海外向けメディアミックス推進!ファイブと電通、共同出資で米国法人設立

[アニメ!アニメ!ビズ/www.animeanime.bizより転載]

2578.jpg

レベルファイブと電通は2015年8月31日付で、共同出資会社LEVEL-5 abby Inc.(レベルファイブ アビー)を設立した。資本金は400万米ドルで、レベルファイブが51%、電通が49%をそれぞれ出資する。レベルファイブ代表取締役社長/CEOの日野晃博氏が、代表に就任した。本社は米国のエンタテイメントビジネス企業が集まるカリフォルニア州サンタモニカ市に置かれる。
新会社は、『妖怪ウォッチ』『ダンボール戦機』『スナックワールド』などレベルファイブ作品のゲーム、アニメ、商品化などの海外事業を展開する。当面は、大型プロジェクトの『妖怪ウォッチ』が中心になるとみられる。

レベルファイブは1998年に福岡で設立、ゲーム開発受託で高い評価を受けた。その後2006年に自社初の発売元タイトルのゲームソフト『レイトン教授と不思議な町』を大ヒットさせた。さらに『イナズマイレブン』や『ダンボール戦機』『妖怪ウォッチ』などのヒット作を次々に世に送り出した。とりわけ『妖怪ウォッチ』では、ゲームに加えてテレビアニメ、劇場アニメ、関連玩具が2014年に大ヒットになり、一大旋風を巻き起こしている。
この『妖怪ウォッチ』の北米展開がこの10月から本格スタートする。まず米国では大手子どもチャンネルのDisney XDで10月5日から、カナダでは10月10日よりTELETOONでテレビ放送を開始する。また、11月3日にはVIZ Mediaより英語翻訳版のマンガが出版、11月6日に任天堂3DS向けのゲームソフトが発売になる。さらに2016年1月からは大手玩具メーカーのハズブロが商品展開と、一気にクロスメディアを仕掛ける。複数の大手企業が積極的に事業参加していることから、日本のキッズ・ファミリー向けのコンテンツからの久々の大型ヒットが期待されている。

レベルファイブの北米でのライセンスやメディアミックスは、これまで電通の現地法人電通エンタテインメントUSAが中心となっていた。今回の共同出資会社設立は、関連事業を拡大するなかでレベルファイブ自身がより関わることを目指したと言えるだろう。レベルファイブの海外事業に対する強い意気込みも表れている。
レベルファイブはかねてより米国市場に関心が強く、2011年にはレベルファイブ インターナショナル アメリカ(LEVEL-5 International America Inc.)をすでに設立している。今回のレベルファイブ アビーは2社目の現地法人になるが、ゲーム関連事業を中心とするインターナショナル アメリカに対して、アビーは映像や関連商品を含んだメディアミックスが中心となりそうだ。
またアビーは既存の作品だけでなく、グローバ ルマーケットに特化した新規コンテンツの開発とそのビジネスも目指すとしている。今後、米国発の新タイトル、キャラクターが登場する可能性もある。日本のコンテンツ関連企業の新たな海外進出モデルになるのか、レベルファイブ アビーの今後が関心を集めそうだ。

画像一覧

  • レベルファイブと電通、共同出資で米国法人「レベルファイブ アビー」設立 海外向けメディアミックス推進

提供元

関連記事

関連記事

企業の炎上監視!ネットのクチコミを解析し10分以内にアラート…「WatchBee」

 NTTアイティは28日、SNS情報解析サービス「WatchBee」の販売を開始した。Twitterや掲示板、ブログ、ニュースサイトなどのソーシャルメディアから、クチコミ情報や企業や製品の評判を自動的に収集・監視できるサービスだ。

 「WatchBee」は、会社名や製品名などの任意のキーワード(基本的な収集キーワード、除外キーワード、絞り込みキーワード)を登録しておくだけで情報を収集・分析し、炎上などの兆候が表れた場合、アラートメールを10分以内に発信する。アラートメールには兆候を示したクチコミ内容が含まれる。

 同社ではクチコミ情報収集・解析サービス「評Ban」を販売しているが、「WatchBee」はリスク監視に特化したサービスとなる。クチコミ情報の盛り上がりが一目でわかるGUIを採用するとともに、各種の解析機能をクラウドサービス化した。

