どちら派?定額制の音楽聞き放題サービス、利用率は約8%

2726.jpg

 クロス・マーケティングは13日、定額制の音楽聞き放題サービス(サブスクリプション型音楽配信)に関する実態調査の結果を発表した。調査期間は9月4日~7日で、20~69歳の週に1回以上音楽を自発的に聴く男女3,000人から回答を得た。

 それによると、音楽に使う月平均額は「1,500円未満」28.5%が最多。次いで「音楽にお金をかけない」26.9%だった。過半数が音楽にお金を使っていない現状がうかがえる。

 LINE MUSIC、AWA、Apple Musicなど、サブスクリプション型音楽配信サービスの認知では、認知者は66.9%だった。一方で利用率は、7.9%に留まっており、圧倒的に非利用者が多かった。

 利用意向では「ぜひとも利用してみたい」1.4%、「機会があれば利用してみたい」10.3%で、あわせても約1割と低調な現状が明らかとなった。利用意向有りの理由では「新曲を聴けそうだから」「懐かしい曲が聴けそうだから」がどちらも47.4%で最多。利用意向なしの理由では「無料の動画配信サービスで十分だから」28.0%が最多だった。

画像一覧

  • 定額制音楽聞き放題の使用金額/認知率/利用率
  • 定額制音楽聞き放題サービスの利用意向

提供元

関連記事

関連記事

映画・音楽料金を節約する5つのテクニック

・映画は割引料金を徹底活用

 映画館で新作を鑑賞するのがお好きな方は、割引料金を徹底活用してはいかがでしょうか? 当たり前のことだとお思いかもしれませんが、お近くの映画館の料金を調べてみると「レディースデー」「レイトショー」などさまざまな割引があるはずです。年齢・曜日・日付などによる割引を手帳にメモしておくと予定が立てやすくなるでしょう。

・試写会なら無料で映画鑑賞が可能

 新作を無料で見られるのが試写会の特権です。ゲストとして俳優を間近で見られることもあります。ただし、日程や場所があらかじめ決められていることが多いというデメリットもあります。「ぴあ映画生活」に登録すると便利です。

・シネマイレージ利用で6回に1回は無料に!

劇場で鑑賞する機会が多い方は、TOHOシネマズのシネマイレージを利用すると6回に1回は無料で鑑賞できます。月に1度映画館に行く方の場合、通常料金1,800円で鑑賞したとしても、1,800円×(12ヵ月-2ヵ月)=1万8,000円。年間3,600円の節約になります。

・レンタルショップの活用(1) CDはアルバムを借りよう

CDを借りる場合はアルバムを借りるのがおすすめです。曲数が多いのに料金は変わりません。

・レンタルショップの活用(2)ポイントを貯めて使う

レンタルショップGEOでは、Pontaカードを利用することができます。レンタル料金でポイントを貯めて、それを還元して新たにCDやDVDを借りるとお得です。店舗では指定商品の購入により200円で1P、宅配レンタルでは100円で1Pたまります。たまったポイントは1P=1円で利用可能です。

・ラジオを聴く

ラジオを聴くと新曲も懐メロも無料で聴くことができます。聴きたい曲を選ぶことはできませんが、音楽の幅を広げたい方にはおすすめの方法です。
インターネットラジオを聴くのも良いでしょう。

2015.6.15更新

フェス仲間が簡単に見つかる!ライブ参加アプリ「LiveMatch」

 ネクスト子会社のLifull LiveMatchは4日、音楽ライブの同行者を探すことができる無料iPhoneアプリ「Lifull LiveMatch(ライブマッチ)」の提供を開始した。

 「Lifull LiveMatch」は、無料で手軽に音楽ライブの同行者を探すことができるアプリ。自身の年代や性別、iPhoneでふだん聴いている曲などのプロフィールを公開することで、趣味嗜好を確認しながら直接メッセージをやり取りし、同行者を選ぶことができる。

 アプリはiPhoneの音楽ライブラリと連動しており、ふだんiPhoneでよく聴いているアーティストのライブ情報が自動表示される。その他のライブ情報もフリーワードや条件指定で検索可能。気になるライブはお気に入りに追加しておくことで、同行者の募集やチケットの発売開始等が随時Push通知される。

 開催ライブページでは、チケットの購入のほか、譲り先を募集することができる。なおチケット譲渡は正規価格でのやりとりを原則としているため、金額の入力欄はなく、ダフ屋行為等があった場合に通報する機能も設けられている。開催ライブごとにコミュニティ「トークルーム」も設けてられており、開演までの空き時間を使ってファン同士でトークするといったことも可能だ。

