料金は? 必要な道具は? 気軽に始められるボルダリングのススメ

2572.jpg

このレシピを実行して

2000貯まる!
<材料>

・動きやすい服装

・1時間1000円くらい(施設による)

<How to>

1楽しみ方は人それぞれ

2中級者や上級者になったら、理想の「壁」めぐりも!

※他の室内スポーツに比べて、1時間1000〜2000円ほど節約

この秋、楽しくスポーツを始めたい人にオススメなのがボルダリング。色のついた突起物に手と足を引っかけながら壁を登っていくスポーツで、数年前から室内の体験施設が増えています。

そのため、勤務先や自宅近くの施設で、気軽に利用できるのが魅力! しかも、1時間1000円程度と料金もオトクなんです。

ボルダリングの楽しみ方は人それぞれ

ダイエット、ストレス解消、仲間づくりと、様々な楽しみ方があるボルダリング。仕事帰りに寄って心身共にリフレッシュ、スポーツ後の一杯を楽しむために同僚と施設を訪れる……といった楽しみ方をしている人もいるようです。

使用料金は?

初回は、万が一怪我をした時のために会員登録をする施設がほとんど。登録費は1000円〜2000円程度が相場。使用料金は時間制で、1時間1000円程度が相場です。1〜2時間の利用でも十分に堪能できます!

時間帯はいつがおすすめ?

ボルダリング施設はどこも人気。特に、平日の夜や休日は混雑しているので、空いている時間帯を狙うなら、平日の午前中から夕方までがおすすめです。

仲間を作りたい人にも!

施設によりますが、お客さん同士が仲良くなることも多いのがボルダリング。空いている時間帯に行くのもいいですが、賑わう時間帯に行って仲間を作るのもひとつの方法です。

どの施設を選んだらいい?

初心者は、勤務先や自宅に近い施設や、料金的に納得できる施設を選んでいる人がほとんど。中級者、上級者になると、傾斜具合や石の種類・数で壁やコースが異なるため、お気に入りの壁を求めて施設をめぐる強者も。

用意するものは?

動きやすい服装なら、なんでもOK! 服をレンタルできる施設もあります。専用のシューズは、普通のスニーカーより値段が高めなので、まずはレンタルで始める人が多いようです。その他に必要な手袋やチョークも、ほとんどの施設で借りることができます。

筋肉痛に気を付けて!

全身の筋肉を使うボルダリングは、頑張りすぎると激しい筋肉痛に! 翌日、階段を昇る時に脚がガクガクする、腕が痛くてドアノブをひねれない、といった声もよく聞きます。初心者はセーブしながら挑戦しましょう。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

麻布たぬ

映画・演劇・音楽・アニメなどエンターテイメント系の雑誌編集歴13年。 現在は雑誌やWebサイトで執筆。最近は走ることで心身を鍛え、物やコトに執着しない“エネルギーの断捨離!?”を実践中。

麻布たぬ

関連記事

特集

関連記事

“歌舞伎女子”が増加中!1000円で歌舞伎を観劇する方法

人気アニメ『ワンピース』を歌舞伎化した公演や、現代風に焼き直した公演など、常に新たな試みに挑戦して幅広い客層を獲得している歌舞伎。

最近は、中村勘九郎、中村七之助のような歌舞伎界のプリンスたちも注目を集め、歌舞伎座には若い女性やカップルなど幅広い歌舞伎ファンがひしめいています。

敷居が高いイメージがあるかもしれませんが、もともとは庶民が楽しむもの。お弁当つきの桟敷席(20000円)がある一方で、安く観られる方法もたくさんあります。

■ 歌舞伎座の「幕見席」は1000円〜,

歌舞伎を上演している劇場は幾つかありますが、まずは歌舞伎座での観劇をおすすめします。
通常、歌舞伎座の公演は三幕に分かれていて、「幕見席」はそのうち一幕だけを観劇できる当日チケット。4階席(約150名)の自由席で観劇できます。チケットの販売開始時間は、松竹の公式サイト「歌舞伎美人」でチェック!

http://www.kabuki-bito.jp/index.html

■ イヤホンガイドがあれば難しくない!

