【ハロウィン】家族・友達と楽しむハロウィン特集、フォトコンテストも開催

2699.jpg

 子ども向けの完全無料Webサイト「WONDER!スクール(ワンダースクール)」では、「ハロウィン特集2015」を公開した。かぼちゃランタンの作り方などを学べる動画のほか、ハロウィンフォトコンテストを実施し、家族や友達と楽しむことのできるコンテンツを展開している。

 近年、子どもたちのパーティーや学校でのイベントなど、季節のイベントとして定着しつつあるハロウィン。「ハロウィン特集2015」では、ハロウィンをより一層楽しむための動画を公開しており、かぼちゃランタンの作り方などの工作、かぼちゃを使ったハロウィン料理の動画などを見ることができる。

 ハロウィン特集2015のメインコンテンツは、ハロウィンの飾り付け・仮装・お菓子など身の回りの”ハロウィン”を写真や動画にして投稿する「ハロウィンフォトコンテスト」。応募条件は、日本在住で18歳までであること。「写真をどれだけ上手に撮れたか」「ハロウィンの楽しい雰囲気が伝わるか」「写真に自分ならではの工夫があるか」が審査のポイントとなり、創造力や発想力を豊かに、楽しみながら挑戦できる。応募締切は11月15日、結果発表は11月30日を予定。グランプリ1名とWONDER!スクール賞13名が選ばれる予定。

◆WONDER!スクール「ハロウィンフォトコンテスト」
応募作品:仮装、お菓子、パーティーなど、身の回りのハロウィンを撮影した写真・動画
応募条件:18歳までの日本在住者
応募締切:11月15日(日)予定
結果発表:11月30日(月)予定
賞品:グランプリ(1名)は表彰状と商品券3万円分を授与。WONDER!スクール賞(13名)にも賞品を用意。

画像一覧

  • ハロウィンフォトコンテスト
  • WONDER!スクール「ハロウィン特集2015」
  • ハロウィン特集2015

提供元

関連記事

関連記事

ハロウィンパーティを盛り上げる!オトクな出前・デリバリーの活用術

近年、日本で定着してきた秋のイベントといえばハロウィンです。子どもたちが仮装してお菓子をもらいに練り歩く様子はとてもかわいらしいですよね。

今回は、ハロウィンパーティを盛り上げるデリ・出前の活用術を紹介します。

オードブルセットで華やかに
ファミレスのデリバリーメニューが充実しているのをご存知ですか。
パーティーでファミレスのデリバリーを利用するなら、オードブルセットを頼んでみましょう。

子どもも大人も大好きな鶏のから揚げ、イカリング、フライドポテト、チキンナゲットなどの揚げ物に、ソーセージ、スモークサーモン、生ハム、ちょっとおしゃれなフィンガーフードなど、一皿あるだけで、テーブルを華やかにしてくれます。

食べ盛りの子どもが多い場合は、オードブルセットに加えて安くて簡単にボリュームが出せるポテトサラダなどを用意しておくと、節約しながら満足感もプラスできますね。

1.定番はやっぱりピザ
子どもも大人も大好きなパーティでのデリバリーメニューといえば、ピザです。
宅配にするとちょっと割高なので、時間があればお店でテイクアウトしましょう。テイクアウトであれば、ドミノピザが全店で毎日実施している「BUY 1 GET 1 FREE!」、ピザーラの「お持ち帰りで25%OFF」のようなオトクな特典を受けることができますよ。

お店側としても、宅配サービスを行うための人件費などがいらなくなるので、宅配よりも店舗でのお持ち帰りのほうが安くしているのです。
宅配にする場合は、電話注文よりもネットから注文したほうが、ドリンクやサイドメニューがついてきたり、ネット限定のクーポンがあったりして、オトクに注文できます。

2.支払いはクレジットカードで!
ネット注文のときはもちろんのこと、デリバリーを利用するならクレジットカードで支払いをするのは基本中の基本。大人数のときにまとめて支払うことで、ポイントがたまりやすくなります。パーティのときは、積極的に支払い係を買って出るようにしましょう。

【ハロウィーン】モンスターもゲストも仮装で熱狂ダンシング!…USJハロウィーン

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下:USJ)は秋のシーズナルイベント『ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン』を明日9月11日の一般公開に向けて本日報道陣に公開した。

 思い思いのコスチュームに身を包んだ特別招待ゲスト500名は、今年初登場となるゲスト参加型のショー・エンターテイメント『コスチューム・パーティ #仮装で熱狂』を堪能。

