本当にお得なの?よく本屋で見かける『ランチパスポート』とは

2752.jpg

このレシピを実行して

9000貯まる!
<材料>

・ランチパスポート

<Point>

11冊買って、2〜3回利用すればモトがとれる!

2ランチパスポートを利用するときの落とし穴に注意!

※一ヶ月平日に1000円のランチを500円で食べた場合の金額から本の代金を引いた額

全国41都道府県で発行されている「ランチパスポート」をご存じですか。

ランチパスポートがあれば、通常700円以上するランチが、ワンコインの500円で楽しめて、とってもおトク。ランチと銘打っていますが、ランチタイム以外や週末の利用が可能な店もあります。

今回は、おトクなランチパスポートを利用して、秋ランチを楽しむワザを紹介します。

1.1冊買って、2〜3回利用すればモトがとれる!
「ランチパスポート」は、出版不況の中でも快進撃を続ける新タイプのグルメ本ということで、注目を集めています。

もともとは、高知のタウン誌出版社が考案したもので、現在ほかの地域で発行する場合は、考案元に使用料を支払うシステムになっています。

仕組みはかんたんで、ランチパスポートの本を1冊1000円程度で購入すると、掲載されている店でランチの割引が受けられるというもの。有効期限は発行から3ヶ月間で、同じ店で使える回数は3回まで。期限ギリギリに購入すると、使い切れない可能性があるので注意。「パスポート」という名称でわかるように、使用は本人に限られ、使い回しはできません。

公式サイトによると、700円以上するランチが500円で食べられると書かれているので、3ヶ月間で2〜3回利用すれば、本を購入した場合のモトがとれてしまいます。かなりおトクだといえるでしょう。

2.ランチパスポートを利用するときの落とし穴に注意!
おトクなランチパスポートですが、利用するときには注意すべき点もあります。たとえば、利用時間。掲載されている店の中には、利用時間を平日限定にしていたり、ランチのピーク時間である12時台を外して、13時すぎから利用可能としている店もあります。また、ランチパスポートの対象となるメニューを数量限定にしていて、せっかく行ってもお目当てのメニューが食べられないということも。とくに、会社やママ友会など複数人でランチに行っても、全員分のメニューが用意できないとなったら気まずいですよね。

既存のランチメニューから、ランチパスポートの対象メニューを決めている店がほとんどのようですが、中には最初から500円専用メニューとして準備したものを提供している店もあり、お得感がぜんぜんなかった……なんてこともあるようです。

ランチパスポートの掲載店のなかには、もともととても美味しくておトクなのに、立地条件が悪くて集客できていなかったという店もあり、「隠れ家」的に利用していた常連さんの中には、「ランチパスポートに掲載されたせいで混んでしまい、利用できなくなった」という不満をもつ人も少なくないようです。

<関連記事>

画像一覧

  • 本当にお得なの?よく本屋で見かける『ランチパスポート』とは

執筆者

新部若菜

4年間、資生堂に勤務、アメリカ留学などを経てフリーライターとなる。 ビジネスから美容、フード、トレンド系もフォロー。

新部若菜

関連記事

特集

関連記事

保険料のまとめ払いでランチ代を浮かそう

全く同じ保険に加入するのでも、保険料の支払い方で節約する方法があります。それが“まとめ払い”。毎月の支払いを、半年ごとや1年ごとなど、先にまとめて払う方法です。

どのくらい安くなるのかを、30歳の男性がある保険会社の商品に加入する例で見てみましょう(表参照)。死亡保障の収入保障保険の月払保険料は3,650円ですが、半年払は21,700円、年払は42,670円。年間の保険料が、半年払は400円、年払は1,130円安くなります。ランチ代くらい安くなる見込みです。更に医療保険やがん保険にも加入していれば、半年払で年間930円、年払で2,528円もお得に。年払の方が半年払よりも倍以上のメリットがでます。

“その程度か…”と思う人もいるかもしれませんが、保険は長期に渡って保険料を払っていくものですから、仮に65歳までの35年分で考えると年払のメリットは約8.8万円。銀行に預けても中々増えない時代、無視できない金額と言えるでしょう。保険料が高い保険ほどメリットも大きくなります。

まとめ払いで気になるのは、もしも途中で解約するなど、保険料を払う必要がなくなった時のこと。一般的に、まだ経過していない期間(月数分)の保険料相当が戻ってきますから、ムダになるわけではありません。医療保険やがん保険で、三大疾病やがんになったら以降の保険料を支払う必要がなくなる“保険料支払免除特約”を付けた場合も同様で、未経過分は戻ってきます。払い損にはなりません。