イヤホンガイドとは、500円(保証金1000円)でレンタルできるガイドのこと。音声の「同時解説」で、あらすじや配役、時代背景、独特の約束事などをタイミングよく説明してくれます。
伝統芸能ならではの言葉づかいやストーリーが理解できない、といった心配も無用です。

■初心者にオススメの「シネマ歌舞伎」

映画館のスクリーンで上映される「シネマ歌舞伎」。料金は、2100円程度です。客席から観るのとは違い、役者の汗にまみれた表情まで細かく見て取れるのも魅力のひとつ! この「シネマ歌舞伎」をきっかけに歌舞伎ファンになった人も多いようです。

■ 「松竹歌舞伎会」でゴールデン会員を目指そう!

もし歌舞伎にハマッたら、年会費3240円の「松竹歌舞伎会」に入会するのもおすすめ。会員になると、先行発売はもちろん、松竹グループの映画館で当日料金割引サービス(1800円→1300円)が受けられたり、劇場近くの飲食店で特典がついたりと、まさに至れり尽くせり。ポイントを貯めてゴールデン会員になれば、さらに早いタイミングのチケット予約が可能になります!

秋の最新ファッションが「1万円」で楽しめる!

秋冬の服は、夏服よりもお値段が高め。でも、トレンドの服もブランドの服もあきらめたくないですよね。

そこで提案したいのが、アイテムによって購入方法を変える節約ワザ。「1万円」あれば、トレンド感がありつつ、レベルの高いトータルコーディネートを楽しむことができます!

■ ファストファッションでトレンドを取り入れる
G.U.、H&M、ZARAなどは、トレンドの服を安く買えるのが魅力。秋冬でも2000〜3000円のアイテムがたくさんあります。しかし安いだけに、うまく選ばないと「形がイマイチ」「着こなしづらい」と失敗しやすいのも事実。
そこで、お店に行く前にネットでメーカー名を検索し、「○○のガウチョパンツは買い!」など、人気アイテムの情報を入手しましょう。すでに購入した人たちの意見を参考にすれば、失敗は少なくなります。

■ 「ヤフオク!」でブランド物の定番商品を購入し、全体のレベルを底上げ
全身コーディネートに1点でもブランド物が入ると、途端に「いい服を着ている」印象になります。そこで注目したいのが、ネットオークションに出品されているブランド物の定番商品。安定した人気があるので、よく出品されているのです。試着をしたことがあるアイテムなら、より安心です。
比較的新しくても、定価の2〜3割で購入できることはザラ。たとえば、2万円のアウターも5000円程度で入手可能です。
ネットオークションは幾つか種類がありますが、「ヤフオク!」ならブランド別に商品検索でき、出品数も多いです。

■ インナーはユニクロで、安くて質のいいものをチョイス
トレンドを取り入れ、ブランド物で全体のレベルを上げたら、インナーはシンプルでOK。ユニクロでは、シンプルで質のいいインナーが2000〜3000円で購入できます。
気に入ったインナーを色違いで揃えるのもおすすめ。インナーを変えるだけで、全体コーディネートの印象がガラリと変わります。

読書の秋、ビジネス本は「中古」がおすすめ!

夏のうだるような暑さは去り、すっかり過ごしやすくなりました。秋の到来を感じて、新たな物事に取り組みたくなっている人も多いのでは?
ここでは「読者の秋」に注目して、新たな読書の楽しみ方をレクチャーします。秋の習慣として、日常の一部に取り入れてみませんか。

■ビジネス本は中古本をチョイス!
時代の潮流を掴むためにも読んでおきたいビジネス本。ただし、購入するのは発売日の少し後で。人気の高い本は、すぐに中古本が並びます。
ビジネス本は、いかに本の内容を自分に落とし込めるかがポイント。中古本であれば、汚れを気にすることはありません。大切だと思った箇所に赤線を引いたり、重要なページを折ってマークしたり、自分なりに工夫することで、しっかりと内容を頭に入れることができるはずです。

新しい出会いを求めて古書店へ
新たなひらめきを与えてくれる考え方や物語に出会えることも、読書の楽しみの一つ。それが大いに期待できるのが古書店です。店先に出されたセール品の中に思わぬ掘り出し物を見つけることもあり、気軽に覗くのも楽しいものです。
時には、教科書で読んだ文豪たちの名作を読み返して、古き良き文化や習慣を感じ取るのも良いでしょう。秋の散歩がてら、いかがですか?