 ショーはフランケンシュタインやドラキュラ、狼男達がノリノリの音楽とともに踊りまくるクラブ顔負けの熱狂参加型ダンスイベント。ヒットチャート曲「Shut up and Dance」でDJとともに登場したモンスターたちは、続く「That’s the Way I Like it」で参加者たちのハートをあげあげでゲット。USJのハロウィン定番のスリラーダンスを参加者たちと一体となって踊り明かすと、ショーはクラブ以上の熱気に包まれた。

 ショーの最後にはEiffel 65のヒット曲「Blue」とともに「かわいい黄色いヤツ」ミニヨンたちも登場。ハイテンションなDJミニヨンも自撮り棒(?)でシャッターを切るなど、黄色い体を揺すってリズムに乗って踊るミニヨンたちに、招待ゲストたちも大興奮。最後にはゲストたちもステージに招いての、クラブのハロウィンパーティー以上の大盛り上がりとなった。

 また、パーク内のレストランも「#仮装で熱狂」をより楽しむための仕掛けが盛り沢山だ。レストラン「Park Side Grill」は期間内は貴族風レストランとして、メイド服のウェイトレスが格調高いハロウィーン特別メニューでおもてなしをしてくれる。

 『コスチューム・パーティ #仮装で熱狂』の他にも、毎年恒例の『パレード・デ・カーニバル』も開催。今年はフィナーレとして例年以上の盛り上がりを見せる。

 夕方からはゾンビイベント『ストリート・ゾンビ』など『ハロウィーン・ホラー・ナイト』も開催。今年も、ワクワクとハラハラの『ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」が見逃せない!

 USJハロウィーン・イベントは、9月11日(金)から11月8日(日)まで。

【イベント】体育の日はビアフェスへ行こう! コエドビール祭2015開催

日本を代表するクラフトビールブランドCOEDO(コエド)が、10月12日(月・祝)の体育の日に、オクトーバーフェスト in さいたまスーパーアリーナけやきひろば「コエドビール祭 2015」(12時~18時予定)を開催する。

“Beer Beautiful”をコンセプトに、ビール本来の豊かな味わいと“ビールを自由に選ぶ”という新たな楽しみを提案するコエドビール祭。もちろんビールだけでなく、多彩なフードがラインナップするレストランブースや、アーティストによるミュージックステージ、コエド祭キャラクター「コエド・アワーズ」のお面に、思い思いの絵を描くワークショップ、さらには輪投げなどのプレイエリアが設置され、小さな子供から大人まで、飲んで、食べて、遊べる秋の休日を過ごすのにぴったりのイベント。

今年は、秋の果実を使用した特別なビールが登場する。 COEDOの職人がこのイベントのために企画して作った限定ビールだ。そのほか、6種のコエドビールが登場し、それぞれの色、味わいを飲み比べできる。

レストランブースには日本各地から集まった12の本格レストランが出店。「AWkitchen」「やさい家めい」を展開する(株)イートウォークが、東京の新しいランドマークである虎ノ門ヒルズに2014年に開店した新しいお店「above GRILL & BAR」や、2014年4月にオープンした代官山駅徒歩30秒の音楽溢れるビストロ「代官山O’KOK」などトレンディなレストランやビストロから、1990年に東京・世田谷で創業した、「最高の一杯」を追求するコーヒーロースター「堀口珈琲」、すべての料理にパクチーを使用する世界初のパクチー料理専門店「パクチーハウス東京」など、個性的なお店も揃う。

会場を音楽で盛り上げるアーティストには、 The eskargot miles、ハッチハッチェルオーケストラ、オオヤユウスケ + 曽我大穂 + U-zhaanが登場する。イベントは雨天決行。雨天の場合、会場は「さいたまスーパーアリーナ1F展示ホール」に変更となる。今年の体育の日の予定がまだ決まっていないという方はぜひチェックを。

【無料】家族でどうぞ!二子玉川ライズ、参加型アートイベント10/31-11/1

 2年に一度の参加型アートイベント「二子玉川アートデポ2015」が、10月31日、11月1日の2日間、4月にグランドオープンを迎えた話題のスポット「二子玉川ライズ」にて開催される。今回も、子どもと家族のためのアートイベントにアーティストやワークショップが大集合する。

