景気影響?トヨタ中国販売、1.7%増の9万台超え…カローラ が減速 9月

2728.jpg

トヨタ自動車の中国法人は10月9日、9月の中国における新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は9万2700台。前年同月比は1.7%増と、6か月連続で前年実績を上回った。

トヨタの9月実績の前年同月比は1.7%増と、8月の20%増と比べると、伸び率が鈍化した。これは、2014年夏にモデルチェンジした主力セダンの『カローラ』の販売が、落ち込んだ影響。

トヨタの中国合弁には、第一汽車との一汽豊田、広州汽車との広汽豊田の2社がある。

トヨタの2014年の中国新車販売台数は、初の100万台超えとなる103万2400台。前年比は12.5%増と、2桁増を達成した。2015年1‐9月は、前年同期比11.5%増の79万2200台。

トヨタは、2015年の中国における新車販売目標を、前年比6.5%増の110万台以上に設定している。

<関連記事>

画像一覧

  • トヨタ カローラハイブリッド
  • トヨタ レビンハイブリッド
  • 上海モーターショー15
  • トヨタ ヴィオス

提供元

関連記事

特集

関連記事

もうバタバタしない?!秋の行楽でおトクに駐車場を利用する方法

シルバーウィークはすぎてしまいましたが、10月もまた連休があります。季節もよい時期ですし、紅葉狩りや季節の味覚狩り、温泉、バーベキューやキャンプなど、さまざまなアクティビティーの予定がある方も多いのでは。

しかし、どこかに出かけるときに悩ましいのが駐車場代。子ども連れだったり、荷物が多かったり、交通の便の悪いところだったりして、どうしてもクルマでの移動が必要なことってありますよね。観光地は、目が飛び出るような駐車場料金が設定されていることも。

今回は、秋の行楽で駐車場をおトクに利用する方法を紹介します。

1.ちょっと歩けば安い駐車場があるかも?
観光名所の目の前の駐車場は、その立地条件の良さから、強気な価格設定がなされがち。ちょっと面倒ですが、少し離れたところで駐車場は探してみましょう。意外にも、市町村の経営している無料、もしくは割安な駐車場が整備されていたり、コインパーキングでも時間あたり料金が安かったりするものです。面倒がらずに、ちょっと足を伸ばしてみましょう。

2.パークアンドライドをうまく利用する
京都や鎌倉のような古くからの観光地は、道が狭かったり観光客に十分対応できるほどの駐車場が整備されてなかったりと、クルマでの観光には不向き。
そうしたところにクルマでどうしてもいきたいのであれば、最寄りの駐車場にクルマを止めて、そこから公共交通機関を利用する「パークアンドライド」をうまく利用してみましょう。
駐車場代とセットになるおトクな切符が用意されていることも。出かける前に、ネット上でチェックしておきましょう。

3.JAFが会員向けに駐車スペース検索サービス
今年8月、JAF(日本自動車連盟)とベンチャー企業の軒先が、JAF会員向けに駐車場を探すのが難しい観光地などで簡単に検索できるサービスをスタートさせました。これは、観光地に近い個人宅や事業所の空いている駐車スペースを事前予約して貸し出すというもの。たしかに、事業所なら週末は駐車場が空いていることも多いでしょうから、その空きスペースを有効活用できたら一石二鳥ですよね。

事故減少に期待!トヨタ、路車間・車車間通信を活用した世界初の運転支援システム搭載!

トヨタ自動車は9月30日、ITS専用周波数(760MHz)による路車間・車車間通信を活用した運転支援システム「ITSコネクト」を近日国内で発売する車種に世界初搭載し、本年内に3車種まで展開すると発表した。

ITSコネクトでは、車両に搭載された通信装置や交差点・信号機に設置された通信装置を使用。従来の車載センサーでは捉えきれない見通し外のクルマや人の存在、信号の情報を、道路とクルマ、あるいはクルマ同士が直接通信することで取得し、ドライバーに知らせることで安全運転を支援する。

路車間通信システム(DSSS)では、交差点で右折待ち停車時、対向車線に直進車や、右折先に歩行者がいるにもかかわらず発進しようとした場合や、赤信号交差点に近づいてもアクセルペダルを踏み続け、ドライバーが赤信号を見落としている可能性がある場合などに、表示とブザー音により注意喚起を行う。

車車間通信システム(CVSS)では、先行車が通信利用型レーダークルーズコントロール対応車両の場合、車車間通信により取得した先行車両の加減速情報に素早く反応して、車間距離や速度の変動を抑え、スムースな追従走行を実現。また、サイレンを鳴らしている緊急車両が周辺にいる場合に、ブザー音が鳴り、自車に対するおよその方向・距離、緊急車両の進行方向を表示する。

【平日限定】オリックス、QUOカード付きレンタカープランを開始!

オリックス自動車は、レンタカー事業の創業30周年記念企画として、10月1日から2016年3月31日までの間、平日出発限定で「QUOカード付きレンタカープラン」を開始する。

オリックス自動車では、レンタカー事業の創業30周年を記念し、2015年3月から2016年2月までの間、「30周年記念特別企画」と称して、12か月連続で特別企画を実施。今回は、その第7弾となる。

対象車種とプレゼント内容は、SKクラス(ムーヴ・ワゴンR・ライフ他 軽自動車)、Sクラス(ヴィッツ 1.0・パッソ・ブーン他)、SAクラス(フィット・デミオ・マーチ・ヴィッツ1.3・スイフト他)利用でQUOカード500 円分、Aクラス(カローラアクシオ・ティーダラティオ・アクセラ他)、EAクラス(フィットハイブリッド・アクア他)、RAクラス(キューブ・ラクティス・bB他)利用で1000円分を贈呈する。

同プランは関東・中部・近畿・中国・四国・九州の各エリア418拠点で実施し、順次エリアを拡大していく。

自転車事故で多額の損害賠償を求められたら、どうする?