 管理画面内トップには、SNS・掲示板・ニュース/ブログの3メディア別の収集数の変化、話題ランキング、キーワードランキングなどの解析結果が表示されている。変化の様子はグラフなどで視覚的に表示される。

 初期費用は40000円。月額料金は35000円より。Twitter、ニュース/ブログは標準対応で、その他メディアにはオプションで対応する。提供は10月1日より。

乗車中にCM視聴で料金がトクする!タクシーアプリで「CM視聴クーポン」開始!

ジャパンタクシーと博報堂、博報堂DYメディアパートナーズ、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムは、「全国タクシー」アプリのタクシークラウド広告サービスの実証実験を開始すると発表した。

ジャパンタクシーが開発・運営する「全国タクシー」アプリは、今いる場所にタクシーを簡単に呼ぶことができるアプリ。センターシステムをクラウド化することで、特定のタクシー会社に依拠せず、全国約500都市、140グループのタクシー会社が保有する2万3000台以上で利用可能な、乗客とタクシー会社のリアルタイムマッチング・プラットフォームを提供している。

今回の取り組みでは、広告主、乗客、タクシー会社のリアルタイムマッチング・メディアを開発し、「CM視聴クーポン」サービスの実証実験を日本交通の黒色タクシー約1565台を対象に開始する。

タクシーに乗車すると、乗客の「全国タクシー」アプリがタクシー車内に設置されたセンサに反応し、動画広告のお知らせを受信。広告主が、乗車時から降車時までの視聴動画広告に応じてタクシー料金の一部を負担し、次回以降のタクシー乗車時に使用できるクーポンを付与する。

平均約18分間のタクシー乗車時間にて、広告主は動画広告の視聴機会を得ることができ、乗客は動画閲覧によりクーポンが還元されるため、タクシー会社は乗客の乗車機会を拡大させることができる。

安い?月額650円で見放題!Netflix、いよいよ日本上陸!

 世界最大級のオンラインストリーミングメディア「Netflix」は9月2日、日本でのサービスを開始する。それに先駆けて、東京・六本木のグランド ハイアット 東京でメディアセッションイベントを開催した。

 会場ではファウンダー兼CEO最高経営責任者のリード・ヘイスティングス氏が登壇した。かつてスマホもなかった時代に初来日した際、地下鉄で迷子になったというヘイスティングス氏。そんな自分がグローバルなサービスを日本で提供できたことについて、その心境を感慨深く語っている。

 「我々のサービスにおいて推進力となったインターネットは、ある意味で電気よりも社会的なインパクトのある存在。それを我々は今、理解しようとしている途上にあります。その一部に所属しているのがネットフリックスです。我々はテレビのあり方や理念性、アクセス性などを追及し、誰もが楽しめるメディアを創造する途上にあるのです」

 その後、会場には同社が製作する最新オリジナルドラマに出演する3人の女優が登場した。

 『マトリックス』シリーズを手掛けたウォシャウスキー姉弟初のTVシリーズとなる『センス8』からは、主演のペ・ドゥナが登場。日本での公開について「この作品はソウルを舞台としていますが、我々の国ではまだNetflixが上陸していないのが残念。ただ、日本からやがて世界へと広まっていくのを楽しみにしています」と話している。

 一方、エミー賞の作品賞や助演女優賞にノミネートされている『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』からは、ラヴァーン・コックスが「世界中の視聴者が、このドラマに夢中になっています。作中に登場する名台詞の数々はネットでも話題です。『あなたのためにパイを投げたのよ』。この意味も楽しみにしながら番組を観てみてください」とコメントした。

 また、同作品に出演しているウゾ・アドゥバは「笑って、泣いて、考えさせてくれるストーリー。クリエイターに自由に作らせるという、Netflixならではのクォリティをぜひ堪能してください」と話している。

■日本戦略やオリジナル番組の展開などは?

