これは便利!Y!mobileメールアプリ、SMSも一括管理可能に

2599.jpg

 ワイモバイルは、同社の公式メールアプリ「Y!mobileメールアプリ」について、新バージョン「2.0.0」の提供を開始した。Google Playより無償ダウンロードが可能。

 バージョン2.0.0では、「Y!mobileメール(@yahoo.ne.jp)」「Yahoo!メール(@yahoo.co.jp)」に加え、SMS/MMSも管理可能となった(STREAM S 302HWは対象外)。Gmail、Outlook.com、ドコモメールなども管理可能だ。

 また従来はチャット形式の会話型で、メールのやりとりを表示していたが、一般的なメーラーと同じ、リスト型でもメールを表示できるようになった。

 新バージョン(2.0.0)は順次、機種対応を行う予定。新機能を利用するには、アップデート通知を確認の上、新バージョンへの更新が必要。

<関連記事>

画像一覧

  • SMS/MMSも管理可能に
  • 左:会話型、右:リスト型の表示

提供元

関連記事

特集

関連記事

多い?アプリ課金者、5人に1人が月5,000円以上課金

 LIVELYは29日、「アプリ課金」の実態を調査した結果を発表した。調査日は8月21日で、全国の20代以上の男女500名(性別/年齢別各50名)から回答を得た。

 まず、「アプリへの1か月の課金回数」を質問したところ、1回以上なんらかの課金をしていたのは、21.0%だった。また、アプリ課金者のうち32.2%は、1年前に比べて課金回数が「増えた」と回答している。一方、20.4%が「減った」と回答した。

 「1か月間のアプリの課金額」については、「5,000円未満」73.7%と回答する一方、「5,000円以上」課金する人が、22.9%存在した。「3万円以上」という層も、全体の5.1%となっている。

企業の炎上監視!ネットのクチコミを解析し10分以内にアラート…「WatchBee」

 NTTアイティは28日、SNS情報解析サービス「WatchBee」の販売を開始した。Twitterや掲示板、ブログ、ニュースサイトなどのソーシャルメディアから、クチコミ情報や企業や製品の評判を自動的に収集・監視できるサービスだ。

 「WatchBee」は、会社名や製品名などの任意のキーワード(基本的な収集キーワード、除外キーワード、絞り込みキーワード)を登録しておくだけで情報を収集・分析し、炎上などの兆候が表れた場合、アラートメールを10分以内に発信する。アラートメールには兆候を示したクチコミ内容が含まれる。

 同社ではクチコミ情報収集・解析サービス「評Ban」を販売しているが、「WatchBee」はリスク監視に特化したサービスとなる。クチコミ情報の盛り上がりが一目でわかるGUIを採用するとともに、各種の解析機能をクラウドサービス化した。

 管理画面内トップには、SNS・掲示板・ニュース/ブログの3メディア別の収集数の変化、話題ランキング、キーワードランキングなどの解析結果が表示されている。変化の様子はグラフなどで視覚的に表示される。

 初期費用は40000円。月額料金は35000円より。Twitter、ニュース/ブログは標準対応で、その他メディアにはオプションで対応する。提供は10月1日より。

スマホの通信費を節約したい!音声通話アプリを使いこなそう

スマホに変えてから、通信費が高くなって困るという声を多く聞きます。そのために、2台持ちするのもめんどうですよね。

また、最近はSIMフリーの携帯で格安SIMカードを使って通信料を安くするワザもありますが、SIMフリーの携帯を手に入れなくてはいけません。
そこで今回は、音声通話アプリを使って通信費を安くする方法を紹介します。

1. スカイプ、LINEの音声通話機能を使う
いちばん身近なのは、スカイプやLINE、VIPERなどの音声通話を使う方法。通信料が高くなる海外への通話も無料なのがうれしいところ。海外で単身赴任や留学中の家族とも、いつでも連絡が取れます。
また、LINEならアプリが起動していなくても着信があればプッシュ通知で知らせてくれるので、無駄なバッテリーの消耗がありません。

2.固定回線への通話は050プラスを使う
  スカイプやLINEは、相手側もインストールしている必要があるため、不特定多数に通話ができません。そこで、利用したいのが通話アプリの「050プラス」。このアプリを使うと、050ではじまる電話番号が取得でき、固定回線へのお得な料金で通話ができます。また、番号が通知されるので、ビジネスでの利用も安心です。
050プラスは月額315円の基本料がかかりますが、固定電話へは3分8.4円。携帯電話へは1分16.8円かかります。固定電話へ1カ月に9分以上かける人ならすぐにモトがとれます。また、同一アプリ同士なら、スカイプやLINEの音声通話と同様に無料です。
ただ、050プラスはスカイプと同様に、アプリが起動していないとリアルタイムで着信できないのがネック。アプリが起動してなかった場合は、留守番電話で知らせます。

