ぞくぞく登場!タレントにゆるキャラ、動画で地元をPR!

2621.jpg

 自治体らによるPRムービーが立て続けにリリースされている。一風変わった切り口で地域を取り上げるものや、タレントやゆるキャラを起用するものなどアプローチもさまざまだ。

 直近で発表されたものとしては岩手県が県出身の俳優・村上弘明氏を起用。ポスターなどを展開するとともに、藤原清衡に扮したもの、漁師の父親に扮したものの2パターンの動画を公開した。県の歴史や人の魅力をPRするものだが、3分前後のドラマ仕立てでかなり本格的につくられている。

 北海道北斗市はご当地ゆるキャラ「ずーしーほっきー」を起用して「一本木峩朗の事件簿」と題したショートドラマふうPR動画を制作。ずーしーほっきーが失踪する事件が発生したという内容の第1弾を皮切りに、全8話のムービーを11月から順次公開予定。現在予告編がアップされている。

 タレントを起用した例では、3年目に入った高知県のプロモーション企画「高知家」も。2015年は「高知家の家族は、みんなぁがスターやき。高知家ALL STARS」をスローガンに、「ニラを遠くまで飛ばすスター」など県内住民をスタートして紹介する企画を展開している。キャンペーンでは高知県出身のタレント・広末涼子氏を起用。キャンペーン動画などに出演している。

 変わった切り口のものとしては、激しい訛りを逆手に取ってフランス語ふうに仕立てた宮崎県小林市の「ンダモシタン小林」のようなものも。公開から1か月弱で140万回以上再生される大反響を呼んでいる。同じく切り口で勝負したものとしては、9月28日に公開された関市のPRムービーも公表。刃物のまちにちなんで、「もしも世界に刃物がなかったら」という設定の動画を公開し、すでに5万再生を超えている。

 いずれもエンタメ色の強い内容となっており、堅いイメージの自治体PRを払拭する方向性を感じさせる。話題性を含め、動画は自治体PRの新たな定番ツールになってきているといえそうだ。

画像一覧

  • 岩手県は俳優・村上弘明氏を起用してポスター、動画などを展開
  • 岩手県の展開するポスター(現代劇編)
  • 岩手県の展開するポスター(現代劇編)
  • 岩手県の展開するポスター(時代劇編)
  • 岩手県・PRチラシ
  • 岩手県・PRチラシ(裏面)
  • 岩手県・イベントチラシ

提供元

関連記事

関連記事

【刃物まつり】世界に刃物がなかったら…刃物の街・関市のPRムービー

 700年以上の歴史を持つ刃物の街・岐阜県関市が、PRムービー「もしものハナシ」を公開した。

 ムービーは「もしも刃物がなかったら」をテーマにした内容。ニンジンをチョップで切ろうとする主婦をはじめ、ひげ剃りの代わりにガムテープを使う男性、ナイフなしのウェディングケーキ入刀など、「刃無し」の世界における日常風景を描いた。

 動画は9月28日の公開から3日が経過した10月1日現在、再生数が2万回を突破。ネットなどで話題を呼んでいる。

 関市は鎌倉時代に刀祖「元重」が移り住み、刀鍛冶産業が活発化。現在では刀剣をはじめ、包丁やはさみ、爪切りなど、「関の刃物」をブランドとしてさまざまな刃物産業が根付いている。

 なお、関市では10月10日、11日に48回目となる「刃物まつり」を開催。刃物大廉売市が開かれるほか、市内では古式日本刀鍛錬の実演などが行われる。

【京都発】京都の魅力満載!CNNや米国空港などでPR動画OA!

 京都市が10月からCNNテレビや空港モニターなど米国をターゲットに、京都のPR映像を制作、放送する。海外での認知度やブランドイメージ向上、さらなる外国人観光客誘致を狙う。

 今回制作されたのは30秒のPR動画。動画制作はターナージャパンの外国人ディレクターが手がけており、四季折々の京都の風景や京都市長の一言コメント、トラベル&レジャー誌でワールドベストシティに選ばれたことなどを折り込んでいる。

 放送媒体はCNNテレビと空港モニターのほか、全日空機内ビデオ、NYタイムズスクエア街頭テレビジョン、CNNのウェブサイトの5チャネル。CNN系列媒体で10月からスタートするのを皮切りに、12月まで順次各媒体で展開される。

 なお、PR映像はYouTubeにもアップロードされており、国内でもPCなどで閲覧可能だ。

地方に注目!産業活用した観光まちづくり、愛媛県新居浜市が経産大臣賞!

 日本観光振興協会は9月28日、第9回「産業観光まちづくり大賞」の受賞団体を発表した。表彰式は10月1日、新潟県三条市で開催される「全国産業観光フォーラム in 燕三条」の式典で行われる。

 同大賞は産業遺産や産業施設などを活用し、産業観光によるまちづくりを実践している団体を表彰するもの。公益社団法人日本観光振興協会が2007年度から実施している。

 第9回となる今回は、金賞は知多半島観光圏協議会(愛知県)、銀賞は北海道鉄道観光資源研究会(北海道)、経済産業大臣賞は新居浜市(愛媛県)、奨励賞は生野まちづくり工房井筒屋運営委員会(兵庫県)、観光庁長官賞は「三条市」(新潟県)がそれぞれ受賞した。

 経済産業大臣賞を受賞した新居浜市は、市の産業基盤の礎となり、1973年に閉山された別子銅山の功績を伝える「別子銅山記念館」、及び銅山跡施設を親しみやすいようにテーマパーク化した「マイントピア別子」が対象となった。近代化産業遺産の活用に目をつけ、全国に先駆けて取り組んだことなどが評価されている。

ITによる地方創生事例を紹介するセミナー、10月15日に開催

 10月15日、東京都内でITによる地方創生をテーマにしたセミナー「ITによる地方創生、その可能性 ~自治体最新事例のご紹介~」が開催される。参加費は7000円。

 セミナーは2部構成で、第1部ではソーシャルアプリなどを手がけるモバイルファクトリー取締役の宮井秀卓氏が登壇。位置情報連動型ゲームを活用した地方の取り組みやコラボ事例を紹介する。第2部ではITをテーマにした無料新聞・東京IT新聞の編集長・西村健太郎氏が登壇し、「ITが地方を“創生”する ~ITによる地方創生で注目を浴びる3つの地域」というテーマで講演する。こちらでは松江市のRubyによるまちづくり事例など、全国のIT活用事例を取り上げる。

 会場は東京都千代田区のDaiwa九段ビル8F。10時から11時55分までで、定員は30名となっている。また、ネット接続によるオンライン生中継も実施予定で、地方などでもネット経由で試聴できる。

クールジャパン!日本の“ふるさと名物”を世界へ発信「NIPPON QUEST」開設

 経済産業省は11日、日本の“ふるさと名物”(海外にも誇れる地方産品)を、地域が主体となって世界へ発信するサイト「NIPPON QUEST」(ニッポン クエスト)をオープンした。

 「NIPPON QUEST」は、クールジャパンによる地域活性化を目的としたサイトだ。地域を愛する日本人と、日本が大好きな外国人を対象に、“ふるさと名物”に関する情報が投稿可能となっている。現在は7月1日より事前投稿された情報が掲載されている。

 今後は“ふるさと名物”の投稿だけでなく、投稿に対する評価やコメントなどの機能も搭載する。さらに2016年2月には「年間アワード」を発表する予定。

ランキング