 壇上でのイベント終了後、会場ではリード・ヘイスティングスCEO、およびNetflixの日本法人代表取締役のグレッグ・ピーターズ氏、グローバル戦略担当でPR統括のジョナサン・フリードマン氏らが各テーブルをまわり、記者からの質問に対応した。ここではその内容を紹介する。

— 今回、新たな海外市場としてなぜ日本が選ばれたのでしょうか?

ヘイスティングス氏「日本は大きなマーケットで、ブロードバンドも浸透していて、裕福な国でもある。本来なら2年前ぐらいにローンチしている必要があったのかもしれません。ただ、今回のサービスインについて、我々は非常にわくわくしています」

— 日本では基本的にテレビは無料で楽しむものという風潮がありますが?

ヘイスティングス氏「Netflixでは最初の一か月間、無料で視聴が楽しめます。そこからユーザー登録しようと思っても、月額650円からと手の出しやすい価格帯に設定しました。質の高いコンテンツを用意することで、クォリティを望む視聴者に受け入れられるものと考えています」

— 日本進出にあたって一番の課題となるのは何ですか?

ヘイスティングス氏「日本進出にあたっての挑戦という意味では、まずNetflixの認知度が低いこと。なので、まずは1か月無料でお試しいただき、サービスに触れていただくところから始めたいと思います」

— 料金プランを複数用意するというのは、日本のネット動画配信ではあまり見ない仕組みですが?

フリードマン氏「Netflixもサービス開始当初は一つの価格設定しかありませんでした。しかし、やはり人によってニーズが違うので、それぞれに合うサービスを可能な限り提供したかった。例えば、私は子どもが2人いて、一人がニューヨークに住んでいるので、4ユーザーが同時にストリーミングできるプランを契約しています。でも、一人住まいの独身であれば、ストリーミングはモバイルで観る機会が多い。同時に視聴することもなければ、画質にもこだわらないので、一番安い料金プランで問題ないわけです」

— 3つの料金プランのうち、どれが一番人気を集めそうですか?

フリードマン氏「世界的には一番人気があるのは、HD画質で2ストリーミングまでの同時視聴に対応した真ん中のプランです。おそらく日本でも、この『ベーシックプラン』の需要が多くなると思います」

— 日本では「hulu」などの競合他社がサービスを先行しています。勝算はどうお考えでしょうか?

ヘイスティングス氏「アメリカではhuluとNetflixが同時にサービスを立ち上げましたが、今では我々の方が4~5倍大きな規模になっています。日本ではhuluが先行して100万人のユーザーを獲得するなど、素晴らしいスタートを切っていますが、アメリカと同様に共生できるものと考えています」

— 日本市場のマーケティングについて、どのような戦略をお持ちですか?

ヘイスティングス氏「Netflixではマシンラーニングといい、ユーザーの方々が観ている番組情報を蓄積しています。シリーズを一気見するか、ゆっくりと楽しむのか。そうした視聴傾向をまずは把握したいと考えています」

— Netflixはオリジナルコンテンツが強みとなっていますが、日本ではまだその知名度が高くないように思えます。露出などはどう考えていますか?

ピーターズ氏「我々が確信しているのは、自分達の作るコンテンツを観たい人が、世界のどこかしらにいるということです。そういう人にコンテンツを届けるには、もちろんマーケティングも必要です。その上で、ユーザーの嗜好に合わせて、タイトルを提案できる仕組みを作ることを重視しました」

— ハリウッドと比べると、日本の市場はヒットの仕方が違うと言われていますが?

ピーターズ氏「日本に限らず、どのマーケットにも特性があります。ハリウッドのように日本でも当たる、当たらないという経験をしていくことになるでしょう。ただ、インターネット配信は、映画やDVDのようにすぐに結果を出す必要がありません。すべての作品で大ヒットを狙うのではなく、それぞれの作品を見たい人に効率的に届け、ファンを増やしていければと考えています」

— 日本へのサービスインの段階で用意できるコンテンツ数は?

ヘイスティングス氏「約1000本の映画とテレビ番組を用意します。ただ、大切なのはあくまでも質であって、実際に試していただければ、観るべきタイトルがたくさんあると自負しています」

— 日本ではコンテンツ制作にあたって、フジテレビや吉本興業への出資がありました。権利は各社が持っている状態ですが、今後出資する作品ではnetflixが権利を持つ場合もあるのでしょうか?