3.1と2の併用が現実的・
音声通話アプリは、電波の状況によって音声が悪くなったり、通話が間延びしたりすることが多いようです。
現実的な利用法としては、プライベートではLINEやスカイプの音声通話、ビジネス用では050プラスを使うという併用パターンにし、Wi-Fi環境から通話するというのがよさそうです。

初心者でも簡単に始められるネット販売アプリとは?

さて、今回からはより具体的な話に入って行きます。

今日はあなたがネットでお店を持つために使用するアプリやサイトについてお話しして行きます。いくつか紹介していくので、それぞれのメリット、デメリットを把握することで、あなたが最も使いやすいアプリを発掘しましょう。

それでは紹介していきます。

1. メルカリ
初心者にはやはりオススメなのがこのメルカリです。メルカリとは写真を取り、説明文や値段を入力するだけで出品することができるというお手軽さがあります。商品が売れたときに10%手数料がかかり、売り上げのポイントを口座に振り込むときも1万円以下であれば手数料がかかりますが、なんといってもお手軽なのでネット販売が初めてという人には非常に始めやすいアプリです。

2. ヤフオク
ヤフオクの最大の魅力はなんといっても自分の商品を見てくれるお客さんが圧倒的に多いことでしょう。自分の商品を見てくれるお客さんが増えれば、やはりそれだけ商品が売れやすくなります。オークションというイメージから1円から徐々に値段を上げて行くスタイルを想像しがちですが、ヤフオクでは即決値段というものを指定することで、お店のように値段を決めて販売することもできるのです。メルカリと違い、売れた後の住所連絡や口座番号の連絡など全て自分で行わなければならないので、慣れない方にとっては戸惑いがあるかもしれません。

3. LINEモール
LINEモールは他のアプリやサイトと違い、商品が売れたときに手数料が一切かかりません。(口座に振り込むときは1万円以内であればかかります)現在であれば、メルカリは10%、ヤフオクは5.4%手数料で取られるので、売れた値段がそのまま自分の手元に残るのは大きなメリットになります。ただ欠点として、LINEモールというアプリの作りから、上手く写真を撮らないと多くの人になかなか見てもらえないという点があります。多くの人に見てもらう機会がないと、ネットでものは売れないと錯覚してしまうのであまり初めての方にはおすすめできません。

いかがだったでしょうか。

今回紹介したのは数あるアプリのうち、ほんの一部です。しかし初心者であれば、メルカリを使うことをお勧めしますし、これからもメルカリを中心として話を進めて行こうと思っています。なので、まだまだ始めたばかりという人は
まずはメルカリをインストールしてみてください!

乗車中にCM視聴で料金がトクする!タクシーアプリで「CM視聴クーポン」開始!

ジャパンタクシーと博報堂、博報堂DYメディアパートナーズ、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムは、「全国タクシー」アプリのタクシークラウド広告サービスの実証実験を開始すると発表した。

ジャパンタクシーが開発・運営する「全国タクシー」アプリは、今いる場所にタクシーを簡単に呼ぶことができるアプリ。センターシステムをクラウド化することで、特定のタクシー会社に依拠せず、全国約500都市、140グループのタクシー会社が保有する2万3000台以上で利用可能な、乗客とタクシー会社のリアルタイムマッチング・プラットフォームを提供している。

今回の取り組みでは、広告主、乗客、タクシー会社のリアルタイムマッチング・メディアを開発し、「CM視聴クーポン」サービスの実証実験を日本交通の黒色タクシー約1565台を対象に開始する。

タクシーに乗車すると、乗客の「全国タクシー」アプリがタクシー車内に設置されたセンサに反応し、動画広告のお知らせを受信。広告主が、乗車時から降車時までの視聴動画広告に応じてタクシー料金の一部を負担し、次回以降のタクシー乗車時に使用できるクーポンを付与する。

平均約18分間のタクシー乗車時間にて、広告主は動画広告の視聴機会を得ることができ、乗客は動画閲覧によりクーポンが還元されるため、タクシー会社は乗客の乗車機会を拡大させることができる。

ランキング