【宮崎発】野菜と焼酎をPR…10月10日宮崎県が六本木ヒルズでイベント 

2619.jpg

 東京・六本木ヒルズ本館3階の「やさい屋めい」で10月10日、宮崎県綾町の有機野菜や焼酎をPRするイベント「食を通じて地域を知る~綾町」が開催される。主催は宮崎県の特産品の販路開拓を行うNPO法人まちづくりGIFT。

 当日は同町の前田穰町長や同町移住者、同町と取引がある企業や団体が参加する予定。まちづくりGIFTによれば、六本木ヒルズで開催する事で、同町の食べ物の魅力を首都圏在住者にアピール。食材の販路開拓のほか、同町への移住やUIJターンの促進を図るという。

 イベントに先駆けて、9月末には「やさい屋めい」の関係者が綾町を視察。交流を深め、イベント当日に調理するため、同町の野菜の仕入れを行ったという。

 2014年の「ふるさと納税」申込件数が全国の自治体で4位にランクインするなど、地方創生に熱心に取り組んでいる綾町。今回のイベントも首都圏のファン獲得に一役買うに違いない。

<関連記事>

画像一覧

  • 綾町のホームページ

提供元

関連記事

特集

関連記事

ITによる地方創生事例を紹介するセミナー、10月15日に開催

 10月15日、東京都内でITによる地方創生をテーマにしたセミナー「ITによる地方創生、その可能性 ~自治体最新事例のご紹介~」が開催される。参加費は7000円。

 セミナーは2部構成で、第1部ではソーシャルアプリなどを手がけるモバイルファクトリー取締役の宮井秀卓氏が登壇。位置情報連動型ゲームを活用した地方の取り組みやコラボ事例を紹介する。第2部ではITをテーマにした無料新聞・東京IT新聞の編集長・西村健太郎氏が登壇し、「ITが地方を“創生”する ~ITによる地方創生で注目を浴びる3つの地域」というテーマで講演する。こちらでは松江市のRubyによるまちづくり事例など、全国のIT活用事例を取り上げる。

 会場は東京都千代田区のDaiwa九段ビル8F。10時から11時55分までで、定員は30名となっている。また、ネット接続によるオンライン生中継も実施予定で、地方などでもネット経由で試聴できる。

【福島発】会津で6次産業化支援、専門家の助言や道の駅での販売など

 あいづ“まるごと”ネットは18日、「平成27年度 会津地方6次化商品づくり支援事業」における支援商品の募集を開始した。

 6次化とは農業や水産業を手掛ける1次産業者が、その産物を加工・販売する2次産業、3次産業までを手掛ける行為のこと。同ネットは会津・南会津地方の農林水産物や観光資源などを活用し、6次産業化や農商工連携などの促進を目指している。

 今回の取り組みは同ネットの会員を対象に、会津地方の6次化商品作りを支援しようというもの。専門家に商品(試食用)を提供して評価や改善点についての助言を得るほか、応募者が自ら支援商品のプレゼンテーションを実施。専門家からのアドバイスを元に、6次化商品作りに役立てる。

 その他、商品づくり検討会議の開催、専門家の個別訪問、道の駅などでテストマーケティングを行う予定。申込書の提出期限は10月7日、サンプル商品の提出期限は10月14日となっている。

【石川発】冬の棚田が輝くイルミネーションイベント、輪島市で10日から

 10月10日から石川県輪島市で棚田を使ったイルミネーションイベント「あぜのきらめき」が開始される。来年3月13日まで冬の千枚田の夜景を賑わす。

 イベントは世界農業遺産「能登の里山里海」の象徴ともいえる輪島市白米町千枚田の棚田で行われるもの。1000枚を超える田んぼのあぜ道に太陽光発電LEDを設置し、その形を夜景の中に浮かび上がらせる。

 イベント初日は物販コーナーの設置やオープニング花火のほか、バンド・黒猫チェルシーの渡辺大知氏によるライブ、御陣乗太鼓実演などが行われる。また、12月1日からはクリスマス向け、2月1日からはバレンタイン向けの装飾が施される。

 初日のオープニングイベントは10月10日17時30分より開催。会場は白米千枚田特設ステージ。

クールジャパン!日本の“ふるさと名物”を世界へ発信「NIPPON QUEST」開設

 経済産業省は11日、日本の“ふるさと名物”(海外にも誇れる地方産品)を、地域が主体となって世界へ発信するサイト「NIPPON QUEST」(ニッポン クエスト)をオープンした。

 「NIPPON QUEST」は、クールジャパンによる地域活性化を目的としたサイトだ。地域を愛する日本人と、日本が大好きな外国人を対象に、“ふるさと名物”に関する情報が投稿可能となっている。現在は7月1日より事前投稿された情報が掲載されている。

 今後は“ふるさと名物”の投稿だけでなく、投稿に対する評価やコメントなどの機能も搭載する。さらに2016年2月には「年間アワード」を発表する予定。

大丈夫?「マイナンバー制度」対応、中小企業の準備完了は1.3%

 10月からスタートする「マイナンバー制度」への対応として、準備が完了している中小企業は1.3%に留まるという調査結果が明らかとなった。

 国民に番号を割り振り、年金や納税等の情報を一元管理する「マイナンバー制度」。ソリマチ株式会社では今回、全国の中小企業・個人事業者1540名を対象として、8月下旬から9月上旬にかけて、同制度への対応状況に関するリサーチを実施した。

 「『マイナンバー制度』への対応を進めていますか?」との問いに対し、「完了している」と回答した事業者はわずか1.3%。「取り組んでいる」「始めたばかり」との回答も合計19%に留まり、中小企業・個人事業者の同制度への取り組みが円滑に進んでいない事が分かる。

 また「『マイナンバー制度』についてご存知ですか?」との問いには、62%が「大体知っているが詳細はわからない」と回答。「十分知っている」との回答は8%のみとなり、制度自体の周知も未だ行き届いていないのが現状のようだ。

 同制度への対応に費やす概算予算について、具体的な金額で最も多かったのは「3万円未満」。「企業にとってメリットを感じない」「面倒と感じて対応が後回しになる」というコメントも寄せられており、中小企業・個人事業者がマイナンバー制度に対応するメリットが見いだせない現状が浮き彫りになっている。

ランキング