ヘイスティングス氏「我々はユーザーをハッピーにすることに一番集中しています。だから、著作権が誰にあるかというのは大切ではなく、質のいい番組を提供するのが大事。あと、テラスハウスはシーズンが終わったら、世界中で発信する予定ですよ。アメリカでファンが付くか、ぜひ試してみたいですね」

— 日本の版権は複雑だと言われていますが?

ヘイスティングス氏「我々からすれば、それほど複雑ということはありません。ただ、コンテンツの質が高いこともあって、ライセンス料が高いのは確かです」

— 『センス8』や『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』といったビッグタイトルが、日本ではサービスインと同時に配信されます。日本ではどんなコンテンツが人気を集めるとお考えなのでしょうか?

ヘイスティングス氏「個人的には日本では『デアデビル』が大ヒットすると考えています。マーベルのキャラクターは人気がありますし、非常にクオリティも高い。Netflixの“一気見”機能と相性の良い、どんどんと次が観たくなるコンテンツです」

— これから作るコンテンツは全て4Kなのでしょうか?

フリードマン氏「カートゥーンのような子ども向けのものは、一部高画質ではないものもあります。なので、全てとは言い切れませんが、ほとんどが4Kでの制作になるでしょう。アクションものは全部4Kですね。予算の多寡や制作規模は関係ありません」

— インターフェイスなどで、日本でのローカライズに苦労された点はありますか?

フリードマン氏「これは本当に難しいことで、今現在も努力している最中です。今回も長い時間を費やしましたし、今後もユーザーの嗜好を把握して、それに合わせる作業が必要になるでしょう。例えば、字幕については今回のローンチで、欧米以外の文字に初めて対応することになりました。なので、字幕や吹き替えの作業ができる人を探すことから始めましたが、その経験は今後中国などにサービスを展開する上でも、必ず役に立つと考えています」

— 日本市場ならではの特殊性がありましたら教えてください

フリードマン氏「日本の皆さんは自国の番組を観るのを好むので、オリジナルのローカルコンテンツは他国に比べて増えると思います。一般には15%ぐらいですが、恐らくそれ以上になるのではないでしょうか」

— 日本市場でのビジネスについて、今後のビジョンをお聞かせください。

ヘイスティングス氏「一年目は数字を追うのではなく、まず質の高い視聴体験をしてもらうことを重視しています。長期的にはどのマーケットも同じなのですが、7年間ぐらいのスパンで、ブロードバンド世界の1/3ぐらいのユーザー獲得を目指します」

— ニュースやスポーツの分野に進出するというお考えはありますか?

ピーターズ氏「それはテレビ局の方々が生放送で提供するものであり、それを超えるサービスを我々がすぐに作れるとは思っていません。既存の放送業界が作るコンテンツを超えられないのであれば、インターネットならではのサービスで勝負するというのが我々の考えです」

— 今あるテレビ局は将来どうなっていくのでしょうか?

ヘイスティングス氏「アメリカではCBSなどのテレビ会社が、インターネットテレビ事業を始めています。将来的にはテレビ局のネットへの移行が進み、20年後ぐらいには全てのビデオ映像がオンラインで観られるようになるでしょう」

秋の夜長はオンラインゲーム!今流行の無料プレイ可のオンラインゲームを紹介

予定のない週末や、秋の夜長にオンラインゲームを楽しんでみてはいかがでしょうか。朝晩は涼しくなったこの季節、じっくりと人気のゲームを攻略するのにぴったりです。
今回は、今流行の無料プレイ可のオンラインゲームを紹介します。

1. MMORPGってどんなもの?
最近、オンラインゲームでは「MMORPG」と呼ばれるジャンルが人気を集めています。MMORPGは、「マッシブリー・マルチプレイヤー・オンライン・ロール・プレイング・ゲーム」の略で、日本語に訳すなら「大規模多人数同時参加型オンラインRPG」という意味です。複数のプレイヤーがひとつの世界に参加して、いっしょにゲームを楽しみます。
ゲームサーバーに作られたゲーム世界は、個々のユーザーがログインしていなくても存在し、時間が流れています。ゲームという仮想空間に、もうひとつ別の世界があるようなものです。仮想世界でありながら人間社会が存在し、人間関係もあるのです。