■電子書籍で、とにかく安くたくさん読む!
本を増やさずに、とにかくたくさん読みたい!という人には、Kindleや楽天Koboなどの電子書籍がおすすめ。
Kindleは、日替わり・月替わりセールの他、出版社ごとのタイトルが「50%ポイント還元」されるセールなどが、週に2回ほど行われています。常に価格調整されていて、次にいつ安くなるか分からない本もあるため、セール時にためらわず購入すると良いでしょう。
一方、楽天Koboでは、古書店のように99円以下などのお買い得本が購入できる他、スペシャルプライスセールなどのセールがあります。

秋は都会のガーデンへ!高級フレンチ、シャンパン…贅沢なのに格安

都内のガーデンでは、心地よい秋の気候が楽しめる屋外イベントが行われています。秋風を感じながら、美味しいお酒や料理に舌鼓を打つ…なんて、贅沢な時間ですよね。

友達や同僚とのミニパーティーやデート、女子会にぴったり。春とも夏とも冬とも違う、秋ならではのシックな気分を味わえるはずです。

■9月18日〜23日まで。「ジョエル・ロブション」の料理をお手軽価格で
恵比寿ガーデンプレイスでは、9月18日〜23日まで「恵比寿麦酒祭り」を開催。ガーデン内の4つのスポットにオープンテラスなどが登場します。
特にオススメなのは、シャトー広場に設置される「エビスプレミアムテラス」。シャトーレストラン「ジョエル・ロブション」のメニューが、なんと800円からオーダーできます。普段ならランチでも1万円、ディナーは2〜3万円というロブションの高級フレンチを、気軽に味わえるチャンスです!

■10月4日まで。秋風を浴びながらシャンパンで乾杯!
六本木の東京ミッドタウンには、10月4日までの期間限定で「ミッドパーク・シャンパン・ラウンジ」が登場。人気のシャンパン<モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル>がリーズナブルに楽しめます。<ミニボトル/200ml/1600円、ボトル/750ml/7000円>とは、ほぼ定価に近いお値段! シャンパンにぴったりのフードメニューも600円から用意されています。
また、9月18日、25日には「モエ・エ・ガーデンシネマ」と題した映画上映も。シャンパンを飲みながらガーデンで楽しむ映画は格別です。

9月20日まで。2杯目以降はビール代だけでOK
“移動型ビールフェス”とも言える「オクトーバーフェスト」が、9月20日まで日比谷公園 噴水広場で開催されています。日比谷の洗練された自然の中で、世界のビールが楽しめる!
ビールの購入の仕方はデポジット制。最初の1枚目はビール代+1000円でグラスを借り、2杯目以降はビール代のみでOK。飲み終わったらグラスを返却すれば、グラス代1000円は返却されます。飲めば飲むほどオトク!

自分で簡単にできる!夏に疲れたからだをリフレッシュする方法

夏も終わりに近づき、過ごしやすい時期になりました。これから秋になってもエネルギッシュでいられるように、からだの調子を整えておきたいですね。

そこで、夏の疲れやダルさをまだ引きずっている人に試してほしいのが、自分で簡単にできるリフレッシュ方法。スポーツクラブやマッサージに行かなくても、しっかり回復できるはずです。

■散歩でリフレッシュ
クーラーや冷たい飲み物の摂取で、夏のあとの体は疲れています。体の冷えによって、血液の循環や老廃物の回収が滞っているのです。
夏の疲れに効果的なのは、体を温めて血行を良くする運動です。手始めに、この気候のいい時期に散歩をしてみては? 調子が良ければ、5分や10分の短時間でも走ってみるといいでしょう。
ストレスを溜めてしまっては逆効果なので、無理をしない程度に。体を適度に動かすことが肝心です。

■ 足つぼマッサージ
運動と合わせて行いたいのが、足つぼマッサージです。足つぼには、ダルさの原因となる冷えを解消するツボや、夏の偏った食事で疲れた胃腸の回復、滞ってしまった老廃物などに効くツボがあります。
健康サンダルや足つぼマットなど、手軽で便利なグッズを取り入れてみましょう。

■睡眠時間を、思い切り楽しむ!
せっかく運動やツボ押しでリフレッシュしても、睡眠不足では夏の疲れは解消できません。
睡眠前に、パソコンやスマホの画面を見ていませんか? これらの行為は脳を活性化させるため、睡眠に導入しづらくなります。できれば睡眠の1時間前、少なくとも30分前にはパソコンやスマホの電源を消して、リラックスタイムに入りましょう。
アロマを焚いたり、好きな雑誌を読んだり、睡眠前の「楽しい習慣」を自分なりに考えてみてはいかがでしょうか。

ランキング