子どもからお年寄りまで、幅広い年齢の人が手軽に乗ることができる自転車ですが、万一事故を起こすと、大きなケガに繋ながったり、他人を傷つける凶器にもなります。自転車事故を起こして、5,000万円~1億円近い損賠賠償を求められた判例もあるほどです。

では、このような万一の事態にどのように備えるとよいのでしょうか?
ひとつは、「自転車保険」に加入する方法です。自転車保険には、主に以下のような補償がセットされます。

1. 入院の補償:1日あたり4,000~6,000円
2. 通院の補償:1日あたり1,000~2,000円(補償がないタイプもあり)
3. 死亡・後遺障害補償:300~500万円
4. 個人賠償責任補償:最大5,000万円~1億円  など
  1~3は自転車に乗っている時だけでなく、歩行中に自転車や車にぶつかった時も補償されます。

「個人賠償責任補償」は日常的な生活の中で、偶然他人に損害を与えた場合に支払うべき賠償金を補償してくれるもの。「日常生活賠償補償」と呼ばれることもあります。他人にケガを負わせた時だけでなく、他人のモノを壊した場合も補償されます。自分のケガや死亡の補償は、他の医療保険や生命保険でもカバーできますが、自転車保険の最大の特徴は、個人賠償責任補償がある点。そのために加入すると言っても過言ではありません。さらに、個人賠償責任保険では、加入する本人の自転車事故以外に、「子どもがデパートでうっかり高級な花瓶を割ってしまった」など、家族が引き起こす日常生活のさまざまな事故も補償してくれる優れものです。人間だけでなく、ペットも対象で、「愛犬が他人に噛みついてケガを負わせた」といった場合も支払われます。その上、保険料は毎月500円程度とリーズナブルですから、入っておくと安心です。自転車保険はインターネットからも簡単に申し込めます。

個人賠償責任補償は、自動車保険や火災保険、またはクレジットカードなどに付帯する保険にオプションで付けられるケースがあります。もしかすると既に付いているかもしれませんので、加入中の保険の内容を確認してみてください。「保険証券」や「契約内容確認書」と呼ばれる書類で調べることができますが、わからなければ保険会社に問い合わせてみましょう。付いていない場合も途中から付けられるケースもあります。月100円程度の保険料を追加するだけで、家族全員が補償されます。入院や死亡の補償がないぶん、自転車保険に加入するより保険料は安くなります。個人賠償責任保険は2つ以上加入していても、ダブルでもらえるわけではありませんので、一家に1つあれば充分です。

2015.5.27更新

ハイブリッド車は本当にお得か?

お金の損得を考えるとき、ある一面からだけで判断すると間違える危険性が大きくなります。税金はその典型ともいえる分野になりますが、今回は「車」を例に税金の枠を超えて少し広い範囲でお話ししようと思います。

近頃は若者の車離れということで、販売台数が年々落ち込んでいるようです。しかし、このような環境下でも軽自動車とハイブリット車は売れ行きがいいようです。その理由は?というと、ガソリン代や税金などの「維持費(ランニングコスト)が安いから」だそうです。確かに軽やハイブリット車のガソリン代は安そうです。しかし、そのことだけで本当に「ハイブリッド車購入=お得」ということになるのでしょうか?

実はこれにはとてもだいじな視点が欠けています。それは購入時の追加コストです。ハイブリット車はそうでないものと比べると、約50~60万円程度車両価格が高くなります。また税金面では消費税がその分4~5万円高くなります。エコカー減税!として広告に大きく載っていたりするので、ハイブリット車を買うととても税金が安くなるような印象を受けます。しかし、自動車税や自動車取得税といった税金は一定の排ガス基準を満たす新しい車であれば、ハイブリットでなくても割引を受けられますし、ディーゼル車では免税になったりもしますので、購入時の税金は実はあまり変わりません。ということは、ガソリン代は安いけどその恩恵を受けるには、はじめに60万円万円前後追加で払う必要があるということになります。

さて、どうでしょう? 別の言い方をしますと、60万円ガソリン代を前払いしているだけということになりませんか? つまり、ハイブリッド車を買って「お得」になるためには、どんどん走って前払いしたガソリン代を回収していかないといけない!ということになります。エコカーのはずが全然エコじゃない感じです。では一体何キロくらい走れば、この金額を回収できるでしょう?

上の表から、購入時+メンテナンスの差額は
ハイブリット車-ガソリン車=76万円
そして、年間燃料費の差額は
ハイブリット車-ガソリン車=6.2万円 です。
ここから、保有期間10年間のトータルコストではガソリン車がお得。燃費で元を取るには、走行距離で約123,000km以上必要ということがわかります。つまり、一般的な使い方をする場合、環境面では優しいハイブリット車ですが、お金という一面からだけ見ますとお得ではないということになります。

2015.5.13更新

ランキング