2.「ドラゴンズドグマ」が9月の人気ナンバーワン
1カ月間継続して公式サイトへのアクセス数が多いMMORPGタイトルランキングで、1位になっているのが「ドラゴンズドクマオンライン」です。
そのタイトル名の通り、オープンワールドを舞台にしたアクションゲーム「ドラゴンズドグマ」をオンラインゲーム化した作品で、もともとの作品のときからファンの多いタイトルです。
1度に最大4人での協力プレイが可能で、チャットを通じておたがいに声を掛け合いながら冒険を進めることが出来ます。プレイヤーキャラクターの集まるロビーは、1つにつき最大100人が集うことができ、雑談や情報交換を楽しむことができます。ひとり自宅でプレイしていても、ゲームの中で見知らぬプレイヤーと出会って親睦できるのは、オンラインゲームの魅力です。
その一方で、前作からの特徴である「ポーン」の要素も継承されているので、1人で冒険を楽しむこともできます。
仲間と一緒に新たな大地レスタニアでの冒険が楽しめることと、爽快なアクション感も人気のヒミツ。
プレイ料金は、アイテム課金制を採用しているので、まずは無料で楽しみたいという方も参加できるようになっています。

銘柄選びは連想ゲーム

株を買うとき、考えなければいけないことは二つしかありません。
一つは、“何を”買うか。もう一つは“いつ”買うか。つまり、銘柄とタイミングです。

このうち、タイミングについては、誰もが「株価が一番安いとき」に買いたいと思うでしょう。でも、いつが一番安かったかは、あとになってみないとわかりません。ですから、ベストなタイミングで買うのは難しいといえます。
それでもできるだけ安いときに買いたいと思えば、株価をずっとウオッチしていく必要がありますが、個人の投資家は仕事や家事などの本業があるので、プロの投資家のように株価をずっと見ていることはできません。

ですから、個人投資家は、“いつ”よりも“何を”のほうに重点をおくのがおすすめです。将来性のある会社の株なら、多少の上がり下がりはあっても、長期的には値上がりする可能性が高いといえます。そういう銘柄を、じっくり時間をかけて探しましょう。
「そんなこと言われても、どの会社に将来性があるかなんてわからない」と思うかもしれません。でもヒントは身近なところにあるのです。

例えば、日本に来た中国人観光客が“爆買い”をしたというニュースを目にした人は多いでしょう。そんなとき、中国人が何を買ったのかに注目します。温水洗浄便座を買っていたことがわかったら、「温水洗浄便座はこれから世界中に広がるかもしれない」→「温水洗浄便座を作っている会社が成長するかもしれない」→「温水洗浄便座の部品を作っている会社もよさそう」といった具合に、連想を働かせるのです。

あるいは、これから介護が必要な人が増えると予想されます。そうすると、「介護施設を運営する会社、介護用品を作っている会社、大人用のおむつをつくっている会社などが成長するかもしれない」と考えられます。さらに一歩進んで、介護をする人材が不足している→「介護職に就く人を養成する学校を運営する会社が伸びるのでは」と連想します。

また、「家電の新製品を使ってみたらとても便利だった」→「これを作っている会社は伸びるかも」とか、「この製品に使われているこの部品が画期的」→「その部品を作っている会社が成長しそう」というふうに、自分の感じたことを活かすという方法もあります。

こんなふうに、ニュースや身近なところにたくさんあるヒントを連想ゲームのように銘柄に結びつけるのです。株式投資では、会社を“銘柄”という視点で見る必要があり、株式投資をすることでそういう見方ができるようになります。
例えば、居酒屋に行ったら低料金なのに味もサービスもよかったとします。そのとき「この店を運営しているのはなんていう会社なのかな?」と思って調べてみるといった具合です。

連想ゲームで銘柄探しをするのは、株式投資の楽しみの一つ。あなたもぜひ、銘柄探しを楽しんでください。

ランキング