まとめ払いの注意点は、支払日の銀行口座にお金がない!という事態。そうならないためには、計画的な家計管理が大切です。保険料の支払いに備えて、毎月の収入から口座に少しずつ残したり、ボーナスから取っておくなど工夫しましょう。
既に加入している保険もまとめ払いへの変更が可能です。手続き方法などは保険会社に問い合わせてみましょう。

おどろき倹約術も…大学生のランチ代は月6千円

 就職ジャーナルは大学生に1か月の昼食にかかる費用を聞いたところ、平均額は6,247円となった。また、女子学生より男子学生のほうが約1,500円高いことがわかった。倹約をするために弁当を持参したり、安い店に行くなどの工夫もあるようだ。

 就職ジャーナルは、「社会人デビュー」のための情報を発信するサイト。毎週テーマを決めてさまざまな調査を行っている。今回は1か月の「ランチ代」について、大学1年生179人を対象に聞いた。

 ランチ代でもっとも多かったのは、10,000円~19,999円で20.1%、ついで多かったのが2,000円~3,999円で17.9%、4,000円~5,999円が15.6%だった。全体でみると約7割が10,000円以内になっており、0円と回答した大学生は8.4%いた。また、20,000円以上と回答した大学生は7.3%いた。

 属性別にみると、女子学生の5,629円に対し男子学生は7,086円と高くなっている。また、理系学生の5,644円に対し、文系学生は約1,000円高い6,600円となった。

 学生は、「学食が安くなる曜日を必ず利用する」「家からおにぎりを持参してコンビニエンスストアで買うのはパン1個にする」「ごはんを大量に炊いて弁当用に1回分ずつ冷凍する」などの倹約を心がけているようだ。なかには、学食でライスと大根おろしのみを注文し、無料の天かすとノリをかけ、無料のみそ汁と一緒に天丼気分を味わうという女子学生もいた。

ランチタイム割引やシーズンオフ割引も!ビアガーデンを安く楽しむ

夏といえばビアガーデン! ビールは一年中おいしいものですが、屋外で飲むと、蒸し暑いはずなのになぜかよりおいしく感じるものです。

でも、ビアガーデンって、飲み放題&食べ物で、けっこう高くついてしまう……と思う方もいるかもしれません。今回は夏のビアガーデンを楽しむ節約ワザを紹介します。

1.ランチタイムを利用する!
ビアガーデンに行くというと、仕事終わりや週末の夜というシチュエーションが多いかもしれません。なので、「昼からビアガーデン?!」と不思議に思うかもしれませんが、実はランチタイムに飲み放題を実施しているビアガーデン、けっこうあるんです。

夜であれば飲み放題3000円~のところ、ランチタイムであれば2000円~と、1000円安く楽しめます。また、休日限定で、ランチのコアタイムをはずして、飲み放題&ブッフェとして安く提供しているところもあるようです。
平日昼のビールは、サラリーマンにはなかなかハードルがきついですが、週末や休みのときなら楽しめるかも?

それに、昼から飲むビールってなんか特別感があって、よりおいしく感じませんか?「昼からビアガーデン」にもぜひチャレンジしてみてください。

2.さくっと飲みで利用する
利用時間によって、飲み放題の金額が違うビアガーデンもあります。例えば、3時間の飲み放題と料理付きで2500円のところ、2時間なら1900円など。
ふつうの居酒屋の飲み放題コースなら、2時間というところがほとんどですから、時間の短いコースにしても、「飲み足りない……」ということはほとんどないでしょう。サクッと短期決戦で楽しめれば、節約にもつながります。

3.時期をずらして利用する
ビアガーデンの季節と言えば、暑さがもっとも厳しくなる7・8月というイメージがありますが、節約のためにはあえて時期をずらすという手もあります。
ビアガーデンの中には、オープンしたての5・6月と、シーズン終わりの9月には、繁忙期より安い料金で楽しめるところもあるようです。
シーズンをずらすと、ちょっと肌寒かったりするかもしれませんが、節約のためと割り切って、上着やひざかけを持って参戦してはいかがでしょうか。

