【石川発】冬の棚田が輝くイルミネーションイベント、輪島市で10日から

2576.jpg

 10月10日から石川県輪島市で棚田を使ったイルミネーションイベント「あぜのきらめき」が開始される。来年3月13日まで冬の千枚田の夜景を賑わす。

 イベントは世界農業遺産「能登の里山里海」の象徴ともいえる輪島市白米町千枚田の棚田で行われるもの。1000枚を超える田んぼのあぜ道に太陽光発電LEDを設置し、その形を夜景の中に浮かび上がらせる。

 イベント初日は物販コーナーの設置やオープニング花火のほか、バンド・黒猫チェルシーの渡辺大知氏によるライブ、御陣乗太鼓実演などが行われる。また、12月1日からはクリスマス向け、2月1日からはバレンタイン向けの装飾が施される。

 初日のオープニングイベントは10月10日17時30分より開催。会場は白米千枚田特設ステージ。

画像一覧

  • 「あぜのきらめき」全景
  • あぜ道に設置される独立型太陽光発電LED「ペットボタル」

提供元

関連記事

関連記事

最大級の独立開業イベント「日米フランチャイズEXPO」開催 10月8日

 「日米フランチャイズEXPO in Tokyo」が10月8日、東京秋葉原のアキバ・スクエアで開催される。アメリカのフランチャイズ本部、および国内のフランチャイズ本部が全57ブースを出展する予定。

 脱サラや副業でのフランチャイズビジネスを検討している層を対象に、国内最大級の独立開業イベントとなる「日米フランチャイズEXPO」。アメリカのフランチャイズ本部は、いずれも日本未上陸の企業が出揃う。

 同イベントには飲食店やコンビニ、学習塾などフランチャイズビジネスでは定番の業種が出展。さらに、賃貸住宅専門ハウスクリーニング、家事代行、ビルクリーニングといった低資金で開業できる業種など、国内外の様々な業種が登場する。

 また、会場では「5年で売上10倍達成!平成26年度、昨年対比加盟店増加率、全国1位!全国で選ばれた、今、最も加盟したいFCとは!?」 、「認知度99%の学習塾フランチャイズ!学習塾業界の近況と成長のポイントをお伝えします」といった成功例に基づいたセミナーも開催される。

 開催期間は10月8日の11時から18時まで。会場は秋葉原UDX内のアキバ・スクエア。入場は無料で入退場は自由となっている。

【鉄道】J-TREC新津、鉄道車両工場の公開イベント実施…10月10日

JR東日本新潟支社と総合車両製作所(J-TREC)新津事業所、第一建設工業の3社は10月10日、J-TREC新津事業所(新潟市秋葉区)の一般公開イベント「レールフェスタ in にいつ2015」を共同で実施する。

今回は新潟地区の新型電車として導入された、E129系電車の体験乗車会、Nゲージ鉄道模型の展示、新津事業所で製造している電車の生産工程の見学、バラストレギュレーターなど保守用車両の展示などが行われる。開催時間は10時から15時30分まで。

当日は新津駅と新津鉄道資料館、J-TREC新津事業所を巡回する臨時バスが運行される。新津駅前東口広場などでも「にいつ鉄道まつり」(10~15時)が実施され、クイズイベントなどが行われる予定だ。

地方に注目!産業活用した観光まちづくり、愛媛県新居浜市が経産大臣賞!

 日本観光振興協会は9月28日、第9回「産業観光まちづくり大賞」の受賞団体を発表した。表彰式は10月1日、新潟県三条市で開催される「全国産業観光フォーラム in 燕三条」の式典で行われる。

 同大賞は産業遺産や産業施設などを活用し、産業観光によるまちづくりを実践している団体を表彰するもの。公益社団法人日本観光振興協会が2007年度から実施している。

 第9回となる今回は、金賞は知多半島観光圏協議会(愛知県)、銀賞は北海道鉄道観光資源研究会(北海道)、経済産業大臣賞は新居浜市(愛媛県)、奨励賞は生野まちづくり工房井筒屋運営委員会(兵庫県)、観光庁長官賞は「三条市」(新潟県)がそれぞれ受賞した。

 経済産業大臣賞を受賞した新居浜市は、市の産業基盤の礎となり、1973年に閉山された別子銅山の功績を伝える「別子銅山記念館」、及び銅山跡施設を親しみやすいようにテーマパーク化した「マイントピア別子」が対象となった。近代化産業遺産の活用に目をつけ、全国に先駆けて取り組んだことなどが評価されている。

ITによる地方創生事例を紹介するセミナー、10月15日に開催

 10月15日、東京都内でITによる地方創生をテーマにしたセミナー「ITによる地方創生、その可能性 ~自治体最新事例のご紹介~」が開催される。参加費は7000円。

 セミナーは2部構成で、第1部ではソーシャルアプリなどを手がけるモバイルファクトリー取締役の宮井秀卓氏が登壇。位置情報連動型ゲームを活用した地方の取り組みやコラボ事例を紹介する。第2部ではITをテーマにした無料新聞・東京IT新聞の編集長・西村健太郎氏が登壇し、「ITが地方を“創生”する ~ITによる地方創生で注目を浴びる3つの地域」というテーマで講演する。こちらでは松江市のRubyによるまちづくり事例など、全国のIT活用事例を取り上げる。

 会場は東京都千代田区のDaiwa九段ビル8F。10時から11時55分までで、定員は30名となっている。また、ネット接続によるオンライン生中継も実施予定で、地方などでもネット経由で試聴できる。

クールジャパン!日本の“ふるさと名物”を世界へ発信「NIPPON QUEST」開設

 経済産業省は11日、日本の“ふるさと名物”(海外にも誇れる地方産品)を、地域が主体となって世界へ発信するサイト「NIPPON QUEST」(ニッポン クエスト)をオープンした。

 「NIPPON QUEST」は、クールジャパンによる地域活性化を目的としたサイトだ。地域を愛する日本人と、日本が大好きな外国人を対象に、“ふるさと名物”に関する情報が投稿可能となっている。現在は7月1日より事前投稿された情報が掲載されている。

 今後は“ふるさと名物”の投稿だけでなく、投稿に対する評価やコメントなどの機能も搭載する。さらに2016年2月には「年間アワード」を発表する予定。

ランキング