 利用にはTwitterアカウントによる登録が必要。一部機能は登録なしでも利用できる。対応機種はiOS8.0以上。

注目!月額1万円、何度も相談可能なコンサルサービス登場

 月額1万円で複数人のコンサルタントからのアドバイスが何度でも受けられるという、ユニークなコンサルティングサービス「Laf-Consulting」が発表された。同サービスを運営するのは合同会社Fandry(東京都中央区)。

 登録されているコンサルタント全員に「メールでの相談」が送られるという同サービス。それぞれ多様なコンサルタントが、相談に適したアドバイスを利用者にメールで返信するシステムとなっている。

 また、同サービスでは「コンサルタント評価システム」を導入。コンサルタントが利用者からの5段階評価を受けることで、自身の実力と信頼性をアピールしやすくなり、今後のコンサルティングオファーの機会が見込まれるようになるという。コンサルタントへの利用者の評価は、同サービスの会員以外でも確認できるため、コンサルタントにとっての新しい営業の形にもなりそうだ。

 メールを活用し、コンサルタントと利用者のマッチング要素を導入することで低価格化を実現した同サービス。一般に顧問コンサルタントの料金が高額なことを挙げて、同社では「成長すべきベンチャー企業にコンサルティングを受ける機会を提供することが企業の成長、日本経済の成長に必要」であるとサービス提供の背景を説明している。

 コンサルティング業界に低価格化の波を起こせるか、今後に注目したい。

オンラインショップでライブチャット!オンライン接客サービス「LiveCall」

 ネットショッピング中のユーザーに対し、ビデオ・音声・テキストチャットを使った“リアルタイムのオンライン接客”をブラウザで行うサービス「LiveCall」が16日、発表された。

 “購入ステップにいるお客様の不安や疑問をリアルタイムに払拭”する、“まったく新しいタイプのEC向けソリューション”という同サービス。ビデオ接客では、ブラウザ上のウィジェットで実際の商品を見せながら説明できるため、より詳細に商品の質感や細部を伝えることが可能だという。

 同サービスでは、リアルタイム・コミュニケーション技術「WebRTC」を採用。サービスを契約したECサイト事業者、ECサイト利用者ともに、アプリやプラグインを用いず、ブラウザのみでサービスを活用できるという。

 顔の見える接客をインターネットで提供し、ECサイト利用者に安心感をもたらす同サービス。同社では、客からの問い合わせ内容を体系的に整理し、成約率アップに有効な方法を蓄積し、“オンライン接客”の品質向上を図るとしている。

見過ごしていませんか?勤務先で簡単に入れる割安な生命保険

勤務先を通じて加入できる団体定期保険(グループ保険)をご存じでしょうか?従業員の福利厚生制度として設計された死亡保障商品で、多くの会社で採用されています。

一般的に、個人で加入する定期保険より保険料が安くなります。保険料が安くなる理由としては、会社を通じた一括加入なため、保険募集のための手数料がかからないこと、会社が企業の福利厚生の一環として採用しているため、募集の手数料は保険料には上乗せされていないことなどがあげられます。

保険料の割引率は、加入人数や加入者の平均年齢などによって異なるため、勤務先のケースを確認しておくとよいでしょう。

また、個人で定期保険に加入するときは、保険金額によっては医師の審査が必要になりますが、団体定期保険は、医師の審査が不要で告知のみで加入できるため、手続きが簡単です。保険期間は1年更新で、保険料は毎月、給与から天引きされます。保険期間が終了した時点で、1年ごとに収支計算を行い、剰余金が生じた場合は、配当金として加入者に支払わるため、保険料の負担が軽減されることになります。

団体定期保険は、在職中の人を対象とした保険ですが、勤務先の制度によっては、退職後も加入できたり、死亡保険金を年金形式で受け取ったりすることもできます。

このように、メリットの多い団体定期保険ですが、気をつけなければいけない点もあります。募集時期が年1回のため、募集時期を逃すと翌年まで加入することができませんから、加入・見直しは計画的に行わなければいけません。また、1年更新のため、保険料は毎年見直され、変動します。個人で加入する定期保険の保険料よりも割高になっている場合もあります。

 団体定期保険は、一定の加入率や、保険会社が定める被保険者数の要件を満たす必要があるため、どの会社にもある制度ではありません。この保険に加入できるのは、この制度がある会社に勤めている人の特権です。団体定期保険は、割安な保険料で大きな保障を確保し、柔軟に保障を見直すことができるので、自分自身のニーズに合う部分は積極的に利用すると良いでしょう。そして、不足する部分については、個人で加入する保険を上手に組み合わせることで、保険料を抑えつつ必要な保障を得ることができます。

 勤務先に団体定期保険制度がある人は、募集時期に一度、募集パンフレットを手に取って、加入を検討されてみるのも良いのではないでしょうか。

ランキング