる、という気持ちで臨むことが大切です。

2)やりたいことを整理してみよう

 何はともあれ、自分がどんな方向に進んでいきたいのか。これがないと就活をしても何も始まりません。そして、自分が何をどうしたいのかということは自分以外の人にはわかりませんから、自分自身で整理することが大切です。

 就活が始まってしまうと、目先のことにどうしてもとらわれてしまいます。エントリーシートや履歴書をどう書いたらいいのか。面接では何を話したらウケるのか。どんな企業だったら周りから批判されないのか。こうしたことがぐるぐると頭をめぐって、心からやりたいことがなんなのかを考える余裕がなくなってしまいます。

 やりたいことなんてない、とズバッと言ってしまうのは簡単ですが、いろんな方向から考えてみましょう。例えばあなたが憧れるのはどんな人でしょう?お金をたくさん持っている人?志がある人?専門知識がある人?どんな人にあなたは憧れを抱きますか? また、人生の中でこれだけは成し遂げたいと思っているようなこと、こんなことをずっとやってみたかったと思うこと、逆にこれだけはやりたくないと思っていることなどあらゆる方向から自分の志向を探ってみましょう。

3)未来について真剣に語り合える友達を見つけよう。

 何かを始めるとき、自分を取り巻く環境はとても大切です。就活のように、自分の人生の転機になるような機会ならなおさらです。あなたの友達の中で一番仲がいい友達5人をあげたときに、その友達は自分の将来を真剣に考え合えるような友達ですか?人は、もっとも身近な5人に影響を受けると言います。もしあなたの周りの友達に、自分の将来を分かち合えるような人がいなければ、あなたは自分の環境を意図的に変える必要があります。

 自分の周囲を見渡して見てください。自分を引き上げてくれたり、プラスの刺激を与えてくれる友達はどこにいるでしょうか。勇気を出してその友達とコミュニケーションをとってみましょう。最初は居心地が悪いかもしれませんが、それは今のあなたの現在地を知るための良い機会になります。そしてそんな友達と同じ目線で話ができるようになっているとき、あなた自身にも変化や成長があったということです。自分の付き合う人を意図的に変えてみましょう。

◆就活開始時期の見直しを頭に入れておこう

 今期は就活の開始時期が8月になりましたが、企業側からも大学側からも反対が多く、さっそく来期から就活の開始時期が元に戻るかもしれないと言われています。その頃になって焦らないように今年のうちにできることをやっておきましょう!

非公開: 就職留年をしても不利にならないようにするために抑えるべきポイント

同じ就活留年でも、良い評価を受けられる場合とそうではない場合とがあります。

企業の立場で考えればわかると思いますが、「去年何社も受けたんですが、うまくいかなかったのであきらめて今年もう一度やってます」と言われれば、「何社もこの就活生を取らなかったんなら、何か問題があるに違いない」と言う視点からあなたのことを見てしまうのは当然でしょう。もちろん就職留年して志望企業に入る人もたくさんいますから、それでダメになるかというとそうではありませんが、ポジティブなスタートにならないことは確かでしょう。

ではどのように、決断し、どのように就職留年の理由を伝えれば良いのでしょうか。とにかく、相手の立場に立つということが大前提です。相手はどんな理由であればあなたが就職留年したことについて納得してくれるかを考えましょう。大切なのは、お金を支払ってあなたを雇いたいと思わせるだけのコミュニケーションになっているかということです。これが正解ということはありませんから、自分なりの言葉で表現してみましょう。

ただ、それをする前に自分が就職留年をする理由をきちんと整理して考えなくてはなりません。今できることをすべてしたのか?ほんとうに就職留年することが自分にとって最善なのか。それは何故なのか。これらのことを深いレベルで真剣に考えなくてはなりません。

◆就職留年したあと、どのように行動するか

例えば、

就活を始めたが働くことのモチベーションをどうしても見つけることができず、このままでは主体的に働けないと思い、自分なりの折れないモチベーションを見つけた上で働く環境を探し直したいと思いました。

こうした考えをもっている人が、実際に行動した結果、誰もが納得できるような働くモチベーションを見つけて、それを話してくれたらどうでしょうか?この就活生の話す内容が、確かに君のモチベーションはそこにありそうだね!と思わせてくれる内容であれば、評価してもらえるでしょう。

つまり大事なのは、就職留年をした明確な理由に加えて、就職留年したあとどのように行動するかということです。なんにせようまく結果が出なかったわけですから、そこからの期間を使って圧倒的な変化を生み出すことができる行動をとらなくてはいけません。ただ面接内容を変えたり、話すエピソードを変えるだけでは就職留年をした意味がありません。今すぐ逃げ出さないで就活すべきです。

就職留年をしても不利にならないようにするには、就職留年をすると決めた理由を考え抜くこと、そしてあなた自身が圧倒的に変化することが大切です。

最初に伝えたように、ただ就職留年したというだけでは決してプラスの要素にはなりませんので、その分たくさん考え抜く必要があります。

【就活】学生、女性に中小企業の魅力伝える「東京カイシャハッケン伝!」

 東京都が中小企業の人材確保を支援する「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」をスタート。それに伴い、情報発信の拠点として、ウェブサイト「東京カイシャハッケン伝!」を開設した。