1ヶ月コーヒー一杯分の保険料で公的年金を増やす!付加年金は絶対にお得

自営業者やフリーで働いている人は、会社員や公務員と異なり、20歳から60歳まで欠かさず国民年金保険料を支払っても、65歳からもらえる公的年金は毎月6.5万円程度。「これだけで生活をしていけるの?」と不安なあなたに、今どき超おトクな「付加年金」についてご紹介します。

会社員や公務員等、厚生年金や共済年金に加入している人は、将来年金として厚生年金と国民年金の両方から受け取ることができます。しかし国民年金保険料を支払っている人は、国民年金しかもらえないため、少しでも多くなるようにとの国の配慮から、付加年金の制度が作られました。この付加年金は65歳からの公的年金に毎年プラスされます。ただし、強制ではなく、自分のすきな時に加入したり、やめたりすることができます。この付加年金をもらうためには、国民年金保険料に付加保険料を上乗せして支払うことが必要です。

付加保険料は、毎月400円と一定で、国民年金保険料にプラスして支払うことにより、65歳からの公的年金に付加年金として上乗せされます。この付加年金の額は、付加保険料を納めた月数×200円。

図のように10年間保険料を支払った場合の総額は、48,000円。そして65歳からの公的年金に毎年24,000円が上乗せされて、生きている限り受け取ることができます。つまり65歳、66歳と2年間長生きすれば支払った保険料の元が取れるというわけ。100歳まで生きれば、なんと総額84万円(支払った保険料の約18倍)も上乗せされるのです。

おトクな付加保険料を支払うことができる人は、会社員では厚生年金、公務員では共済年金に加入していない人です。また、会社員や公務員の配偶者でもありません。具体的には、20歳以上60歳未満の自営業者や農業者およびその配偶者、フリーター、無職の人など毎月15,590円(平成27年度保険料)の国民年金保険料を支払っている人。ただし、過去に保険料が払えなかった人や保険料の払い忘れがある人、保険料の免除申請を行っている人は、付加保険料を支払うことができません。

付加年金をもらうためには、市区町村役場の保険年金課の窓口で、付加保険料を支払うことを届け出るだけでOK。このようにとても優遇された制度で、たった1ヶ月でもおトクですので、今すぐ始めましょう!

2015.5.27更新

食欲の秋のお得なコースメニュー!低予算で飲み会を楽しむ方法

食欲の秋ともいいますが、秋は人事異動の季節でもあります。歓送迎会などで、飲み会を開催する回数が増える時期です。
今回は、そんな秋の飲み会にぴったりな居酒屋・レストランのオトクなコース料理などを紹介します。

学生の味方?!池袋・高田馬場のデカ盛り居酒屋
池袋・高田馬場という都内二大学生街の胃袋を支える居酒屋が、「大衆酒場ちばチャン」。
この店のすごいところは、デザートを含めて全7品、2時間飲み放題がついて3000円という「バカ盛りコース」。
3000円じゃ今時対して安くないんじゃない? って思うかもしれませんが、この店はとにかく盛りが違うんです。
まず、最初に出てくるのがバカ盛りの枝豆と大根サラダ。そびえたつ大根サラダに、この先が不安になること間違いなし。
次いでやってくるのは、「おいおい!」と突っ込みたくなる量の焼きそば。
さらに、ちばチャンの半ば伝説と化しているのが、船盛りでやってくるバカ盛りから揚げ。
ティーンエイジャーをとっくに過ぎたビジネスパーソンにはキツイものがあるかもしれません。体力・胃袋に自信があり、なおかつ安く食べ・飲みたいという方におすすめです。

クレジットカード提示でコース料理を安く!
チェーン居酒屋での飲み会なら、マルイが発行しているクレジットカード、「エポスカード」をお忘れなく。
「魚民」「笑笑」「白木屋」など、定番の格安居酒屋チェーンを始め、全国約5,000店舗ほどで優待を受けられます。
また、シダックスなど2次会での利用が多いカラオケ店も割り引きになるので要チェック。

エポスカードはポイント還元率があまりよくないのですが、年会費無料の上に割引特典が使える店が多いので、1枚持っておくとよいでしょう。

また「ホットペッパー」などを運営するリクルートが発行している「リクルートカード」も、飲み会に使えるカードです。同社のサイトを経由して飲み会の予約をすると、通常の還元率(1.2%)に加え予約人数分×50ポイントが獲得できます。店によってはポイントが3倍・5倍になることもあるので、幹事の飲食代くらいは還元されるかもしれませんね。

ランキング