 二子玉川アートデポは、2012年のスタート以降、来場者が5万人を超えるまでに成長した子どものための芸術祭「二子玉川ビエンナーレ」のスタッフが手がける2年に一度の参加型アートイベント。「アート作品の制作過程の面白さを見て欲しい」との想いから生まれたイベントで、アーティストと来場者が一緒になって何かを完成させていく過程を楽しむことができるという。

 今回は、「SOUND OF MUSIC~音楽に出会う旅」をテーマに、物語の世界をイメージして構成された会場で来場者が本のなかに入って“音楽の物語”を旅する、というコンセプトで実施。当日は、国内外の著名アーティストたちの作品展示やライブペインティングのほか、アート作品への参加体験、音楽ライブなどが開催される。

 さらに、「親子で作るクリスマスリース」や子どもたちが大きな絵を描きあげる「注文の多いペンキ店」、人気クリエイターなどによるワークショップの開催や、フードマルシェなど、子どもだけでなく家族で楽しめるプログラムが勢揃いする。

 イベントは入場無料。ワークショップなど一部有料、定員制のプログラムについてはWebサイトにて確認できる。芸術の秋に、子どもたちの感性と好奇心を刺激するさまざまな角度からの芸術を提案するアートイベントとして盛り上がりを見せそうだ。

◆二子玉川アートデポ2015
日時:2015年10月31日(土)、11月1日(日)10:00~17:00
会場:二子玉川ライズ
入場料:無料(ワークショップ、物販など一部有料コンテンツあり)
参加アーティスト:
(抜粋)倉本美津留、土屋秋恆、墨閃会BOKUSENKAI、Takeru Iwazaki、Saqui Hotate、田中健太郎、NOVOL、高橋洋平、小田佑二、沖冲、高橋潤、Mamedori、コタケマン、SENSE、澁谷忠臣、KAZ、すまあみ(須磨阿弥)、トレモノ、菅原信介、Cubetone、古川麦、表現 ほか

どっちが貯まるの?教育資金の準備のための保険

子どもが生まれると、「この子のためにお金を貯めなくては!」と貯蓄への関心が高まる人は多いはず。保険で教育資金を準備する場合、

「こども保険(学資保険)」が一般的。しかし、最近は保険ショップなどで「終身保険」を提案されるケースもあるようです。子ども保険と終身保険、どちらを活用するといいのでしょうか?

こども保険は17~22歳の満期時や、中学や高校進学など途中で学資金がもらえる貯蓄タイプの保険です。中には、ケガや病気をカバーする商品もありますが、学資金が少なくなるため、教育資金を準備する目的には向きません。払う保険料よりももらえるお金が多くなる商品を選びましょう。

中には、表面的な戻り率(支払う保険料に対して受取る学資金の割合)を高くして魅力的に見せるために、学資金をもらう時期が大学入学後に分散されている商品がありますので注意が必要。大学の入学に間に合わなかったり、19歳以降の学資金を前倒しで受取ると、金額が減ってしまうからです。必要な時期に、必要な金額をもらえる商品を選びましょう。

一方、終身保険は本来、死亡時の保障を目的として加入する保険ですが、途中で解約すると支払った金額よりも多い解約返戻金を受取れるタイミングがあり、教育資金に充てることができます。終身保険の中でも、保険料を払い終えるまでの期間の解約返戻金を低く抑える代わりに、払い終えた後は返戻金が急に増えるタイプ(低解約返戻金型終身保険。以下、低解約終身)を選びましょう。そして、保険料はまとまったお金が必要な時期よりも前に払い終えること。たとえば18歳に欲しいなら、15歳~18歳までに払い終えるように設計します。

では、どちらを選ぶといいのでしょうか? 
戻り率が比較的高い商品で比べてみました。

結果は、子ども保険の方が全般的に低解約終身よりも戻り率が高い。つまり“貯める”目的では、子ども保険に軍配が上がります。
低解約終身が有利なのは、親など保険をかけている人が亡くなった場合です。死亡後は保険料の負担がなくなるのは同じですが、終身保険なら亡くなった時点で死亡保険金額の300万円を受取れます。また、もしも大学進学の時期に、貯蓄などでお金が準備できていれば、終身保険を解約しない選択肢もあります。リタイア後に解約して老後資金として活用したり、最後まで持ち続けてお葬式代に充てたりなど、活用法が多い保険と言えるでしょう。

自分が健在であることを前提に、純粋に貯蓄率を高めたいなら子ども保険。万が一のことを想定したり、将来の選択肢を増やしたいなら、低解約終身を選択するといいでしょう。

2015.6.30更新

ランキング