 同サイトでは製造業やソフトウェア業、建設業などの分野で高い技術を持ち、人材育成や労働環境整備で国などに表彰された企業を紹介。学生や若年層にアピールするため、スマートフォン対応のサイトとした。また、ターゲットのひとつとして女性も重視しており、女性経営者や女性左官らに話を聞く特集コンテンツなど、女性目線を意識した記事も展開している。

 サイト開設と同時に情報冊子「東京カイシャハッケン伝!GUIDE」も発行。学生などに向けて、就職のポイントや企業の紹介記事などをまとめている。冊子は年4回発行を予定しており、うち1回は女性をターゲットにした内容となる。

 東京都ではこのほか、中小企業と若者の交流を目的とした仕事体験ツアー「トーキョー・シゴト・ワゴン」を開催。「身近なヒット商品を生んだ企業特集」をテーマにした9月30日のツアー2回を皮切りに、年14回の実施を予定している。

非公開: 就活中のみなさんへ。最終面接の心得とは?

猛暑日を記録する日も多く夜も寝づらい日が続いていますね。

リクルートスーツはかなり暑いですので水分補給と汗の拭き取りはしっかりとやりましょう。

さて、そろそろ最終面接経験者も増えてきた、または面接を控える人もいるかと思います。

今回は最終面接の心得についてお話しします。

「最終面接は準備するな」

これはどういうことでしょう。

最終面接を控える皆さんは、これまで幾度かの面接または選考を通過してこの権利を得ています。

つまりは、これまで「あなた」という人間はその企業に評価され、一緒に働きたいと思ってもらえているといことです。

この事実は非常に大事です。

面接は小手先やテクニックを使って切り抜けるものではありません。

あくまでお互いが幸せな洗濯が出来るよう確認をする場なのです。

もっと言えば、面接であなたらしさを出し、その結果落ちることは、お互いにとって幸せなことなのです。

嘘や誤魔化しで評価を上げても、入社したあとに必ずミスマッチが起きます。

それを事前に防ぐことができるということは非常に有意義なことです。

さて、これを踏まえて最終面接ですが、これまで企業に認められたあなたが、最終面接になったとたん急にキャラが変わったらどうでしょうか。

面接官は当然事前情報を持っていますので「あれ、聞いてた感じと違うな」と思います。

これまでのあなたが評価されているのですから、そのままのあなたで挑むことが最善であるのに、最終ということで準備しすぎ、質問の回答まで覚えてきてしまうなんてことになったらもう終りです。

最終面接はもちろんこれまでの面接よりも立場の上の方が出てくるでしょう。

しかしだからといって自分も今まで以上に「すごいヤツ」に見せる必要はないのです。

すでにこれまでにあなたと働きたいと思ってもらっているのだから、最終面接も、「一緒に働きたいと思われているあなた」で挑むのが最良です。

最終の面接官はあなたの情報を持っています。

これまでの応対でどんな人だったかを把握しています。

それを確認するのが最終面接です。

今まで通りのあなたで、いつも通り挑みましょう

お金をかけずに資格を取得する方法

キャリアアップのため、資格取得を目指すなど自己投資をしている社会人の方は少なくありません。

しかし、いくら収入を得ていると言っても、自己投資の支出はなるべく抑えて効率よく勉強したいというのが本音ではないでしょうか。実はこうした自己投資をバックアップする国の制度が昨秋拡充されています。使える制度はとことん使って、コストパフォーマンスをあげた自己投資をしたいものですよね。

制度の名前は、雇用保険の「教育訓練給付制度」というもの。雇用保険というと、失業した時にお金がもらえる「失業保険」をイメージされがちですが、実は他にも私たちに嬉しい役割が沢山あるのです。そのうちの一つが、社会人の自己投資をバックアップする「教育訓練給付制度」です。

「一般教育訓練給付制度」を利用すると、受けた講座の20%のお金をもらうことができます。たとえば50万円の講座を受講した場合、10万円が支給されるので、自分がお財布から出すのは差額の40万円で済むというわけです。ただし支給金額の上限は10万円なので、50万円以上の講座を受講しても、10万円しか支給されません。

また、どんな資格取得のための講座を受けてもこの制度が利用できるわけではないので注意が必要です。利用できるのは厚生労働大臣が指定した講座のみ。とはいえ全国で1887校もの講座が対象(平成27年4月1日時点)なので、決して少なくありません。厚生労働省のホームページには数ある講座から希望のものを見つけることができる検索システムも備えられているので、活用すると良いでしょう。

昨秋拡充された新しい制度は、厚生労働大臣がより専門的・実践的と認めた講座に絞って利用できる「専門実践教育訓練給付」というもの。受講費の40%をもらうことができ、さらに資格取得が就職につながった場合は追加で20%のお金をもらうことができるのです。合計でなんと60%!専門知識を身につけたい方は利用しない手はないですね。

一つの会社で定年まで働き続けることが難しい時代、かしこく制度を活用して、キャリアアップのために自己投資する人はますます増えそうですね。

2015.5.27更新

ランキング